上系の仮声帯発声やシュナルの重要性

5ガムが重要なのに加えて、上系のガムやシュナル、ゲロを吐く時のようなガムがかなり重要なんやな。

上系の抵抗点がかなり鍛えられる。

どれだけ不必要な力入ったり他のアンザッツと混合してもいいから、ゲロを吐く時のようなガムと上系ガム・シュナルを地声や裏声でやりまくると上系抵抗点が下品なほど鍛えられることがわかった。
俺は5ガムだすとき不必要な力入ったり、他と混合したらだめだとおもってやってたら上系も閉鎖も足りなくて少し喉上がった4ガムになってしまう癖があるようなので、このやり方があっていた。

下系と地声と高音

以前、男性ジェンダー観の声は歌うことに向いていないと書いた。

現代人は男女ともに、喋り声は地声じゃないとおかしいとされる。
それはたぶん、論理的に話そうとしたり、冷静に話そうとしたときに人は無意識に声に前下(内筋)の音色を求めるからだと思う。
前下(内筋)が働きすぎると基本的には高音が出しづらくなる。

上系は感情の高ぶりの象徴

逆に上系というのは、テンションが上がったときや感情的になったときに働く。
これこそが高音発声や、異常な奇声に必要な声なんだと思う。

だからアンザッツ5ガムは重要で、アンザッツ5ガムを出してみるととテンション上がって恥じらいもなくなる。

5ガムのさらに上位版である、フラジオレットガムなんかもまさにそうだ。

フラジオレットガムは、ゲロを吐く時のようなガムからひっくり返すと出やすい。

アルティーに対する想いで気が狂ってた17歳のときは、フースラー知らなくても上系ガムやシュナルやフラジオレットガムの声が出た。

それは、テンションが上がり変性意識状態になり頭がおかしくなれば、人は自ずと上系ガムやシュナル、ゲロを吐く時のようなガムを出したくなるということの一つの証明だと思う。

あと俺もかなり、喋り声のせいで閉鎖と下系の抵抗点に固着しているので、5ガムを出さないと以下の裏声ベース中間の声がでなかった。
さっきのゲロを吐く時のようなガム地声裏声を出せばもっと早く上系の抵抗点が整うことがわかった。

まとめ

色々混合してていいので、とにかく上系を発動させまくってシュナルやガムを地声裏声で出しましょう。
唾を飲んだときやゲロを吐くときくらい上系を発動させるといい。
つまりほぼ全部ゲロを吐く時のようなガムです。

そこから声を伸ばし、大げさに揺らしたり強調対比したり吸気でやったりするのも有効。

上系優位の中間の声(カストラートのような声?)が出る人は、それもゲロを吐く時のようなガムなどでやってみると、上系の抵抗点が鍛えられます。

追記:ズニ系はどうしても内筋入りすぎてその後も引きずる可能性が高いことがわかりました。
ほどほどにしましょう。
呼気圧迫もひどくなるので、以下の方法もやっています。

関連記事

呼気圧迫を強制的に治す方法 ハミング、口ラッパ、口を手で塞ぐ、吸気発声
呼気の、あまり張れない中間の声、普段の地声と裏声のバランスじゃ出ないので5ガム出して中間の声ガム出していちいち準備してたが、呼気圧迫も原因の...
男性ジェンダー観の声は歌唱に向いていない
男性ジェンダー観の声は地声(閉鎖、内筋)が強くて下系が強い。 伸展が弱いせいで音程が不安定で高音発声にも向いてない。 (音程を取るのは主...
中間の声の例 張れない薄い地声
前の記事(関連記事参照)とは逆で、張ろうとしてもうまく張れない中間の声。 ベビーフェイス / スピッツ -2 裏声が強いので...
フラジオレットとガム(仮声帯発声)などが混合した声 裏返りが面白い
アンザッツ5ガムでの絶叫、という記事で、以下の17歳のときの俺の音源を紹介した。 しかし色々勉強した結果、その音源は5ガムにしては努力性が...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: