アンザッツと吸気発声とガム発声 チャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点理論

アンザッツとは、フースラーメソードというボイトレの要になっている7つの声の種類のことです。
アンザッツで検索して上位表示されてるページは声を当てる場所がどうとかの危ない内容

ガム(ノイズ)発声(仮声帯発声)は抵抗の点が鍛えられるので、声を安定させるのに重要なようです。

吸気発声は、声帯の機能回復の効果があるのと、呼気の際に呼気圧迫などで誤魔化していたレジスターバランスが誤魔化せなくなる(≒呼気圧迫の解消)ので重要なようです。

ガム(ノイズ)発声とチャールズ・ランの仮声帯抵抗の点理論とは

声というのは高い声・強い声を出そうとするほど声門に圧がかかるようになっているようです。
声門に圧がかかりつづけると弾性(各懸垂のバランス)がくずれて、声が痩せたりします。

そこで、声門の上にある仮声帯という部分を、ガム(ノイズ)発声で鍛えて、仮声帯で圧を受けられるようにします。
そうすると声門への圧が緩和され、弾性を失わず強い声(ベルト)を出せるということだそうです。

高音を出したり声を張る時に、首に不必要な力を入れたり呼気圧迫したり内筋入れすぎる代わりに、仮声帯に圧を受けさせるのが合理的ということだと捉えています。

抵抗点(仮声帯)鍛えると、クリーントーンを出している時など、ガム(ノイズ)の音が聴覚上聴こえなくても仮声帯はしっかり働き、息の圧を受け止めているそうです。

それらをチャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点の理論というそうで、実証はされていないそうですが、どう考えてもあると思います。
ノイズが鳴る直前のガム(仮声帯)発声で抵抗の点が働いて声を安定させられたり張れたりする説

引き下げ系ガムと引き上げ系ガム

私の場合、呼気でも吸気でも、引き下げ系じゃないとガムが出しづらいという癖があります。
歌っている時に、声を安定させようとしたり張ろうとしたときに無意識に引き下げ系にいってしまうのも、おそらく引き下げ系のほうが抵抗点が強化されてるからだと思います。
アンザッツ3bモドキの例 すっぽ抜けた薄い地声

高音になるにつれアンザッツ5に移行しようとしても、引き上げ系の抵抗点が弱いので声が乱れます。
引き上げ系のアンザッツでガムを出して、引き上げ系の抵抗点を鍛えれば解決すると思っています。
アンザッツ5とフラジオレットとガムが混合した声 裏返りが面白い

吸気発声

吸気発声は、声帯を全体的に機能回復させる効果があるそうです。
なおかつ、呼気の際に呼気圧迫などで誤魔化していたバランスを誤魔化しきれなくなるので、呼気圧迫に頼らない声の出し方の参考にも使えるようです。

私は吸気の裏声は出ることには出るのですが、息の無駄遣いがひどいです。
おそらくそれは、吸気で地声系が出づらい(うまく閉鎖できない)のが原因だと思っています。

私は典型的な3aが弱いタイプで、呼気でも3aほぼ出してこなかったため、低音が苦手でしたし、呼気圧に頼らず閉鎖することができず、軽い3bがなかなか出せませんでした。
吸気地声や吸気3bをやっていくと、呼気3bでも、呼気圧に頼らずに内筋入れる癖がついてきました。
呼気圧迫を強制的に治す方法 ハミング、口ラッパ、口を手で塞ぐ、吸気発声

あと、男性が中性的な声や女性的な声を出したい場合は引き上げと伸展だと思いますが、同時に引き上げと伸展でガムを出しまくって抵抗点を鍛えないと声がいつまでも不安定なままになる気がします。
アンザッツ2不要説 男性ジェンダー観の声(閉鎖や引き下げ)は歌唱に向いていない

ちなみに多くの女性は男性よりガムを出すのが得意なようで、引き上げ系でも引き下げ系でも、喉に負担の少ないガムを楽に出せる傾向があるようです。
女性に天然アンザッツ3bモドキが多い理由

まとめ

クリーントーンでの練習と同時に、吸気発声とガム発声もやらないと成長速度がかなり遅くなります。
抵抗の点はかなり重要です。
私も、全部のアンザッツや口の形で吸気発声とガム発声をして、抵抗点を鍛えたり、呼気圧迫に頼らない出し方に慣れようと思います。

アンザッツについての参考文献はこちら。
ボーカリストのためのフースラーメソード驚異の声域拡大をもたらすアンザッツとは?[ 武田梵声 ]

次の記事
出したいと思う声が弱い(安定しない)場合はその声でガムのメッサディヴォーチェをやってみる

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加