コーチングの「時間は未来から過去に流れる」について考えたこと

時間は未来から過去に流れる
過去に起きたことは未来に起こることに一切関係ない
未来で幸せだと確信してる人は現在も幸せ(幸せな未来に最も近いのは今)

と、コーチングでは言うが、結局どこまでいっても過去と未来は幻想であり、現在に包摂されている

未来は過去と違って体験がまだ無く、漠然としているので、現在や過去よりも臨場感が低く、抽象度が高い。
抽象度が高いものは抽象度の低いものを包摂する、つまり未来は現在も過去も包摂するから、上記の3つは成立するということだと今回結論づけた。

※正確には、成立させるもさせないも自分次第。
時間(現在、過去、未来)を自由自在に扱えるようになることが重要。

過去も未来も等しく幻想

過去は過ぎ去り、未来は未だ来ていないので、どちらも幻想。
だが現在、どちらも自由に想像できる以上、現在の中に過去も未来もあると言える。

未来も過去も幻想という意味では共通だけど、
過去は物理的な体験がある(ように思える)幻想
だから、抽象度が低く、臨場感が高い。
未来はまだ体験していない(ように思える)幻想
だから抽象度が高く、臨場感が低い。

抽象度と臨場感が違うだけで、どちらも等しく幻想。

人間の無意識は臨場感が強い方を現実だと認識する。
だから多くの人は過去の延長を生きている
そういう人間にとっては、時間は過去から未来に流れている。

あえて未来を優先する

そこでコーチングではあえて、未来という、漠然としてて臨場感を覚えにくいものに臨場感を覚えることを重要視している。

過去の体験はあったように感じるが、未来の体験はあったように感じない。
つまり未来は漠然としている。
つまり未来は臨場感が低い(=抽象度が高い)

抽象度が高いものは抽象度が低いものを包摂する。
だから、未来という抽象度の高いものを書き換えれば、現在という幻想も過去という抽象度の低いものも書き換わる。

未来という抽象度の高いものに臨場感を覚えるには、自身の抽象度の高さが重要になる。
過去より未来に臨場感を覚えられる人間にとっては、時間は未来から過去に流れている。

川の上流をきれいにすれば下流もきれいになると考えるとわかりやすい。

いつまでも過去という幻想に執着する(=臨場感を覚える)のは、下流ばかりきれいにしようとして、上流がおざなりになっているので埒が明かないという感じか。

ただ絶対に忘れてはいけないのは、下流(過去)も上流(未来)も等しく幻想。

未来が来るという確信は過去の延長?

未来が来るというのは、今までは未来が偶然にも来ていたので、その過去を延長してそう思い込んでいるだけ、という意見もある。
未来があるという確信が、今まで未来が来ていたという過去の現象から導き出したものなら、過去の延長線上やん、時間は過去→未来やんとなってしまう。

だが、未来が来ることの根拠である過去も幻想であり、過去に、未来がちゃんと来ていたという体験をしたという記憶さえも幻想
(世界五分前仮説など参照)

逆に、過去があったという確信は現在生きているから得られる。
現在は、過去から見れば未来なので、未来から過去を眺めることで始めて過去が存在するとしたら、時間は未来から過去に流れている。

つまり、
未来があるという確信は、今まで未来が来ていたという過去の現象から導き出したもの
過去があったという確信は、現在(過去から見ると未来)から眺めて始めて得られるもの

なので、どちらにも優劣はなく、幻想であり、二つを包摂してみると、時間は止まっている、と言える。

次の見出しで詳しく書く。

時間は止まっている

「時間は止まっている」
その上で、
抽象度が低く、過去にしか臨場感を覚えられない人は過去→未来に流れているように感じられ
抽象度が高く、未来に臨場感を覚えられるには未来→過去に流れているように感じられる

でいいんじゃないの。

上述のことを踏まえると、
「時間は未来から過去に流れる」
というのは、物理法則みたいに何もしなくてもそうなってるものじゃなくて、個人が強く意識していかないと”実感”はできないもの
なんじゃないか。

コーチ的には、何もしなくてもそうなってるということらしい。
個人が抽象度上げて意識しないとそれを”認識”できない、という感じか。
ここらへんはまだわからん。

今を生きる

「今を生きる」
という言葉は、
「時間は未来から過去に流れる」
という言葉に比べると信じている人は多い。
(現在さえも幻想という意見もあるが割愛。)

過去と未来に優劣はなく、過去の重要な体験も、未来の素晴らしいゴールも、どちらも幻想。

どちらも等しく現在に包摂されていて、どこまでいっても現在しか認識できないというところで、刹那快楽主義(未来を犠牲にする、必然的に過去主義)になるか、抽象度上げて未来に臨場感を覚えられるか、が重要。

すべては縁起

となるとやっぱり過去が地声で未来が裏声で現在がアンザッツ3b。
すべては3b(縁起)。

過去優先3bは抽象度低→高なので地声に裏声足して呼気圧迫でしんどい3b
未来優先3bは抽象度高→低なので裏声に地声足して(十分に伸展させた上で閉鎖して)楽に出せる3b

またなんでも地声と裏声と3bに分類する癖が始まってしまった。

まとめ

結論としては、時間は止まっているので、自由に都合よく使えばいい、流れる方向をコントロールすればいいということ。

時間の流れる方向は、過去と未来のどちらに臨場感を覚えられるかによる。
ただ、未来は抽象度が高く現在と過去を包摂しているので、未来に臨場感を覚えられる人(未来→過去に流れているように感じる人)は、現在も過去も自在に扱える。

すべては自在性の一つ。
なので、自在性を得たいなら、未来から過去に時間を流せるようにしたほうがいい。
そうすれば、過去の記憶を未来に役立たせたりもできる。

「すべての時間を自在に扱いたかったら、抽象度を上げて未来に臨場感を覚え、時間が未来から過去に流れているように感じるようにしろ」
ということになってくる。

ここまでいろいろ考えないと腑に落ちない時点で、コーチングが広まるにはまだまだかかりそうだ。

関連記事
短期的に即物的にその場を収めていく刹那快楽的な生き方は危険


最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。