女性に天然で中間の声の人が多い理由

女性ジェンダー観の声は伸展が強くて、歌に向いていると俺は思う

伸展が強いと、音程や滑舌が良くなる傾向があり、ガム(仮声帯発声)も得意な傾向がある。(美観的に、日常的によく出すかはおいといて)。

女性は何の訓練もしていないのに天然で中間の声の人も多かったりする。

女性は裏声で歌ってもキモくない

なぜ女性は男性に比べて女性に天然で中間の声が多いのか。
色々理由はあると思うが、裏声で歌い続けることに抵抗がなく、それによって勝手に混合していくんじゃないだろうか。

男性がカラオケで歌(特にアニソンなど)を全編通して裏声で歌うと、だいたいキモい。
だが女性の裏声は、おそらくほとんどの人の耳にききよい。
なので女性は裏声で歌い続けることに抵抗が無いんだと思う。

もともとは地声と裏声の対比が激しい女性でも、ちょっとでも高いところは裏声に切り替えて歌う、ということを長くしていると、気づかないうちに裏声下降の練習になっていて、喚声点などの裂け目を埋める機能が発達してくるんだろう。

中間の声の危険性

そもそも歌い慣れて居ない女性でも、喋り声から中間の声の人もいる。
そういう人は当然歌うときも中間の声だろう。
それが自由か不自由かはおいといて。

喋り声から中間の声の女性は、俺のような、歌声だけ中間の声の人と比べてさらに、自分の地声と裏声の対比がわからなくなっているように思う。

最初から地声のような響きで高音が出せるので、高音がきついという感覚がわからなかったりするかも。
それは羨ましいが、分離をかなり頑張らないといけないので、ある意味声の訓練を始めるハードルは高そう。

裏声も地声も喪失の状態に陥っているはずなので、よくない傾向ではある。

まとめ

まぁ俺はここ最近まで、女性は天然で中間の声が出る人が多いしやっぱり歌うこと向いてるし神と言いまくってたが、素人女性を見てるとやっぱり対比が激しい人の人のほうが多い。
それでも男性と比べると遥かに地声固着は少ないし、中間の声の人はどちらかというと多い。

ちなみに俺のリアルの知り合いに一人だけ天然で中間の声が得意な男性がいる。
天然で中間の声の男性がなぜそうなったのかの理由についても気になる。

関連記事

男性ジェンダー観の声は歌唱に向いていない
男性ジェンダー観の声は地声(内筋)が強い。 伸展が弱いせいで音程が不安定で高音発声にも向いてない。 (音程を取るのは主に輪状甲状筋という...
融合(混合)よりも分離のほうが難しい バランスの法則
声においても精神においても、融合(混合)よりも分離のほうが難しい。 声を混ぜること自体は、程度に差はあれど、大多数の人間が意識的、無意...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする