林間学校の登山でうんこを漏らしかけた

小5のときに5泊6日の林間学校があり、2日目か3日目の朝に登山をした。

前日の夜からトイレに行ってない状態で朝飯もかなり食べて出発したせいで、上ってる最中から便意があり、下山する頃には漏らす寸前だった。
本当に、小突かれただけで漏れるんじゃないかというくらいの極限状態で、人に話しかけられてもまともに返事ができないくらいだった。

やっとの思いで下山して、旅館の前で集合した頃、トイレ休憩があった。
大急ぎで自分の部屋のトイレで大便をすると、滝かと思うほどものすごい勢いで大量の下痢まじりのうんこを噴き出した。
命が助かったと思うくらいの感動があった。

あの時ほどの大量のうんこはそれ以降出たことがない。

そうやってなんとか助かったが、もし下山中にみんなの前で漏らしていたら、トイレに辿り着く一歩手前で漏らしていたら、と想像すると本当に恐ろしい。

俺は小学校時代、学校でゲロ吐いたり漏らしたり、鼻血出したりしないように、なんとか恥をかかないように必死だった。
なので、その下痢便も気合で我慢した。

それ以降、そういう経験はあまりない。
以前バイト先でうんこ漏らしそうになったが、それもギリギリで助かった。
とにかく腹の調子だけは気をつけないといけない。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: