短期的に即物的にその場を収めていく刹那快楽的な生き方は危険

これまで散々書いてきたが、そういう生き方をしていると基本的に人生はうまくいかない。
大きな事を成し遂げられない。

日々、その場その場思ったことをやるだけで、未来に繋がっていかない。
短期的にすべてが完結して、何かを積み重ねていくことがない。

刹那快楽主義は動物的

ノーフューチャー精神というか、今さえ楽しければいい、という生き方とも言える。

例えば、翌日苦しかろうが、将来病気になろうが、今気持ちいいから酒を飲む、精神薬でラリる。
子供ができようが、生でセックスする。
とかの刹那快楽主義。

長期的スパンで物事を見られず、計画が建てられない。
前頭前野が働いていない、扁桃体が働いていると言える。
枠組みが狭い。
つまり人間的ではなく動物的。
前頭前野が働くことの快感を楽しんでこそ人間だ。

計画が建てられない

絵で言うと、落書きしかできない。
何週間~何ヶ月もかけたカラーの超大作を描けない。
パッと描いてパッと公開できる落書きじゃないと間が持たない。

ブログにしても、ちゃんとリサーチや思考を重ねたまとまりのいい記事が書けない。
このブログのエッセイのような、行き当たりばったりで書きなぐった記事しか書けない。

未来に何も残らない

即物的な生き方をしていると、人生は衰退していく。
何も積み重ねていかない生き方なので、老化や脳の劣化や、周りの進歩に置いてけぼりを食らう。

今勉強が嫌だから学校に行かない、もしくは学校をやめる、ということをやってしまうと、今は楽でも、未来に何も残らない
仕事やキャリアも同じである。

長期的視野を持った生き方なら、今が多少苦しくとも、未来では笑える可能性が高い。
多少苦しくとも勉強をすることで、未来でそれが活きてくる。

人間関係もそうで、今嫌な気持ちになったから友達を切る、恋人と別れる、離婚する。
そういう事をしていると、未来でひとりぼっちになり、あの時我慢していればと後悔する。

即物的生き方は、結局のところ短期的に見ても楽しくない。
今は楽しいけど、未来はどうなってしまうんだろう、と、じわじわとした不安が続く。

長期的視野を優先して生きる

上に書いたことはすべて二十歳以降の俺のことである。
10代の時はまだ少し長期的目線があったように思う。

酒を飲み始めてから、人生におけるほとんどの事柄で、即物的になることが本当に多くなった。

しかし最近、その事による弊害があまりにも大きくなってきたので、いい加減見直そうとしている。
即物的に生きてきたせいで、学歴も資格もキャリアもなく、スキルもほとんどない。

リアルで周りにいる人間も少なく、重要だったネットの人物とも、その場の感情で縁を切ってしまい、未だに後悔している。

遠い未来の目標に臨場感を持ち今したいことをする

長期的視野を優先する人間、つまり扁桃体でなく前頭前野が働いた人間になる。
短期的なものは快楽、長期的なものは忍耐だと思われがちだが、前頭前野にも快楽はある。

遠い未来に目標を設定し、そのために今やるべきことを逆算する。
そうしていくことで、その場を収めるのではなく、確実に前に進むので、不安は少ない。
忍耐もあるだろうが、未来の臨場感が強ければそれもやりたいことになると思う。

不安があるとすれば、明日死んだらどうするという仮定だと思う。
せっかく忍耐しても、明日死んでしまったら未来は来ない、なら今を楽しんでしまえ、となる。

俺も今までそう思っていたが、間違いだった。
明日死ぬとしても未来を優先することこそが重要だと思う。

長期的視野を優先するというのは、未来のために現在を犠牲にする、ということではない。
未来の臨場感をありありと感じながら、その未来のために現在やりたいことをする。

現在は、理想の未来に最も近い状態だ。
と考えると、現在が常に最高であり、現在こそが過去に思い描いた理想の未来なんである。
だから、明日死ぬことを恐れる必要もない。
いつ死んでもいいとさえ言えると思う。

そのくらい未来が見える、前頭前野を働かせられてこそ人間だ。

酒や薬はそれを妨げるので、自己啓発的にはNGなんだろう。

まとめ

長期的視野を持つ、未来の目標を優先する(上述のように、優先すると言うと語弊があるが)のは、今まで刹那快楽的に生きてきた人間はすぐにはできないと思う。
まさに俺もだ。

今がどうとか、手段がどうとかじゃなく、10年後20年後どうなっていたいかをありありと想像しなければならない。
そのためには枠組みを広げる必要が嫌でもあるし、想像力を働かせる必要もある。
やはりそれも日々の訓練だと思う。

これから俺はほんとに、積み重ねていく人生を歩みたい。
できるだけ、即物的なものに誘惑されないようにしたい。
足を取られないようにしたい。

遠い未来の理想に向かって現在を生きている限り、明日死ぬとしても悔いのない人生だ。

手始めに、時間のかかる、手の混んだ絵を描いていくことから始めたい。
この世は縁起なので、一つを変えればすべてに影響して、すべてが少しずつ変わっていく。
バランスの中の一つを長期的にするだけでも、他のことも連動していくはず。

関連記事

願望実現も声(歌)の向上も結果を焦らずに長いスパンで達成を目指す
最近、自己啓発も発声訓練も結局のところ農耕なのかなと思う。 焦らずじっくりと、着実に、大きな目標や凄い声を目指していくことが重要なんじゃな...
『やりたいことだけやる』のは前頭前野か扁桃体のどちらが働くかで全く意味が変わる
自己啓発ではよく、 「やりたいことだけやれ」 と言われる。 人間脳と爬虫類脳 それをきいて、 「じゃあうまいもの食べて酒飲んで...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: