お絵描きの長期的な目標がどうしても浮かばない

前の記事↓

短期的に即物的にその場を収めていく刹那快楽的な生き方は危険
これまで散々書いてきたが、そういう生き方をしていると基本的に人生はうまくいかない。 大きな事を成し遂げられない。 日々、その場その場...

長期的な視野を持たず、短期的なことばかり繰り返しても、将来何も残らないと書いた。

一つを変えればすべてが変わるので、いくつかある目標の中から、手始めにお絵描きの長期的な目標を設定しようと思った。
だが何も浮かばない。

今はひたすら、オリキャラの髭林ちほちゃんが、俺の代弁者となって露悪をする絵葉書ばかり描いている。
カラーで色を塗るのが面倒なので、グレースケールだ。
うまさなんかどうでもええやろ、と思っているので、デッサン崩壊したり、絵ごとに顔が違ったりする。

そんな感じで適当に書いているので、1時間足らずで完成する。
即物の極みだが、正直描いてて楽しいし、見返すのも楽しい。

でもこの先10年20年と絵を描いていくとしたときに、そういったものばかり描いてもなにも積み重ならない。
確かに作品は積み重なるが、スキルは積み重ならない。

だからなんとか、5~10年こんな絵を描いていたいなというビジョンを膨らませようとしているのだが、浮かばない。
どうしたもんか。

好きな絵描きはいるし、そういう人たちの絵を見て憧れてみようと思うのだが、めんどくさいという感情が勝つ。
しかもそういう人らは、絵はうまいけど、似通っている、焼き増しだ、と思ってしまう。

逆張りがアイデンティティの俺なので、今描いている絵葉書のような、まだこの世に存在しないような意外性のある絵が描きたい。
それが人に評価されるかとか人気が出るかとかはどうでもいい。
一部の人にわかってもらえればいい。
いや、自分だけわかるという状態でもいい。

なんにしても、長期的スパンの目標が必要なのは絶対だ。

「今描いているこの絵が10年後にスキルになる」
と思いながら描きたいし、10年後
「積み重ねてきてよかった」
と思いたい。

長期的かつ、本当に望むもの、という2つの条件が必須。
それさえ満たしていれば、手段も、社会的評価もどうでもいい。
あとから付いてくる。

短期的なものに固着した状態をなんとか脱して、お絵描きの長期的な目標を設定したい。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: