コーチングやフースラーが怪しい、怖い、宗教感ある、納得いかない、矛盾してる、など

とりあえず先日の苫米地さんの時間の流れ質疑応答で、コーチングへの懐疑心は更に強まった。

「君が理解力ないだけ」
と突き放して、周りの人間が
「自分はわかってる」
と頷く構図を見て本当に
「あ、いやだな」と思ってしまった。

コーチングで人生変わる?変わらない?

コーチングで人生激変する、いやコーチングは変わるためのものではない
という矛盾も気になったが、そもそもコーチングは抽象度が高い故に包摂するものが膨大だから、矛盾があっても
「それらを包摂する」
といってのけてしまえる部分があるよな。

コーチング受けて人生変わったと言っても、例えばそれがあまりにも短期的に激変した場合3Aが弱いただの即物糞坊主の可能性がある。
かといって10年スパンで見て、コーチング受けた初日と10年後を比較したら激変してしましたって言ってもそれだけ年月経ってたらコーチング受けてなくても激変しとるやろ。

コーチングに限らず、変化っていうのは早く起こるほうがいいのか、長いスパンで見て起こっていたほうがいいのかって本当に難しいと思う。
すぐに変わった変わった言うやつは目先を追ってるだけの即物糞坊主の可能性ある。
かといっていつまでも変われない事を
「長期的に見てるんだ」
と供述する奴もいる。

抽象度高いことのデメリット

ネットビジネスの情報商材や高額塾が
「マインドの使い方」
という抽象度が高い、悪く言えば漠然とした情報で高い金とってるのと似てる。

かといってコンサルティングのように具体的な事を教える場合は、例えば今回のグーグル変動とかに対応できず右往左往したり。
人を指導するのにも色々あるのですね。

きらいなものはきらい

俺はグルテンフリーで人工甘味料も頑なに摂らないけど、食品添加物気にしまくるやつはきらい。
アファメーション・ビジュアライゼーションは毎晩欠かさずやるけどコーチングの奴隷みたいなやつはきらい。
フースラーボイトレはやるけど宗教感とか民謡はきらい。
萌え絵は描くけどオタクはきらい。

まとめ

コーチングとフースラーは、共感覚や変性意識など色んな点で繋がるし、現時点でかなり信頼できる情報ではあるけど、二つとも宗教的・スピ的な怖さがある。
信じすぎないよう、界隈の人らに左右されすぎないよう、様子を見ていきたい。

なにより、コーチングの奴隷、フースラーの奴隷になりたくない。

その二つの奴隷になるくらいなら、自分の殻の奴隷になったる、自分の殻と心中したるの男や。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特にコーチング、ボイトレに関する内容は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや記事内容について気になったことがあったらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加