ブログ記事を構成(骨組み)から書く方法 俺は全体→細部が苦手

前の記事
ブログ記事における勢いのある文章と読みやすい文章

前の記事で、ブログ記事の文章の勢いと読みやすさについて書いた。

この記事では、ブログ記事を構成(骨組み)から書く方法を書いていく。
行き当たりばったり(細部→全体)ではなく、全体→細部に詰めていく方法。

全体→細部

最近は、とにかく全体→細部を意識してブログの記事を書いている。

前の記事に紹介したpixivキャプションや、今までのブログの記事というのは、とにかく行き当たりばったりで書いていた。
頭の中に浮かんだ大体の書きたいことを、冒頭から順に好きなように書いていた。

それはそれで勢いがあっていいのだが、見出しごとに区切るのが難しくなるし、書き忘れも多くなる。

絵で例えれば、あたりをつけず、目から書いていくような感じだ。
中期までのキチガイ絵にしてもそうだが、本来俺は全体→細部よりも細部→全体が得意だった。
骨組みを作って、整合性を意識して細部を詰めていくというのは苦手だった。

なので最近の書き方は、慣れなくて少しストレスが溜まる。

全体→細部の具体的な書き方の流れ

具体的にどういう流れで、全体→細部で記事を書いていくか。
まず、記事の大きなテーマを決め、それに関して湧いてくることを、手当たり次第に洗い出して箇条書きにしていく。

次に、その箇条書きにした概念の、重要なものを見出し化して階層化する。

そして最後に伝えたい順番に並び替えていく。

もちろんその作業をしながら書きたいものが更に湧いてきたときは、逐一追加して整理していく。

そうやって骨組みができたら、出来る限り記事の真ん中辺りから書いていき、最後に冒頭やあとがき(まとめ、さいごに)を書く、という感じ。
記事の真ん中辺りから書くというのはなかなか実践できず、どうしても冒頭から書いてしまう。

全体→細部のほうが確実で汎用性がある

そうすることで、書き忘れが減るようだ。
だが、書きたいという強い気持ちに任せて行き当たりばったりで書く気持ちを抑え、冷静に骨組みを作っていかないといけないのは、なかなか性分に合わなくて疲れる。

骨組みの段階ではどうしても書きたいことが浮かばず、書いているうちに浮かぶ、ということも多い。
なので、このやり方は、気質的に慣れないとなかなか難しい感じもする。

だが続けているうちに、汎用性が高く確実なやり方だとわかったので、なんとかして慣れていこうと思う。

書き尽くせない

全体→細部の書き方をしていても、書き忘れがあるときはある。

ブログに限らず、作家など文章を書く人はみんな思っているそうなのだが、やはり、どんな書き方をしても、まだまだ書き尽くせないと思ってしまうらしい。

俺も記事を書いた直後にどれだけ書き尽くした感があっても、あとで、
「あれも書いておけばよかった」
となる事が多い。

ブログなのでいくらでも編集や追記できるが、追記できないような、加筆しなければいけないような内容だった場合は、整合性が崩れるので面倒だ。

それでも、印刷する文章と違って編集が容易いのは楽だ。
あまりリライトする癖がつくと、修正の効かない、印刷する媒体に文章が書けなくなる気がするので注意したい。

書き方や勢いも適材適所

全体→細部の書き方もいいのだが、どうしても勢いに任せて書きたい時は、やはり行き当たりばったりで書くこともある。

どうしてもTwitterで勢いに任せてつぶやきたい時は呟けばいいし、pixivキャプションの場合も同様。
Twitterに呟いたことをそのまま記事にしたい場合は、ツイートまとめ記事にすればいい。

媒体は複数あるので、その時の気分や、伝えたい事柄に応じて、適材適所に書き方や文体をコントロールしていっていいと思う。
あくまで趣味なので、好きなように文章を書いていきたいものだ。

まとめ

色々書いたが、結局この記事もほとんど行き当たりばったりで書いた気がする。
もっと骨組みを詰める人は、上記の全体→細部の書き方の流れに、さらに見出しごとに箇条書きなどをしていくんだろう。

俺にはそれはまだ難しいので、書きたいことを箇条書き→それを見ながら、冒頭から行き当たりばったりで書く、ということがどうしても多くなっている。