父親が重度の躁うつ病 面白いエピソードなどをブログに書いていきたい

前の記事↓

躁うつ病の親父の去年からの顛末 急性腎不全で人工透析からの心臓の大手術
俺の躁鬱親父、去年8月にかなりでかめの躁状態の波が来て近所中の噂になるくらい暴れて、9月に強制入院させられた。 12月には急性腎不全で生き...

俺の親父の躁うつ病エピソード、中島らもさんの躁うつ病体験記『心が雨漏りする日には』に劣らないくらいすごいので、これから少しずつブログにエッセイとして書いていったら面白いんじゃないかと思ってるんだが。

俺が男嫌い(おっさん嫌い)なのとかは、全部親父が嫌いなことから来てる。
遺伝なのか俺自身も循環気質(躁鬱気質)なところあるし、親父にも結構尊敬できるとこもあるから完全に憎いとは思えない。

最近アルツハイマーと腎臓病判明して長くないかもしれないから話通じるうちに話したいなとは思う。

しかも親父は俺のこと全然嫌いじゃないし。
暴れまくる親父をこちらが一方的に嫌っていた。

親父は趣味と仕事と両立して全部極めてるし、やりたいことしかやらない、他人の意見に左右されない、と自己啓発的には百点でワロタ。
あれで躁うつ病じゃなければ成功者になってたと皆言っている。

親父は自身が16歳から躁うつ病で、入院も繰り返している。
俺が生まれたころから、3ヶ月~半年周期で暴れまくっていて、おもしろエピソードが色々ある。

当時は俺も母親も苦労したが、渦中にいるときから思わず笑ってしまうこともあった。

こういうエピソードは、身内に躁うつ病患者がいないと体験できない貴重なこととも言える。
気が向いたらこのブログにエッセイとして書いて、後世に笑い話として残せたら面白いかなと思う。

関連記事

毒親から自立する方法 とにかく物理的距離をとる
俺は毒親持ちだ。 父親が重度の躁うつ病で一定のサイクルで暴れまくり、警察に捕まったり強制入院させられたり新聞に載ったりしていた。 そ...
躁うつ病の親父が東日本大震災でテンション上がって不謹慎発言をした話 躁転のきっかけについて
東日本大震災起こった時、俺は17歳で、一人暮らしをしていた。 実家に帰って家族で鍋食いながらテレビ見てたら、キリスト教徒で躁うつ病の親父が...
躁うつ病の親父の去年からの顛末 急性腎不全で人工透析からの心臓の大手術
俺の躁鬱親父、去年8月にかなりでかめの躁状態の波が来て近所中の噂になるくらい暴れて、9月に強制入院させられた。 12月には急性腎不全で生き...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする