ガム(仮声帯発声)と吸気発声 チャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点理論

ガム(仮声帯発声)とは、声帯の上にある仮声帯というひだを内転させて出すノイズのかかった声のことです。
その声を出すことによって、仮声帯で息を受け止める抵抗の点が鍛えられ、声門下圧をコントロールできるようになるので、声を張ったり安定させたりするのにかなり重要です。

吸気発声は、文字通り息を吸って出す声のことです。
吸気発声には、声帯の機能回復の効果があるのと、呼気発声の際に呼気圧に頼らず声を出す練習にもなる(呼気圧迫の解消ので重要です。

一見、喉に悪そうだったり変な声だったりして、現代のほとんどの発声訓練では取り入れられていませんが、ガム(仮声帯発声)吸気発声の二つは、自由自在な声の獲得のために必要不可欠です。

ガム(ノイズ)発声とチャールズ・ランの仮声帯抵抗の点理論とは

声というのは高い声・強い声を出そうとするほど声門に圧がかかるようになっています。
声門に圧がかかりつづけると伸展が保ちづらく、意図せず内筋が入り、声が崩れやすくなります。

そこで、声門の上にある仮声帯というヒダを内転させることで、仮声帯で圧を受けられるようにします。
そうすると声門への圧が緩和され、内筋が入りすぎることなく安定して強い声や張りを出せるということです。

高音を出したり声を張る時に、仮声帯が内転していない状態で、呼気の勢いに頼って高音を出そうすると、意図せず内筋が入ってしまいます。
そうなるとどんどん声帯が収縮し、音程がフラットしたり、伸展できなくなっていき、地声固着や呼気圧迫の状態に陥ったりします。

そこで、仮声帯を内転させれば、声門への圧が軽減し、内筋が入りづらくなり、伸展が保たれます。

仮声帯を鍛えるには、地声や裏声や、いろんな喉頭位置や、いろんな高さでガム(仮声帯発声)をしていくことです。
(痛かったり痒かったりする場合は中止してください。)

そういった訓練を続けているうちに、クリーントーンを出している時などにも、ノイズの音が聴覚上聴こえない程度に仮声帯が内転し、息の圧を安定して受け止め続けます。

それらをチャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点の理論というそうで、実証はされていないそうですが、どう考えてもあると思います。

下系ガムと上系ガム

ガム(仮声帯発声)にもあらゆる種類がありますが、大きく分けると、下系のガムと上系のガムがあります。
(下系や上系というのは、外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)のことです。
後下、後上、前下、前上の四方向があり、下系とは後下と前下、上系とは後上と前上のことです。)

俺の場合、下系じゃないとガムが出しづらいという癖があります。
歌っている時に、声を安定させようとしたり張ろうとしたときに無意識に下系にいってしまいます

それは、おそらく下系のほうがガムを出し慣れているからだと思います。

高音になるにつれ上系(アンザッツ5)に移行しようとしても、上系のガムを出し慣れていないため、神経動悸が十分でなく、機敏さが出せません。
そうなると、上系の声にスムーズに以降できなかったり、移行できてもすぐ崩れます。

それらは、上系のアンザッツでガムを出して鍛えていけば解決すると考えています。

そして、男性が中性的な声や女性的な声を出したい場合も、上系と伸展を鍛える必要があります。
同時に上系と伸展でガムを出しまくって抵抗点を鍛えないと、声がいつまでも不安定なままになるかと思います。

ただ、
『強く伸展した声(つまり裏声)を出している時点で仮声帯はある程度内転している』
という考えもあります。

どちらにしても、仮声帯の内転を発動させる感覚、神経支配が必要なので、ガムの練習は必ずやりましょう。

ちなみに多くの女性は伸展が強いため、男性よりガムを出すのが得意な傾向があります。
(恥ずかしがって出したがらないなどは置いといて。)

吸気発声

吸気発声は、声帯を全体的に機能回復させる効果があるそうです。

引き笑いの人などは吸気で裏声を出しています。
吸気で裏声を出せる人は多いですが、地声は出せる人は少ないです。
吸気の地声も、練習すれば誰でも出せます。

吸気発声をやっていくと、呼気の際に、呼気圧に頼らずに声を出す方法が掴めてきます(呼気圧迫の解消)。
それは多分、吸気発声は性質上、声門下圧が掛かりようがなく(息の流れが逆なので当然)、呼気圧迫(吸気圧迫?)しようがないからだと考えています。

ちなみに、吸気発声時は仮声帯が外転しているため、基本的にはガムは鳴らせません。
俺は下系なら、なぜか吸気発声時も仮声帯を内転させられるのかガムが鳴らせますが、それが出来ても特に効果はなさそうなので、吸気発声時にガムを鳴らす練習はしなくていいと思います。

まとめ

クリーントーンでの練習と同時に、ガム(仮声帯発声)もやらないと、成長速度がかなり遅くなります。
呼気での練習と同時に、吸気発声もやらないと、成長速度がかなり遅くなります。

その二つには、上に書いた効果以外にも、各筋肉に神経支配が行き渡る速度を早める効果もあると個人的には考えています。

ガム(仮声帯発声)はまだ解明されていない点も多いですが、上述の抵抗の点などを踏まえると重要なのは間違いありません。

俺も、地声・裏声、高音・低音、下系・上系、いろんな口の形で、吸気発声とガム発声をして、抵抗点を鍛えたり、呼気圧迫に頼らない出し方に慣れようと思います。

関連記事

吸気発声はなぜ効果があるのか 真声帯がハの字型→逆ハの字型(呼気に抵抗しやすい形)に徐々に変わるから説
このツイートを見て、タイトルのようなことを思った。 人間は基本的に生まれてからずっと呼気で発声している。 声帯はもともと『ハ...
吸気地声の効果 閉鎖筋群と内筋の混合を解消し、呼気圧迫せずに裏声や地声を閉鎖できる  軽い声の発声に重要
最近、 「男が軽い声で楽に高音を出すには伸展!後上!」 と言いまくってたが、それだけでは全く足りなかった。 十分に伸展した後に、十...
ノイズが鳴る直前の仮声帯発声で抵抗の点が働いて声を安定させられたり張れたりする説
ノイズが鳴り出す直前のガムの形の喉を意識したら声が安定したり張れるようになった。 漂う感じの張れない中間の声である程度張れるようになった。...
呼気圧迫を強制的に治す方法 ハミング、口ラッパ、口を手で塞ぐ、吸気発声
呼気の、あまり張れない中間の声、普段の地声と裏声のバランスじゃ出ないので5ガム出して中間の声ガム出していちいち準備してたが、呼気圧迫も原因の...
中間の声の例 内筋がすっぽ抜けた薄い地声
俺は14歳からギターと弾き語りを始めて、これまでの10年間、自分なりに色々歌ってきた。 それもあって歌声は、ある程度中間の声的なものも...
フラジオレットとガム(仮声帯発声)などが混合した声 裏返りが面白い
アンザッツ5ガムでの絶叫、という記事で、以下の17歳のときの俺の音源を紹介した。 しかし色々勉強した結果、その音源は5ガムにしては努力性が...
出したいと思う声が弱い(安定しない)場合はその声で仮声帯発声の強弱グラデーションをしてみる
俺の歌声は大体、地声ベースのすっぽ抜けた中間の声。 喋り声は地声が強いが、地声ベースのすっぽ抜けた中間の声はカラオケでもすぐ出せる。...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: