仮声帯発声と吸気発声の方法と効果 閉鎖筋や引き上げが鍛えられ呼気圧迫を軽減できる 声の成長速度を早める 等

仮声帯発声とは、声帯の上にある仮声帯というひだを内転させて出すノイズのかかった声のこと。
その声を出すことによって、主に閉鎖筋が鍛えられるのに加え、仮声帯で息を受け止める抵抗の点が鍛えられ、呼気圧をコントロールできるようになるので、内筋の入りすぎを防ぎながら(呼気圧迫の軽減)、声を張ったり安定させたりすることができるようになる。

吸気発声とは、文字通り息を吸って出す声のこと。
吸気発声をすることで、主に閉鎖筋が鍛えられ、それによって呼気発声の際に呼気圧迫を軽減することができるようになってくる。

一見、喉に悪そうな印象があったり(実際はむしろ喉に良い)、変な声だったりして、現代のほとんどの発声訓練では取り入れられていないが、仮声帯発声と吸気発声は、自由な声の獲得のために必要不可欠だ。

仮声帯発声と吸気発声の二つは、共通する部分も多いので、この記事でまとめて紹介する。

吸気の仮声帯発声も存在するので、それにもついても扱う。

仮声帯発声の特徴

・仮声帯発声は、仮声帯を内転させる(寄せる)必要があるため、どちらかというと喉頭位置は高い方が発声しやすい。

・仮声帯(抵抗の点)が息を受けとめ声門にかかる呼気圧を軽減するので、仮声帯が内転するほど、内筋の働きが低下する。それによって、結果的に伸展が保たれる。
・内筋が強く働いているほど声門が圧を受け、仮声帯に届く息の勢いが弱まるため、内筋が強く働いている声ほど仮声帯ノイズを鳴らしづらい、または息の勢いや量が必要になる。

※内筋や外筋や甲状披裂筋については以下の記事を参照。

甲状披裂筋の役割 外筋と内筋は反比例する ベルティングや張り上げの魅力と危険性 男声の出し方
甲状披裂筋は、地声系の筋肉。 地声を出す、または地声で声を張るには甲状披裂筋を発動させる必要がある。 甲状披裂筋は、内甲状披裂筋(以...

・上記を踏まえると、仮声帯発声は『伸展を促進』するのではなく『収縮を緩和』する、と言える
・仮声帯も外筋も内筋も入っておらず、前筋(と後筋)だけ働いている状態が、最も伸展しやすい。

・仮声帯発声時は『内筋が抜けやすい』『伸展が保たれやすい』『閉鎖が発動しやすい』と言える。

以下、仮説。

・仮声帯発声には外筋の発動を促進する。
・仮声帯も外筋も、喉頭位置が高いときに最大限発動する。加えて、外筋(エッジボイス等)は呼気量が少ないほうが鳴らしやすく、仮声帯発声によって声門が受ける呼気圧を減らすと、内筋の働きが低下し、その代わりに外筋が発動しやすいということ。
・仮声帯が外筋と声帯を包み込み、さらに、外筋が声帯を包み込む、というような構造を意識するとわかりやすいかもしれない。

筆者の仮声帯発声のサンプル

特にパリパリと鳴らせるタイプのものを適当に出しました。
音量に注意して再生してください。

裏声 その1

裏声 その2

裏声 その3

地声 その1

地声 その2

地声 その3

※以下、記事中にも筆者の仮声帯発声の音源を貼ってあります。

チャールズ・ランの抵抗の点理論とは

声というのは高い声・強い声を出そうとするほど、声門に呼気の圧がかかるようになっている。
声門に呼気圧がかかると、地声系の筋肉である甲状披裂筋の中でも内筋が強く発動し、伸展が保ちづらくなり、重くなりやすくなる。

そこで、声門の上にある仮声帯というヒダを内転させることで、仮声帯で圧を受けられるようにする。
すると声門への圧が緩和され、意図せず内筋が入りすぎることを防ぎ、安定して強い声や張りを出せる。

仮声帯発声は、
『収縮(つまり内筋)を緩和する』
するのであって、
『伸展を促進する』
わけではないので注意。

仮声帯を鍛えるには、地声や裏声や、いろんな喉頭位置や、いろんな音程で仮声帯発声をしていくこと。

最も基本的なのは咳払いで、多くの人がコツを掴みやすいと思う。
咳払いは基本的にはハミング(口を閉じた発声)で行うので、音量も小さく、すばやくできる。

咳払いを、地声、裏声、いろんな喉頭位置、いろんな音程で行うことをおすすめする。
長く発声したり、ビブラートを掛けたりも有効。

痛かったり痒かったりする場合は注意が必要だが、その痛みは多くの場合、出し慣れてくれば無くなる類のものである。
声帯にとって最も危険なのは(ポリープや結節の原因になったり、高音が出なくなるのは)、強烈な呼気の圧を受け、内筋が強く発動し、声帯が分厚く擦れ合わさることである。

上述のように、仮声帯は内筋の入りすぎを防ぐので、むしろ喉に良いと言える。
例外はあるかもしれないが、多少痛かったり痒かったりするくらいで練習をやめるのはおすすめしない。
もちろん、仮声帯と同時に内筋も入りすぎている場合などは普通に危険だと思う。

仮声帯発声の訓練を続け、仮声帯の自由度が上がると、クリーントーンを出している時にも、ノイズの音が聴覚上聴こえない程度に仮声帯が内転し、息の圧を安定して受け止め続けることができるようになる。

それらをチャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点の理論と言う。
実証はされていないらしいが、体感上間違いなくある。

仮声帯への神経支配と、仮声帯の『肥大化』

仮声帯ノイズは、基本的にどんな声にでもかけることができる。

中声、つまり、地声のまま楽に(または心地よいテンション感で)高音を出すのにも、仮声帯発声は超重要だ。

仮声帯が鍛えられてくると、『ノイズが鳴らない程度の』仮声帯の内転ができるようになる。

これは、仮声帯を内転させるための筋肉への神経支配が行き届くことによって可能になる。

仮説だが、仮声帯自体が『肥大化』する、という説もある。
仮声帯発声の練習を続けることで、仮声帯の粘膜や肉が分厚くなってゆき、仮声帯を内転させることが容易になるということ。

芸人のサンシャイン池崎氏は、仮声帯が常人の2倍も厚みがあると診断されたようだ。
これは、元からそうだったわけではなく、叫び続けたことで(仮声帯発声をし続けたことで)肥大化したのではないかと思う。

(サンシャイン池崎氏は)声帯を覆う『仮声帯』と呼ばれる声帯を支える筋肉が、常人の2倍も厚みがあり、強じんなノドの持ち主であることが判明しました。

しかし、その一方で声帯には黄色い部分が確認でき、声が出しにくくなる『声帯結節』になる可能性があるということも明らかに。

出典:サンシャイン池崎の絶叫キャラに医師が余命宣告「4~5年です」 – grape [グレイプ]

彼の場合は、仮声帯の発動と同時に、地声の筋肉である内筋も強烈に発動しているから、結節の危険性があるのだろう。

仮声帯が肥大化すること自体は、基本的には良いことだと俺は思う。
仮声帯はあくまで声帯を保護しているものなので、強靭であるに越したことはない。
さすがに、呼吸に支障が出るくらいに仮声帯が肥大化するということはないはず。

長時間喋り続けても(14時間くらい)、長時間歌い続けても(6時間くらい)ほとんど声が枯れない人は、多くの場合、仮声帯が発達している。

内筋のすっぽ抜けを仮声帯ノイズの低次倍音で誤魔化す

仮声帯発声は声に非整数次倍音(つまりノイズ)を足すが、加えて低次倍音も足す。
つまり仮声帯ノイズがかかった声は、通常より太く聞こえるということである。
それによって、声に圧を出すことができる。

以下の『光に導かれて 行く”よ”』はA4だが、内筋が十分に入りきっておらず、間抜けになっている。
だが仮声帯が内転し、ノイズがかかっていることで、低次倍音が追加され若干太く聴こえている。

ラズベリー / スピッツ

以下の『誰も知らぬ あし”た”に向かって』はA#4だが、内筋が十分に入っていないのに加え、仮声帯ノイズを強くは顕在化させてないので細く聴こえる。

旅の途中 / エレファントカシマシ

これも、仮声帯ノイズをかければ以下のように、太く聞こえるようになる。

旅の途中 / エレファントカシマシ

以下も、地声ベースの中声に仮声帯ノイズをかけたもの。

高さ不明

仮声帯を内転させノイズをかけるには、初期段階では息の勢いが必要となる。
また、初期段階では踏ん張りや力みや必要になることもあり、ロングトーンしか出せず、フレーズを歌ったりすることが難しいことが多い。
しかし慣れていけば、仮声帯ノイズが強烈にかかったまま歌うことやしゃべることもできるようになる。

以下は、常に仮声帯ノイズが強烈にかかった歌唱。

仮声帯の内転によって声を安定して張れると書いたが、クリーントーンで声を出し、そのまま一息で仮声帯ノイズをかけ、またクリーンに戻る、という強弱グラデーションをやってみると、どのくらいその声が自由に出せるか、また、そのポジションでの仮声帯の操作性があるかがわかる。
出来ない場合は、不自由ということ。

また、仮声帯は声帯と違って劣化しないので、仮声帯発声は年取っても安心して使える。
現に俺は声帯炎にかかった際に、声はほとんど出なくても、仮声帯ノイズだけは健康な時と同じくプリプリと鳴らせた。

甲高い裏声+仮声帯ノイズでの絶叫(悲鳴)

仮声帯ノイズは、甲高い裏声、つまり悲鳴のような声にも混ぜることができる。
甲高い裏声に仮声帯ノイズを混ぜた絶叫の音源を紹介していく。

音量注意!

気に入ってるところ

17歳の時に一人暮らしをしていて、平日昼間に絶叫して録音した音源。
当時流行っていた、MSNメッセンジャーというチャットソフトの音声メモという機能を使って、アルティーという人物に送りつけた。

『気に入ってるところ』の音の高さは、日本式オクターブ表記では三点ヘ、国際式オクターブ表記ではF6、2chのカラオケ板などでよく使われるオクターブ表記ではhihiF。

この音源のような音圧でF6の高さを出せたのは、16歳の時に女声練習をして、伸展を十分に鍛えていたのも関係している。
俺が16歳の時に出していた女声は、こちらの記事参照。

髭林おなもみの一発ネタ 女声 楽器 弾き語り その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてか...

今聴いてみると、もっと上まで出せるように聞こえる。
途中でアーアーとか言わずに、どれだけ長く出せるかもやればよかったと思う。

徐々に地声固着が激しくなり、伸展が弱くなった今(2019年7月現在)では、この音源のようには出せない。

仮声帯発声+リップロールやタングトリル

仮声帯ノイズは、リップロールやタングトリルなど、口腔内での操作と同時に発動させることもできる。

リップロール+仮声帯発声

タングトリル+仮声帯発声

これをやって何の意味があるのかはわからないが、遊びとして楽しい。
タングトリルと仮声帯を同時発動するのは息消費がすごすぎて3秒が限界。

リップロール+タングトリル+仮声帯ノイズは無理だった。

上記の、ホイッスルボイスと仮声帯ノイズが混合した声にリップロールやタングトリルを混ぜてみても面白そうだ。

その他の音源

以下は、俺が発声した音源ではないが、甲高い裏声に仮声帯ノイズを混ぜた絶叫をしている音源を紹介していく。
すべて音量注意。

このデヴィン・タウンゼンド氏の楽曲は、最後の叫びの裏返りが面白い。
上述の、俺の甲高い裏声とかなり似た声。
この音源は、上述の俺の甲高い裏声よりも高い。

以下の動画の00:14の絶叫、06:44からの子供の絶叫も凄い。

おまけ↓

仮声帯発声と精神状態の関係性

仮声帯発声は別に特殊なものでも珍しいものでもなく、多くの人が日常生活で出しているものだ。
上では、咳払いを仮声帯発声のとっかかりとして紹介したが、他にも、怒って叫ぶとき(怒鳴るとき)や、多くの人が仮声帯ノイズの混じった声を出している。
がなり声、だみ声と呼ばれる声はすべて仮声帯ノイズがかかった声のこと。

怒鳴り声など、精神が高ぶった時に仮声帯ノイズは顕在化しやすいため、仮声帯は精神状態と深い関係があると言われている。

現代人は男女ともに、喋り声は地声じゃないとおかしいとされる。
地声は基本的に、喉頭位置を引き下げたときに最大限発動する。

そして人は、論理的に話そうとしたり、冷静に話そうとしたときに人は無意識に、喉頭位置を引き下げた音色を求める。

逆に喉頭位置の高い声というのは、テンションが上がったときや感情的になったときに働く。
俺はハイテンションや感情の高ぶりこそ人間や動物の本質だと思っている。

仮声帯発声も、喉頭位置が高い時に最も強く発動する。

例えば、アンザッツ5+仮声帯ノイズを出すことで明らかに精神に変調をきたす。
具体的には、抑圧や恥じらいが吹き飛び、ハイテンションになる。

逆に言うと、テンションがあがったらアンザッツ5+仮声帯ノイズを出したくなるとも言えるのではないか。
上の動画でも、FPSでテンションが上がった人たちが、とんでもない高音を仮声帯ノイズ混じりで出している。

テンションが上がりきれば、人は自ずと喉頭位置が上がり、高音を出したり、仮声帯発声をしたくなるのかもしれない。

吸気発声の特徴や注意点

冒頭に書いたとおり、吸気発声は、息を吸って出す声のことである。

  • 吸気発声時は後輪状披裂筋(後筋)が働きやすく、したがって、開大が働きやすい。
  • 吸気発声は外気が声帯にあたることになるので、空気の悪いところではやらないこと。
  • ハミングでやると、鼻がフィルターになるので比較的安全。

吸気発声も仮声帯発声と同じく、特別な声というわけではなく、例えば引き笑いの人などは吸気で裏声を出している。

吸気発声時は、呼気発声時よりも開大(後筋)が働きやすいというのが大きな特徴。
息を吸う時は、開大(後筋)が働きやすいということ。

後筋は前筋(伸展、裏声の要)をサポートするため、どうやっても裏声が出ない男性は、吸気発声で裏声を出すと、コツが掴めてくる可能性がある。

吸気で裏声を出せる人は多いが、吸気で地声は出せる人はあまり多くはない。
吸気の地声も、練習すれば誰でも出せる。

筆者の吸気地声は以下。

その1

その2

上述のように吸気発声時は開大が強く働くため、その状態で閉鎖しようとすると、開大に抗う形になり(負荷がかかり)、非常に効率よく閉鎖を鍛えることができる。
閉鎖が強まると、呼気発声時に、呼気圧迫し内筋が意図せず入りすぎることを防げ、地声のまま楽に(または心地よいテンション感で)高音を発声することができるようになってくる。

効率よく閉鎖が鍛えられ、呼気圧迫を軽減できるという点で、吸気発声と仮声帯発声は似ている。

吸気発声時は仮声帯が外転しているため、基本的には仮声帯ノイズは鳴らせないと、言語聴覚士のテキストには書かれているようだ。
だが、練習すれば誰でも吸気発声時も仮声帯ノイズが鳴らせるし、それによる大きな効果もある。

仮声帯発声も吸気発声も、現代発声訓練から見れば『異端』なトレーニングだが、その2つを合わせた『吸気化声帯発声』は非常に異端かつ、とても効果のある練習方法なので、後述します。

吸気発声の効果 閉鎖筋が鍛えられる

上述のように、吸気発声時は、呼気発声時よりも開大筋が強く働く。
その状態で、喉頭位置を引き上げた声、つまり閉鎖を強める声を練習すると、開大に抗う形になり、非常に効率よく閉鎖が鍛えられる。

閉鎖が強まると、呼気発声時も、
『息の勢いに頼って内筋を巻き込んで閉鎖する癖』
つまり『呼気圧迫』を解消でき、声が軽くなる。

多くの男性は、閉鎖と内筋を混合しているせいで、張り上げないと高音が出ない。
閉鎖筋での閉鎖を単体でできるようになれば、地声のまま、張り上げずとも高音が出せる。

そこから声を張ったり迫力を出すには、必要に応じて内筋を足していく。
張らずに優しく出すことから、力強く張ることまでを、コントロールするということである。
あくまで、閉鎖が鍛えられないとそれはできない。

閉鎖を鍛えたいなら、吸気の地声をやるのが良い。
裏声を閉鎖すべく、呼気でアンザッツ5をやっても、そもそもの伸展が弱い人は内筋を巻き込み、うまくいかない。
耳が悪いとそれもわからずむしろ逆効果になる。

伸展も閉鎖も弱く、呼気圧迫してしまう人は吸気をやりまくることをおすすめする。

呼気地声は喋り声として多くの人が出してるし、上述のように、吸気裏声は引き笑いとかで出してる人は多い。
呼気裏声はテンション上がってフォーと叫ぶ時くらいしか出す機会が無いし、吸気地声に至っては、日常生活ではまず出す機会がない。

普段出さない声や、今まで出してこなかった声を出さずに声を変化させることは難しい。

注意点としては、吸気発声はホコリや汚い空気をもろに吸い込んでしまい、呼気よりも喉へのダメージが高い場合があるということ。
それを防ぐには、口を閉じてハミングでやるといい。
吸気地声は音がうるさすぎる場合が多く、それも、ハミングでやれば音量を抑えられる。

吸気発声に外筋が混合しやすい理由

ただ、
「吸気地声を出して閉鎖を鍛えよう!」
と言われて、吸気地声(または裏声でも)を出そうと思っても、なんかガラガラと変な音が混じってうまくできない人は多いと思う。

それは、外筋が混合しているから出てくる音色だ。

吸気発声時は開大が働きやすいと書いたが、同時に、外筋も働きやすい。
その関係性を自分なりに検証した。
あくまで仮説です。

吸気に外筋混合しまくるのは、吸気は呼気より開大が働くからなのは間違いない。

吸気は開大が強すぎる

閉鎖筋で閉鎖しにくい

外筋で閉じようとする

そのような理由から吸気発声にはエッジボイスがまじりやすく、内筋が入れづらいのかもしれない(仮説)。

だから吸気地声は難しく、日常生活で自然に発声する人は少ない。
引き笑いをする人のほとんどが、吸気裏声でしている。

吸気地声から外筋の混合を解消し、呼気のようにきれいに出すにはどうすればいいのか。
それは、そのままひたすら吸気地声をやりまくるか、『伸展を鍛える』ということである。

ぴっちりと閉鎖するには、強い伸展があることが必須だ。
そして、内筋を入れるのにも、強い伸展があることが必須だ。

そのまま吸気地声をやり続けるにしても、伸展を鍛えるにしても、とにかく『高音発声』をやること。
その音程をきれいに出したいからと言って、その音程ばかり出していては効率が悪い。

自分が出せる限界の高さまで高音を出してから、もう一度その音程を出してみると、圧倒的に出しやすくなる。
それは声帯が伸展し、ぴっちりと閉じられるようになるからだ。

他にも伸展を鍛える方法はあるが、共通して重要なのは、とにかく高音を出すことと、甲状披裂筋を入れないこと(純粋な裏声や裏声系アンザッツなど)。

詳しくは中声の出し方の記事に書いたので、参照してください。

中声(または女声)を出すための練習法 ひたすら伸展と閉鎖を鍛える 外筋と仮声帯で内筋を包摂する 喚声点や地声から逃げず『拮抗』させる
地声のまま、ひっくり返らずに、楽に、または心地よいテンション感で、高音を発声するにはどうすればいいのか。 男性が女性らしい声で歌ったり喋っ...

吸気発声はなぜ効果があるのか

以下は仮説です。

「呼気圧をできるだけ強くと言われ続けてきた生徒の声を聞いてみると、声帯が折り曲がっちゃってるんじゃないかというような声だった」
という旨のツイートをしてるボイストレーナーがいた。

人間は基本的に生まれてからずっと呼気で発声している。
声帯はもともと『ハの字型』だそうだが、呼気発声によって慢性的に下からの空気を受け続け、多くの人はさらに『ハの字型』に拍車がかかってるんじゃないだろうか。

声帯が『ハの字型』だとどうなるかというと、下からの空気(つまり呼気)の圧に耐えにくく、声を張った時に安定が取れなくなりやすい(過剰収縮(内筋)によって伸展が保てなくなりやすい)ということ。

図は、仮声帯と真声帯と抵抗の点などの関係。

図のように、仮声帯はそもそもが逆ハの字型なので、下からの空気(呼気)に抵抗するのに打ってつけ。

だから、上の仮声帯の項目にも書いたように、仮声帯発声で仮声帯を鍛えれば、呼気の圧が増したときに仮声帯が(ノイズが鳴る程度でも、鳴らない程度にでも)内転し、伸展を保ったまま声を張ることが出来る。
(『チャールズ・ランの抵抗の点の理論』)

真声帯が逆ハの字型(呼気に抵抗しやすい形)に変わっていく?

吸気発声(息を吸って声を出す)をしていると、上から流れてくる空気(吸気)によって真声帯が『逆ハの字型』になっていくんじゃないだろうか。

上に仮声帯が肥大化するのではという仮説を書いたが、それと同じように、本当にゆっくりな速度で。

真声帯が『逆ハの字型』になっていくと、仮声帯のように、下からの空気(呼気)に抵抗する力がついてくるはず。
呼気が強くなっても、内筋が入りすぎたりせず、地声のまま楽に(または心地よいテンション感で)高音を出しやすくなるということ。

冒頭のツイートの人は、慢性的に強い下からの空気(呼気)を受けすぎて、真声帯がさらにハの時になり、どんどん呼気に抵抗できなくなってきているという状態なはず。

仮声帯に呼気の圧を受けさせるのはもちろん、真声帯でもある程度呼気の圧を受けられるに越したことはない。
だから吸気発声を行って、少しずつ真声帯も仮声帯のように逆ハの字にしていくといいのかなと、今回ののツイートを見て思った。

もちろん現時点では仮説である。

その理由は、
『閉鎖が鍛えられるから』
と上でも書いたが、他にも、
『吸気発声後は、一時的にでも真声帯が逆ハの字型になって、呼気に抵抗してくれるから』
じゃないかと思った。

つまり、吸気発声をしないといつまで経っても真声帯がハの字型のままで、呼気の圧に弱いままということになる。
もちろん仮声帯を鍛えればいいのだが、真声帯でもある程度呼気圧に抵抗できるべきなんじゃないだろうか。

なんにせよ、吸気発声はガンガンやっていったほうがいいことは間違いない。

吸気での仮声帯発声

上では、仮声帯発声と吸気地声の方法や効果を紹介した。

さらにその2つを合わせた、
『吸気での仮声帯発声』
というのも、人間は発声可能だ。

言語聴覚士のテキストには、
『吸気発声時には仮声帯は外転する(つまり仮声帯ノイズは鳴らせない)』
と書いてあるそうだが、実際は鳴らせるのである。

以下は、俺が発声した吸気での仮声帯発声の音源。

吸気での、ニャンちゅう系仮声帯ノイズ。

途中から仮声帯だけ鳴らそうとしてるがそれするとたまに『吸気ゲップ』が出る。

喉頭位置を引き上げた吸気地声に、仮声帯ノイズをかけたもの。

裏声+仮声帯ノイズを呼気と吸気で高速で交互に出したもの。

このように、吸気発声時も、地声裏声問わず、仮声帯を内転させ、ノイズを鳴らすことは十分に可能だ。

これはただの仮声帯発声や、ただの吸気発声と違い、誰でも今すぐできるとは限らないようだ。
俺は昔から奇声を出して暴れたり、がなって歌っていたりしたので、仮声帯が発達していたのかすぐできたが、俺の周りには、何をどうやってもできないという人が多い。

発狂するのが苦手な人は、吸気で仮声帯発声ができることに気づけないかもしれない。
『吸気発声時には、必ず仮声帯は外転している』
というのは”正気”がたどり着ける限界なのかもしれない。

言語聴覚士のテキストを盲信していては、こういった声が出せることが盲点となる。

訓練すれば誰でも必ずできるようになるので、いろいろ試しつつやってみてください。

俺は最初から出せたので、出し方を教えるのが難しいが、個人的には、喉を締めて仮声帯を寄せる意識でやっている。
ニャースやニャンちゅうのような感じの仮声帯ノイズを、吸気でやる意識。

とにかく、狂ったように吸気で仮声帯ノイズを出そうと暴れてみるとうまくいくかもしれない。

危険性

危険性に関してだが、上述のように、仮声帯発声時は内筋が抜けるし、吸気発声時は開大が強く働き内筋が入れづらいので、内筋によって声帯が分厚く擦れ合わさりポリープや結節になる危険性もおそらく低い。

ただし、喉頭や咽頭の気圧が変わるのか、慣れないうちは一時的に耳管開放症のような感じになることが多いので注意。
吸気仮声帯発声は、初期段階ではハミングでやるとやりやすいのだが、ハミングだとさらに耳管開放症的な症状が出やすい。
俺は今は慣れたので耳管開放症のような症状はならないが、初期段階では必ずなっていた。

また、俺の場合力みすぎて顎関節症気味にもなった。

初期段階では上記のような問題が出てきやすいと思うので、やる人は注意してください。

また、汚い話だが、吸気仮声帯発声をやろうとすると、唾や痰を飲み込んでしまいやすく、咳き込んでしまう事が多いので注意。
吸気仮声帯発声をやる前には、唾は飲み込んでおいて口腔内に残らないようにし、痰は吐くなりして処理しておくことをおすすめする。

超強烈に閉鎖や引き上げを鍛えることができる

吸気のアンザッツ5+仮声帯ノイズの効果は本当に凄い。
とにかく、超強烈に閉鎖や引き上げを鍛えることができる。

吸気で引き上げた裏声の仮声帯発声をやると喉がとんでもなく振動して面白い。

俺はこの吸気仮声帯発声を編み出して(?)から、面白くなって毎日やり続けたのだが、その日から効果が出た。
地声と裏声のバランスが急激に変わり、呼気ホイッスルボイスも出るようになり、中声も安定度が増した。

呼気ホイッスルボイス

ホイッスルボイスを出すには、強烈な閉鎖と開大と伸展が必要だ。
つまり引き上げと引き下げの拮抗である。
どちらもなければ、ホイッスルボイスは満足に出ない。
仮声帯発声の項目に載せた、甲高い裏声の悲鳴も、ホイッスルボイスがかなり関与している。

最近の俺の場合、伸展と開大はあったものの、閉鎖が足りなかったから、呼気ではホイッスルボイスが満足に出せなかった(吸気では出た)。
吸気仮声帯発声によって閉鎖が短期間で強烈に鍛えられ、呼気でホイッスルボイスを出せるようになった。

吸気仮声帯発声をやれば短期間でここまで閉鎖つまり引き上げが鍛えられるのだから、毎日継続してやれば、本当にとんでもないくらいに閉鎖と引き上げが鍛えられる。
実際に、もう数ヶ月続けているのだが、あまりにも引き上げが鍛えられすぎて、引き下げとのバランスが取れなくなってまずいことにもなったので、やはりこれも程度問題だ。

今は、吸気仮声帯発声のような強烈な引き上げトレーニングをやる際は、引き下げのトレーニングをその3倍程度はやらないといけないと思っている。
引き上げと引き下げのバランスが取れないと自由に歌えないからだ。
詳しくは後述する。

上を向いてやるのが最強

吸気仮声帯発声の話に戻る。

吸気仮声帯発声にも色々なやり方や音色があるが、俺が最もおすすめするのは、
『極限上向き舌出し吸気引き上げ仮声帯ノイズ最高音発声』
だ。

ただ吸気仮声帯発声をするのではなく、限界まで上を向きながら、舌を出し、その舌を軽く噛みながら、背筋のような動きをしながら、吸気裏声で、仮声帯ノイズを鳴らしながら、自分が出せる限界の最高音を狙っていく。
とんでもなく高い音を出すことによって、引き上げてはいるものの、伸展も大いに鍛えられる。
(最大限の伸展は、引き下げたときだが。)

十分な伸展が無いと十分に伸展できないので、伸展が鍛えられることによって更に閉鎖が鍛えられ、一石二鳥である。

以下は俺が、普段の練習として『極限上向き舌出し吸気引き上げ仮声帯ノイズ最高音発声』を発声したもの。
上を向くと音程が上がりきらないため、高く聞こえない部分が多いが、最高音を出そうとしている、というだけで伸展と閉鎖は鍛えられる。

以下は、俺が吸気引き上げ裏声最高音を発声したもの。
2019年6月現在では、B5が最高音。
上を向きすぎると音程が上がりきらないため、以下の音声は上を向かず普通に発声している。

下の記事に詳しく書いたが、誰しも、上を向くほどに外喉頭筋群が不自由になり、高音も低音も出しづらくなる。
詳しくは下記の記事参照。

声と姿勢の関係性 首の角度と外喉頭筋群の発動度合い 上向き発声は高負荷トレーニングになる 無声練習の方法 等
声と、首の向きや首の角度(下向いたり上向いたり)には大いに関係がある。 結論から言うと、 『真上を向くと、外喉頭筋群が不自由になる傾...

上を向いて、高音が出にくい不自由な状態で、あえて高音を出そうとするから、『負荷』がかかり、強力に伸展が鍛えられる。

まとめると、上向き吸気仮声帯発声は、
『仮声帯発声をすることによって閉鎖が鍛えられる』
『吸気発声時は呼気発声時よりも開大が強く働き、それに抗うことになるから吸気は呼気より閉鎖が鍛えられる』
『上を向くと外喉頭筋群が不自由になり高音が出しづらい、その状態で高音を出そうとするから負荷がかかり通常より伸展が鍛えられる』
の3つが組み合わさリ、トリプルパンチで負荷がかかった状態だから、閉鎖が強烈に鍛えられるということである。

声を大幅に変える(成長させる)には、
『普段出してない声』
『今まで出してこなかった声』
を出しまくる必要があるわけだが、
『吸気の仮声帯発声』
ほど、日常ではまず出さない声、ほとんどの人が出したことがないような声というのは無い気がする。
だからこそめっちゃ効く。

これまで、
「吸気発声を導入していない発声訓練は考えられない」
「仮声帯発声を導入していない発声訓練は考えられない」
と思ってきたが、それらと同じように、最近は、
「吸気の仮声帯発声を導入していない発声訓練が考えられない」
と思い始めた。

引き下げや開大を鍛えるには?

上述のように、吸気仮声帯発声は『閉鎖』つまり『引き上げ』を鍛えるために、これ以上ないくらいの効果を発揮する。

だが、『閉鎖』つまり『引き上げ』だけ強まっても、『開大』(収縮も)つまり『引き下げ』も伴わなければ、バランスが悪く、自由に歌うことはできない。

俺の場合、上述のトレーニングによって、引き上げ、つまり仮声帯や外筋や閉鎖が強烈に発達したのはいいが、それに開大つまり引き下げがついてこれていない状態に陥った。
あくまで、以前より引き下げが弱まったわけではなくて、引き上げが強まりすぎてバランスがとれなくなっている、ということ。

何かが(この場合は引き上げが)、強くなった事自体は素晴らしい。
ただし他とのバランスを取れていることが大事。

発声訓練においては、とにかく伸展を鍛えていくのが重要なわけだが、最大限の伸展は引き下げ時に発動できるので、引き下げ裏声最高音を伸ばさないと、結局のところ引き上げ裏声最高音伸び悩む。

では、引き下げを強烈に鍛えるにはどうすればいいのかだが、今のところ、上の引き上げトレーニングのような、思考停止して楽しんでできる、効果抜群なトレーニングは編み出せていない。

ひたすら地道に、アンザッツ3aやアンザッツ6などをやっていくしかない。
仮声帯ノイズを鳴らそうとすると原理的に必ず引き上げが働くので、引き下げを鍛えるときはクリーンでやることをおすすめする。

3aも6も、しんどい上に、どうしても音量が出るから家だとやりにくい。
(吸気仮声帯発声は3aや6に比べると音量は全然大きくない。)

加えて、上を向いて口を開けて、吸気3aで最高音を狙うのは引き下げに効く。
また、姿勢を良くし、下を向いて顎を引いて、舌根を下げ、呼気や吸気のアンザッツ6で最高音を狙っていくのも、引き下げや開大に効く。
(呼気吸気を高速で交互にやったり、3aでやっても可。)

どちらもとにかく声がうるさくなるので、カラオケでやることになる。

引き上げつまりノイズ系は、上述の吸気仮声帯発声のような奇声を出せば鍛えられるが、引き下げを鍛えるのはそうはいかない。
引き下げを鍛えるのは、引き上げを鍛えるより大変だと俺は感じた。

まとめ

仮声帯発声は、ガラガラしていて喉に悪そうだが、実際は逆で、喉に良い(呼気圧から声帯を守る)のだから面白い。
(もちろん内筋を入れすぎている仮声帯発声はある程度危ない。)

吸気発声も仮声帯発声も、まだまだ科学的にも謎な部分が多い。
ただどちらも、各筋肉に神経支配が行き渡る速度を早める効果があるのは間違いない。

現時点で言えるのは、呼気での練習と同時に、吸気発声もやらないと、成長速度がかなり遅くなるということ。
クリーントーンでの練習と同時に、仮声帯発声もやらないと、成長速度がかなり遅くなるということ。

常日頃から、地声・裏声、いろんな喉頭位置、高音・低音、呼気・吸気、いろんな口の形で仮声帯発声と吸気発声をしましょう。

関連記事

声と姿勢の関係性 首の角度と外喉頭筋群の発動度合い 上向き発声は高負荷トレーニングになる 無声練習の方法 等
声と、首の向きや首の角度(下向いたり上向いたり)には大いに関係がある。 結論から言うと、 『真上を向くと、外喉頭筋群が不自由になる傾...
甲状披裂筋の役割 外筋と内筋は反比例する ベルティングや張り上げの魅力と危険性 男声の出し方
甲状披裂筋は、地声系の筋肉。 地声を出す、または地声で声を張るには甲状披裂筋を発動させる必要がある。 甲状披裂筋は、内甲状披裂筋(以...
中声(または女声)を出すための練習法 ひたすら伸展と閉鎖を鍛える 外筋と仮声帯で内筋を包摂する 喚声点や地声から逃げず『拮抗』させる
地声のまま、ひっくり返らずに、楽に、または心地よいテンション感で、高音を発声するにはどうすればいいのか。 男性が女性らしい声で歌ったり喋っ...


はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。

地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名
地声系アンザッツ 地声とは ・定義は内筋 ・重い ・分厚い ・低音発声に重要 ・男性的 ・閉鎖筋(間筋、側筋)の発動によっ...
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について
このブログでよく登場する喉の筋肉名を、内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、その名称と働きについて記しました。 内喉頭筋群は...
発声訓練時に用いる言葉(用語)や表現について 感覚の共有 定義やイメージの食い違い 等に注意
このブログで用いている言葉一覧 発声訓練 ※ボイストレーニングと同じ意味。 歌唱訓練 ※ボーカルトレーニングと同じ意味。 ...
発声訓練を実践する際の基本的な考え方
この記事では、俺自身が独学で発声訓練を実践するにあたって基本スタイルや、考え方などの注意事項を記します。 声の可能性 ・すべ...
髭林おなもみの音域(単純発声/歌唱)と目標とする歌声 中性的~女性的な美声が好きな理由
音域 歌唱開始日:2007年 発声訓練開始日(独学):2018年1月 単純発声 地声最低音 F2(2019年6月) ...

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に発声訓練に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: