Twitterのミュートという機能はいらない 見たくないならリムーブしろ

最近Twitterのミュートという機能について思うところがあったので書きます。

結論から言うと、陰湿で、不要な機能だと思うが、恥ずかしながら俺はミュートという機能をかなり使っていた。

この記事では、なぜミュートという機能があるのか、その機能を使う理由や、使う人の心理について書いていく。

ツイートは見ないがフォローをしているように見せかける

単純に考えて、Twitterは、

・その人のツイートを見たいからフォローする
・見たくなくなったらフォローを解除する
・関わってほしくなかったらブロックする

この三つで成り立っているはずだ。

しかしミュートという機能は、
ツイートは見ないが、フォローだけはしているように見せかける
という必要がある時によく使われる。

なのでミュートという機能は、上の3つのどれにも属さない。

なぜ、ツイートは見たくないのにフォローだけはしているように見せかける必要があるのか、思いつく理由を下記に挙げてみる。
というより、俺自身がまさにミュートをしていた人間なので、俺の理由を説明することになる。

ミュートをする理由

ミュートをする理由 相互フォローの場合

相互フォローの場合にミュートをする理由としてまず思いつくのは、
「その人のツイートは見たくないが、リムーブするとリムーブし返されるんじゃないか」
ということだ。

相手のツイートがタイムラインに現れると不愉快になり、気分を害したりして、ツイートを見たくなくなるのだろう。
だがそこでリムーブという措置を取ってしまうと、相手は自分に拒絶されたと思う可能性が高い。

そうなると相手はリムーブ返しをしてくる可能性がある。

それは、
「拒絶してくる人間をなぜ一方的にフォローして、ツイートを見ないといけないんだ」
という理由や、もしくは、
「フォロー数よりフォロワー数が多い状態を保ちたい」
という2つの理由が大半じゃないだろうか。

(1つ目の理由に関しては、今までツイートを見ていたのに、拒絶された途端に見たくなくなるのか、という疑問が出てくる。
詳しくはリムーブ返しとブロブロ解除の記事で書いています。)

基本的には、リムーブするということは相手のツイートを見たくないということであり、相手のツイートが不愉快で受け入れられないということなので、どうしても拒絶の色が強くなる。

拒絶されて気分の良い人間は少ないので、高い確率で波風は立つ。
そういう波風が立つことを恐れたり、リムーブされることで自分のフォロワー数も減るという懸念があったりして、ミュートするんだろう。

ミュートをする理由 一方的にフォローしている場合

個人的には、こちらから一方的に相手をフォローしているのに、リムーブじゃなくミュートする人はあまりいないと思うが、やはり相手に拒絶という印象を持たれたくなかったりして、する人はするんだろう。

ミュートをする理由 FF外の場合

FF外の見知らぬ人物からしつこくリプライが届くが、ブロックまではする必要がない、と判断した場合にミュートをするのだと思う。
これは正当な使い方かと思う。

ミュートをする理由 形だけでも繋がっておきたい

相互フォローでも一方的なフォローでも共通して考えられるのは、その人と形だけでも繋がっているというポーズを取りたいというのがあると思う。

「ツイートは見たくないが、リアルで会う分には不愉快じゃないし」
「とりあえずSNSで繋がるにはTwitterくらいしかないし」
という場合は、繋がっているというポーズをとるために、リムーブじゃなくミュートという措置を取るはずだ。

俺のミュート状況

上記で挙げたことはほとんど俺の自己紹介に近い。
さっき確認すると、現時点でフォローは116人、フォロワーは272人だったが、フォローしている人間のうち25人もミュートしていた。

理由はすべて上記のようなことで、
「波風が立つ」
「リムったらリムり返される」
「フォロワー数が減る」
というような、まさに自分のことしか考えていない、自己愛の肥大化した人間の思考回路だ。

ミュートするくらいならリムれ

Twitterで
「リムるくらいならフォローしてくんな」
という言い回しがあるらしいが、それについては同意できないが、
「ミュートするくらいならリムれ」
とは思う。

ミュートをする理由として上記に挙げたようなものあるが、なんというか、女々しいというか、陰湿というか、奇妙というか、どうしようもなく気持ち悪いものを感じる。

ツイートを見たかったらフォローする
ツイートを見たくなかったらリムーブする
それだけのことなのに、なぜ複雑に考えるのか。

そういう人の落とし所として、ミュートという能が実装され、俺も今の今まで使っていた。
だが、考えてみると本当に自分自身が気持ち悪くなったので、今後俺はミュートという機能は一切使わず、見たくなかったらリムーブする、ということを徹底することにした。

ちなみに前の記事にも書いたが、今現在俺はブロックという機能は一切使っていない。

すべてのミュートを解除する

とりあえず、ミュートしていた人間をすべてリムるわけにもいかないので、すべてのミュートを解除して、タイムラインの様子を見てみようと思う。

それでもし、ミュートしていた人のツイートがやはり、
「あ、いやだな」
「あ、気持ち悪いな」
と思うようなものなら、さっさとリムーブしてしまえばいいだけの話だ。

それでリムーブ返しされようが、ブロックされようが、はっきり言ってこちらには関係がない。

フォロワー数は減るだろうが、そもそもフォロワー数なんてものは、多くの人が自分のツイートを見たいと思っているなら勝手に増えるだろうし、嫌だなと思って見たくない人が多いなら少ないままだろう。
それだけのことなので、深く考える必要がない。

そもそもTwitterに執着しすぎている

ここまで、ミュートという機能と、その機能を使う理由、その機能を使う人間の意図、を考えてきたが、考えれば考えるほど、そもそもTwitterというSNSに執着しすぎていると感じる。

おそらくそれほどTwitterというSNSに重きをおいていない人間は、

フォローしたいから好きな有名人全部フォローした
知り合いもフォローした
見たくなくなったからリムーブした
絡まれたからブロックした

くらいの感覚だろう。

そしてフォロー数>フォロワー数になることもざらだろうし、リムーブされたことなどにも気づかなかったりするんじゃないだろうか。
そういう人はそもそもタイムラインもあまり見ていないと思う。

しかし徐々にTwitterに入れ込み、Twitterの人間関係に執着するうちに、この記事に書いたような、波風がどうとか、リムーブ返しがどうとか、肥大化した自己愛に基づいて、その人との関係、その人への感情に合わせて、さまざまな細かい機能を使い分けていくようになる。
そうなり始めたら、早いうちに、今自分はTwitterに執着し初めて危険な状態だ、ということに気づくべきだろう。

俺はもう取り返しのつかないところまで来ているので、今回ミュート機能を見直したように、探り探り、自分と他人がある程度納得できる使い方を模索していきます。

まとめ

まとめると、ミュートという機能は不要だということ。
ツイートを見たくないならミュートじゃなくリムーブしろ。

ミュートという機能のせいで、繋がっているという世間体や、フォロー数がどう、フォロワー数がどうという、見てくればかり気にして、
「この人のツイートを見たい」
という純粋な欲求が阻害されてしまっている。

おそらく俺自身も多くのフォロワーにミュートされていると思う。

その人達も俺と同じで、いずれ、
「ミュートという機能は気持ち悪いな」
と思い始めるかもしれないが、今はメリットのほうが大きいので、ミュートという機能を使っているんだろう。

俺としては、ミュート機能なんて使わないことをおすすめします。

次の記事
Twitterのリムーブ返しの早さで人格がわかる ブロブロ解除は気遣いか

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: