やりたいこととは 歯ぎしりしながら貧乏ゆすりするほど強烈なやりたいという気持ち

ここ最近ほんとうにいろんな事にやる気が出ない。
広告収入のためのブログ作業も、やりたくないことだと脳が感じ始めているのかもしれない。

なんというか、目標と現状の輪ゴムの張力がだるだるになっている。

目標設定は綺麗に7つにまとめたし、目標達成文の読み上げよりも視覚化が重要であることもよくわかった。

「俺は~」
と、自我に基づいたことばかり想像していると自我フレームが強化され不安や恐怖が出てくることもわかった。

ここまでわかって、最近はとにかく視覚化をやっている。
それでもやる気が出ないのはなぜかといろいろ考えた結果、やりたいこと感の度合いに問題がある気がした。

俺はとにかくこの1年未満で、大きな目標を二つ叶えた。
今思うとその二つの目標は本当ににとてつもなくやりたいことだった。
叶えたくて叶えたくて、常に歯ぎしりしながら貧乏ゆすりするほどである。
何が何でも叶えた過ぎて、叶えずには死ねないというレベルだった。

現状への不満もものすごく、実家に住んでいる現状が耐えられない、処女とセックスできず童貞のままの自分が耐えられない、という感じだった。

正直、今設定している7つの目標は、それほど心からやりたいことではない。
明らかに、その二つにやりたさ度合いで劣っている。

現状もそこまで嫌ではないし、という感じ。
これでは恒常性維持機構が目標を達成した世界を選択しづらい。

枠組みが広い目標を緻密に視覚化しても、その二つくらいにやりたいこと感を覚えられないと意味がない気がする。
本音で、心の底から、気が狂うほど叶えたいというほどやりたいことでないとだめだ。

そういった事を考えて、もう一度目標を見直す。

関連記事

その行動が本当に自分のやりたいことかどうか確認する方法
自己啓発ではとにかく、やりたいこと(自分が心からやりたいこと)だけやれ、と言う。 やりたくないこと(または、やらなければならないこと)は一...
やりたくないことをやりたいことに変える方法
最近、広告収入のためのブログ作業を、やりたいことじゃなくてやりたくないことだと、脳が感じはじめてしまってかなわん。 つまり全くやる気が起き...
自己啓発実践約1年半で達成できた二つの大きな目標
俺は16歳の時に自己解説に出会った。 当時1~2年だけ自己啓発や目標達成文の読み上げを実践したが、勉強不足と若さと劣等感のせいでまともに機...
イメージで目標とする世界の臨場感を上げると精神世界も物理場も確実に変化する
俺はここ数年、目標達成文の読み上げや視覚化、目標が達成された世界の臨場感や慣れ親しんだ居心地の良い空間やモチベについて勘違いしていた。 も...
精神世界(集合的無意識)と自我(エゴ)と縁起と目標達成文の読み上げについて
今朝知り合いに教えてもらったこのページを見ていろんなことが腑に落ちた。 いろいろと書きたいことはあるがとりあえず結論は、 自我(エゴ...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: