24歳処女厨童貞が実際に処女とセックスして童貞を捨てるまでの考えの変遷まとめ 悩みは抑圧せず解決すべき 非童貞のメリットとデメリット

タイトルの『流れ』というのは恋人と出会うまでの方法等ではなく、考え方の変遷のことです。

まとめてあって長いので、興味のある見出しに飛んで読むことをおすすめします。

目次

2017年11月4日 性の悩みは俺の究極の悩み

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/lonely_1543145050.jpg

俺は今まで本当に、性の悩みを抑圧してきた。

14歳くらいからなので10年以上だ。
病的なほど俺は性に執着している。

ここ最近(21歳くらいから)、人とのトラブルや、俺の酒依存などのせいでさらに抑圧がひどくなり、悩みが深くなってきた。

このまま抑圧し続けると性欲が脳ミソまでたまって最終的にキチガイになる。
なのでこれからは、ツイッターやブログで、性に関して思っていることを発信しまくる。
それが、性の悩みを解決する一歩だと確信している。

興味がある人は手始めにこの部分を読んでください。

俺は、親と地元の人間関係や、金と仕事などの悩みは解決することができた。
今の俺に立ちはだかる問題は『性』の一点のみだ。

その一点にあらゆる要素が詰まっていてがんじがらめになっており、大変なのだが。

一つずつ解消し、必ず、最高のえっちっち人生を送っていきたいと思っている。

俺の性の悩みは、以下に詳しく書いていくが、とりあえず、
『童貞を捨てたい』
『10代の時に処女とセックスできなかった』
の二つは特に重要だ。

そういった悩みをまずはネットで表出していくことで、確実に、リアル世界での解決への足がかりになる。

俺の性の悩み

俺の性の悩みは深い。

24歳で童貞なこととか、
10代の時に処女とセックスできなかったこととか、
結婚したいこととか、
いつでも気軽にえっちできる相手がほしいこととか。

そんな俺の性の悩みや抑圧や自己嫌悪や後悔を踏みにじって弄んできた(ように俺には見えた)人物を絶対に許せないこととか。

脳内世界で二次元の女とえっちし捲くって、自分も二次元のふたなり美少女に転生してえっちしまくり、それだけだと妄想なので絵や文章など物理空間に表現することでリアリティを上げ世間に価値提供したいとか。
そういう非現実的な悩みもある。

ママ(実母ではなく、母なるもの)が恋しいこととか。

家族や仕事、金の問題に悩んでいた時は気づかなかったが、本当に俺は性の問題を抱えすぎている。
今思いつく限りあげてみたが、性に執着しまくりの色情因縁じゃないか。

だが、こうして髭林おなもみという名義でブログにでも書ける時点で、少し抑圧が薄れている証拠だ。
本当に悩んでいることや、深く抑圧していることは、表出さえできない。
ここに書ける時点で、ほんの少しだが問題は解決に向かってきていると思う。

性の悩みは人間の究極の悩み

性の悩みはほんとに、人間の究極の悩みなんじゃないかと思う。

性には満たされ、金や仕事で死ぬほど悩んでいる人もいるが。
俺からすると、今となっては、金や仕事なんてなんとでもなるし、それよりも金で解決できない性の問題のほうが重大だ。

金や仕事も含め、結局は人間の悩みというのはすべて人間関係の悩みだとアドラー心理学では言うらしいが、人間関係の悩みとはつまり性の悩みじゃないのか。
性は生にも通じるし、俺は性の悩みは人間の究極の悩みだと思う。

俺はこの悩みをこれ以上抑圧するわけにはいかない。
抑圧していることは昔から自覚しているので、抑圧ではなく抑制か。

自覚できたならあとは浮かび上がらせ、問題を解体し、知識を集め、表出し、行動し、解決するしか無い。
抑圧を解消した先には、バラ色の未来が待っていることだけは間違いない。
性にオープンなえっちっちな未来である。

リアルの知り合いのメガヤスのように、気づくのが怖いからと、自分の真の悩みを抑圧し続けても、ジワジワした苦しみが人生をいつまでも蝕むだけだ。
どれだけ恥ずかしくても辛くても、抑圧を解消して、欲求にオープンに生きてこそ、一度きりの人生が輝く。

性の悩みを解決すれば、間違いなく最高の優越感を得られるだろう。
今まで俺を性でバカにしてきた人間も見返せる。

方法は色々浮かんでいるが、その一つとして髭林ダイナマイトファクトリーも作った。
まずは語ることさえ抑制していた性の悩みを、多くの人に向け語り始めることだと思う。

抑圧を解消せず誤魔化したり隠したりし続けることで悩みは派生的に増えていく

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E4%B8%8D%E5%AE%89_1543144979.jpg

抑圧してる間は、問題は増え続ける。

俺は表出できてきたので、これ以上問題は増えようがないと思う。

代償行動で表出させるんじゃなく問題(欲求)の核の部分に近い部分を表出させるから意味がある。
キチガイ絵やアルティーは代償行動だった。

これは確信を持って言えるのが、真の悩み(問題、欲求)に自分で気づかないように隠して(誤魔化して)、代償行動に躍起になっている姿は、自分を守ることはできるけど滑稽だ。

だから、俺が本当の悩みを打ち明けられ(表出)始めると、いじめっ子的には面白くないと思う。

「なんだ抑圧に気づいたのかよ、解決しようとしてんのかよ」
と。

代償行動をとっている人間の滑稽さは本当にいじめ殺されてもおかしくない可愛さがある。

俺のリアルの知り合いのメガヤスクンも、自分がバイセクであることくらい早く受け入れないと悩みは派生的にどんどん増えていく。
そういう意味で俺も、10代の時に処女とセックスできていれば今ほど悩みは増えなかった。

でも悩みを解決する過程は物凄い変性意識状態だと思うし、その過程を記すことで未来の誰かの役にも立つ。

月並みな言い方だが、ほんとに自分と向き合う覚悟と、現状を叩き割る覚悟なかったら抑圧なんて解消できない。
見てると、メガヤスなんかはこのまま抑圧に気づかないように別の何かに自分を追い込む感じがある。
滑稽だなと思って、俺もメガヤスをいじめたくなってくる。

俺の性の悩み問題は、大きく分けると上述のような感じ。
一つ一つは繋がってるように見えて分離してたりもする。

一つずつ一点集中して解決していくか並列的に解決していくか。
全体像を構築しつつ混同はしないよう、問題の切り分けと全体像の構築。

これからツイッター、ブログなどで俺は性について発信しまくると思うが、期待するなりドン引きするなりしてくれ。

俺はなんとしてでも性の悩みを解決するのだ!
とにかく、性の悩みを完全解決することこそ、俺の目標である。
何が何でも達成する。
そして本当の意味でバラ色の人生を送る。

解決は不可能かと思えた、金と仕事の問題も解決し、今はむしろ普通の人以上になっている。
家族と地元の人間関係の問題も同様だ。

これだけの問題を解決してきた俺だ、性の悩みも必ず完全解決できる。

髭林おなもみとその性の悩みを心配してくれてありがとう。
私は絶対に性の悩みを完全解決します。
本当にありがとうございます。
さあ性の悩み完全解決サクセスストーリーが始まるぜ!
みんな期待していてくれ!

2017年11月9日 処女と結婚したい そして養って添い遂げたい

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/virgin_1543088776-320x240.jpg

最近、性の悩みをなんとか解決すべく、どういった悩みがあるかをブログ記事やTwitterに書いて表出してきた。

悩みの一つに処女との結婚願望があるので、ここに書いていく。

正直、
「結婚したい」
ということを書いていくのは恥ずかしいのだが、まずネットで表出できるようにならないことには話にならない。

性の悩みの部分に書くのを忘れたが、俺はとにかく結婚したい。

結婚するにしてもまずは「彼女がほしい」ということなのだが、あえて「結婚したい」という。
「結婚したい」という欲求の中に彼女や同棲というプロセスは入っているし、なにより俺は「付き合いたい」と言っても「結婚を前提に付き合いたい」から。

「彼女がほしい」とか「付き合いたい」だけだと、「結婚は考えてない」、「遊びたいだけ」、「友達感覚」という感覚があるが、俺は結婚しか考えていない。
なので「結婚したい(結婚を前提に付き合いたい、同棲したい)」ということである。

俺はここ数年くらいから、とにかく結婚したくてたまらなくなっている。
特に最近、事業がうまくいってきてさらにその欲求が強くなってきた。

俺は古い考えの人間で、とにかく男であるからには女を養いたいという考えを持っている。
そういった「雄として優秀でありたい」という前提が、「ひょっとこ」に仕立て上げられ「雄として欠陥している」ことを知らしめられることへの怒りへつながっている。

俺はとにかく「男らしくありたい」と強く思っているのだが、顔は可愛い方だし、体は華奢だしで男らしくなれなくて苦しんできたが、女性を養える、という点で男らしくなれそうなので、そこにアドバンテージを感じ始めている。

処女と結婚したい

これもさらに古い考えと言われるかもしれないが、とにかく、何が何でも「処女」と結婚したい。
俺が処女厨なのは14歳くらいからのことで、17歳のときにツイッターで暴れていた時はとにかく処女崇拝と非処女たたきが病的だった。
(詳しくは以下の「おなもみ発言Bot」のツイート参照)


※「超可愛くないと」とは今は思いません。

処女厨きもいと言われようが、結婚するのは絶対に処女が良い。
理由は書かなくてもわかると思う。

他の男のチンポが入ったという物理的な理由も嫌だし、他の男のチンポを受け入れたという精神、相思相愛で愛のあるセックスをした(かもしれない)という想像(妄想)で発狂しそうになる。
そして、今までの他の男と色々と比べられるのも最悪だ。

劣等感が強い人間にはありがちすぎる考えだと思う。
自分に自信がないから比べられることを恐れる。
雄として優秀がどうとか、男らしさに異常にこだわる俺ならなおさらだ。

処女厨にも二種類ある

最近特に思うが、処女厨で気持ち悪がられようが、遊びで処女を食い散らかすやつよりましだ。

俺は処女厨と言っても、処女を奪ったからには絶対に最後まで添い遂げたいし、生活において苦労をかけるつもりも一切ない。
俺は現時点で女性を養えるだけの収入があるし(不安定ではあるが)、外で働いてもらう必要もない。
もちろん長い間生活する中で、予想だにしなかった問題なども出てくると思うが、それも承知の上である。

俺はそういった覚悟を持っている処女厨だ。

問題なのは、処女を食い散らかそうとしている処女厨だと思う。
うぶな女性をたぶらかして処女だけうばって、最初の男になった優越感だけ得て捨てていくヤリチン処女厨である。

処女厨にも二種類あると思う。
「処女を奪うかぎりは添い遂げる処女厨」

「処女を奪って、最初の男になった優越感を得たいだけの処女厨」
だ。

後者は本当にいなくなってほしい。
貴重な処女がどんどん減っていって俺が処女と結婚できる確率も下がっていく。

付き合う目的と結婚の目的

上述したが、女性と付き合うとなったら結婚前提以外ありえない。
若いから色んな女と遊んでみたい、とかが全くない。
20代のうちに結婚して、最後まで添い遂げたいと真剣に考えている。

だから、うちの母方のじいちゃんばあちゃんや、近所の工務店の60代の夫婦のように、20代で結婚して(妻は処女)、還暦超えまで仲良く暮らして、異性は結婚相手しか知らない、というのに本当に憧れる。

俺が10代のときに、女性と付き合えてキスまではできたもののセックスできなかったのは、この考えのせいというのが大きい。
結婚前提以外ありえないので、浮ついた遊び感覚の恋愛で消耗するのがばからしくて仕方がなかった。

今でもツイッターで若者を見ていると、やれ浮気された嫉妬しただで消耗している。
いいけど、何を目的として消耗してるんですかと問いたい。
結婚も考えてないし、遊び友達、セックスできる、くらいの関係なら、嫉妬やら浮気やら気にする必要も無いんじゃないか。

そもそも俺も10代のときの精神状態だったら激烈な嫉妬などに苦しんだと思うし、やはり10代のときに処女とセックスできなかったというのは諦めるしか無いように思う。
今はましになった(と思いたい)が、人格が異常すぎたというのはある。

先程、何の目的があって付き合って、嫉妬などに苦しんでいるんだ、と書いた。
ほんとに、そういう連中は何を目的として苦しんでいるのか。

俺としては、付き合っているのに、結婚について考えていないというのが信じられない。
なんで長期的なスパンで物事を見ないのか。

それに、結婚を考えたことがないという関係は、イコール遊びかもしれないということじゃないか。
何度も言うが、遊びだったら嫉妬する必要もないし独占する必要もないと思う。
気楽・重要でないことが遊びのメリットじゃないのか。

(俺は結婚しても、重要さの管理はしますが。
相手にあまりにも重要性を置きすぎるとそれこそ嫉妬や独占欲や束縛がえらいことになる。)

俺は結婚という目的があり、さらにその先にも、お互い(夫婦)の目標のために支え合う、という目的がある。
それくらい長期的に考えている。

しかし世の中の殆どの人間は、短期的に、とりあえず寂しいから恋人がほしい、などと考えているだろうから、俺が、処女で一途で結婚を考えている女性と出会える可能性はかなり下がる。
まぁ諦めるつもりはないが。

一人の女性しか知らなくていい 色んな女を抱きたいというのがない

しつこいようだが、俺はもう、付き合うなら結婚前提しかありえないし、遊ぶつもりも一切ない。
まず、色んな女を抱きたいというのが一切ない。
上に書いた、祖父母や、工務店の夫婦のよう一人の女しか知らない」という状態で何の問題もないし、それどころか誇りになる。

俺はよく雄として優秀というが、俺は色んな女を抱いたタイプの優秀な雄には憧れない。

一人の人間と何百回も体を重ねたという実績は振り返ったときに最高じゃないか。

そう言うと、経験者のほとんどが
「絶対飽きるから」
と言うが、24年間童貞の俺は今までの蓄積した鬱憤があるので、添い遂げるまで飽きないと思う。

まぁ、
「遅咲きに限って一度知ったら色んな人と遊ぶ」
と言い出す奴もいるが、俺の場合はそれはない。

ここ最近ある程度の女性と話してみて、遊べるタイプのよく喋る女が本当に苦手で仕方がない事に気づいた。
友達としてはいいが、性的欲求が一切出てこない。

下に書くが、
「絶対飽きるから」
などの一般論の予想は本当に糞だ。

そもそも
「結婚(同棲)って普通はこうなるから」
という一般論を押し付けてくる奴はかすだ。
それはあんたら(大多数)の人格が未熟だからでしょとしか言いようがない。

俺は本当に50年間喧嘩をしたことがない夫婦なども知っているし、中学から付き合って結婚したケースも知っている。
そういうのは間違いなく少数派だろうが、そういうのに憧れてはいけない道理などない。

「みんな喧嘩してるから」
「みんな倦怠期あるから」
「みんな離婚するから」
と、そういった負の部分までみんないっしょ的な考えをしているから、多数派に流されて、自分や結婚相手という個を尊重できず人生が失敗することに気づけ。

結婚や異性について語るのになぜ抵抗があったか

正直、結婚したい、とか、結婚観について書くのははじめてで恥ずかしかった。
なぜこういったことを書くと恥ずかしいのかというと、世の中のほとんどの人間がそういったことについて考え、話しているからだと思う。

経験している人間に
「未熟だな」
と思われるから鬱陶しい。

アドバイスをしてくる輩もいるだろう。

一般論で語るな、これは世の中のどのケースとも違う、唯一無二の俺(と結婚相手)の問題だと言いたい。
なんでも一般化してケースにあてはめるのは、悪い癖だと常々思う。

「男は~」「女は~」という男性論女性論しかり。
「THE 男」「THE 女」という一個人は存在せず、観念上にしか存在しない。
現実に存在する個人はすべてその人でしかない。

異性について語るのは、上述の理由で恥ずかしかった。
そういう意味でチムメンの男など、同性への恋愛感情を表出するのは少数派なので、やりやすい。
(アルティーに恋愛感情はありません。本当ですよ。)

誤魔化しと思われるかもしれないが、同性に対する恋愛感情や性的欲求は間違いなくある。

二次元のショタ好きはもちろんだし、リアルの人間だとチムメンの男や、有名人だと草野マサムネさん、岡村靖幸さん、藤井聡太さんなども魅力的だと感じる。

なんとしてでも処女と結婚する

書いてて思ったが、俺は処女とさえ結婚できれば、10代のときに処女とセックスできなかったことはもうどうでもいい。

「19歳までに経験したことは、それ以降の人生と同じくらいの重みがある」
とかいう言葉もあるが、そんな言葉に意味を持たせるかは自分次第だ。

前の性の悩み記事で
「なんとしてでも性の悩みを解決する!」
と宣言したが、それはもちろんのこと、この記事を書いてみて、
「俺はなんとしてでも処女と結婚する!」
と具体的な目的に変わった。

しかしこれはあくまで「結婚」に関する宣言であり、他の性の悩みとはちゃんと分離している。

ふたなり美少女になりたいことや、お絵かきのこと、同性への恋愛感情は、また別の話だ。
それらについても具体的な解決策を探したいところだ。

とりあえず俺はなんとしてでも処女と結婚して添い遂げる!
結婚して、結婚生活のこともブログの記事にしたいと思っている。
そんな想像をしている。

というか、10月にワンルームマンションを契約して愛知県に引っ越してきたばかりだが、もう同棲するマンション(2DK)を探したり、同棲の生活費などを考えたりしている。
気が早いと思われてもいい、それをすることで「目標が達成された世界の臨場感」があがるんである。

2017年11月11日 「10代の時に処女とセックスできなかった」という後悔は無意味だった

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/love_1543144849.jpg
なぜなら、 それは「処女を奪ったからには結婚して養って添い遂げる」という条件とは両立しづらいから。

「10代の時に処女とセックスできたかどうかで人生の価値が決まる。」
「10代の時に処女とセックスできなかったことをずっと後悔している。」
ここ最近、そんなことばかり考えて苦しんでいた。

しかし、よくよく考えたら、それらに並んで、
「処女を奪ったからには結婚して養って添い遂げる」
という考えもあるので、そうなると色々おかしい事になる。

それらを合わせると、つまり、
「10代の時に処女と結婚していればよかった」
ということになってくる。

俺の場合10代の後半の時点では稼ぎはなかったので結婚なんて夢のまた夢だった。
というかつい最近まで稼ぎがなかった。

そう考えると、10代で結婚とかあまりにも非現実的すぎて後悔にもならん。

10代の後半の時点で稼ぎあって、結婚できる状態なのに処女とセックス(結婚)できなかった、っていうならわかるけど。

それか、一般的には大学卒業くらいで稼ぎあればとりあえず相手側も許してくれると思う。
10代後半で処女とセックスして、結婚前提で付き合い始めて、大学卒業後にしっかり稼ぎがあるのが理想、という感じだろうか。

俺は20~24歳の時も稼ぎはなかったし、そのことに異常に苦しんで暴れまくっていたので。
その頃にもし結婚相手なんかいたらまず離婚だろうな。

20~24歳で稼ぎが無いのを当然とは考えられず、異常に執着して苦しんでいた。

10代で処女とセックスできなくてよかった

「10代の時に処女とセックスしたかった」
いいけど、処女奪ったあとに結婚もせず別れたら、また非処女を一人作ることになる。

「セックスに興味があったので高校の時に好きでもない適当な相手を誘ってやってみた笑」
とか言う非童貞と同類の、好奇心旺盛型最低人間になってしまう。

何が言いたいかというと、
「10代の時に処女とセックスしたかった」

「処女奪ったからには結婚して養って添い遂げる」
の二大前提はかなり両立しづらい。

どっかのバカヤロ様が、
「10代で経験したことはそれ以降の一生と同じくらい価値がある」
とかほざくからそういう異常な信念が生まれてしまった。

そう考えるとむしろ10代で処女とセックスなんかできなくてよかった気がしてきた。
処女とやったからには結婚すると考えてるけれど、金はなくて無理だったとなると、10代の時に非処女とセックスしたかったに変更しないといけなくなる。
しかし、それはまったく憧れないので後悔にならない。

理想

究極の理想は、10代後半の時点で養えるくらいの稼ぎがあって、処女と結婚できてたらよかったが非現実的すぎる。
金もなかったし、なにより人格が今とは違う意味でやばすぎた。

金があって結婚もできてたとしても、おそらく色々と混合して、間違いなく離婚か警察沙汰になっていた気がする。
もしもの話だからわからんが。

「別に処女うばったからって結婚しなくていいでしょ」
と女がいっても俺の中の処女がそれを許さないわけだ。
意味がわからないかもしれませんが。
結局独りよがりということだと思う。

俺の、宗教にも近いくらいの処女崇拝が極まった結果こうなった。
見方を変えれば誠実といえるしいいと思っている。

某人が
「高校の時セックスに興味があったから好きでもない女を捕まえてセックスした笑」
とか言ってたけどその人は処女だったんだろうか。

もしそうだったら、俺は10代の時に処女とセックスなんかできなくなってよかった。
処女とセックスしたくせに結婚しなかったら、過去の俺にしねと言い聞かせる。

食い散らかすタイプの処女厨はかす。

後悔する必要なし

「処女うばったからには結婚して養って添い遂げる」
という前提は最近になって出来た。

その前提のおかげで、
「10代の時に処女とセックスしたかった」
という後悔を否定できるようになった。
否定するために出来たのかもしれんが。

一見誠実に見えるけど、処女厨がさらに激化して危ない内容になっている。

その前提ができるまではとにかく、10代の時に処女と~の後悔が凝り固まりすぎていた。
処女厨で、10代の時にできなかったことを後悔しているバカヤロ様は参考にしてみてください。

まぁ結論としては、10代の時に処女とセックスなんざする必要はなかった。
今から処女の人をさがして結婚して養って添い遂げればいい、ってことだわな。

20代のうちに~とかはないけどできれば20代のうちに。
そういう目標。

繰り返しになるが、究極の理想形は10代の時に処女とセックスして、その人と結婚して、最後まで生活がうまくいくこと。
だがそんなことはありえなさすぎるし考える必要もないと思う。

あまりにも非現実的なことには人は後悔しないもんだな。
後悔って、
『もう少し頑張ればできてたこと』
にするものだ。

「処女厨って劣等感強くて自分に自信なくて比べられるのが怖くて雄として欠陥しててきもいね~」
と思われるのがいやで徐々に処女厨論を表出できなくなっていた。

だが、
『うばったからには結婚して養って添い遂げる』
という条件が出来た事で相殺できた気になっている。

なので、表出させられた。

その条件がさらに自分や相手を苦しめるかもしれないのはまた別の話。
きもすぎの。

2017年12月7日 処女と結婚して添い遂げる 結局のところ真の欲求はそれしかない

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E7%B5%90%E5%A9%9A_1543128447.jpg
結婚以外の目標もたくさんあるが、やはり重要なのは処女と結婚して添い遂げることだと思った。

どうやって処女と結婚して添い遂げるか。
毎日その方法を考え抜いている。

周りが自慢してきて、
「こんな美人とやれたんだぜ」
「オフパコできたんだぜ」
「今まで何人とやったぜ」
ういう話をきいても、強がりとか抑圧とかじゃなくほんとに嫉妬や羨望の感情が出てこない。

それより、
「処女と結婚できたんだぜ」
これしかない。

食ったるの男が10代の時ナンパしてその日の番に3Pできたらしい。
いいけど、それも別に羨ましいとは思えない。
そんなことより、処女と結婚して添い遂げられたかどうか、それしかない。

「彼女いるよ」
「結婚してます」
という話には、
「彼女がいるだと」
「結婚してるだと」
と一瞬なるけど、
「ああでも非処女かもしれないだな」
という可能性が即座に浮かび上がったら、
「ああ!」
となって嫉妬も羨望も出てこない。

「嫁さん(または彼女)処女だったよ」
と言われたら体が浮かび上がりそうになる。

今の俺の、処女に対する異常な執着は、17歳の頃よりもひどくなっている。

17歳の頃の自分、何か知っとんな。
17歳のときの俺と対談してえ。
17歳の頃の自分自身と濃厚なエッチをしたら、何かがわかるかもしれない。
きもすぎた。

結婚結婚言うが、あくまで結婚は制度というか法律とか税金とかのシステムの話だ。
俺も便宜上結婚と言っているが、そうじゃなくて『一人の人間と最後まで関係が途切れない』とかそういう意味合いで使っている。

急いで童貞を捨てたところで、処女と結婚して添い遂げるという目標の役に立たない。
そういうジレンマにも悩んでいる。

2017年6月2日 童貞という呼び方が気持ち悪い

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/man_1543174219.jpg
※この部分だけ古い記事ですが、童貞に関してまとめてつなげておきたいのでここに挿入しておきます。

俺は童貞だが、童貞という言葉の響きが気持ち悪くて不愉快で仕方がない。

ドーテー、という感じで、『ど』という音が伸ばし棒で間延びして、重苦しい響きに感じる。
その響きのせいか、童貞という言葉からは、若い男性のイメージよりも、太った中年の男のイメージがまず浮かんでくる。

童貞の定義

高校の時に俺は童貞に関する本を何冊か読んでいた。

中年童貞
童貞として宮沢賢治
日本の童貞
の3冊だったと思う。

童貞とはあまり関係なかった気がするが、岸田秀氏の『性的唯幻論序説』も読んだ。

それらの本にはまず童貞の定義が書かれてあり、古い時代では、オナニーをしただけで非童貞、仮に動物が相手でも、膣にちんこを入れた時点で非童貞、など、どの段階で非童貞とするかは、現代と違っている場合が多かったようだ。

段階にはもっと色々あった気がするが、現代ではとりあえず、
『人間の女性の膣に人間の男性が陰茎を挿入した時点で非童貞』という感じなんじゃないだろうか。

射精したか否かで意見が別れる場合もあるようで、その違いも本に詳しく載っていたが、ややこしいので、射精しなくても非童貞ということにする。

そこらへんは恐らく個人の見解によって童貞か非童貞か決まると思うので、その都度考えればいいと思う。

童貞の呼び方

定義の部分が長くなったが、どの定義にしても俺は童貞だが、童貞であることも気に入らないが、まずその言葉の響きが気に入らない。
冒頭に書いたように、重苦しく、おっさんのイメージが浮かび上がり、可愛さを全く感じない。

童貞の呼び方は、童貞、DT、チェリー、チェリーボーイ、ヴァージン、純潔、魔法使い(30歳以上の童貞)、素人童貞(「プロ」の女性以外との性経験がない童貞)
など色々ある。

昔から2chに、
「「童貞」を一番かっこよく言えた奴が優勝」
というようなスレが立つが、ああいうのは除外する。

そもそも英語のVirginは、処女のことも童貞のことも指すようだ。
逆にCherryは、英語では処女のことを指すらしい。

童貞の場合はそれにBoyがついてCherry boyということらしい。

あくまで、童貞という存在が人との会話の中で出てきた時、どの呼び方を使うか、ということが大事だと思う。

上記の中だと、まず”童貞”は気持ち悪いのでなしとして、ましなのだと、DT、チェリー、純潔あたりだろうか。

「「童貞」を一番かっこよく言えた奴が優勝」
というようなスレに出てくるのは、長いのが多くて使いづらいので当然除外する。

まとめると、”童貞”を、かっこよく言いたい人は”DT”。
可愛く言いたい人は”チェリー”(ボーイが付くと音の響き的に可愛くない)。
気高く(?)言いたい人は”純潔”。
この3つじゃないだろうか。

俺は大体、人に自分が童貞であることを名乗るときは”DT”を使っていたが、その時の気分で違和感を覚えることもあるので、”チェリー”と”純潔”も臨機応変に使っていこうと思う。
特に”純潔”に関しては、他の呼び方と違いふざけた感じやバカにした感じがなく、真摯な感じがして好きだ。

自分が名乗るときは何でもいいとしても、人に童貞かどうか聞く時なんかは、”純潔”という呼び方が一番良いんじゃないかと思う。

漫画ルポ 中年童貞に関して

ところで、上にも書いたように、高校生の頃、中年童貞という本を読んだのだが、それと関係あるのかわからないが、『漫画ルポ 中年童貞』という漫画が最近出てきた。
無料試し読みがあったので少し読んでみたが、あまりの”露悪”っぷりに驚いた。

俺もあの漫画とかなり似た画風の露悪的な絵を描いているから何とも言えないが、あそこまで中年の童貞の人を貶め、醜さや滑稽さを過剰にデフォルメした漫画を描くのには、どういう目的があるのだろうか。

童貞に特別な憎しみがあるのか、それとも、バカにして優越感を得るのにちょうどいい存在だから、細かくインタビューなどをして、滑稽さを詳しく知りたいのだろうか。

どちらにしても、俺のような、中年童貞になりそうな人間からすると、不快とも恐ろしいとも不思議ともつかない、なんとも言えない気持ちになる。

スピッツのチェリーという曲について

俺は中学の時からスピッツのファンで、全アルバムを持っていて、新譜も必ず発売日に買うようにしている。
大体どのバンドのファンも、そのバンドの売れた曲、世間で知られすぎている曲、というのは聞き飽きていて、あまり好きじゃない、という人が多い気がするが、俺はスピッツのチェリーに関しては今でもかなり好きだ。

検索してもあまり出てこないが、あの曲は明らかに童貞のことを歌った曲だと思う。

スピッツは静岡県藤枝市青島というところ出身で、そこにある『チェリー』というラブホに続く道が、曲がりくねっていて、というような話も調べると出てきたが、やはり、
『”愛してる”の響きだけで 強くなれる気がしたよ』
という部分の純粋さを見るに、童貞の曲という印象が俺の中では強い。

自分が童貞だということもあってかなり好きな曲だ。

処女について

女性の”処女”は、”処女”の時点で十分可愛げのある響きなので羨ましい。
処女は一度も侵入を許していない城だから頼もしく(価値が高く)、童貞は一度も侵入に成功しない兵士だから頼りない(価値が低い)、というコピペがあるように、童貞はそもそもダサいものなので、言葉の響きが気持ち悪くなるのも仕方がないのだろうか。
(上に書き忘れたが、昔は性交経験のない女性のことも”童貞”と呼んでいたこともあったらしい。)

偏見かもしれないが、処女もさすがに40歳を超えると価値が高いとは言えなくなってくる気はする。

そういえば、『中年童貞』を始めとする、童貞に関する、主にバカにしたような書籍や漫画は多くあるのに、『中年処女』のような、処女に関する、バカにしたような書籍が全く無いのはなぜなのだろうか。

子供のちんこの洗い方についてはオープンだが、まんこの洗い方については口を閉ざすママ連中のように、やはり女性のタブーということなのだろうか。

それとも、まだ滑稽でシャレになる中年童貞に比べて、中年処女はシャレにならなすぎて表現できないのだろうか。

長くなってしまったが、大体そんな感じです。

会話の中での呼び方は上記の3つのどれかで良いと思うが、結局、文中では”童貞”と表記せざるを得なかった。

書き忘れたが、素人童貞に関しては、素人DTくらいにしか言い換えられない。
そして非童貞に関しては、非童貞の時点で呼び方には拘らないと思うので、そのまま非童貞と呼ぶか、もしくは非DTという呼び方でいいんじゃないだろうか。

そもそも、呼び方一つにここまで拘るのは、自分が童貞であることへの執着と憎悪の結果だと思う。

追記:”未経験”が一番いい気がしてきました。

『女を抱く』という言い方(表現)も気持ち悪い

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/hug_1543090162-768x512.jpg

『(女を)抱く
という言葉も気持ち悪くて嫌いだ。

童貞云々より生々しい話なので詳しくは書きたくないが、”抱く”という表現は、やたらと男性がリードしているような感じがある。
しかもかなり”大人”な感じと、”雄として優秀”な感じがある。

雄として欠陥した俺からすると憎悪やら嫉妬やらで不愉快極まりない。

単純にセックスする、という行為の呼び方は、セックスする、エッチする、性交する、抱く、寝る、ヤる、ハメる、パコる、にゃんにゃんする、チョメチョメする、などとやたらあるが、その中でも”抱く”は特に嫌だ。
それ以外は特に気にならない。

“抱く”は他の言い方と比べて、濁した表現なのも気持ち悪い。
“寝る”もだいぶ濁していると思うが、それはあまり気持ち悪いとは思わない。

ところで、俺のリアルの友人に『食ったるの男』というのがいるが、
(そこらの女なんかいくらでも食ったる!と言っていたのでそう呼んでいる)
性交渉のことを”食う”や”食べる”という表現をするのは、食ったるの男には申し訳ないが、”抱く”よりも気持ち悪くて苦手だ。

そういう行為ではなく、普通の”抱きしめる”という言葉は大好きなのだが。
キモすぎた。

2017年12月7日 童貞のバカにされ様は異常 処女は貴重扱い

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E7%AB%A5%E8%B2%9E_1543128428.jpg

童貞のバカにされようは常軌を逸してる。
女にはもちろん男にまでバカにされる。
四面楚歌じゃないか。
まさにひょっとこ。

童貞は、
「童貞なのにすごい!」
っていうことがまずない。

童貞という時点であらゆる長所が
「童貞なのにw」
に変わる。

童貞という語彙、字面もそうだが、
「ドーテー」
という音の響きも最悪だ。

このあたりも、童貞というイデアが持つイメージを滑稽たらしめてると思う。

だが、
めくら、つんぼ、かたわ、ちんば、きちがい
とかにしてもそうだが、童貞という言葉を狩っても童貞の気持ち悪さやだささや滑稽さは消えないので同じだ。

非処女が原因?

童貞を童貞たらしめるのはマンコに入れたかどうかだ。
そういう意味で、童貞という語彙はフェミニズムの臭いもある。

非童貞はまだいいとして、非処女(厳密には、未婚非処女)が童貞を攻撃するのはなんなのか。

非処女は、当然童貞をバカにするが、なおかつ処女の事もバカにし(実は嫉妬しているのだが)、
「処女はやばいよ」
と焦らせている構図がある気がする。

しかも、処女厨に対してもキモいというレッテルを貼ると。

以下はある人とのやりとりでの俺の返信。

髭林おなもみ @onamomi22
@匿名
童貞好きって言う人は俺も結構みたことありますが、その好きにも根本的には軽蔑がふくまれているような気がします。
例えば俺は処女厨ですが、処女に対して抱く感情は軽蔑ではないので同じ未経験者相手でも男女で少し構造が違いますよね。

髭林おなもみ @onamomi22
@匿名
処女も劣等種だという風潮あるのですか。
それを扇動してるのは主に、処女に嫉妬している非モテ(もしくは未婚)非処女なのではないかと推測しています。
ちなみに俺も処女の「未経験」という部分に弱みを感じているのはまったく否定できません。

童貞以下は存在しない

童貞は弱者女よりも下のヒエラルキー。
80歳のおばあでも穴があるだけで役に立つので童貞より上。
童貞より下は存在しない。

童貞が、一部の障害者とかLGBTみたいに、
「童貞をばかにするな!」
と叫んだりしたら滑稽どころの話ではない。

かといって童貞クン的な扱いを受けて男にも女にも『かわいがられ』て、それを受け入れてヘラヘラしてるのもださい。
上に貼ったAbemaTVの番組もかなりひどいが、童貞は滑稽という見本だとも思える。

童貞は何をどうやってもださくて滑稽で気持ち悪い存在だ。
童貞クンという語彙と字面も嫌すぎる。

童貞はへらへらしてもださい、攻撃的になってもださい。
どうころんでも気持ちが悪い。

ただこれは、すべての童貞がそうだとか、童貞という要素を持っている人が全員そうだとか言ってるんではなく、童貞のイメージや、イデアについて言っています。

女性の生き辛さ

童貞は非童貞にも非処女にも徹底的にバカにされて人間扱いされないが、処女はバカにされない。

その代わり、オカマはネタにしやすいからオネエ芸能人が市民権を得ているが、オナベはネタにしづらく触れてはいけない感があるからオナベ芸能人は市民権を得ていない。
だから、(身体性別としての)女性は生きづらいなとも思う。

童貞はあらゆる人間に障害者以下の扱いを受けるから男はその点辛い。

けど、女は女で男と違って短髪とか坊主など女らしさのない装いをすると
「えっ」
という反応されたりして、装いの可動範囲が狭くて窮屈そうだなと思う。

なので総合的には身体性別的にもジェンダー的にも男であってよかったなと思う。

ほんと前から思うけど、男は短髪も長髪も受け入れられてるのに、女の短髪とか坊主は
「えっ」
て反応されるの窮屈そうだ。

男は男らしくしてもいいし、女っぽくしても、オネエやら男の娘やらジェンダーレス男子やら成立するジャンルがあるから楽だ。

もうむしろ、童貞という語彙を積極的に使っていくことで、こばかにされる憎しみを晴らしたい。

ただし、童貞という概念のレベルを一段階上げると神になるという意見もある。
冗談です。

ちなみに最近は、ブスという語彙が嫌で仕方がないので使わないようにしている。

近頃は若者が男に対してもブスというようになってきたが、俺が言っているのは女に対して言うブス。

『童貞』と同じく、あまりにも残酷な言葉だ。
だからせめて不美人と言う。

2017年12月10日 処女厨と非処女は敵対しなくていい

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E5%96%A7%E5%98%A9_1543128418.jpg
処女厨と非処女は相容れなさそうだが、敵対する必要はないと思った。
『処女が良い=非処女の存在を否定』ではない。

処女厨にとって非処女は恋愛対象ではないので、普通に友達として接すればいい。
非処女にとって処女厨は恋愛対象ではないので、普通に友達として接すればいい。

俺は現在、生粋の処女厨だが、非処女を叩くつもりは全くない。
生粋の処女厨故に、非処女は一切恋愛対象にならないので、むしろ友達としてどこまでも気楽に接することができる。

処女厨は『処女』という存在のみを追い求めていればいいのであって『非処女叩き』をする意味はない。
非処女は『非処女を受け入れてくれる男性』という存在のみを追い求めればいいのであって『処女厨叩き』をする意味はない。

非処女を叩く処女厨は、非処女を叩けば処女が増えると思っているのだろうか。
処女厨を叩く非処女は、処女厨を叩けば処女厨が減ると思っているのだろうか。

叩きをすることで『世間の風潮』のようなものを変えようと足掻かず、お互い、自分の理想を追い求めていればいいのにと思う。

そもそも非処女は処女厨に(恋愛対象として)興味がない状態であるべきだ。
当然、処女厨も非処女に(恋愛対象として)興味が無い状態であるべきだ。

「非処女が処女に嫉妬して、『処女はださいもの』『処女厨はキモすぎる』という風潮を作ろうとしてるかもしれない」
と思ったが、普通に考えてそんなことして世間の風潮変えたって結局は自分がどうするかなんだから無駄じゃないかと思った。
やっぱりそんな事をやってる非処女は存在しないのではないかという気もする。

そもそも処女、非処女、童貞、非童貞、という語彙そのものがイデアでしかない。
現実には『その人』という一個人しか存在しない。
多分それくらいみんなわかってるだろう。

処女厨は気持ち悪い

処女厨とは
処女厨とは、処女のみを崇拝し、非処女を全否定する存在。

非処女を否定する言動が常軌を逸していて、処女を含む女全般から完全に引かれてしまう言動を取るのが特徴。

結果、処女厨が処女を求めれば求めるほど処女が遠のくという
ちょっと生暖かく見てても面白い存在w

処女厨は好きな女のマ●コに過去に見知らぬ男のチ●ポが入ったという事実を受け入れられない、
「器の小ささ」「自己中」「独占欲」
が気持ち悪い。

簡単に言えば処女厨は色んな意味で『神経症』的で人格に問題があるので基本的に恋愛も結婚生活もうまくいきづらいだろう。
しかも処女厨の大変が童貞だろう。

処女厨は性欲と独占欲と束縛煩悩が脳味噌まで溜まって、枠組みが狭くてIQ下がって、自分のことしか考えられない自己中糞坊主ってわけだ。

だが俺はとにかく下品なほど処女に拘っている。
現時点ではこれだけは譲れない。
ホンマに自分がキモすぎる。

まぁ現時点ではなんだが。

ただ少なくとも、以下のような、
「処女が良いと供述したら、世の中の非処女の人を敵に回すことになるので、いつの間にか非処女でもいいと自分に言い聞かせていました」
というような日和った男は一番ダサいのでなりたくない。

「『処女がいい』と意思表示したら、非処女に叩かれる」?

思うに、非処女叩きをやっている処女厨は『異性=恋愛対象』という意識が強すぎるんじゃないだろうか。
処女厨叩きをやっている非処女に関しても同じだ。

以前、
「”処女がいい”と意思表示したら、非処女に叩かれる。
本当は処女がいいけど、それは非処女を否定することになって、非処女の人全員を敵に回すことになるので、非処女でもいいといつのまにか自分に言い聞かせてる……」
とか言ってる(元)処女厨がいたが、愚かすぎる。

まぁそれを『日和った』ととるか、『人のために自分を変えた』ととるか。
俺は前者だとおもいますが。

なんかその発言とか思考回路にその人の本質がある気がする。
その発言した時点で縁切っときゃよかった。

そいつは誠実を装って本心は利己しかない。
まさにアルティーのようだ。
慇懃無礼にもほどがある。

「処女がいい」
と意思表示することで処女に嫌われたら問題だが、非処女に(恋愛対象として)嫌われることは何の問題もないはずだ。

自分が結婚する相手は処女が良いというだけで、
「非処女全員しね」
とかいってるんじゃないし、処女だろうが非処女だろうが恋愛対象にならないなら普通に接すればいいだけの話なのに、
「処女がいい=非処女を敵に回す」
という思考回路になってる時点で、性欲が脳味噌まで溜まっている。

そもそもどんだけ自分のことモテると思ってるんだろう。
童貞が一人「処女がいい」って意思表示したくらいで非処女が怒り出すって、お前はその非処女全員に恋愛感情持たれてるんですかと思う。

まさに他人に迎合し世間体を重視して自分の真の欲求や価値観を押し殺す慇懃無礼八方美人童貞である。

俺が言うのもなんだけど、これほどダサい生き方も珍しい気がします。

処女厨と非処女は、
「お互い恋愛対象になりえない(恋愛対象として興味がない)からこそ友達関係がうまくいく」
と俺は考えたがどうでしょうか。

関連リンク
「処女と結婚したい」という強い願望をもつ男性は結婚できない | みんなの出会い系サイト体験レポート
処女である事が嬉しい男とは絶対結婚するな /あんりあ

2017年12月14日 髭林恋愛相談所 発足!

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E6%81%8B%E6%84%9B_1543128388.jpg
昨日は久々に配信で夜通し雑談をした。
モンハンワールドのベータテスト終わったあとに、そのままの流れで。

その配信で、思いつきで髭林恋愛相談所を発足したので、これから恋愛相談活動をやっていく。
24歳童貞の処女厨が、恋愛の目標を達成すべく語り合う、相談所である。

「え、24歳で童貞の、自己愛の肥大化した利己主義の処女厨が恋愛相談?w ばかか?w」
とか思ったやつはなにもわかってないな。

「どんな人間でも自由に恋愛をしていい」
「どんな人間でも自由に恋愛を語っていい」
ということがわかってないな。

まぁ俺もそのことがわかったのは最近からだ。

前までは、
「俺なんかは、恋愛を語ることさえ許されない」
と思っていた。

だが、そんなわけはない。

24歳童貞処女厨の俺でも恋愛を語っていいし恋愛相談所を発足したっていい。

しかし実際は髭林恋愛相談所は、俺が人々の相談にのると言うより、俺が相談に乗ってもらうことがメインの相談所だ。
人の恋愛相談もききつつ、現時点ではまともなアドバイスができるわけがないが雑談混じりに適当に話すだけ。

まぁ、
「何の目標(目的)もなしに適当に恋愛しては傷ついて人を恨んで病んで」
という、しょうもないことをやっているような人間はそもそもくだらなすぎて話にならないので、そういうのは完全に無視したいと思う。

恋愛のメソッド化

とりあえず俺は今、恋愛のメソッド化を試みている。
カーマ・スートラなども買って読む。
あとは機密テキストも軽く再開し、自分の真の欲求などをブレインダンプしたりしてみている。

なにかを学ぶ際には、人に教えることを想定すると効率が良いので、そういう意味でも俺は髭林恋愛相談所 所長になった。
指導者になるわけじゃないが、頭の隅に置いておく感じだ。

[2017/12/12 1:25:48] 髭林おなもみ:
人間関係はもちろん恋愛も、もうメソッド・ロジックがないとどうもこうもならんと。逆に言うとそれさえあればどんな人間でも納得の行く恋愛はできると思い始めました。歌唱やお絵描きはメソッドを頼ることに抵抗がある人は少ないと思いますが、恋愛や人間関係はどうも、そんなもんにたよるな、キモチのまま行け!というのが横行している気がします。でもそれが間違いなんだと。

[2017/12/12 1:26:52] 髭林おなもみ:
自分の現時点での真の欲求をはっきりさせることと並行して、恋愛メソッドを勉強します。
出典:Skypeチャット

これだけは信じます。
ほかのものは一切信じないとしても、これだけは信じるということはわかっていただきたい。

髭林恋愛相談は配信で行うが、完全に不定期なので、いきなりもう二度としない可能性もある。

まぁこの恋愛相談所の目的は結局、俺の恋愛の目標を達成することなのでよろしく。
俺は恋愛においても下品なほどでかい目標があり、それを必ず達成します。

2018年4月20日 童貞卒業しました。

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/happy_man_1543087835-768x576.jpg
今年25歳ですが、ついに童貞卒業しました。

相手は恋人で、年下の女性です。
俺には勿体無いほど容姿が良い人です。

はじめて同士でした。
二次元とか妄想ではなく現実での話です。

今まで散々悩み苦しんできたことが、ついに解決できました。
これからも恋人を大切にします。

ありがとうございました。

調子乗ってpixivにも絵とキャプションを投稿したので興味ある人は見てください。

出典:[R-18] 【童貞】「童貞卒業しました。」/「髭林おなもみ」のイラスト [pixiv]

出典:【童貞】「童貞卒業しました。」/「みもなお林髭」のイラスト [pixiv]

2018年5月29日 童貞を卒業したことによるメリットとデメリット

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/happy_1543087895-768x512.jpg
24歳でやっと童貞卒業。
そこそこ遅いほうだと思う。

童貞を卒業したことによるメリットとデメリットというタイトルだけど、メリットしか無い。
デメリットが一つとして無い。

なのでメリットだけ挙げる。

・自信がつく
・バカにされない
・一人の異性に認めてもらえたという喜び
・セックスを経験できたという喜び
・恋愛やセックスの話が心おきなくできる
・後悔なく死ねる

最後のは大げさすぎた。
でも事実。

非童貞のデメリットをあえて挙げるとすれば、童貞好きのお姉さんにモテないという点か。
俺はそんな人に興味はないのでデメリットにはならない。

もし、づしてもそういう人に近づきたい場合は童貞のフリをすればいい。
処女と違って、童貞非童貞は身体的な変化がないので偽りやすい。

童貞以下は存在しない

ほんとこのまま一生童貞で、異性に愛されず、セックスというものがどういうものなのかわからずに死ぬんじゃないかと、本気で焦り苦しんでいた時があったが、それも解消された。
一度きりの人生、セックスがどんなものかくらい絶対知っておいたほうがいい。

散々言っているように、同じ未経験でも処女は崇拝されるが、童貞はダサイだけでしかない。
童貞は性のヒエラルキーの最下層であり、それ以下はないというくらいバカにされる。

セックスも恋愛も基本的には男がリードするものなので、そのやり方がわからない童貞は、女性から見て不安でしか無い。
まぁリードのうまさも人それぞれだと思うが、童貞だというだけでとにかく男としてかっこがつかない。

なにより、一人の女性に認めてもらえた、存在を受け入れてもらえたという喜びは果てしなくでかい。
特に俺は童貞卒業が遅く、苦しんでいた期間が長かっただけに、人一倍そう思う。
本当に今の恋人には感謝しかない。

まとめ

結論としては、童貞なんて本当に何の価値もないので早く捨てたほうがいいということです。

関連記事

出会い系 婚活 街コン マッチングアプリ等は変な人や売れ残りしかいない 各体験談を紹介
俺は今年の1月から3月にかけて、なんとしてでも童貞を捨てたくて、処女と結婚したくて、あらゆる手段を使って女性と出会おうとしていた。 あ...
女は神 それ故に人格や外見の可動範囲が狭く人生ハードモード 女の不細工は男顔化するが男の不細工は女顔化しない問題や穴モテについて
2018年5月25日 女は神 女性的なものは神 俺が言う女は神っていうのは、 『女性的なもの』 が神だ...
恋愛に関して思うこと 恋愛脳の人間の優越感が気持ち悪い 思春期と恋愛感情 束縛やDVは全く楽しくない 精神の融合 等
まとめてあって長いので、興味のある見出しに飛んで読むことをおすすめします。 2017年6月19日 雄や雌として優秀かどうかでしか人間を...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: