目標達成文の読み上げ時だけじゃなく普段の自己対話や他人との会話でも否定形は使わないようにする

自己啓発を実践し、毎日朝晩、目標達成文の読み上げをやっている人は多いと思う。

目標達成文の読み上げというのは結局、自己対話の管理なので、朝晩だけでなく常にやっているのが理想。
普段の自己対話もすべて目標達成文の読み上げなんである。

だから、普段心で思っていること(自己対話)も、口に出してしゃべること、人に向かってしゃべること(他人との会話)、ツイートなど、すべては、目標達成文の読み上げ。
なので、朝晩の目標達成文の読み上げ時と同じく、否定形は使わないほうがいい。

否定形というのは「~したくない」とかなので、「~」の部分には大体ネガティブな言葉が入る。
潜在意識は否定形を理解しないので、発したそのネガティブな言葉を現実にしてしまう。

ネガティブな言葉や否定形が危険だと感じたエピソード

今年1月に、14年一緒に居た飼い犬チャコを安楽死させた時、それを強く痛感する出来事があった。
安楽死をする前の晩、最後の決断を母親と一緒に考えている時、二人は
「なんとか、チャコが後悔しないように
ばかり口に出し、念じていた。

結果、安楽死をすることにしたのだが、その日の朝が重要だった。
チャコは豆柴でアレルギーに弱いので、チーズや乳製品を食べさせることを控えていたのだが、チャコ自身はチーズ大好き。
もう亡くなるのだから、安楽死の前にたっぷりチーズを食べさせてあげればよかったのに、俺も母親もそのことが全く頭に思いつかなかった。

安楽死という決断の是非は置いておいて、最期の時にチャコが最も喜ぶことをしてあげられなかったこと。
それは前の晩の、母親と俺の二人の自己対話、他人との会話に後悔という言葉が何度も出てきたことが原因だ。
脳は否定形を理解しないので、結局、後悔することになってしまったのである。

本来なら、チャコが満足するように、などと言うべきだった。
それくらい、普段からポジティブな言葉を使うということが重要。

まとめ

やりたくないなぁ、とか口に出したり思った時は、そのかわりに別の事をやりたいなぁと思うこと。
だめだなぁ、とか、なんでもいつもこうなんだ、とか思った時は、全部まとめて
自分らしくないなぁ
でOK。

この記事のタイトルも「否定形は使わないこと」となっているが、それがそもそも否定形だ。
正しくは「肯定形だけを使うようにすること」。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: