呼気圧迫を強制的に治す方法 ハミング、口ラッパ、口を手で塞ぐ、吸気発声

呼気の、あまり張れない中間の声、普段の地声と裏声のバランスじゃ出ないので5ガム出して中間の声ガム出していちいち準備してたが、呼気圧迫も原因の一つだった。

そこで、口を手で塞いで強制的に呼気圧減らして裏声下降やったらすぐ出るようになった。

強制的に呼気圧減らす方法として、口を手で塞いだりラッパみたいに唇の隙間をめっちゃ狭くして発声するのが有効。
見てわかるように、口から抜ける息が強制的に減るので、呼気圧迫が強制的に解消される。

ハミング(口を閉じて発声)も有効。

口を塞ぐ方法は、ハミングよりも”あ”の母音の苦手克服に有効なはず。

それで張れない中間の声が呼気で出るようになったら、俺の場合、そのあと吸気でも出るようになる。

吸気も呼気圧迫解消には有効。
吸気発声をやると呼気圧に頼らない出し方を喉が覚える(?)のでその後呼気で張れない中間の声出すとさらに呼気圧迫しなくなる。

呼気で限界まで歌った後、ブレスの代わりに吸気で限界まで歌う、ということをしてるとさらに呼気圧に頼らない出し方に慣れてくる。

ちなみに俺の場合、吸気地声が弱すぎるせいか息の消費量が呼気と違いすぎる。
なので、吸気地声を呼気並に自由にしなければと思う。

あとは、ガム発声も、仮声帯が内転することで息の抜ける量が減らされ(?)、呼気圧迫を解消できる(チャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点理論)。

とりあえず呼気圧迫というのは、それによって得られる精神状態やASCを除けば本当に非効率的で喉に悪い。
上で挙げたあらゆる手段を使って解消していきましょう。

関連記事

ガム(仮声帯発声)と吸気発声 チャールズ・ランの仮声帯の抵抗の点理論
ガム(仮声帯発声)とは、声帯の上にある仮声帯というひだを内転させて出すノイズのかかった声のことです。 その声を出すことによって、仮声帯で息...
吸気発声はなぜ効果があるのか 真声帯がハの字型→逆ハの字型(呼気に抵抗しやすい形)に徐々に変わるから説
このツイートを見て、タイトルのようなことを思った。 人間は基本的に生まれてからずっと呼気で発声している。 声帯はもともと『ハ...
中間の声の例 張れない薄い地声
前の記事(関連記事参照)とは逆で、張ろうとしてもうまく張れない中間の声。 ベビーフェイス / スピッツ -2 裏声が強いので...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: