ノイズが鳴る直前の仮声帯発声で抵抗の点が働いて声を安定させられたり張れたりする

ノイズが鳴り出す直前のガムの形の喉を意識したら声が安定し、漂う感じの張れない中間の声である程度張れるようになった。
仮声帯が無い天使、息が抜ける量を強制的に絞るから、声門への息の圧迫が緩和されて内筋入りすぎを防いでるってことなんだろうか。

内筋

伸展を維持できないのは大体内筋(収縮)入りすぎによってだと思う。
伸展を維持するのに仮声帯(抵抗の点)が役に立つってことか。

前に、ゲロを吐くときのようなガムやゲロを吐く時のようなエッジボイスをやれば喉頭位置の高い仮声帯が鍛えられて、漂うような中間の声を出す準備整うとか書いたけど、内筋が入りすぎると逆効果になる。

発声訓練初期段階では、どちらかというと地声は糞(=内筋(収縮)は糞、男は糞)というくらいに思ったほうが良いと思う。

とにかく内筋(収縮)は固着しやすい、入りすぎる。
男性の場合、モラルセンス的に特にそうだと思う。

俺は伸展が弱いので5ガムが苦手で、すぐに内筋と混合する。
(十分に伸展してないと閉鎖できないので。)

まとめ

最近は声を張るときも、ガムばかり意識している。

漂う中間の声は、張れる中間の声(=収縮の強いの中間の声)と比べて苦しくなったりひっくり返るリスクが少ない代わり、グラデーション的に弱くなる、高音になるにつれて裏声っぽくなりがちに思う。

なんとかするために、高音でもちゃんと閉鎖+若干の収縮をする練習をしたり、中間の声と中間の声+ガムの強弱の練習をして鍛えていこうと思う。

関連記事

中間の声の例 張れない薄い地声
前の記事(関連記事参照)とは逆で、張ろうとしてもうまく張れない中間の声。 ベビーフェイス / スピッツ -2 裏声が強いので...
ガム(仮声帯発声)と吸気発声 チャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点理論
ガム(仮声帯発声)とは、声帯の上にある仮声帯というひだを内転させて出すノイズのかかった声のことです。 その声を出すことによって、仮声帯で息...
男性ジェンダー観の声は歌唱に向いていない
男性ジェンダー観の声は地声(内筋)が強い。 伸展が弱いせいで音程が不安定で高音発声にも向いてない。 (音程を取るのは主に輪状甲状筋という...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする