WordPressのパーマリンク設定でカテゴリーを含めるのはおすすめしません

WordPressのパーマリンクの設定をどうしようかと、今一度考えていました。
色々調べ考えた結果、やはり、パーマリンクの文字列に、カテゴリーを含めるのだけはやめたほうが良さそうです。

パーマリンク設定については他のブログでも散々書かれていることですが、あえて私も書こうと思います。

/カテゴリー/ポストIDだけはおすすめしません

/カテゴリー/ポストIDに設定することのデメリットを挙げます。

カテゴリーやカテゴリーのスラッグを変更できない

この設定にしてしまうと、まず、カテゴリーや、カテゴリーのスラッグを変えた時に、記事にアクセスできなくなります。

アクセスできなくなると、記事URLから、変更後のURLにリダイレクトさせる手間もかかります。
SNSでシェアされたカウントなどもリセットされ、SEO的にも弱くなるそうです。

カテゴリーを複数設定した時に美しくない

そして、カテゴリーを複数設定した時には、カテゴリIDが一番小さいものがURLになるそうです。
自分なら、意図しないカテゴリがURLになることは避けたいです。

URLが長くなる

/カテゴリー名/ポストID

くらいなら、URLは長いというほどではありませんが、/カテゴリー名/投稿名
だと、かなり長くなって、見栄えが悪いです。

SEOに強い?

パーマリンクにカテゴリーを加えると、URLが階層化されるのでSEO的に強い、という情報もありましたが、どこまで本当かはわかりません。
Googleは、シンプルなURLが良いと明言しているそうなので、長いURLというのは良くないと私は思います。

仮に、長くても階層化されているほうがSEOに良い、としても、上記のデメリットを天秤にかけた結果、自分はカテゴリーをパーマリンクに加えるのはやめようとなりました。
カテゴリーを変更してアクセスできなくなるデメリットは目に見えて大きいです。

/投稿名か/ポストIDの二択

ではパーマリンクをどう設定すればいいかと言うと、冒頭にも書きましたが、
/投稿名
か、
/ポストID.html
の二択になってくると思います。

自分はこの二択でかなり迷ったのですが、結果、/投稿名にすることにしました。
追記:現在はいろいろ考えた結果/ポストID.htmlにしています。

URLを見てページの概要がわかるようにと、Googleが明言している

調べたところ、そのようにGoogleが明言しているそうです。
おそらく自分はこの理由がなければ、/ポストIDにしていたと思います。
Googleが明言している以上、無視はできないです。

短くも長くもできる

投稿名(スラッグ)は自由に書けるので、短く済ませることもできるし、長くすることもできます。
結局のところユーザーに優しいということが大事なので、結果的に長くなったとしても、それで多くの人がわかりやすいなら、良いのではないかと思いました。

毎回スラッグを考えるのは少し手間

とは言え、記事を書くたびに、その記事の概要がわかるような英語のスラッグを書くのは、少し手間です。
しかし、投稿名をパーマリンクに設定することにした以上、英単語の意味なども調べて、自分も一手間かけて設定しています。

/ポストIDはURLが短くなって見栄えはいい

/ポストID.htmlというパーマリンクは、URLが限りなく短くなって見栄えがいいのですが、URLを見てページの内容がわかる、と言う条件からには当てはまりません。

月別アーカイブのURLと被る

調べてみると、ポストIDだけのスラッグだけはやめたほうがいい、月別アーカイブとURLが被って表示されなくなる、という情報がありました。

それを回避するには、複雑な設定がいるそうです。
archives/ポストIDと設定すれば、それは防げますが、階層化して、URLも少し長くなってしまいます。
なので、/ポストID.htmlにするのがおすすめです。

まとめ

パーマリンクの設定というのは、レンタルサーバーをどれにするか、ドメインをどれにするか、という問題と同じく、あとになって、なぜ最初からこうしておかなかったんだ、と思える要素の一つです。
最初にじっくり考えて、後悔しないようにすべきだと思います。

上に追記したように、今は/ポストID.htmlにしています。
スラッグを毎回設定するのが面倒な人には間違いなくおすすめです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加