コーチングやフースラーやアフィリエイトやお絵描きの各界隈への帰属意識について

前の記事
コーチング界隈について自称実践者として思ったこと 趣味や言動
フースラーボイトレについて自称実践者として思ったこと

界隈や帰属意識について。

コーチングの話とフースラーの話どちらにも言えることだが、趣味や行動や好みを押し付けられるのではないかという恐怖があるので、武田氏のボイトレやらコーチングサミットなどのエフィカシーの高い場に行きたくないわけです。

認定コーチについて

言い方は悪いが、特に後者(認定コーチなど)は、なにか不健康的なさわやかさを感じて怖い。
認定コーチ陣を見ていると、確かに納得できることは言ってるんだが(逆に言うと全員焼き増しのように同じことしか言ってない)、趣味とかが揃いも揃ってパイプとかクラシックとかで画一化されてて怖い。

とてもノットノーマルには見えず、決められたことだけやる良い子ちゃんにしか見えない。
アフィリエイトのコンサルとか情報発信やってる人が、マインドがどうとか能書き垂れて、人格を取り繕ってるせいでツイート頻度めっちゃ低かったりメルマガ更新停止するのと似たものを感じる。

実践は続ける

俺はコーチングやフースラーの名を汚すことになろうが好き勝手やりたい。
もし多くの人から、お前は実践者を名乗るなと苦情が来たらプロフィールから外すことも考えます。

まとめると、コーチングはとりあえずアファメーションとビジュアライゼーションがめちゃくちゃ有効で、下品で低俗なゴールの実現にさえも結構な効果を発揮するので実践し続けたい。
パイプとかクラシックとか趣味まで押し付けられるつもりはない、界隈に属するつもりはない。

フースラーボイトレの内容は、軽いアンザッツ3bを出すだけだとしてもSLSなど19世紀型ボイトレよりはるかに有効なので実践し続けたい。
民謡や芸能学などまで押し付けられるつもりはない、界隈に属すつもりはない。

各界隈

ここまでの問題点は、俺が即物的すぎて最終的にゴールが混合して破綻する可能性、声が混合して破綻する可能性、フースラーやコーチングの名を現在進行系で汚している点。

あとは、界隈に属したくない、ぼくを定義するな、だからエフィカシーの高い場には行かない、でも、変にコーチングとフースラーの知識があると、本当に9.9割の一般人とは話があわなくなってつらい。
かといってエフィカシーの高い場には行きたくない、そこでどっちつかずで苦しんでいる。

例えばアフィリエイト界隈。
確かに月収7桁とかの人も多く、有益な情報を発信してはいるものの、人間的に尊敬できる人は少ない。
金への異常な執着など。

深く関わると気が滅入りそうなので、結局俺はここでも界隈に属せずという感じ。

お絵描き界隈も同様。
アフィ界隈以上に質の悪い人間が多そうだ。

これはずっと前からだが、俺はそもそもオタクが嫌いで、いくら自分が二次絵を描いてようがそういう連中と絡むつもりはない。

ただアフィにしてもお絵描きにしても、向こうから俺に興味ありますと申し出てきた場合は基本的には対応します。

逆張りと悪魔の代弁者

一連のツイートからもわかるように俺は今までの人生であらゆるものに逆張りしてきてきた天の邪鬼であり、とにかく人や事象の悪い部分にフォーカスする。
だから界隈に属せなかったりするわけだが、それによって最終的に孤独死してももう仕方ないかと思っている。

ほんとに俺は人やコミュニティの悪い(というか自分が気に入らない)部分を探し徹底的にフォーカスして今回のようなツイートをしてしまうENTP型の悪魔の代弁者ですよ。
逆張りな俺に対してさらに逆張りをすることで、その人はより真っ当な道を行けると思うのでよかったら利用してください。
きもすぎた。

まとめ

今回わざわざつぶやいたのは、自分でも自分のことを問題視しているからです。

だから現時点ではこのままでいくものの、あくまで未来では変わることがあると示唆した内容にしたつもりです。
現に、次に人との交流を求めて外に繰り出す時は、エフィカシーの高い場にしたいとは思ってます。

次の記事
自分を守る殻を強固にして現実逃避するために都合の良い情報だけを得ている

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加