女の不細工は男顔化するが男の不細工は女顔化しない問題とか声とかパス度とか

FTMよりMTFのがパス度上げるのが大変。
女の不細工は男顔化するのに男の不細工は女顔化しないという現象がある。

男の自由さ

男は短髪も長髪も受け入れられてるのに、女の短髪とか坊主はえって反応をされる。
男は髭生えてても剃っててもいいのに、女にヒゲ生えてたらドン引きされる。

男は男らしくしてもいいし女っぽくしてもオネエやら男の娘やらジェンダーレス男子やら成立するジャンルがある。
オネエとかもテレビで受け入れられててネタになってるし、男は多様性が認められている。

女性はそういうジャンルがない。
女性はジェンダー観の振れ幅が少なくて窮屈そう。

声にしても、男で自然に女声になってる人は少ないしやっぱり男が女声出すほうが難しいかと。
女性が男っぽい声出すのも大変かもしれんが、酒ヤケとかジェンダー観放棄とか閉経とかで自然と男みたいな声になってる女性は多い。

俺が今まで男性ボーカルにばかり興味あったのは自分が男だからということ以外にも、女性はただでさえ伸展強くて何も練習しなくても中間の声を出せる事多いから頑張る必要なさそうでつまらんと思ってたからかも。

男はジェンダー的に、内筋が強くなり、高音出づらくて固着しやすくて音程取りづらい声を求められている。
その状態からいかに裏声(伸展)を鍛えて自由に歌えるようになるかという努力を見たいから、男性ボーカルのほうが興味あったのかと。

まとめ

俺は上述のことから、男は『多様性があるが、堕ちた性』だと思っている。

関連記事

女は神 俺は性転換願望を満たすために絵を描いている
前から思ってたが、俺は性転換願望を満たすために絵を描いている。 こうやってブログでエッセイ記事を書いたり、人と話したりして考えを伝えて...
男性ジェンダー観の声は歌唱に向いていない
男性ジェンダー観の声は地声(内筋)が強い。 伸展が弱いせいで音程が不安定で高音発声にも向いてない。 (音程を取るのは主に輪状甲状筋という...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: