街で見かけた不愉快な人間や不快な出来事に関する記事まとめ

目次

2014年8月20日 電話もしていないのに携帯電話を耳に当てている男

3年くらい前、2回目に入学した高校(定時制高校)の下校時、駅のベンチで電車を待っていたら、一つ下の学年の男子生徒が隣に座ってきて、電話もしていないのに携帯電話を耳にあて、すまし顔でじっとしていた。

その姿が妙にムカつき、しかも毎回そんなことをしているので、
「なんで電話もせえへんのに携帯電話耳に当ててんねん」
と言ってやろうかと思ったんだが、言えなかった。

たまにぼりぼりとスナック菓子を食っているときもあって、それにも無性に腹が立った。

明らかに俺のことを意識していたようだが、何を伝えたいのかは全くわからなかった。

2014年8月21日 マナーの欠片もない土方

4年くらい前の真夏、うちの家の屋根を増強するために、土方の人らを雇ってベランダで工事をしてもらっていた。

暑い中大変だろうということで、俺の両親は、冷たい飲み物を用意するどころか、俺が小5~中2くらいまで自室で使っていた小さい冷蔵庫(ワンルームマンションとかによく備え付けられてるやつ)をベランダに設置した。
おかげで土方の人らは、作業中にいつでもキンキンに冷えた飲み物を飲めるようになっていた。

だが3日くらい経って、工事が終わる頃にその冷蔵庫を見ると、取っ手の溝の部分を灰皿代わりに使ったのか、根性焼きのような痕がいくつもついていた。
中を開けると、たまごを入れる部分も灰皿みたいに痕と灰だらけで、全体的に、灰とこぼしたジュースの汁でめちゃくちゃになり、使い物にならなくなっていた。

もともといらなかった物なので別にいいが、どれだけマナーがなってないのか、人の良心がわからないのか、下品な土方どもにドン引きした夏だった。

2014年8月21日 犬の散歩をしながら歩きタバコをして犬の上に灰を落とすおっさん

むかし、犬の散歩をしていたら、目の前から犬を連れたおっさんが歩いてきた。
その人は歩きながらタバコを吸っていて、しかもそのタバコの灰は犬の体の上に落ちている。
わざと犬の体の上に落としているのではないとは思うが、あまりにも普通にそうしていたのが不思議だった。

2014年8月21日 工務店の体臭激臭のおっさん

父親の知り合いに、工務店をやっているおっさんがいる。
工事をしに何度かうちに来た事があるのだが、体臭がハンパなく臭い。
部屋全体に充満するほどの激臭。

そのおっさんは、とにかくパンツを着替えないらしい。
そして風呂も入らないらしい。

そのせいで、加齢臭と尿臭と汗臭さがブレンドされた、とんでもない匂いを発していた。

めんどくさいのも含めて、そういうこだわりの頑固者らしいが、色んな人の家に上がって作業する仕事なのに、まずいだろと思った。

おっさんが、ギターを見せてくれと言い出して、俺の部屋に入ってギターを触ってきたときは泣き叫びそうになった。
そのギターはもう処分しました。

俺が一人暮らしをする時に連帯保証人になってくれたりして、世話にはなったのだが、あの体臭を放置する傲慢さには呆れる。
聞いた話によると、今は失踪して行方不明らしい。

2014年8月23日 車を停めていた酒屋のおっさんを怒鳴りつけていたやくざのおっさん

だいぶ昔、繁華街を歩いていると、いきなり道路の向こう側から爆音の怒鳴り声が聞こえた。

見てみると、背の低いおっさんを、180cm以上の長身の、白のスーツに紫のインナーを着た、スキンヘッドでサングラスの、見るからにやくざという感じのおっさんが、物凄い大声で怒鳴りつけていた。
あまりにも声がデカすぎて、道路もまたいでそこら一帯に響き渡っていた。

背の低いおっさんは酒屋らしく、居酒屋に酒を搬入するためにトラックを停めていたようだ。
それが自分の運転する車の邪魔になったので、やくざのおっさんは怒鳴ったんだと思う。

背の低いおっさんはひたすら謝っていた。
かわいそうではあるがどうしようもない。

2014年8月27日 外(特に電車)で大きいヘッドホンをつけている奴

外(特に電車)で、やたらデカいヘッドホンをつけている奴を見ると、なんとなく気分が悪い。

いつでもどこでも高音質で音楽聴いてます感や、ガジェット極めてます感がある。

2014年8月28日 街中でハンズフリー通話をしている人

町を歩いていたら、一人で笑いながら喋っている人がいた。
病気かな、と思っていたら、どうやらハンズフリーで誰かと通話をしていたようだ。

その人のように、楽しそうに通話をするならまだいいが、ハンズフリーの状態で通話相手にブチ切れたりしていると、さすがに異様な光景に見えると思う。

2014年9月1日 スマホいじり人間が多すぎ

駅のホームや電車の中を見渡すと、スマホをいじっている人間が多すぎて驚いた。
ガラケーが普及した時も同じようなものだったのかも知れんが、異様な光景に見える。

それだけならまだしも、最近は、変な格好をしていたり、頭がハゲているというだけで、若者にスマホで盗撮され、TwitterなどのSNSに晒し上げられるという、とんでもない時代になっているようだ。
居心地が悪くてたまらない。

2014年9月1日 夜中に近所でかんしゃく玉を鳴らしているDQNを通報

ここ数年で、俺の住んでいる町の治安はだいぶ悪くなった。
交番には人が居ないことが多く、DQNが野放し状態だ。

最近も、夜中の10時に町を歩いていたら、かんしゃく玉の音が聞こえたので、即座に通報してやった。
その後、電話をかけてきた警察によると、なんとかDQNの居場所を突き止めて注意することができたらしい。

これからは町を歩いていてコンビニ前などにDQNが溜まっているだけでも、通報してやろうと思う。
誰かが通報しないと治安が良くならない。

2014年9月10日 郵便局で切手で払い続けて金を損した


出典:“郵便局の女” | 髭林おなもみ [pixiv]

オークションなどで郵便局を利用することが多いのだが、その際に、家に切手が大量に余っているので、いつも現金じゃなく切手で払っている。

これは俺がアホなのかもしれないが、例えば料金が220円で、60円切手しか持っていない時、4枚出して240円で、20円余って損をするのは仕方のないことかと思っていた。

そうやって何十回か損しながら、合計50回ほど利用した頃に、感じの悪い窓口の女が、
「60円切手3枚で180円で、足りない40円は現金で払えますけど…」
と言ってきた。

なんでそれを一番最初に言ってくれなかったのかと思って腹が立って、郵便局にクレームを入れた。
常識なのかもしれんが、俺は知らなかったのだ。

これはマジで俺がアホなんだとは思う。
でもなんで最初に言ってくれなかったのか、どうしても腹が立った。

2015年8月18日 危険運転の自転車乗りに腹が立つ

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/bicycle_1543213869.jpg
町を歩いてると、マナーの悪い自転車乗りに腹が立ち捲くる。
ここでいう自転車乗りとは、ロードバイクで車道を走っている人だけでなく、普通にママチャリで歩道を走っている人も含める。

色んな危険運転

まず、交差点や一時停止の場所で、一時停止どころか減速もせずに突っ込んで行く奴。

猛スピードで歩道を走り、人を横切るときにも、一切減速をしない奴。

そして、スマホをイジりながら走ってる奴。

腹が立ちすぎて気が狂いそうになる。

そういう奴らに共通して言えるのは、とにかく飄々としているということ。
こちらがあまりにも腹が立っているので、そういう風に見えてしまうだけかもしれないが、危険運転をしておいて、何食わぬ顔をしているのが本当に腹が立つ。

はっきり言って、さっさと事故って多額の賠償金を支払わされるか、怪我をして重度の障害でも負えばいいと思う。

人ごみに自転車で突っ込んでキレるおっさん

前に尼崎に行った時に、自分から人ごみの中に自転車で突っ込んで行って、
「通る道を空けろ」
と、ベルを鳴らし捲くったり、怒鳴ったりしているおっさんがいた。
大阪の西中島に行った時も、自転車で信号無視をしながら、何か叫んでいる人がいた。

治安が悪いところに行くと、
「ここはそういう場所なんだな」
とわからせてくれる人間に、駅から出てすぐに遭遇する。

まとめ
車に乗っているとき、隣を走るロードバイクには、腹が立つを通り越して怖いと感じた。
そういうのも含めて俺は、免許は取ったものの、よっぽどのことがない限り車に乗らないことを決めた。

まぁ俺も、6年くらい前に自転車で人にぶつかる事故を起こしてしまっているので強くは言えない。
色々と怖いので、自分が自転車に乗る時はかなり注意深く運転している。

追記:
名古屋に引っ越してからは自転車を所持さえしていない。

2014年9月26日 プラカードを持って立っているふてぶてしい男

バイトから帰るときに、駅を通ったら、マンションのショールームの場所案内をするために、プラカードを持って立っているメガネの男がいた。

興味があったのでプラカードを見ようとしたら、プラカードを持っている男が、
「なに見とんねん、うっとうしいな」
という顔でこちらを見てきた。

見られるために立ってるのにその態度はなんだと思った。
その仕事をするのが嫌ならやめたらいいのにと思う。

2014年12月18日 攻撃的な発達障害者

選挙に行ってきたのだが、投票所にいた選挙管理委員会の男が明らかに発達障害者だった。

俺が、次は何を書けばいいんですか、などと聞くと、
「ツ、ツギハ、ヒ、ヒレイノホウヲ・・・」
と、どもりながら言ってきた。
家の近くのGEOの店員にも、そういうのとまったく同じしゃべり方をする奴がいる。

アスペかADHDか知らんけど、そういう奴らにも種類があるようで、その人らは、怒ってもないのに怒ったような、機嫌が悪そうな口調で、ロボットのように喋るタイプの発達障害者だった。

俺のリアルの知り合いのアスペの男もそれだ。
意味もなく徹底的に斜に構えていて、話が通じない。
人間と話している気がしなくて怖い。

悪い人ばかりではないことはわかるんだが。

2015年1月9日 バイトテロ騒動以降ファーストフード店を利用していなくてよかった

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/fast_food_1543270487.jpg
最近、やたらと食品に異物が混入する騒動が起こっている。
ペヤングにゴキブリ混入やら、この年末年始では、マクドナルドの商品にプラスチック片やら人の歯やら混入して、ひどいことになっている。

ファーストフード店を利用しない
それらを見て、去年8月に以下の記事を書いたのを思い出した。

2014年8月23日
タイトル:ファーストフード店を利用しない

本文:
去年Twitterで、学生バイトが厨房の冷蔵庫に入ったり、客がコンビニのアイスケースの中に入ったり、回転寿司屋の醤油入れに口を付けたりして、その様子を写真に撮ってアップロードするという不祥事が、数え切れないほどあった。
バイトテロというやつだ。

俺はあれ以来ずっと、ファストフード店や回転寿司やレストランには行っていない。
衛生管理を微塵も考えてない若者が作ったものなんか、口に入れたくないと思う。

かなり前に回転寿司屋に行った時も、従業員のほとんどが若者バイトで、マスクもしていないし、バイト中に下らないことを喋り捲って、食べ物につばが入り捲くっていそうだった。

というか、ファストフード店に限らず、若者が働いていそうな飯屋は一切利用していない。
家で作って食うのが一番だ。

ファーストフード店を利用してなくてよかった
上記のように、俺は、2年前のTwitterでのバイトテロ騒動を見て憤慨して、それ以降、ファーストフード店などは一切利用していない。
コンビニも何かと気分が悪いので、極力使わないようにしてる。
おかげで、異物混入騒動などの被害をこうむる可能性が少ない。

衛生観念のえの字もないようなバカガキが作ったメシなんか、一口たりとも食いたくないし、今回のことで、企業そのものが杜撰なこともわかった。
アルティーの読みではないが、俺の、ファーストフード店を利用しないという行動が、自分の身を守ることにつながったので、なんか気分が良い。

まとめ
ところで俺はカップ麺も食わず、袋麺しか食わない主義だが、そこはまぁ、袋麺に異物が混入しないとも言い切れないのでどうとも言えない。

2015年1月14日 電車の中の生涯ボケクソスマホいじり人形

前にも書いたが、電車に乗ると一心不乱にスマホいじってる人間が多すぎて気持ち悪い。

俺は電話はガラケー、音楽はiPod Touch、読書はたまにKindleという感じでやっているが、ああいうスマホいじり人形と混同されたくないので、電車では触らず、本を読むか寝ている。

あと、駅でスマホいじりながら歩いて、ぶつかりそうになると舌打ちしてくる学生などがうざすぎる。
さっさと線路に落ちればいいんだけど。

他にも、町でハゲのおっさんを見つけたくらいで、わざわざ盗撮してネットに晒しあげる、Twitterのバカガキやらもいる。

○んでくれたらいいんだがほんと。

言い過ぎてない。

2015年2月8日 男子トイレで小便をしたくない

隣に見知らぬ男がいる状態で放尿するのが気持ち悪いと最近思い始めた。

あと、家では様式便所で座ってションベンして、トイレットペーパーで”ちんちん”を拭いているので、外の便所だとそれができなくて不愉快。

2015年2月10日 挨拶の仕方が気持ち悪い警備員や駅員や銀行の案内係


“警備員の男” | 髭林おなもみ [pixiv]

俺の知っている、銀行の案内係のおっさんとか、職場のビルの警備員とか、駅員とか全員、朝の挨拶の仕方が気持ち悪い。

なんか池沼っぽいのとか、やたら上から目線のとかばっかで、まともなのがいない。

2015年2月10日 ボケクソスマホSNSチンコロ人間

散々書いたがマジで町を歩くとどこもかしこもスマホいじり人間ばかり。
人と会ってる時さえ時間があればスマホでLINEやらTwitterやらFacebookをやっている。

電車でハゲのおっさんがいたくらいで盗撮してさらし上げるし、ちょっと変わった奴がいただけで、こんな変な奴がいた、とすぐにTwitterでつぶやきだす。
ボケクソ陰湿密告安確。

町で道をきいてきた女とかも、その場だけ愛想よくしてても、姿が見えなくなったらすぐに、スマホいじってSNSでなんかほざいているんじゃないか。

まぁ俺はスマホは持ってないしLINEもFacebookもやってないけど、この悪口ブログでこんだけ人のこと書いてるから強くは言えない。

2015年2月24日 スナック『鹿児島』の壁に衝突する車

なぜバックしてわざわざぶつけるのかわからない。
店主がすぐ出てくる。
逃げるのもおかしい。
凹んだだけかと思いきやしっかり壊れてる。

ちゃっかり通行人のじいさんがぼーっと見てるのも面白い。

追記:動画が消えてます。

2015年3月4日 町を歩くと寂しい

なんか特にこの季節、一人でも、誰かと一緒でも、町を歩いていると異常なほど寂しい。
寂しいというか虚無感がある。

都会とかならそうは感じないのだが、住宅街や田舎っぽい場所をを歩くと寂しすぎる。

2015年3月5日 人が多い場所や真面目な場面で大きな音が鳴ると笑ってしまう

なんか知らんが、人が多い場所や、まじめな場面で、でかい音が鳴ったり、自分で鳴らしてしまったりすると笑ってしまう。

ちょっと前に、職場の地下の巨大な鉄の扉を閉める時、ゆっくりと閉めるための装置(?)が壊れていたようで、とてつもない大爆音が鳴ってしまい、周りに人は少なかったものの、どうしようもなく笑いがこみ上げてしまった。

次に利用する時もまだ壊れていたが、わかっていながら、手で閉めずに、大きく開けて、走って逃げ、俺が遠くまで逃げたころにに大きな音とともに閉まって、笑いがこみ上げてしまった。

小5の頃、俺はとにかく引っ込み思案で目立ちたがらない子だったのだが、授業中に、道具箱と机でプラスチックの下敷きを両端から押さえつけて、どこまで曲がるかという遊びに夢中になり、限界まで曲げすぎて、とんでもない大爆音とともに割ってしまい、教師や生徒に一斉に注目された。

なんとか知らん振りしてやりすごした。

心の中で笑いがこみ上げてた。

2015年3月24日 街での親切

俺は、さっさと天災でも隕石直撃でも起こって、糞世の中と大衆が破滅してくれと願っている、ボケクソルサンチマンだが、街で人に親切したり、されたりすると嬉しくなる。

重い荷物を持ってる婆さんが階段の前で困ってたら、助けるし(絶叫老婆のような例外もあるが)、エレベーターを閉めるときは、外を見渡して人が来てないか確認してから閉めたり、そういうところに気を使う。
偽善でもなんでも、そういうことをすると気分がいい。

行きずりの縁だから、相手の詳しいことも知らないし、汚い部分も見えないので、いい気分のまま終われる。

2015年4月2日 糞うるさい地元の祭り

毎年、春ごろに行われる地元の祭りがうるさくて、いつも腹が立っている。
よくある神輿系の祭りだが、朝10時くらいからやたらと響く音で打楽器を叩き捲くってかなりうるさい。
耳栓してても重低音が体に響き捲くって、寝ることも出来ない。

うるさいだけならまだしも、たいてい祭りというのは、地元のボケクソDQNやらやくざ坊主がメインで暴れ捲くって楽しみ捲くって、未成年飲酒やら未成年喫煙が横行し捲くるから余計に腹が立つ。

一応、伝統ある祭りのようなので中止になるとかはないだろうが、はっきり言ってさっさと死人でも出てなくなってほしい。
この祭りのために、地域で金を出し合ったりしてるようだが、その額が少なくなれば、もしかしたらなくなったりもするかなと思うんだが。

金髪DQNやら刺青やくざが、朝から叫びながら打楽器叩き捲くって町中練り歩くとか尋常じゃない。

糞。

2015年4月6日 大音量のくしゃみをする奴

町や職場で、とんでもない大音量でくしゃみをするおっさんがいる。
マジで人の声とさえ思えないほどの爆音。
思いっきり誰かを怒鳴りつけるような声にも聞こえて、心臓に悪い。

人のことを考えずああいうくしゃみを平気でする奴はキチガイ。
そういう人間と実際にしゃべってみてもまずまともな人間ではないかと。

アルティーの親父もそうらしい。

2015年7月15日 インターホンを連打する攻撃的な佐川急便配達員にクレーム

近頃俺の家に来る佐川急便配達員は、ちょっとでも出るのが遅れるとインターホンを連打してきて、物を渡すときも無愛想で気分が悪いので、営業所にクレームを入れた。
今度からは別の人に変えてくれるようだ。

せっかく欲しい商品が届くというのに、あんなボケクソ配達員に配達されると、うれしい気分も吹き飛んでしまう。

2016年3月18日 トラックの前で客の悪口を言っている配達員

数ヶ月前、犬の散歩をしていたら、トラックの前で、上司と部下と思しき配達員(運転手)二人が、これから届けに行くであろう客の悪口を言っていた。

「あそこのババア、何回インターホン押しても出えへんけど、確実におるからいくらでも連打したれ」
などと言っているのが丸聞こえだった。

どこの運送会社かは忘れたが、自分のことも言われてるんじゃないかと思って気分が悪い。

現に俺もむかし、佐川急便の配達員にしつこいくらいのインターホン連打を食らったので、トラックの前でそういう指示をしている連中を見つけた時は、電話でクレームを入れてやればよかったのだろうか。

ところで最近、母親が
「いつも家に配達に来るヤマト運輸の台車を押している配達員の子、あんたと同い年なのに、あんたと違って物凄く素直で純朴そうで、瞳が綺麗でびっくりするよ」
と言ってきたワロタ

2016年6月7日 態度や対応が悪い、気に食わない店員がいる店では何も買いたくない

態度や対応が悪い、気に食わない店員がいる店では何も買いたくない
去年釣りを始めたので、近所の釣具屋で買い物をすることがあるのだが、店員の態度がとても悪い。 何を聞いてもつっけんどんで、めんどくさそうにし...

2016年10月6日 電車から降りようとしたら老婆が進路を塞いでいたので怒鳴ろうと思った

数年前、バイトから電車で帰り、目的の駅に着いたので降りようと思ったら、降りる人が優先なのに、老婆が扉の前で突っ立っていて進めなかった。

その時俺は苛立っていたし、老婆もどこかふてぶてしい態度に見えたので、
「どけクソババア!!!!」
と怒鳴ろうと思った。

だが、結局俺は、
「自分より明らかに弱い老婆にしか怒鳴ることができないのか」
「もしこの進路を塞いでいる人間がヤクザだったら俺は絶対怒鳴ることができないじゃないか」
と思って、怒鳴らないで通り過ぎた。
(俺の住んでいる県はヤクザがかなり多い。)

「俺は人を選んで怒鳴ろうとしている」
と思って情けなくなった。

老婆に特別な恨みがあるかどうか

その出来事をある人に言ったら、
「老婆という人種に特別な恨みがあるなら怒鳴ってもいいと思います」
と言われて、なるほどなと思った。

自分より強い弱いではなく、
「老婆という人種すべてが根本的に許せない」
となると、怒鳴る自分に納得できるし、人に
「弱い奴にしか怒鳴れないのか」
と言われても説明できる。

そう考えてみると、やはり俺は老婆という人種に特別な恨みもないし、ただ自分より明らかに弱いという理由だけで怒鳴ろうとしたので、怒鳴らなくて正解だったと思う。

老婆を助けなかったら絶叫された

ちなみに、以下のような傲慢な老人は助ける必要はないと思っている。

2014年8月20日
タイトル:老婆を助けなかったら絶叫された

本文:
4年くらい前、今は潰れてしまったが、近所の雑居ビルの2階に、よく通っていた小汚いカラオケ屋があった。
そのカラオケに行き、歌い終わって帰る時、階段の下から、結構な荷物を持った老婆が来た。

急いでいるし絡まれたらまずいなと思い、無視して素早く駆け抜けたら、後ろの方から
「ファアアッッッ!!!」
と絶叫された。

顔を見た時点で、これはめんどくさい老人だろうなと思ったし、事実、助けてもらうのが当然だと思って、助けてくれなかったら怒鳴るような、傲慢な老人だった。
無視するという俺の判断は正解だったと思う。

老人が嫌い
まぁなんにしても老婆は嫌いだ。
というか老人は嫌いだ。

いや、人格の質が悪いは嫌いだ。
老人には人格の質が悪いのが多いので、老人はだいたい嫌いということになる。

特に、
「若者は老人を助けて当たり前」
と考えている老人は人格の質が悪いので無視する。

そうでないような人だと直感でわかったら、俺は老人だろうが若者だろうが助ける。

ただ、誰が相手でも街で一方的に怒鳴るのはやめよう。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: