Twitterカードの設定と申請をしたのに表示されない時の解決策

以前所持していたブログのテンプレートを、ルレアプラス付属のリファインSnowから、Simplicityという無料のテンプレートに変えました。
それと同時に、Twitterカードの設定をしようと思い色々と調べていました。

Simplicityは、デフォルトでTwitterカードの設定がされているので、あとは、Card validatorというサイトに、URLの申請をするだけという状態でした。

早速申請をしてテストツイートしてみたのですが、記事によって、Twitterカードが表示されたりされなかったりしました。

httpとhttps、wwwありなしの4つ全部を登録しないといけない

Card validatorに登録する、自分のブログのURLは、httpとhttps、wwwありなしの4つ全部を登録しなければいけないようです。
自分はサイトをSSL化しているので、httpsも登録する必要がありました。
当然、SSL化していない人は、wwwのありなしだけで大丈夫だと思います。

余談ですが、SSL化すると、Card validatorだけでなく、Googleのサーチコンソールなどにも、httpとhttps、wwwありなしの4つ全部を登録しないといけなくて大変です。

まとめ

解決策は以上で終わりです。
自分はブログに記事を投稿したら、必ずTwitterに告知をするので、Twitterカードは必須です。

記事投稿をTwitterに告知しない人でも、誰かに記事をツイートしてもらえる可能性があります。
Twitterカードの設定と申請はぜひやっておきましょう。

Simplicityという無料テンプレートなら、デフォルトでTwitterカードが有効なのでおすすめです。
Stinger8からSimplicityにテンプレートを変更しました

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加