人格の振れ幅(可動範囲)問題 ものまね、声真似、変顔、ギャグができない、ノリが悪い

最近思うが『人格の振れ幅(可動範囲)』が狭い人間は苦しんでいる。
『人格の振れ幅(可動範囲)が狭い』とはつまり、人格的に『できない』事が多いということだ。
『ノリが悪い』とも言える。

『人格』的に『できないこと』

例えば俺の人格で言うと、
『ギャグができない』『面白いことが言えない』『ものまねができない』『変顔が出来ない』『流暢な英語でしゃべれない』
などである。

あなたは誰の前でも変顔やものまねができますか。
本気でピカチュウやトゲピーやドラえもんのものまねができますか。
俺は今のところできない。
(酒飲んでたらできる。)

基本的に、それらをするのが『恥ずかしい』。
羞恥心でもなんでも、根幹は『恐怖心』だ。

だからできない。
『できるけどやらない』ではなく『できない』。
その『可動範囲』の狭さに人は苦しむ。

『飄々とした人格』は『最強』ではなく『雑魚』

俺はとある人物を『飄々とした』人格であると称し、俺はその人格を『最強の人格』かと思っていた。
しかし最近は、まったくそんなことはない、むしろ『雑魚』だなと思い始めた。

上述の『できない』リストは俺のことだが、その飄々とした人物も多分できないだろう。
彼は『飄々とすること』と『動じていない(”ふり”も含む)こと』を意識しすぎて、ギャグやものまねはできないと思う。
怖がっていないように見えて、それらをするのが怖いんだと思う。
決して『できるけどやらない』では無い。

そういう意味で、『飄々とした人格』なんざ『最強の人格』でもなんでもない。
飄々ともできるし、ギャグも言えるし、ものまねもできるし、変顔もできるし、と、
『なんでもできる』
という人格が最強に決まっている。

しかもそれが動画とかで永久保存されても気にしない。

タレントや芸人は人格の振れ幅が大きい。明石家さんまさんは最強に近い。

そういう意味で、テレビに出てくるタレントや芸人はさすがだ。
『無茶振り』にも答えるし、変顔もものまねもとっさにやってのける。

その中でも明石家さんまさんは特にすごいと思う。
芸人はほとんどそうだが、『この人は人格的にこれができない』というのがやはり少ない。

そういった『人格の振れ幅が広い人間』に比べたら、『飄々とした人格』いや『飄々としかできない人格』なんざ『雑魚』だ。

むしろ俺のような『わたわたした人格』のほうが、まだギャグやものまねができるようになるのは早いかもしれない。
『飄々』や『クール』よりは可動範囲を広げやすいんじゃないだろうか(場合にもよると思うが)。

ちなみにこの場合のギャグは一発ギャグのこと。
自分で一発ギャグも開発できないし、一発ギャグ芸人のギャグを真似ることも恥ずかしくてできない。
ものまねは、喋り方ものまねや動物ものまねのことで、俺は歌マネならできるのは結構ある。
さらに俺は上述のようにギャグやものまねや変顔は恥ずかしいが、さすがに人前でハイテンションで歌うことくらいはいつでもできる。

まとめ

俺は度重なる飲酒と、酒でテンションを上げることに慣れてしまって、素面ではどんどん人格の振れ幅が狭まっている。
なんとかして10代のときのように、飲酒しなくてもハイテンションのナチュラルハイを取り戻し、どんどん人格の振れ幅を広げたいと思っている。

次の記事

声と人格は同じもの(相互作用) 自由に声を出せるようになるにはあらゆるモノマネ、声真似、変顔ができる人格が必要
あらゆるものまね、声真似、変顔ができないと自由な声が出せない。 人格の振れ幅が狭かったり固着していると苦しい。 などと、ちょっと前から思...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: