懐かしい音楽とノスタルジックな感覚

ここ最近、人生行き止まりで、音楽を聴いてもそこまで心に響かない。
思春期終わり、人生行き止まり感に苛まれ、毎日が思い出に残らない日々になってしまっている。

そして、10代の時に聴いていた懐かしい音楽を聴くと、小6の時や中学の時、一人暮らし時代などを思い出してノスタルジックな感覚に包まれる。
ふと懐かしい匂いがしたり、懐かしいゲーム、アニメ、映画などを思い出しても、ノスタルジックになり、胸が痛くなる。

これは誰にでもあるだろうし、俺も昔からこんな思いばかりしてきたけど、最近、今まで気づかなかったことに気づいた。

生活を音楽で脚色してただけ?

結局、過去が輝かしく見えるのは、生活を音楽というエンターテイメントで過度に脚色していただけで、思い出の中の音楽を消して、無音の状態にしてみれば、今の人生行き止まりな暮らしと、そこまで変わらないような気がした。

そうすると、懐かしくて胸が痛いような感じがなくなる。

だからもともと音楽を一切聴かないという人は、あんまり懐かしいという感情がないんじゃないだろうか。

同じように、ゲーム、アニメ、映画などの娯楽もすべて人が作ったものなので、それによって生活が彩られても、本質的には何も変わってないんじゃないかと。

匂いや味など自然のものに関してはまた違うとは思います。
何が言いたいのかよくわからなくなりましたが、とにかく、懐かしいという感情が怖くなってきてるから、今回のようなことに気づいたのかと。

思い出に残らない日々

10代のころを思い返すと、去年はあのバンドを知って、聴き捲くってたな、とか、あのバイトをやってたときは通勤の時にあのバンドを聴き捲くってたな、とか、日々の中に音楽が溶け込んでいるような感覚があったんだが、今はそれがあまりなくなってしまった。

現に今は、去年のいつごろはこういう音楽を聴いていた、というのが思い出せない。
変化に乏しい日々を起こってるとそうなるんじゃないだろうか。

あと音楽プレイヤーに同じ曲がずっと入っているせいで、外で聴く音楽はいつも同じになってるのも原因かもしれない。

良い曲を探し続ける

近頃はまったく、新しい音楽を聴いてなかった。
せめて好きなミュージシャンのまだ聴いてない曲や新譜くらいは聴かないと、と思って、一気に10枚くらいCD(アルバム)を買った。

普通に良い曲もあり、歌詞やコードまで覚えるくらいに気に入る曲もあったんだが、感じる力が乏しくなってきているのか、単にそのミュージシャンの方向性が、俺の好みと合わなくなってきたのか、微妙だと感じる曲が多かった。

しかし、いくらハズレが多かろうが、いくら感受性が乏しくなろうが、好きなミュージシャンの新譜は聴くべきだ。
微妙だと感じてもなんか安心感がある。
良い曲だったら当然最高。
これからは好きなミュージシャンの新譜は、必ず予約注文してすぐに聴こうかと。

そもそも好きなミュージシャンに限らず、まだ知らない、好きになれそうな曲を探すべきだ。
そういう曲に出会えた感動と、人生に与える影響は大きい。

まとめ

結局は生活を音楽という娯楽で彩り、記憶を脚色しているだけだとしても、音楽がない人生なんて考えられない。
懐かしくて胸が痛くなる感覚は、つらいが、かけがえのないものだ。

関連記事

死ぬ時に流したい名曲集
以下の曲は、俺が今まで聞いてきた音楽の中で特に、人生、時間、宇宙など大きな概念を包含していると感じた曲です。 今まで、邦楽ロックをメインに...
長く活動しているバンドの新譜からポップさキャッチーさが無くなっていく傾向
ある程度のバンドにそういう傾向があるんじゃないかと思う。 少なくとも、 新譜を出すたびにキャッチーになっていく という傾向よりはあ...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: