俺が発信する情報と俺の人格を混合される問題


最近別れた重要人物が言ってたけど、俺がツイッターやブログで正確性の高そうな情報を発信しても
「こんな反社会的で優越的で、キモイ絵を描いているクズが言ってることだから間違っているに決まっている」
と、情報と人格を混合して、俺という人間に反動形成されてしまうとのこと。

そして、その人がその正しげな情報にたどり着くまでとても遠回りになるか、もしくは俺への嫌悪の強さによっては永久にたどり着けなくなるかもしれない、と言われてハッとした。

けどあくまで俺は覚え書き・気づきという大義名分でやっているので知りませんと言いたい。

俺としては、情報とその発信者の人格、作品とその作者の人格、などを安易に結びつける、分離できず混合することしかできない、そんな人間は正しい情報にたどり着けなくて当然だと思うので、知らねえよと言いたくなる。
情報発信者の責任ばっかり問われるけど得る側も責任あるだろと。

情報とその情報を発信している人の人格との紐付け
行動とその行動をしている人の人格との紐付け
など、人間関係においても分離は重要。

次の記事
ブログやツイッターでの情報発信して自分と似た人間を引き寄せて個人的なやりとりをする必要はない