Stinger8からSimplicityにテンプレートを変更しました

今まで、WordPressのテンプレートをいろいろと使ってきました。
ルレアプラスに付属のリファインSnowや、STINGER8などです。

色々考えた結果、Simplicityというテンプレートがかなり優秀だとわかりました。
このサイトも、Simplicityを使っています。

この記事では、STINGER8とSimplicityを比較して紹介していきます。

SimplicityはデフォルトでSEO対策がされてある

SimplicityはデフォルトでSEO対策がされてあるようです。

STINGER8も当然されていると思いますが、Simplicityのほうが優秀に思います。
Simplicityには、タグページ、月別アーカイブ、ユーザー別アーカイブなどをインデックスしない、という設定があり便利です。

カスタマイズのSEO設定からは、

  • 分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加
  • カテゴリページの2ページ目以降をnoindex

という設定もできます。
All in one seo packを導入する必要もなく、楽です。

Simplicityは見た目が良い

個人的に、STINGER8よりもSimplicityのほうが見た目が好きです。
白を基調としていて、文字が大きくて見やすく、全体的なバランスも良いように感じます。

STINGER8は薄い茶色を基調としているので、少し好みが分かれるかなと思いました。
(設定で変更できた気もしますが。)

SimplicityはAdsenseを貼る場所のウィジェットが豊富

自分がSTINGER8からSimplicityに変更した一番大きな理由はこれです。
SimplicityはSTINGER8に比べて、クリック報酬型広告を貼る場所のウィジェットが豊富です。

タイトル上、本文上、本文中、記事下に加え、広告 336×280、広告 300×250というウィジェットがあります。
レスポンシブのクリック報酬型広告を設定するだけで、PCなら自動で記事の下、関連記事の下に2個並んだクリック報酬型広告が表示され、モバイルなら同部分に1個のクリック報酬型広告が表示されます。

それに加え、本文中の部分にクリック報酬型広告を貼る設定をすれば、一つ目の見出しの前にクリック報酬型広告が挿入されて良い感じです。

自分はこれと似たことをSTINGERでやろうと思い、テンプレートをいじって直接2個連続のクリック報酬型広告を貼り付けました。
すると、スマホで見ても2個連続になっており、これはスマホのクリック報酬型広告規約に反することなので、危ないところでした。

Simplicityには便利な機能がある

Simplicityには、STINGER8とは比べ物にならないほど、細かな便利な機能があります。

色々ありすぎて活用できていないのもあるくらいです。
便利だと思ったのは、Twitterカード機能、ブログカード機能、アナリティクスとサーチコンソールのコードの簡単設定、アイキャッチ画像の自動設定、などでしょうか。

特にブログカードの機能は便利で、STINGER8にはこの機能がないせいで、内部リンクをするのが手間でした。

Simplicityの『続きを読む』を右に寄せる

STINGER8の『続きを読む』という文字はデフォルトで左寄せでした。
STINGER8で『続きを読む』を表示させる方法

Simplicityも同じく左寄せでした。
Simplicityも同様の方法で右に寄せられます。
Simplicity2 childのstyle.cssに下記の文字を記述するだけです。

.entry-read {
text-align: right;
margin-right: 10px; /* ここはお好みで */
}

まとめ

Simplicityは無料とは思えないほど優秀なテンプレートです。

賢威の購入を考えていた時期もあったのですが、Simplicityで十分だと思ったので、おそらく今後も購入しないと思います。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: