ブログ初期の短文記事まとめ

当ブログ『髭林ダイナマイトスタジオ』は2014年4月に開設した。

当時はSEOもわからず、ツイッターでやれと思うくらい短文の記事を量産していた。
大体100~400字くらい。
そんな記事を量産していたらGoogleにスパム認定される。

すべてボツにするのはもったいないので、この記事にまとめておきます。

2014年8月23日
タイトル:事情通ぶった人間

本文:

昔、MSNメッセンジャーというチャットソフトで、メンバリストにいた人に適当に話しかけ、
「そろそろコミケとかいうのが開催されるらしいな」
と言うと、
「お前行くのか?参加するなら暑さ対策をしっかりしろ、金は絶対に小銭で持っていけ、あと・・・」
と、きいてもいないのにまくし立てられた。

なにか暗黙の了解みたいものが決まっている業界というのは、その業界をちょっとでも経験した事がある人が、まだ知らない人に偉そうに話をすることが多いような気がする。
おそらく人のためではなく、知識をひけらかすために話してくるんだろう。

そういう事情通ぶった人間の言うことをありがたがってきくと、余計につけあがりそうなので、俺はすぐに話をやめることにしている。

2014年9月15日
タイトル:スポーツが嫌い

俺は、スポーツ観戦も、実際にスポーツをやるのも嫌いで、小さい頃に親と一緒に野球やサッカーを見ていたときも、点が入っただなんだで手を叩いて熱狂したことは一度もない。

中1の頃は、2ヶ月間だけサッカー部だったが、1500円くらい払って他校まで行かされても、1年は見ているだけか、ボール拾いしかさせてもらえなかったので、数ヶ月でやめた。

それ以来スポーツは一切やっていない。

俺の住んでいる兵庫県には、野球が強い某高校があるが、その高校に通っていた知り合いによると、学校ぐるみで野球部を優遇し、野球部員が威張り散らして、他の部活の奴を脅して、パンなどを買いに行かせているらしい。
それを教師は黙認しているらしい。

体育会系のノリが嫌いだし、上下関係も嫌いなので、そういったのは最悪だ。
そういう話をきくと、高校野球でテンションが上がることもなくなる。

ただでさえ流行が嫌いなので、ワールドカップやオリンピックで世間が五月蝿いのも不愉快だ。

2014年9月16日
タイトル:集団に馴染めない

俺が、集団の中で、なんとかまともにやれていたのは、小6までだったと思う。

今は、リアルでの集団生活はもちろん苦痛すぎて出来ないし、近頃はネットでさえ疲れ果てる。

Twitterも、始めて3年以上経った今でも、コミュニケーションツールとして、まともに使いこなすことが出来ない。
最近は、自分から人をフォローすることも減った。

俺はそもそも、掲示板に書き込んだり、pixivやYoutubeに投稿された作品にコメントをすることが少ない。
自分を押し殺して、つまらない奴と思われ、自分も窮屈な思いをするか、ロクでもない本音をさらけ出して暴れてドン引きされ、人が離れていくかの、どちらかしかないからだ。

そして、慇懃無礼に八方美人に振舞うことも、気持ちが悪いので出来ない。

2014年9月26日
タイトル:鈍感な人間

リアルの知り合いの劇団員の男という、純粋というより鈍感な奴と話していて、
「なんで髭林ってそんなに嫌いな物が多いん?」
と、嫌味じゃなく本当に不思議そうにきいてこられた時、なんとも言えない腹立たしい気持ちになった。

2014年11月6日
タイトル:愛と怒りの伝道師とは

私、髭林おなもみは愛と怒りの伝道師である。
愛と怒りの伝道師とは、怒り伝道に従事する人のことである。

あい【愛】

1 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「―を注ぐ」
2 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「―が芽生える」
3 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する―」
4 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への―」
5 キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
6 仏教で、主として貪愛(とんあい)のこと。自我の欲望に根ざし解脱(げだつ)を妨げるもの。

いかり【怒り】

おこること。いきどおり。立腹。「―がこみあげる」「世間の―を買う」

でんどう‐し〔デンダウ‐〕【伝道師】

1 伝道に従事する人。キリスト教では正教師の資格を持たない伝道者。補教師。
2 (転じて)物事のよさを人に伝えて広める人。「日本酒の―を自称する」

2014年12月5日
人と何気なく会話しているときに起こる張り合い

リアルでもネットでも、人と何気なく会話しているときに、”張り合い”が始まることがある。

アルティーとは、常にお互いが水面下で張り合っている感じで、麻雀の勝ち負けはもちろん、きれいにグラデーションを作る色彩テストで何点だったとか、立体視ができるかどうかとか、本当にくだらないことで、どちらが優れているか張り合っていた。

アルティーとだけじゃなく他の奴ともたまになるし、気をつけたい。
まぁ最近はない。

最近は生涯ボケクソ安確ポンチン低俗LINEスタンプ野郎やらのように、向こうから一方的に俺を拒絶したりしてこない限りはモメない。
でも、はくれという安確ガキにはぶちぎれてモメた。

2014年12月5日
タイトル:人脈作り捲りの安確ポンチ

数年前、カオスラウンジ騒動のちょっと前くらいに、ネットで知り合った”人脈作り捲りの安確ポンチ”というのがいる。

そいつとスカイプをしていて、俺が、ネットで小遣いでも稼ぎたいな、と言うと、2chのまとめブログを作ることを強く勧められた。

「俺にはまとめブログの管理人の知り合いもいるから」
などと人脈自慢をしだし、その人と、その人の知り合いである自分自身がどれだけすごいかということをほざいていた。

結局その後、2chのまとめブログ界隈は問題になり捲くっていた。

そして、最近そいつのTwitterを見に行くと、人脈を活かせそうなボケクソイベンターになっていた。

“人脈作り捲りの安確ポンチ” | 髭林おなもみ [pixiv]

2014年12月18日
Youtubeは動画の最後の0.5秒くらいがカットされる

そのせいで、俺があげてる楽曲の最後のガヤとかがギリギリになったりして結構苦労した。

2014年12月18日
タイトル:昔アニマックスかキッズステーションでやっていた残酷でエロチックな3Dアニメ映画をもう一度見たいんだけどタイトルがわからない

なんか、オズの魔法使いの残酷でエロチック版のような感じで、主人公は4頭身くらいのドールかアンドロイドで、3人くらいの仲間と一緒に、砂漠のようなところを旅していた。
雰囲気は、ガラクタ通りのステインのような感じ。

物語の終盤では、砂漠にある城のような建物に入り、主人公が植物の触手に襲われ、メカバレのような状態になっていて、非常にグロかった記憶がある。

誰か知っている人がいたら教えてください。

2015年1月19日
タイトル:ティッシュの代わりにシングルロールのトイレットペーパーを使って節約

一人暮らししてた頃に、ティッシュの代わりにシングルロールのトイレットペーパーを使って節約をしていた。
実家に戻ってきてからはティッシュを使ってたが、最近またトイレットペーパーに戻した。

トイレットペーパーに一元化すればストックする場所もとらないし、値段が段違いなのでかなりの節約になる。
200組のティッシュが5箱セットで250円、シングルロール60Mのトイレットペーパーが12ロールで250円。

水に溶けやすすぎるのと、見た目の悪さが欠点だが、人が家に来るときだけティッシュを用意すれば大丈夫でしょう。

2015年1月20日
タイトル:些細なことから始まる言い合い

むかし配信で、”裁判の男”と”オーオタ”の話になり、やっぱDACだよね、とか、FLACがどうとか言われたので、いやそんなもんブラインドテスト云々、と言い返したら、結構な言い合いになった。

他にも、劇団員の男の家で、慇懃無礼八方美人天パが、ガラスの破片などを踏んだり、傷口がふさがらない状態で砂などを踏んだら、血管をつたってその砂や破片が体中を回って、最終的に心臓にたどり着いて詰まって死ぬ、などと言い出したので、そんなことがあるわけないやろうが、と言うと、いつもは慇懃無礼八方美人のあいつが本気で言い返してきて、結構な言い合いになった。

言い合いは、些細なことから始まる。
ホント馬鹿らしい。

2015年1月31日
タイトル:Youtubeで音が止まったと思ったらいきなり極端に音量がデカくなるか小さくなるかして鬱陶しい

本文:
ビックリします。

2015年2月3日
タイトル:犯罪を犯すくらいなら寝てるほうがまし

前にも書いたが、犯罪を犯すくらいなら寝てるほうがましだ。

性欲、金銭欲、憎しみなどの欲望に駆られ、人を殺したり犯罪犯すのに比べたら、ニートやら不登校やってる方がましだと思う。
そう自分に言い聞かせている。

俺も、残酷でエロチックな絵や、暴言キャプションなどを書いてしまったので、強くは言えないが。

苦しい事から逃げて、最低限の食べものだけ食べて、ずっと寝ていたい、と考えることくらい、人生に消極的なだけでそこまで悪くないやろと。

2015年2月4日
タイトル:ネット麻雀は観戦に限る

配操作がないとは誰も言い切れない。
そんな状態だと、勝っても負けてもつまらない。

でも、リアルで打ちたくても、いつでもメンツが居るわけじゃないし、雀荘行くと金もかかる。
牌を触って、人を目の前にして打つほうが楽しいんが、こればっかりは仕方ない。

なのでネトマは観戦して楽しんでいる。

2015年2月5日
タイトル:定型文野郎とは話す価値がない

某なんたら語録を使っている連中が増えてるが、ああいうのとは、そもそも話す価値が無い。
相手は自分の言葉でしゃべらない、人形劇の人形を使って台詞をしゃべっているようなものなので、こっちがまじめに言葉を考えて話すだけ無駄。

そもそも話した事はほとんどないが、傍から煽り合いなどを見ててつくづく思う。

つまりは、”安確”。

2015年2月8日
タイトル:時間が経つのが早すぎる

最近、時間が経つのがあまりにも早すぎる。
毎日同じ事の繰り返しで、新しいことを全くやらないので、体感時間がかなり早い。

バイト中だけは時間が長く感じていたが、近頃はそういうこともなくなり、バイト中でもあっという間に時間が経つ。

2年くらい前はまだ、新しいことをやったりしていたのだが、最近はホントに新しいことをなにもしない。

パソコンの前にいると特に早く感じるので、布団を被って絵を書いていると少しはゆっくりと過ごせる。

むかし読んだ、中島義道氏の『「時間」を哲学する』という本に、内容はほとんど忘れたけど、なんか良いこと書いてたような。

2015年2月10日
タイトル:ゴミ屋敷・・・

この発達障害の典型のような人と、その取り巻きの人らは何者なんだろうか。
動画自体は結構おもしろくて何度も見ている。

他の動画では、お笑いと称してこのキクピーとか言う人をいじめてるんだが大丈夫なのか。

この人らが今何をやってるのか気になる。

「ボク達は現実を恐れている・・・お笑い芸人になりたいけど無理だよね?」

良い言葉だ、と。

2015年2月10日
タイトル:揉め事も糞人間も自分自身が引き寄せた結果

モメた奴、ムカつく奴の醜い似顔絵を描いてはpixivにうpし、キャプションで恨み言を書きまくり、Twitterで暴言を吐き、最近ではこのブログでもそんな記事を書き捲くっているが、すべての揉め事、糞人間は、他でもない自分自身が引き寄せたものだという事くらいはわかっている。

自分と似た人間が自分の周りに集まる。
同じレベルの者同士でしか争いは起こり得ない。

だから、自分自身がちゃんとしてれば、そんな糞みたいな人間は寄ってこないし、争いや揉め事も起こらない。

そんな事は何年も前からわかっている。

最近特に気をつけているので、揉め事はない。

もう憎しみはしんどいのであったら困る。

2015年2月10日
タイトル:(MSNメッセンジャーの)自衛隊志望の男

MSNメッセンジャーでよく話していて、俺にギターを教えてくれた”自衛隊志望の男”というのがいたが、中学卒業したら自衛隊員になる、と言って以来、一切の連絡が途絶え、今は何しているかもわからない。

怖い。

2015年2月10日
タイトル:時代と世間に取り残されている

スマホ持ってなくて未だに電話のみのガラケー。

部屋にテレビも置いてない。
アニメもどんなのが放送されてるのかわからない。
Twitterで騒がれ捲っていると想像するだけで、見る気がうせる。

昔はそんな騒ぎに乗じて、いろんな物に噛み付いたりしてたがそんな気力も無い。

テレビ見ない自慢か、時代遅れ自慢か、という意見が飛び出すが。
疲れるので、できるだけ”トレンド”と呼ばれる情報が目に入らないようにしている。

俺は時代の流れに関係なくこのブログでひたすら世迷言を垂れ、好きに絵描いて曲作るくらいしかやることがない。

2015年2月14日
タイトル:口呼吸防止のために口にテープをして寝る

睡眠時の口呼吸を完全に防止するために、だいぶ前から口にテープを貼って寝ている。

普通のセロハンテープだと湿り始めて朝型にはとれているのだが、テーピングテープなら全くとれないし剥がすときも痛くない。

おすすめ。

2015年2月16日
タイトル:世間との温度差

こうやってブログに日々の思いを書き綴る毎日だが、今更ながら、考え方に、世間との温度差を感じる。

このブログの雑記カテゴリに書いた記事のほとんどは、ルサンチマン的で、憎悪や破滅願望にまみれたものだ。

この考え方が一般的だとは思わないが、間違いなく共感する人間はいると思って書いている。
だが実際は、共感どころか、理解さえ示さない人間のほうが多いんだと言うことを、たまに忘れそうになる。

ただ、共感を求め、仲間を探して徒党を組んだりすると絶対にろくなことにならないので、あくまで俺は一人でやるしかない。
それは今まで仲良かった人とモメて痛いほどわかった。

まぁ俺が書きたくて書いてるだけなので共感やらは二の次です。
書きたくなる限りは書くと思います。

2015年2月19日
タイトル:情報アレルギー

ちかごろ”情報アレルギー”になっている。

Twitterのタイムラインなどで、他人の生活の報告などを見るだけで、じゃかましくわずらわしく感じ、気分が悪くなる。
そんな時は即ミュート。

価値のない情報、不愉快な情報は気分が悪くなるので、できるだけシャットアウトするようになってしまった。
さらに人生が狭まってしまうが構わん。

アルティーの言葉を使うなら”今はこれでいい”。

2015年2月19日
タイトル:ブラックサンダーとクランキーがうまい

俺はチョコレートは、ホワイトとストロベリーが好きで、普通のチョコはあまり好きじゃなく、ビターなんてもってのほかだ。

最近はもっぱらブラックサンダーにハマってて、頻繁に食っている。
必ず通常の30円のと50円のBIGを1個ずつ買う。

前はクランキーにハマってて、特にミルクとストロベリーが好きで、ストロベリーはローソンストアにしかないのでちょっと遠いけどわざわざ買いに行っていた。

ブラックサンダーとクランキーは最高だ。
ココアクッキーにしてもモルトパフにしても、味はもちろん食感が良い。

高いチョコレートは、苦かったり酒の味がしたりしてあわなかった。
駄菓子の、子供向けの味が好きなんだと思う。

2015年2月22日
タイトル:利き目を左目にしたい

俺は利き手も利き目も右なんだが、脳機能局在論ではそれだと左脳が有利になりすぎるそうだ。
なので、せめて利き目だけでも左にしたいと思っているのだが、なかなかむずかしい。

家にいる時は右目に眼帯して左目を使うのに慣れるようにしてるのだが、結局外してる時間のほうが長いからか利き目にならない。
なにかいい方法はないだろうか。

別に右脳優位になってもそこまで変わらん気もするが、利き手が右なら利き目は左にして、バランスを取りたい。

2015年2月24日
タイトル:自己満足の極み

俺の創作活動のすべては”自己満足の極み”であると、とある親しい人に言われた。
ただの自己満足ではなく、極まっているのだそうだ。

その言葉を聞いたとき、どうしようもなく笑いがこみ上げてきた。
もうたまらなく面白くなってしまった。

2015年2月24日
タイトル:新しい考えが浮かばない

10代の頃は、出来損ないなりに、人生を改善するような考えや、新しいことやってみようという考えが、日々浮かんできたのだが、ちかごろまるで浮かばない。
なんというか無気力、無感動、無関心な日々だ。

憎しみなどの、苦しいことを避けていくと、楽しみや喜びも必ず同時に遠ざかるというか、”感じること”そのものができなくなっていく気がする。
学生時代とかは日々が苦痛だったので、反動で、楽しいことをした時の喜びも大きく感じられた。

感じることができなくなっていくと、新しい考えも浮かばんな。
どうなることやら。

2015年2月24日
タイトル:誰かに共感してもらいたい

俺の創作活動や、ブログでの記事執筆は、少なくてもいいので誰かに共感してもらいたいと思ってやっている。

人生や社会に何の不満も持ってない人は、俺の考えに共感しにくいだろうが、最近、どんな人にも共感されない気がしてきた。

俺は社会的強者が憎いが、同時に社会的弱者(自分もだが)も好きではない。
発達障害やらアスペやらが多くてうざいので。

結局、自分のことだけが好きというのが根底にある考えなので、おそらく自分以外の共感は得られない気がする。

自己愛というのは裏返せば自己嫌悪らしいので、どうなることやら。

2015年2月24日
タイトル:麻雀はしない方がいい。

麻雀はしない方がいい。

2015年2月26日
タイトル:3人以上で町を歩くと、歩幅があわなくなって前歩いたり後ろ歩いたりして変なことになる

安全確保性いじりBotにそんな発言がある。

この現象に対してアルティーも、自分もよくあると感銘を受けていた。

2015年2月24日
タイトル:50代、60代のひきこもりやニート

50代、60代、もしくはそれよりも高齢のひきこもりやニートって存在するんだろうか。
働いてたけどやめて無職とかではなく、一度も就労経験のない、子供のまま大人になったようなひきこもり。

30代40代のひきこもりはよく聞くが、それより高齢というのはあまり聞かない。

アル中の平均寿命は50代らしいが、やはりその歳になって社会でやっていけないと、当然生きる気力やモチベもなくなるだろうし、自然と亡くなるようになっているんだろうか。
それか、親が死んで年金も尽き、餓死や自殺だろうか。

俺も気をつけないと。

2015年2月26日
タイトル:ヤミ金地獄物語

ガード下や頼みの綱には劣るがそこそこ面白い。
ただ全体的に腹が立つ場面が多い。

2015年2月26日
タイトル:麻雀と不思議のダンジョン系のゲームは似ている

どちらも、人生の縮図といえる要素があると思う。
カッコつけすぎた。

2015年2月26日
10代の人間の心変わりの激しさ

10代の、特に男は、半年前と今でまったく性格や考え方が変わっていたりするので、出会ったときは良い奴でも、いつの間にかものすごく嫌いなタイプの人間になっていることがある。

それは俺もだったし、多感な時期だろうから仕方ないが、そこらへん割り切って付き合わないとめんどくさい。
“振り回されて”しまう。

2015年2月26日
タイトル:同世代とうまく付き合えない

そういう人は多いんじゃないか。

同世代だとなにかしら競争が発生するというのが大きいのかも。

2015年2月26日
タイトル:暗黙の了解を、大声でさけぶから、俺はあんかくをうける。くそくらえだぬ。

おなもみBotの発言の中にそういったものがある。

つまりは過去の俺の発言なんだが。

2015年2月26日
タイトル:下衆の勘繰りという言葉

さっき初めてこの言葉を知って、俺のことやんけと思いびくっとした。

こういう、自分の悪い性質をピンポイントで言い表す言葉を、初めて知った時は焦る。
周りの人間にそう思われているかもしれないと思ってしまう。

下衆の勘繰り – 故事ことわざ辞典

2015年2月28日
タイトル:コーヒーやエナジードリンク飲むと動悸がする

なので飲めない。

特にコーヒーは”口が臭くなる”。

エナジードリンクはおいしいけど体に悪い。

2015年2月28日
タイトル:瓜二つな人間

ネットで配信者やら動画投稿者を見てると、この人、性格も声も俺の知り合いと瓜二つやないか、と思う人間がたまにいる。

そういう瓜二つな人間二人を対面させてみたらどうなるんだろうといつも考える。

なんかアルティーの知り合いに、俺とそっくりなやつがいるらしく、少し気になる。

2015年3月2日
タイトル:ニコニコ動画のプレミアムアカウントが糞

俺は今まで頑なにニコニコ動画のプレミアムアカウントにならずにいたのだが、去年の8月30日に、Syrup16gの、『syrup16g再始動 ニコ生12時間SP~NEW ALBUM 『Hurt』発売記念~』という放送があったので、その日に初めてプレミアムに登録した。

その後、ほかに使い道がまったくなかったので、9月の3日くらいに解約したら、実質5日しかプレミアムじゃなかったのに、請求が1000円も来た。
日割りがなく、8月30日~9月1日の分が500円、9月1日~9月3日の分が500円で計1000円。
8月中に解約しなかった俺もアホなんだろうな。

ほかにもニコニコは阿漕な商売だらけだし、もう二度とプレミアム登録はしないと思います。

2015年3月2日
タイトル:精神科に行ったがほとんど意味はなかった

去年のいつか、俺はおかしいのかと思って、近所の過疎った精神科に行った。
精神科に行ったのは確か中2以来。

生まれ育ちから色々聞かれたんで答え、この先どうしたいかとか話したが、
「結局きみ、大学なり専門なり行こうとか、正規雇用で働こうという気持ちがないんかいな」
と言われた。

とりあえずなんでもいいから薬を出すからと言われたが、それは頑なに拒否した。

俺が大きな勘違いをしていたのは、精神科に行って薬を貰って、毎日飲んでる人らは、目的としては、薬で精神を整えて、働いたり、社会復帰をしようとしてる人らなんだな。
俺はそもそも働こうという気がないしそこに気持ちが向かってないので、医者としてもサポートのしようがないようだった。

とりあえず診断書には、中二のときと同じく、社会不安障害と書かれたと思う。
この病名だけは事実な気がするが、どうなることやら。

2015年3月3日
タイトル:果物アレルギーで生の果物を食べると吐きそうになる

俺は小さいころから果物アレルギーのようで、生の果物を食うと、吐きそうになる。

食ってる最中はそこそこおいしく感じるんだが、後味が気持ち悪くて、吐き気がする。
食べ終わってすぐにコーラや牛乳など味の濃いものを摂取しないと、本当に吐くと思う。

ショートケーキに入ったイチゴや、果物ゼリーは食えるので、アレルギーじゃなく単なる好き嫌いなんだろうか。
未だにわからない。

2015年3月5日
タイトル:検索エンジンに載ることで仲間を探そうとしている。同じ考えの同志を。

最近俺のブログの記事も、だいぶ検索エンジンに載るようになってきたようで、統計を見てみると、いろんな検索ワードで俺のブログにアクセスがある。

俺は昔から、この考えは俺だけなのだろうか、と思うような事柄を、とりあえずGoogleの検索欄に打ち込んで、見えない仲間を探そうとするところがあるので、このブログに来た人も、ああ自分以外にも同じ考えの人がいたか、とか思ってくれたり、商品レビュー記事などが役に立ったりすればええかなと。

2015年3月7日
タイトル:冬が嫌い

もうすぐ冬が終わると思うと気分が良い。
やっぱり自分が冬が好きじゃないと思った。

暖房器具を出して部屋が狭くなるし、電気代は掛かるし、分厚い布団や毛布で寝具はかさばるし、寒くて、開放的な格好で寝られないし、好きなところがない。
あと鼻炎が悪化するのと、ビールがうまくないというのもある。

早く暖かくなって欲しい。というか早く夏が来て欲しい。
夏が近づくといつもテンションがあがる。
その代わり夏が終わる頃には寂しくて泣き叫びそうになる。

常夏の国にでも住んだほうがいいかもしれない。

おなもみBot時代は下記のように思っていたが、今はマジで冬が嫌いだ。

2015年3月10日
タイトル:自分と絡んでいることが周りに知れるとデメリットしかない

下記のアルティーのツイートにもあるが、俺と知り合った人が、俺と絡んでることが周りに知れると良い印象がない、デメリットしかないんじゃないか、と。
そういう風にみんな思っているだろうな、と。

ブログ、pixiv、Youtube、SoundCloudなどすべての活動が、ルサンチマンにまみれた最低なものだから当然だ。

人の配信などで名前を明かしてコメントするだけで、特におかしな発言もしていないのに、活動を見に来られて、次に配信に行ったときにはブロックされているなんてことも何回かあった。
1度目は絵描き、2度目も絵描き、3度目は歌い手志望のオタクのおっさん、4度目も絵描き。

拒絶されまくりだが、このままでいきます、と言わせてください。
いまさら活動の方向性を変えるわけには行かないので。

そういえばふたなり絵描きにもブロックされてたのを思い出した。
その時はセックスレス自慢の某人と同時にブロックされた。

2015年3月12日
タイトル:憎い人間をいつまでも許せない

このブログの雑記カテゴリの記事や、pixivに投稿している絵で、今までの人生の中で出会ってきた憎い人間のことを書いているが、基本的に、年月が経ってもその憎しみが消えたことはなく、いつまでも許せない。

人を許せないというのは弱さだということはわかるが、成長というものをまったくしていないので、当然強くもなれず、時間が経とうが許せたりしないんだろう。

いちいち思い出して腹を立てたりはあまりしないが、まだ書いていない人間のことを思い出したら、すぐに記事や絵をかかないと気がすまない。
モメて、憎しみが募り、時間と感情がもったいないと感じた分、ブログの記事や絵のネタになってもらえばいいと思う。

それが結果的に自分の首を絞めることはわかってるが、書かずにはいられん。

2015年3月12日
タイトル:自分の異常性を忘れていた

あまりにも社会との接点がなくなってきたせいか、自分が当然だと思っていたことが、世間ではまったく当然ではないと、気づかされることがある。

たとえば俺は、ある程度の人間が、さっさと世界が滅んでくれればいい、と考えていると思っていたんだが、ちょっとググってみるとそんなの少数派だった。

2015年3月22日
タイトル:スカイプのメンヘラ会議

中3から高1にかけて、スカイプのメンヘラ会議というのに参加していたことがある。

当時俺は精神科で社会不安障害と診断されたので、どこかそういうことを話せるコミュニティがないかと、ネットで探して辿り着いた。
そこでスカイプの女や手マンの男と知り合った。

今考えると、あんなものは時間の無駄、感情の無駄以外の何者でもない。

メンヘラの中には、やるべきことをやる力は出なくても、恋愛にはやたらと積極的なのが多く、そのコミュニティは常に色恋沙汰やらでモメていた。
ひどい時はオーバードーズで死ぬ奴やらも出てた。

話す内容もろくでもないし、あんなコミュニティに属していた時間がもったいなさすぎる。
俺はほぼ喋らずに聴き専だったけど。

最終的には過疎って崩壊したのでその後は知らん。

2015年3月24日
タイトル:小さい頃に感電と頭強打

俺は小さい頃(幼稚園~小学校中学年)に、感電したり頭を強打したことがある。

感電は、1回目は親の使い捨てカメラを分解してるとき、2回目は、粗大ゴミ置き場から拾ってきたテレビを分解してるとき。
マジでアニメみたいに全身が白黒になって骨だけが見えてるんじゃないかというくらいビリビリが走った。

頭強打は、1回目は、父親の部屋で遊んでるときに大人の身長くらいある高さの棚から、ACのコンセントが落ちてきて打ち流血、2回目は体育の授業で鉄棒から落ちて打ち、3回目は、放課後に校庭の遊具の低めの棒に座ってて、後ろに倒れてしまって打った。

なんか小さい頃に感電したり頭を強打した経験があると、その後どうやっても直らないくらい、考えや性格がおかしくなると聞いたことがあり、それなんじゃないかと考えている。

あと筑波大学が提唱しているACとか言うのにもそういう法則があるらしいが、同人作家の男の友達のWebオタクの男がそれについてやたら言っててきもかったんでそれはどうでもいい。

“(同人作家の男の知り合いの)Webオタクの男” | 髭林おなもみ [pixiv]

2015年4月9日
タイトル:殺人事件に関するニュースを見ると思うこと

テレビで毎日のように殺人事件について報道されている。

さすがに小さい子供が殺されてる事件は許せないが、たとえば13歳以上の人間が殺されてる場合、もちろんその殺された人間のことは知らないわけだが、生涯ボケクソ安確ポンチン低俗LINEスタンプ野郎やらセックスレス自慢の某人やら、その他諸々の、俺が憎いと思う人間に、限りなく似たような人間が殺されてたらと想像すると、はっきり言って気分が良い。

2015年4月12日
タイトル:反社会的な事件が起こると

反社会的な事件を見ると、昔は、キチガイか、ふざけんなと思ってたが、今はもう、
「むちゃくちゃやったったええねん」
という気持ちしか沸いてこない。

大体そういう事件を起こす人らは人生行き止まりだろうし、もう、むちゃくちゃやったったええねんと思う。
もはや人が死んでても関係ない。

ルサンチマンの典型です。こんな奴にならないように気をつけましょう。

2015年4月14日
タイトル:ヤクザが取り仕切ってDQNが暴れる騒音祭り

頼むから中止にしてほしい。
いっそ誰か事故って死ねばいい。

2015年4月14日
タイトル:モメる前と後で作品の評価まで変わる奴

俺とモメる前は、
『金曜夜の葛藤』は名曲だ」
とか言ってた奴が、モメた途端にやっぱあんなもん云々言い始めたりする。

結局、作品じゃなく俺という人間を見てたのか、とも思うし、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというし当然かなとも思う。

2015年4月14日
タイトル:指毛を抜き続けても薄くならない

もう7年近く脱毛機で手と足の指毛を抜き続けてるが、あんまり薄くならない。
毛は抜き続ければいずれ生えてこなくなるとかいうが、どれだけかかることやら。

そういう意味で、ソイエで髭脱毛して、ほとんど生えなくなるなんて、ほぼありえないと思う。

それより埋没毛とか起こるからやめたほうがいいかと。

2015年4月14日
タイトル:太ももの裏の毛

一日のほとんどを椅子に座って過ごしていると、刺激を受けるのか、太ももの裏に太くて長い毛が生える。
表側の毛と比べて明らかに毛質が違う。
なんかうっとうしい。

2015年4月14日
タイトル:ネット上で性別を曖昧にしている人間

今まで何人か、ネット上で性別を曖昧にしてる人間に出遭った。

むかしTwitterで知り合った馴れ合い厨のとまとと言う奴もそれだったが、いざスカイプで話してみると、京都特有の慇懃無礼八方美人な男でショックを受けた。

裁判の男も中性的に振る舞い、
「(^3^)Chu❤」
とかほざいて俺を弄んだ。

精神分析の男も、アニメキャラになりきって配信でコメントしてきたと思ったら、スカイプのアイコンは髪べっとりのおっさんだった。

ネットで性別を曖昧にして人を欺く奴はろくでもない。

お前がネカマに振り回されるアホなだけじゃないのかという意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。
言い過ぎた。

2015年4月16日
タイトル:4万円入った財布を落とした

俺が小6の時に遊戯王カードが流行っていて、毎日のように俺の家に友達が集まって遊んでいた。

レア抜きが流行っててアルティメットレアも20枚ほど持っていた。
結局、小6の終わりごろにはもういらねえやと思って、近所のカードの買取もやってるゲーム屋に全部売ったら、合計5万円になった。

当日か翌日に1万円使い、それからすぐに、4万円入った状態の財布を落とした。
その日は一日中泣いていた。

歩いてすぐのコンビニに行くわずかな距離で落とした可能性が高い。

考えたくないが、当時毎日のように家に来ていた友達3人に盗まれた可能性がないこともない。
今となってはわからない。

とにかく、レア抜きなんかで手に入れたあぶく銭は身に付かんということが身にしみた。
反省してます。

2015年4月16日
タイトル:バイトの面接をとりつける電話で相手を逆上させた

一人暮らし時代に、バイトをやろうと思って、いろんなところに電話してたとき、
「ちゃんとした仕事ですか?w」
という意味のわからない質問をして、
「ちゃんとしてない仕事がどこにあんねん」
とキレられた。

当たり前やな。

2015年4月16日
タイトル:このブログは『自分語り』と『悪口』のためのブログ

タイトルの通りです。

そろそろトップページの紹介文も変えようと思う。

このブログは、『自分語り』と『悪口』のためのブログなので。

2015年4月16日
タイトル:人を楽しませる気がない

つくづく思うが俺は人を楽しませることができない。

お絵描き、楽曲、一発ネタ、配信、ブログの記事など、かなりいろんなことでネットに情報を発信しているが、どれひとつとして、『人を楽しませよう』という気持ちを持って取り組んでいない。
すべて、自分の『心の隙間』を埋めるためだけにやっている。

自己満足である。

特にキチガイ絵や髭林おなもみBANDの楽曲は、イメージの世界、絵の世界でアルティーや憎い人間を残酷にエロチックにやっつけ、それを人に見られる場所に公開することで、自分が一番気持ち良いからやっている。

人生でも人間関係でも、人を楽しませようとする『サービス精神』が成功の鍵だと思うのだが、俺にはそれがない。
ただ自分の『心の隙間』を埋めるためになにかをつくっている。

結果的にそれが人になにか良い影響を与えられればそれでいいし、悪い影響を与えても、無反応でも、どれでもいい。

2015年4月19日
男心ちゃん

内容を書こうと思ったけど、あまりにも気持ちが悪すぎるので、『男心ちゃん』という単語だけ書いておきます。

2015年4月19日
タイトル:徒党を組んで人を攻撃して楽しむ連中

世の中、特にネットには、楽しむためだけに、徒党を組んで人を攻撃する連中がいる。
動機は怒りとか憎しみではなく、単に人を攻撃するのが楽しくて仕方がないから、というもの。

動物を虐待して楽しんでいる連中なども同じ。
俺の配信に現れた、荒らしの男もそれ。

こちらが真面目に、なんでそういうことをするのかと話し合おうとしてみても、相手ははなからふざけているので話も通じず、こちらはただ、そういう連中のおもちゃになるしかなくなる。

犯罪の域までいったらさすがに法律とかを頼れたりするけど、基本的には、そのラインまでいかない程度に攻撃してきたりする。

普通の人は、そういう連中に怯えて生きるしかない。

納得がいかない。

「”(不正ツールを使って人を攻撃する事が趣味の)荒らしの男”」/「髭林おなもみ」のイラスト [pixiv]

2015年5月5日
タイトル:楽しい場が一変して悲劇になる事故

尻相撲の事故や、格闘技ごっこ遊びで事故死の動画など、楽しい場でのおふざけが、ちょっとした力加減で、人生を変えてしまうほどの悲惨な事故になってしまう動画がキツすぎる。

つらい仕事中の事故やら、喧嘩での怪我ならまだしも、お互い憎しみもなく、遊んでる時に起こる事故というのは、楽しい状態からどん底まで落ちるわけだから、余計にきつい。

一見すると安全そうな枕投げや雪合戦も、ちょっとした気の緩みや不運で、失明したりする事故が起こったりしそうなので、楽しい場こそ、気を緩めてはいけない。
やりすぎてはいけない。
かっこつけすぎた。

柳田哲志アナウンサー – Google 検索

2015年5月17日
タイトル:殺される夢と人生の節目・転換期

3日くらい前、久々に『殺される夢』を見た。

港らへんの高速道路の高架下の廃工場で、両手にチェーンソー持ったデブのピエロに追いかけられて、最終的に首を正面から切られて血を噴水のように噴き出して死ぬという夢。
痛みは感じなかったけど、切られた喉からどろどろの血液がドプドプ出る感じがリアルで気持ち悪かった。

殺される夢なんて誰でも滅多に見るものではないと思う。
大体2年に1回くらいだ。

夢占いのサイトなどを見ると、殺される夢、死ぬ夢は過去の自分との決別を意味し、転換期や節目が近づいているという予兆らしい。
現に今まで殺される夢を見たときは実際にそうだったし、今回もそうだと思う。

2015年5月26日
タイトル:このボケクソ時代についていく価値はない

散々書いてるが、町中スマホいじりまくりのSNS野郎が溢れかえり、目の前の人間をほったらかしで画面の向こうの人間に夢中になっている連中ばっか。
ガキはSNSでキチガイを演じてわけのわからない快楽を得ている。

他にも、最近出てき始めたネット発の音楽やらにしても、具体的に言うと恨まれそうで怖いんで伏せるが、機械頼みで、声もオカマみたいなのばかりになっている。

お前自身が人生脱落しているから社会や時代のせいにしたいんだろ、楽しめないだけだろ、という意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。

今の時点ですでに糞みたいな時代だが、これから先、間違いなく崩壊するだろうし、もうとにかく、さっさと崩壊してほしくてたまらない。

時代についていけないというが、こんな時代にはついていく価値なんてないと思う。

流行がなんだろうが、こんな糞みたいな『ボケクソ時代』についていくくらいなら、人生行き止まりでいい。

2015年6月10日
タイトル:髭林おなもみという名義で活動することがなくなってきた

最近の記事に書いてるように、キチガイ絵も楽曲制作もTwitterでもつぶやきも、全部休止してしまって、髭林おなもみという名義での活動が、このブログの悪口&自分語り記事くらいしかなくなってきている。

別の名義で活動したり呟いたりはしているし、そこはかとなくこの名義と紐付けもしているが、あまり知らない人から見ると、この名義では『ネット引退』もしくは『ネット隠居』してるように見られてそうだ。
実際、キチガイ絵を描く気も、曲を作る気も起きないし、暴言ツイートもしたいと思わないので、この閉鎖的なブログで気持ちを書くことで満足している。
実質ネット隠居といってもいいかもしれない。

まぁ他にしたいことはあるんで、周りにどう見られようとそこまで心配しなくてもいいかなとも思う。

2015年8月28日
タイトル:右の耳の穴だけ大きい

小学生のころ、ピンセットで遊んでいて、ピンセットを”クスコ”のように右の耳の穴に入れたまま放置していたら、右の耳の穴だけ拡がってしまった。

なので右の耳のほうが耳かきがしやすく、カナル型イヤホンも入れやすいが、音楽を聴いてると、わずかに右のほうが音が大きく聴こえるというか、クリアに聴こえて、バランスが悪い。
自分の曲のミックスをしていて、音量バランスを調整したりするときにわずかに支障をきたす。

配信中は基本的にカナル型イヤホンをずっと挿してるんだが、最近マジで右耳が痛くなってきた。
対策として、左耳にはイヤホンを深く入れ、右は浅く入れたりしてみてるが、時間が経つと普通に入れてしまう。

前のAB型と左利きの記事には書き忘れたが、利き耳もたぶん左のほうが珍しいと思うので、できれば左耳の穴が大きいほうがよかった。

いっそ、今から左耳の穴もピンセットで拡げようかとも思うが、小学生のときのように体の肉(?)柔らかくないので時間がかかりそうだ。

2015年8月28日
タイトル:政治的なことを書かないのは

俺はこのブログに、散々人の悪口や世の中への憎しみを書いてきたが、政治的なことはほぼ書いたことがない。

近頃、安保法案がどうとかでゴタゴタしてるが、そもそも政治や経済に関する知識が乏しく、何か言っても説得力がない。

なにより一番の理由は、結局、この世の中がさっさと崩壊してさえくれればなんだっていいという、ルサンチマン的考えしかないということ。
そんな考えが前提にある状態で政治的なことを発信しても、人を敵に回すだけになる。

リアルにしろネットにしろ、政治について意見を言ったりしてる人らは全員、日本や世界がよくなるように、という前提があるんだろうが、俺はもうこの国も世界もさっさと滅んでほしいので、根本的におかしすぎて話にならない。

そんな感じで、俺は自分と身内が安全で、いずれは自分と身内も含めて一気にこの世の中が滅べばいいという、安確とルサンチマンの塊なので、政治のことはこれからも一切書かない。

ただ、配信では言い捲くってますが気になさらないでください。

2015年8月28日
タイトル:愛と怒りの伝道師 引退

俺はこの名義で活動を始めたころくらいから、自分に『愛と怒りの伝道師』という肩書きをつけているが、もはや愛も怒りも伝道していないので、”引退”したい。

10代のころ、Twitterで暴言を吐いたり、配信で暴れたりしていたころは、さばさばした、良い意味での”怒り”があったと思うし、色々と歪んではいたものの愛もあったと思う。
今はもはや人生行き止まりで、人間に対する愛はほとんどなくなり、世の中に対する怒りはとっくに、笑えないレベルの憎しみに変わっているので、もはや愛と怒りの伝道師でもなんでもない。

最近に至っては自己愛さえも薄れてきている。

そもそも、なんで『愛と怒りの伝道師』なんていう肩書きを軽い気持ちでつけたかは忘れたが、とりあえず他に名乗れそうな肩書きといえば、『安確いじりの提唱者』や『安確いじり撲滅委員会 心の闇を暴く会 会長』とかしかないんで、とりあえず”このままでいきます”。

2015年9月3日
タイトル:自分を拒絶してきた人間にはしっかりと理由をきく

最近、とある人ブロックされて縁が切れたが、その際、どうしてもブロックした理由が聞きたかったので、別のアカウントで理由をきき出した。

俺は今までいろんな人間に拒絶されてきたが、その際、できる限り理由をきいてきた。
単にリムーブとか自然消滅ならいいが、ブロックは明確な敵意だと思うので、毎回、
「”今後の参考”にしますので、ブロックの理由を教えてください」
としつこくきいている。

当然、ブロックしてくる際に向こうから、
「あなたのこういうところに嫌悪感を覚えるのでブロックします」
と言ってくるわけがないので、こちらからきくしかない。

そして、きいてみると大体答えは返ってくる。

辛辣なことを言われてもいいので、理由をどうしてもききたくなる。

2015年9月11日
タイトル:ネットの昔の知り合いにことごとく拒絶される

おなもみ配信やpixivでの活動は2010年からやっているので、今までたくさんの人間と知り合った。
だが、何度も書いているように、今はほとんどの連中と縁が切れている。

中でも、特にモメてはおらず、自然消滅したような連中に、リプライを送ってみたりして連絡を取ったのだが、ことごとく拒絶された。

まぁ拒絶というのは単に、フォローしてもフォローを返してこないというだけのことなんだが。

やはり、自然消滅という形になったものの、俺のこの憎しみブログなどに嫌悪感を抱き、少しずつ離れようとしていたんだろう。

とりあえず拒絶の理由を聞いていきたい。

ただ憎しみが湧き上がる。

2015年9月18日
タイトル:Intuos 4 Largeが壊れた USBポートが接続不良の故障 半田ごてでの修理は不可能

2010年上旬に、4万円で購入したIntuos 4 Largeが、一昨日壊れました。

USBを接続した状態で乱暴に扱ったり、上におぼんをのせたり、かなりめちゃくちゃな使い方をしたので、5年もったのはいいほうだと思う。

壊れたといっても、2個あるUSBがどちらともバカになっただけで、ファンクションキーも読み取り範囲もまったく問題ない。
なので、分解してUSB部分を半田付けするだけで直りそうです。

一応、Wacomのサポートにも電話したら、有償修理で、送料はすべてこちら持ち、修理費は6000~10000円とのこと。

思い切って先週発売のWacom Comicを買ったのでそちらを試して、Intuos 4 Largeは修理には出さず、気が向いたときに自分で修理します。

追記:半田付けが下手だったのか、直らなかったので捨てました。

2015年10月20日
タイトル:コンタクトレンズをつけた

俺はわずかに近視で、そこまで悪くはないんだが、6、7年前から眼鏡をかけている。

家でだけかけてたんだが、最近悪くなってきて、バイト中に支障が出る気がしてきたんで、今日眼科に行ってコンタクトをもらってきた。
初めてコンタクトつけたけど、マジで裸眼で目がよく見えるみたいですごい。

とりあえず1dayにしたけど、15日分(30枚)で2700円は結構高い。

俺は両目で視力がまったく同じだったので、左右で度を変える必要がなくてよかった。

今のところ外ではコンタクト、家では眼鏡にしようと思う。

2016年6月13日
タイトル:「なので」と「だが」を多用してしまう

近頃、ブログの記事を書いていると、自分はやたらと「なので」と「だが」の二つを多用していることに気づいた。

文章の書き方についてまともに学んだことがないので、どう改善すればいいかわからない。
別に多用してもいいのだろうか。

もともとうまい文章を書くことは諦めていて、とにかく伝わればいいと思っているが、なんとなく気になるので、「だが」は「ただ」や「しかし」に言い換えてみたりしている。
「なので」は「だから」に言い換えると口調が違ってしまうので難しい。

この記事でもすでに「なので」と「だが」をけっこう使った。

ところで、前は「ちなみに」の使い方を間違えていて、「ところで」のような意味で使ってしまっていたので注意している。
なにに因んでいるか自分でもわからないときは使わないほうがいいようだ。

とりあえず、本でも買って文章の書き方をちゃんと学んだほうがいいとは思うがめんどくさい。

2017年5月2日
タイトル:ミルク系のアイスとジュース系のアイス

アイスには大きく分けてミルク系とフルーツ系があって、俺はミルク系を食べたいときはフルーツ系が物足りなく感じて、フルーツ系を食べたいときはミルク系が鬱陶しく感じる。
どっちでもいいと言う状態が存在しない。
中間として、フルーツ牛乳アイスというのがあったのだが、コーヒー牛乳アイスと一緒になって入っていた。
コーヒー牛乳アイスはフルーツ要素がなくて鬱陶しく感じたので、フルーツ牛乳アイスだけ12本入ってるのがあったらそればっかり買うんだが。

フルーツ系と書いたが、ソーダ味やコーラ味などもあるので、ジュース系と表現するほうがいいかも。

2017年5月13日
タイトル:本心を包み隠して慇懃無礼に八方美人に振る舞って相手次第でころころと態度を変えて人を欺いて誰からも良い人だと思われてみんなに好かれて人脈を得て結果しっかりと利益を貪って多くの人間に優越できる人間

タイトル長すぎた。

2017年5月17日
タイトル:流行から数年遅れている

2011年にヒットした女々しくてという曲、流行ってた当初は頑なに聴く耳を持たなかったんだが、去年ちゃんと聴いたらすごく気に入ってカラオケでよく歌うようになった。ウッーウッーウマウマという曲も今になって好きになったし、流行から何年も遅れている。

この調子だと3~5年後くらいにPPAPとかけものフレンズにはまりそうだな。

2017年5月26日
タイトル:人格の質が悪い人間

性格が悪いのと人格の質が悪いのとは必ずしもイコールではないと考えています。

今思うのは、ラーキルアさんのような”人格の質が悪い人間”に身の上話をしたのは俺の大きな間違いだった。
事は起きてしまったので、今はもう自分自身に死ねと言い聞かせるしかない

彼のような人間は、一般的に言う”性格が悪い”というより、俺からすると”人格の質が悪い”。

『人格の質が悪い』
という言葉が重要。

2017年9月13日
タイトル:引越し一括見積もり比較サービスに電話番号を入力すると迷惑電話が鳴り止まないので注意

1ヶ月前に電話番号不要のサイトで見積もりをしたらいい感じだったのだが、2週間ほど前に誤って電話番号の入力が必要なサイトで見積もりをしたら迷惑電話が鳴り止まない。

一番最初にかけてきた引越し業者に野沢直子似の声と喋り方の女が、
「今日一日引越し業者からの電話が鳴り止まないと思いますwwふふw」
と笑いながら言ってきて本当に腹が立った。

詐欺の会社かと思ってたずねたらマイナー引越社だった。

その後、本当に数日に渡ってアート引っ越しやらアリさん引っ越しやらあらゆる引越し業者から電話が鳴り止まなかった。
今でもたまに引っ越し業者から迷惑電話がかかってくるので、0120から始まる電話番号は当分とらないようにしている。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: