ホイッスルボイスに仮声帯ノイズが混合した声 +リップロール/タングトリル

この記事では、ホイッスルボイスと仮声帯ノイズを関与(混合)させた高音絶叫の音源を紹介していく。

ホイッスルボイス+アンザッツ5+仮声帯ノイズでの絶叫(三点へ)

音量注意!

気に入ってるところ

17歳の時に一人暮らしをしていて、平日昼間に絶叫して録音した音源。
当時流行っていた、MSNメッセンジャーというチャットソフトの音声メモという機能を使って、アルティーという人物に送りつけた。

最後の絶叫の音の高さは、日本式オクターブ表記では三点ヘ、国際式オクターブ表記ではF6、2chのカラオケ板などでよく使われるオクターブ表記ではhihiF。

この音源のような音圧でF6の高さを出せたのは、16歳の時に女声練習をして、伸展を十分に鍛えていたのも関係している。
俺が16歳の時に出していた女声は、こちらの記事参照。

髭林おなもみの一発ネタ 女声、楽器、弾き語り、その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてから...

今聴いてみると、もっと上まで出せるように聞こえる。
途中でアーアーとか言わずに、どれだけ長く出せるかもやればよかったと思う。

純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズだとD6くらいでかなり努力性が出てくるはず。
この音源ではホイッスルボイスを混合させているので薄さを保てているんじゃないだろうか。
6も働いているような気がする。

徐々に地声固着が激しくなり、伸展が弱くなった今では、この音源のようには出せない。

その他の音源

音量注意。
最後の叫びの裏返りが面白い。
上述の三点ヘは裏返ささずに出しているが、この音源は裏返している。

以下の動画の00:14の絶叫、06:44からの子供の絶叫も凄い。

ホイッスルボイスは、か細くて声量を上げづらいと思っていたが、うまく仮声帯ノイズをかければここまで声量が出せるようだ。
ゲロを吐く時のような仮声帯ノイズが混じった絶叫。

おまけ↓

精神への影響

現代人は男女ともに、喋り声は地声じゃないとおかしいとされる。
それはたぶん、論理的に話そうとしたり、冷静に話そうとしたときに人は無意識に声に収縮(内筋)の利いた音色を求めるからだと思う。

前下(内筋)が働きすぎると基本的には高音が出しづらくなる。

逆に喉頭位置の高い声というのは、テンションが上がったときや感情的になったときに働く。
これこそが高音発声や、異常な奇声に必要な声なんだと思う。

だからアンザッツ5+仮声帯ノイズは重要で、アンザッツ5+仮声帯ノイズを出してみるととテンション上がって恥じらいもなくなる。

アンザッツ5+仮声帯ノイズを出すことで明らかに精神に変調をきたす。
具体的には、抑圧や恥じらいが吹き飛び、ハイテンションになる。

ホイッスルボイス+仮声帯ノイズというのは、聴いての通りアンザッツ5+仮声帯ノイズを超えたハイテンションだと思う。
感情の極まりという感じもする。

アンザッツ5+仮声帯ノイズを出すことでテンションがあがるが、テンションがあがったらアンザッツ5+仮声帯ノイズが出るとも言えると思う。
ホイッスルボイス+仮声帯ノイズは、アンザッツ5+仮声帯ノイズの上位版のような感じで、間違いなく精神は極まる。

逆に言うと、精神が極まっているからホイッスルボイス+仮声帯ノイズを出したくなる。
上記の音源もそうだが、アルティーという重要な人物への思いが高ぶり、本人に送りつけたくてホイッスルボイス+仮声帯ノイズが出た。
テンションが上がりきれば、人は自ずと喉頭位置が上がり、ゲロを吐く時のような仮声帯発声をしたくなるのかもしれない。
最近は発声訓練をサボり気味だが、アンザッツ5+仮声帯ノイズの高揚では飽き足らずホイッスルボイス+仮声帯ノイズを出したくなった。
また発声訓練や瞑想をやっていこうと思う。

出し方

上記の音源のようなホイッスルボイス+仮声帯ノイズの出し方としては、ゲロを吐く時のような仮声帯ノイズからひっくり返すと出やすい。

ゲロを吐く時のような喉の状態で仮声帯発声やエッジボイスを地声や裏声でやりまくると喉頭位置が高い抵抗点がかなり鍛えられることがわかった。
唾を飲んだときやゲロを吐くときくらい喉頭位置を引き上げるといい。

俺はアンザッツ5+仮声帯ノイズだすとき不必要な力入ったり、他と混合したらだめだとおもってやってたら引き上がりきらず、少し喉上がった4+仮声帯ノイズになってしまう癖があるようなので、このやり方があっていた。

ただ、ゲロを吐くような仮声帯ノイズを出す際に、内筋を入れてしまうとその後も引きずり地声固着するので注意。

あと、純粋なホイッスルボイスが自由に出せるくらい、伸展が強くないとうまくいかないはず。
普段から、アンザッツ6とホイッスルボイスの連結や、アンザッツ6+仮声帯ノイズなどをやると良いと思う。
そこから声を伸ばし、大きなビブラートで揺らしたりするのも有効。
もちろん吸気も。

リップロールやタングトリルと仮声帯発声

リップロール+仮声帯発声

タングトリル+仮声帯発声

これをやって何の意味があるのかはわからないが、遊びとして楽しい。
タングトリルと仮声帯を同時発動するのは息消費がすごすぎて3秒が限界。

リップロール+タングトリル+仮声帯ノイズは無理でした。

上記の、ホイッスルボイスと仮声帯ノイズが混合した声にリップロールやタングトリルを混ぜてみても面白そうだ。

まとめ

以上です。


はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。

地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名
地声系アンザッツ 地声とは ・定義は内筋 ・重い ・分厚い ・低音発声に重要 ・男性的 ・閉鎖筋(間筋、側筋)の発動によっ...
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について
このブログでよく登場する喉の筋肉名を、内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、その名称と働きについて記しました。 内喉頭筋群は...
発声訓練時に用いる言葉(用語)や表現について 感覚の共有 定義やイメージの食い違い 等に注意
このブログで用いている言葉一覧 発声訓練 ※1 発声練習 ※2 地声 裏声 中声 ※3 女声 ※4 美声 ...
発声訓練を実践する際の基本的な考え方
この記事では、俺自身が独学で発声訓練を実践するにあたって基本スタイルや、考え方などの注意事項を記します。 声の可能性 ・すべ...

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に発声訓練に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: