生活リズムをどうしても安定させたい 22~6時睡眠が最強

ほんとにいい加減生活リズムを安定させたい。
生活リズムが安定していたのは小学生の時だけだ。

この10年、生活リズムが安定していたことがほとんどない。
何かのはずみで、どうしても昼夜逆転してしまう。

昼夜逆転は酒や煙草と同じくデメリットだらけなのはわかる。
でもどうしてもテンション上がったりすると夜更かししてしまい、睡眠がずれ込む。
オールして治す手もあるが、俺は起き続けるのが苦手なので、なかなか治らない。

ちなみに睡眠時間帯というのは、22~6時が最強。
21時~5時とかでも可。

現代人からすると寝るの早すぎじゃねという時間だが、この時間に成長ホルモンやら色々出る。
おかげで俺みたいな睡眠好きでも、8時間睡眠でしっかり脳も心も休まる。

これは実証済みで、とにかくメリットが多いこともわかってるんだが、どうしても続けられない。

酒と同じく、好きな時に寝て好きな時に起きる、というスタイルにして、気がついたらずっと安定してた、となったらいいが、そうはいかなそうだ。
酒は好きな時に飲めばいい気がしてきた

どれだけしたいことがあっても22時には寝る、というふうに自分を律しないと無理だろう。

コーチング界隈の人とかはどんな感じなのか気になる。

生活リズムが安定しないのは、やはり躁うつ病の親父の遺伝なのかなとか思ったりもする。
父親が重度の躁うつ病 面白いエピソードなどをブログに書いていきたい

気持ちの上では、生活リズムを徹底的に安定させたいとは思っている。
でもなかなか実践できん。
この記事を書いてるのも深夜2時半だ。

バイトも始めたいし、筋トレも本格的に始めたので、そろそろまじでなんとかしたい。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
筆者である髭林おなもみや各記事について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加