声は裏声(伸展、開大)から地声(閉鎖)、引き上げから引き下げに移行した時エネルギーが発生する

物理空間では位置が高→低となったときにエネルギーが発生
情報空間では抽象度が高→低となったときにエネルギー発生
声も伸展→閉鎖、引き上げ→引き下げとなったときにエネルギーが発生すると思う。

だからアンザッツ5(引き上げ、伸展、閉鎖(内筋ではない))が重要なのかなと。

全部、逆もできるけどすごい労力がいる。
地声に裏声足して歌うのとか、引き下がってる状態から引き上げていったりするのは疲れる。

男性→女性(MtF)が見た目や声のパス度上げるのが難しくて、女性→男性(FtM)は見た目や声のパス度上げるのがそこまで難しくないことにも通じる気がする。
女の不細工は男顔化するが男の不細工は女顔化しない問題とか声とかパス度とか

裏声系のアンザッツ3bが、漂う感じで楽に歌えるのもそういうことじゃないかと。
裏声系の3bはまず声帯が伸展・開大した状態に地声を足していく。
抽象度の高いところ(裏声)から始まっているので、下げるのは労力がかからず、エネルギーだけ発生する。

ただ、高いところから始まるのはいいが、ちゃんと地声に抽象度を下げていかないとエネルギーが少なすぎる。
だから張れない、ベルティングができないということになる。
アンザッツ3bモドキの例 張れない薄い地声

抽象度は高いところから低いところに下げるほどエネルギーが発生する。
なので、女性並に裏声が自由で伸展が利いていて、なおかつオッサン並に地声(閉鎖)も強い人がベルティングしたらとんでもないエネルギーが発生するんじゃないだろうか。

関連記事
仮観より空観、地声より裏声を優先的に鍛える 抽象度の位置エネルギー

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加