父親が重度の躁うつ病 東日本大震災で不謹慎発言 躁転のきっかけ 等

俺の親父の躁うつ病エピソードは、中島らもさんの躁うつ病体験記『心が雨漏りする日には』に劣らないくらいすごい。
ので、これから少しずつブログにエッセイとして書いていったら面白いんじゃないかと思っている。

親父との奇妙な関係

俺が男嫌い(おっさん嫌い)なのとかは、全部親父が嫌いなことから来てる。
遺伝なのか俺自身も循環気質(躁鬱気質)なところあるし、親父にも結構尊敬できるとこもあるから完全に憎いとは思えない。

最近アルツハイマーと腎臓病判明して長くないかもしれないから話通じるうちに話したいなとは思う。

しかも親父は俺のこと全然嫌いじゃないし。
暴れまくる親父をこちらが一方的に嫌っていた。

親父は趣味と仕事と両立して全部極めてるし、やりたいことしかやらない、他人の意見に左右されない、と自己啓発的には百点でワロタ。
あれで躁うつ病じゃなければ成功者になってたと皆言っている。

親父は自身が16歳から躁うつ病で、入院も繰り返している。
俺が生まれたころから、3ヶ月~半年周期で暴れまくっていて、おもしろエピソードが色々ある。

当時は俺も母親も苦労したが、渦中にいるときから思わず笑ってしまうこともあった。

こういうエピソードは、身内に躁うつ病患者がいないと体験できない貴重なこととも言える。
気が向いたらこのブログにエッセイとして書いて、後世に笑い話として残せたら面白いかなと思う。

躁転で入院→急性腎不全で人工透析→心臓の大手術


俺の躁鬱親父、2017年8月にかなりでかめの躁状態の波が来て近所中の噂になるくらい暴れて、同年9月に強制入院させられた。
同年12月には急性腎不全で生きるか死ぬかの手術して成功して、2019年2月に精神病院退院。
と思ったら、2019年4月にまた躁状態になって暴れてるらしくてワロタ。

出てきたばっかなのにまた精神病院入院かと思ったら、腎不全で体中に水溜まってるらしい。
なんか知らんけど今月に心臓の大手術やるらしく、今度こそ死ぬかもしれないらしくてワロタ

若い頃から甘党で日本酒飲むときも白米食ってるような人間だったので、まず糖尿病になった
で、糖尿病の薬と躁うつ病の薬を毎日大量に飲んでたので腎臓への負担がはんぱなかったらしい。
去年12月の急性腎不全の時は応急処置として頸動脈切ってそこから緊急人工透析みたいなのをしたらしい。

なんで今回は腎臓じゃなくて心臓の手術なのかは知らんけど。
12月の急性腎不全の時点で意識不明の重体で、成功確率もかなり低かったはずだけど生き延びた。

親父、今度こそ死にそう。
あれだけ傍若無人の限りを尽くしてきて、70前半まで生きられただけで幸運だったと思う。

今は腎臓のことで病院に入院してるが、明後日くらいに心臓の手術をする病院に転院するらしい。
そこで手術の概要を知らされるらしいので、俺も母親伝いに教えてもらおうと思う。

親父とは、話したいことがないわけでもないが、アルツハイマーが進行すると話が通じなくなってくる可能性が高い。

追記:手術は成功しました。

東日本大震災でテンション上がって不謹慎発言

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/exciting_1543100306.jpg
東日本大震災起こった時、俺は17歳で、一人暮らしをしていた。
実家に帰って家族で鍋食いながらテレビ見てたら、キリスト教徒で躁うつ病の親父が被災地の中継見ながらとんでもない発言をした。

母親は
「クリスチャンとは思われへん発言や」
と呆れ返っていた。
でかい地震があるたびにいつもこの話が蒸し返されて笑ってしまう。

親父の発言はあまりにも不謹慎すぎてとてもここには書けない。
「よくあんなこと言ったな」
と今言っても、
「あの時躁状態なりかけやったから記憶にない」
とか言っててワロタ。

似たもの家族

熊本地震が起こった時は、俺がFC2で配信しながら実家の自室で深夜0時に
「みんな まだ生きてる?!www」
と家中響き渡るくらい絶叫して母親が
「アホなこと言いなさんな!」
とキレた。

その時のことが面白すぎて今でも母親に話すが
「やっぱりあの人の息子やな」
と言われ。

母親もなんだかんだいいながら南海トラフ巨大地震の予言でテンション上がって、親戚に電話してホテルに避難させようとしたし、似たもの家族だ。

そういえば親父、今年6月18日は心臓の手術するために病院行く日だったが、大阪府北部地震が起こって電車もタクシーも止まって行けなくなって、
「東日本大震災の時のあの不謹慎発言が原因や」
「因果応報や」
と家族みんなで笑っていた。

躁転のきっかけ

ちなみに東日本大震災の後親父は史上最大の躁状態になってとんでもない事態に家族を巻き込んだ。

俺の親父、東日本大震災でテンション上がりすぎたのと、中継を何十時間も寝ずに見続けたのが原因だ。
中島らもさんも、自分の親父が亡くなったショックがきっかけで躁状態になったらしいし、躁うつ病の人が『躁転』する前には必ず大きな出来事があるんだろう。

まとめ

親父、鍋つつきながら酒あおって震災の中継に放った言葉があまりにも不謹慎すぎてワロタけど、離れてみるとおもろいオッサンな気がしてくる。
一緒に住んでた時は地獄だったが。

らもさんにしてもそうだけど、躁うつ病の人って、傍から見る分には面白かったり良い人に感じたりするんだよな。
一緒に家に住むとしぬほどしんどいけど。

俺の親父ほどの強大な人間が死んだら間違いなく精神世界にも大きな変化があると思う。
つまり南海トラフ巨大地震はその時に起こる。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: