ハードゲイナーの筋トレ デブ活による糖尿病や添加物は大丈夫なのか

俺は10年前から身長168cm 体重48~52kg BMI18~20程度の完全なるハードゲイナーだ。
酒を飲んでつまみを食いまくってた時はなんとか54kgとかまで上がっていた。

近頃筋トレを始めて、そこそこガッチリした体型を目指していた。
昨晩知ったが、ハードゲイナーである以上、食事にかなり力を入れないとそうはなれないらしい。

筋トレにおいて、食事もトレーニングの一貫と言うが、むしろ食事のほうが重要らしい。

俺の場合、基礎代謝が良すぎて生きてるだけで大量のカロリーを消費するせいでハードゲイナーになっている。
なので、今までの2~3倍食べないといけないのである。
俗に言うデブ活だ。

だがどう考えても、そんなことを間違いなく糖尿病とかのリスクがあある。
菓子パンとかスナック菓子どか食いする場合、添加物とかで将来的に色んな病気のリスクを抱えるだろう。

理想の体作りって健康とは程遠いものでワロタ。

俺はただでさえ満腹後の眠気とか手足の火照りとかが不快に感じる。
なので今の食事のままトレーニング続けようと思う。

体壊したり吐いたりしてまでガリ脱却したいと思わん。
そういう意味でガリ叩きというのは、ある意味ダイエットより過酷なデブ活を強制してきているようでひどい差別だ。

デブがダイエットをするのは、摂取カロリーが消費カロリーが下回れば良いだけなので食べなかったり運動すればいい。
ガリがデブになるのはとにかく苦しくなるまで食わないといけないのでそれよりもつらいし金もかかる。

てか、今日はやたらと体が疲弊してて朝から晩まで寝てたのだが、起きたら倒れるほどの空腹。
筋トレによる超回復で体がカロリーやタンパク質を求めているのかもしれない。

デブ活とまではいかなくても、筋トレをする以上やはり食事量は増やしたほうがいいのかも。

そもそもガリもそこそこ不健康で、体力の無さとかの問題も実感しているので、医者と相談して安全な食事で太ることを考えていこうかとは思う。

次の記事
ハードゲイナーの筋トレ デブ活による糖尿病や添加物は大丈夫なのか

最後まで読んでくれてありがとうございました。
筆者である髭林おなもみや各記事について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加