中島らもさんのフラワーカンパニーズとTheピーズへの影響

ちなみにらもさんのこの文章は、エッセイ集で読んだ。
確か、『明るい悩み相談室』という本に収録されていたような。

その日の天使というエッセイとはまた別だった気がする。

ちなみにこの、エッセイは、ロックバンドにも影響を与えているっぽい。

中島らもさんとフラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズというバンドの『なんとかなりそう』という曲にもこんなフレーズが出てくる。

なんとかなりそうだ なんとかいけそうだぜ
とりあえず今夜みたいな 夜もあるんだから

なんとかなりそうだ なんとかいけそうだぜ
またいつか今夜みたいな 夜がくればいい

この歌詞が上記のらもさんのエッセイの影響を受けていることは、メンバーがインタビューで語っていた気がする。

フラワーカンパニーズの代表曲『深夜高速』は

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜はどこだ

というサビが有名だが、これもらもさんのエッセイの影響だと思う。

中島らもさんとTheピーズ

フラワーカンパニーズと親交のあるTheピーズというバンドの『生きのばし』という曲には、

死にたい朝 まだ目覚ましかけて 明日まで生きている

という歌詞が出てくる。
おそらくこれもらさもさんのエッセイに影響を受けたものだと俺は思っている。

まとめ

らもさんにしても、フラカンにしてもピーズにしても、弱さや自堕落が根底にあるロックなので、自己啓発とは対照的。
でも自己啓発にもそれらの要素は必要だと思う。
特に作詞作曲や歌唱をやるなら重要かと。


中島らもの特選明るい悩み相談室 その1 ニッポンの家庭篇 (中島らもの特選明るい悩み相談室) (集英社文庫)

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする