亀有ブラザーズとは 下品な替え歌の歌詞が面白い インキンかと思ったらアトピー、リンダリンダ、ひっぱれなど

亀有ブラザーズの動画がYoutubeからほとんど消えてるのが残念だ。

有名な曲をチンポやらタマやら下品な替え歌にしていてめちゃくちゃおもしろかった。
たけしさんもタカさんも歌うまいし、義太夫さんのギターも味があって、音楽としても良かった。

亀有ブラザーズとは

last.fmの亀有ブラザーズの紹介細かすぎてワロタ

亀有ブラザーズ(Kameari Brothers)は1991年にフジテレビ番組「北野ファンクラブ」で結成された日本の(コミック)バンドである。リーダーはビートたけし。

番組「北野ファンクラブ」でマイケル富岡が司会の独占インタビューにてアルバム(シングル?)発売としてゲスト出演しているが、実際には発表・発売はされていない。

1992年にフジテレビ出版より発売した本「北野ファンクラブ」にて亀有ブラザーズの歌詞を掲載しようとするが、”「ヒトが作った歌を勝手に変な替え歌にしやがってこの野郎!」と作詞家のセンセイに怒鳴りこまれたら、なにぶんこっちは活字で証拠が残るため勝ち目がない”。

以前、本当に亀有ブラザーズのCDを出そうとした経緯があったが、The Blue Hearts(ザ・ブルーハーツ)と忌野清志郎、RCサクセション以外のアーチストからの許可が下りなかったらしい。

亀有ブラザーズの『アトピー』

ビートルズのLet it beの替え歌『アトピー』。

92年の平成教育テレビの亀有ブラザーズスペシャルライブで、かまやつさんとか、つのだ★ひろさんを招いて皆で『アトピー』を歌っていた。
玉置浩二さんも居て、真面目にフェイク入れてて、しかもそれがめちゃくちゃうまくて、歌詞との合わなさが面白かった。
玉置さんどんな気持ちでフェイク入れてたんだろう。

動画が消えてるのが残念。

1992年7月19日未明の『FNSの日スーパースペシャル1億2000万人の平成教育テレビ』での深夜スペシャル枠(『北野武の平成ファンクラブ』)においても、かまやつひろし、つのだ★ひろ、MALTA、吉田建、難波弘之、玉置浩二らをゲストに迎えて亀有ブラザーズが生放送されたが、その時もほとんど観る人がいない通常の放送時同様にビートルズの”Let it be”を替え歌にして延々「アトピー」を連呼し、これを観たアトピー性皮膚炎の患者団体から抗議がきた。

インキンかと思ったら、アトピー。
アトピー、アトピー。
アトピー、アトピー。
インキンかと思ったら、アトピー。

結局、亀有ブラザーズが
「インキンかと思ったら、アトピー」
という替え歌を演ってしまったのも『アトピー』という言葉の響きがおもしろすぎるのが原因だと思う。
例えば坐骨神経痛とかならそんなネタにはしづらい。

皮膚病と筋肉の病気は比較しづらいので例えがおかしいか。

その他

たけしさんが曲中に笑いだしたり、恥ずかしがって言うセリフも面白い。

「これ恥ずかしいな」
「スタジオだからやれるんだな」
「いくらなんでも情けねぇぞこれ」
「何がチンポ引っ張れだよ」
「これゴールデンの時間にやるやつじゃないな」

亀有ブラザーズの下品な替え歌の歌詞を考えていたのは、小泉せつ子っていうらしい。
あの歌詞を女性が作ってたのかと思ったが、男性らしい。

まとめ

Yesterday~ お前チンポの毛引っ張るな~( ´Д`)

亀有ブラザーズ – YouTube

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加