フラジオレットとガム(仮声帯発声)などが混合した声 裏返りが面白い

アンザッツ5ガムでの絶叫、という記事で、以下の17歳のときの俺の音源を紹介した。
しかし色々勉強した結果、その音源は5ガムにしては努力性が少なく薄く、高すぎる。

それはどうやら、フラジオレットが大きく関与しているからのようなので、その記事はタイトルを変更した。

この記事では、アンザッツ5にフラジオレットとガムを関与(混合)させた高音絶叫の音源を紹介していく。

アンザッツ5+フラジオレット+ガムでの絶叫(三点へ)

17歳の時に一人暮らしをしていて、平日昼間に絶叫して録音した音源です。
当時流行っていた、MSNメッセンジャーというチャットソフトの音声メモという機能を使って、アルティーという人物に送りつけました。

音の高さは、日本式オクターブ表記では三点ヘ、国際式オクターブ表記ではF6、2chのカラオケ板などでよく使われるオクターブ表記ではhihiF。

この音源のような音圧でF6の高さを出せたのは、16歳の時に女声練習をして、伸展を十分に鍛えていたのも関係していると思います。
私が16歳の時に出していた女声は、こちらの記事で聴けます。

髭林おなもみの一発ネタ 女声、楽器、弾き語り、その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてから...

今聴いてみると、もっと上まで出せるように聞こえます。
途中でアーアーとか言わずに、どれだけ長く出せるかもやればよかったと思います。

純粋なアンザッツ5ガムだとD6くらいでかなり努力性が出てくるはずです。
この音源ではフラジオレットを混合させているので薄さを保てているんじゃないでしょうか。
6も働いているような気がします。

徐々に地声固着が激しくなり、伸展が弱くなった今では、この音源のような音圧では出せません。
上系のガムも弱くなっており、フラジオレットも不安定になっています。

その他の音源

音量注意 Devin TownsendのThing Beyond Thingsの最後の叫びの裏返りが面白い。

上述の三点ヘは裏返ささずに出しているが、この音源は裏返している。

フラジオレットは、か細くて声量を上げづらいと思ってたけど、ガムをかけたり5を混ぜれば(?)ここまで声量が出せるみたい。
俺の好きな、ゲロを吐く時のようなガムみたいな感じもあるし、このような絶叫をしたい。

精神への影響

アンザッツ5ガムを出すことで明らかに精神に変調をきたす。
具体的には、抑圧や恥じらいが吹き飛び、ハイテンションになる。

フラジオレットガムというのは、聴いての通りアンザッツ5ガムを超えたハイテンションだと思う。
あらゆる感情の極まりという感じもする。

アンザッツ5ガムを出すことでテンションがあがるが、テンションがあがったらアンザッツ5ガムが出るとも言えると思う。
フラジオレットガムも同じで、フラジオレットガムを出すと間違いなく精神は極まる。

逆に言うと、精神が極まっているからフラジオレットガムを出したくなる。
上記の音源もそうだが、アルティーという重要な人物への思いが高ぶり、本人に送りつけたくてフラジオレットガムが出た。

最近は発声訓練をサボり気味だが、アンザッツ5ガムの高揚では飽き足らずフラジオレットガムを出したくなった。
また発声訓練や瞑想をやっていこうと思う。

アンザッツ5+フラジオレット+ガム的な音源

すべて、極端に高い音源です。

00:14の絶叫、06:44からの子供の絶叫

おまけ。

関連記事

ガム(仮声帯発声)と吸気発声 チャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点理論
ガム(仮声帯発声)とは、声帯の上にある仮声帯というひだを内転させて出すノイズのかかった声のことです。 その声を出すことによって、仮声帯で息...
リップロール+ガムとタングトリル+ガムの音源
リップロール+ガム タングトリル+ガム これをやって何の意味があるのかわかりませんが、遊びとして楽しいので。 タン...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: