アフィリ記事はオリジナルコンテンツと情報のまとめ直しのバランス

ブラックとかはよく知らんけど、グーグルはとにかくオリジナルコンテンツ評価するのは間違いないかと。

俺がやってた特化型ブログもトレンドブログもやり方は間違いなくあってた。
検索キーワードに対して答えは当然提供するが、それに加えて自分の感想を多分に入れていた。
それが重要だったんだと思う。
おかげでかなり上位表示できた。

エッセイとは別に、アクセス集まること見越してキーワード選定してオリジナルコンテンツ作りたいなと思うんだが、エアプになるの嫌だから見つからない。
エアプになるっていうのは、ゲーム・漫画・ドラマ・映画とかの娯楽ネタはやってない・見てないのに記事書けんってこと。
情報のまとめ直しもオリジナルコンテンツかもしれんが。

というか結局ブログ記事って情報のまとめ直しとオリジナルコンテンツ(感想など)の二元論で語れると思っている。

例えば
「有名人 身長」
とかいうキーワードだと、返す答えは170cmとかそれだけ。
そこに、身長に関する雑学とか、同じ身長の有名人とか、その身長であることによるエピソードとかを添えていく。
それが補足情報であり、まぁ情報のまとめ直しの一つだと思う。

なおかつそこに自分という一個人の感想を入れていくのも重要だと思う。
まぁトレンドブログなんかは管理人自体には価値がない、つまりブロガーの逆なのであまり個性を出しすぎてはいけないので難しいところ。

例として出しましたが、芸能ブログはまずおすすめしません。
トレンドアフィリエイトで芸能記事を書くデメリットと危険性

とりあえず早いところこのブログ以外に自分が書くことに必然性のある、芸能以外のトレンドネタを書いていきたい。
速報ネタはしんどいし労働なので、未来予測型のトレンドネタ。
なおかつ自分が書けるネタ。
それがなかなかなくてもう1ヶ月以上停滞している。

まぁなんとかなるだろう。
ならなかったらバイトする。
自営業(個人事業主)でも収入が減ったりやりたい仕事があればアルバイトをすればいい

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加