即興ハモりができない つられる 3度上のハモリは簡単 下ハモリや複雑なハモリが難しい

14歳くらいからギターや弾き語りをやってるのに、未だに即興ハモりが完璧にできない。

最近、音楽を聴いてるときに鼻歌で何度も練習するようにしている
ちょっとはできるようになってきたのだが、それでも、つられてしまい、音程が崩壊しだすことが多い。

下のハモリが難しい

上のハモりなら勢いでなんとかなったりするが、下のハモりはそうもいかないことが多い。
ロングトーンなどは大体うまくいく。

上でハモる時は大体3度でいけるんだが、下でハモる時は、上の3度の1オクターブ下か、上の5度の1オクターブ下かよくわからないままハモってしまう。

そもそも5度のハモリってなんか違和感がある気もするんだがよくわからん。

複雑なハモリは即興では無理

最近、夏の終りのハーモニーや待つわや青いベンチなど、ハモリの代表曲を練習し捲くってるうちに、だいぶ即興でもできるようになってきた。
何度もハモリパートを練習した曲でも、つられてしまうことがある。

せめて自分が何度も聞いた曲なら、即興でハモれる技術が欲しい。

わかったのは、大体即興でできるハモリは上3度の単純なもの。
ビートルズのDrive My Carなど複雑すぎるハモリは即興は無理だ。

そうでなくとも、3度、ユニゾン、1つの音が連続するハモなどが複合してるような、練ったハモリパートは即興ではできない。
、ちゃんと原曲を聞き込んで、ハモリパート単体で練習しないとまだ無理。

まとめ

とりあえず、作業中に適当に曲流してハモリパートを鼻歌で探りながら歌ってればだいぶ練習になる。
探り方は、伴奏に合わせてハモリパートのメロディーが頭に浮かぶんではなく、主旋律の頭の音をまず歌ってみて、3度ならこのくらい高め、と喉の感じでハモリパートの頭の音を探り、ポジションに乗れば自動的に歌えるという方法なので、あまりよくないような。

最終的には、ハモリパートを自由に頭の中で流せるくらいになるのが理想だ。


はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。

地声/裏声/各アンザッツの概要と発動する内喉頭筋群/外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名 働きや役割について
地声と裏声の定義や、各アンザッツの定義と、発動する喉の筋肉名を表記しました。 筋肉名は内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、...
発声訓練を実践する際の基本的な考え方
この記事では、俺自身が独学で発声訓練を実践するにあたって基本スタイルや、考え方などの注意事項を記します。 声の可能性 ・すべ...
発声訓練時に用いる言葉(用語)や表現について 感覚の共有 定義やイメージの食い違い 等に注意
このブログで用いている言葉一覧 発声訓練 ※ボイストレーニングと同じ意味。 歌唱訓練 ※ボーカルトレーニングと同じ意味。 ...
髭林おなもみの音域(単純発声/歌唱)と好きな歌声 中性的~女性的な美声が好きな理由
音域 歌唱開始日:2007年 発声訓練開始日(独学):2018年1月 単純発声 地声最低音 F2→E2(2019年6月) ...

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に発声訓練に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

error: