pixivに『落書きまとめ』という形式で絵を投稿するのは損ではないか

ここ最近ブログ書き捲くってて気づいたが、描いた絵に関しても、タイトルとかタグとかつけ捲くって出来る限り人が見るように集客しないと損じゃないか。

そう考えるとpixivでよく見かける落書きまとめなんていう形式とタイトルは損だなと思い始めた。

見やすさ、見つけやすさ

例えばpixivに10枚くらい白黒やらグレスケの色んな落書きをうpしても、つけられるタグの数は限られている。
めんどうだが、一枚一枚別途に投稿したほうがタグも設定しやすいし、サムネイルでわかりやすい。

それに、落書きまとめだと、2枚目以降はクリックしないと見れない。

絵描きって右脳派というか直感的な人多いから、描くだけ描いて、築地個別投稿するのは面倒なんだろうな。

すごい良い情報とか良い絵とか発信してるのに、管理する能力がなくて人が見つけにくいようになってたりしている人がけっこういる。
タイトルが無題でタグも1~2個しかついてないとか。
この作品探したいっていうときにどこに何が投稿されてるかわかりにくかったりする。

まぁ絵においては本当にうまければバズったり口コミで勝手に人は集まるとは思う。
それを含めても、やはり見つけやすい、見やすい状態にしておくのは大事だ。

落書きの定義は?

そもそも絵における『落書き』の定義も人によって千差万別でわけがわからん。
絵描きはいちいちそんなこと語らんわけだが俺は気になる。

ミュージシャンが自分の作った歌の歌詞の意味をわざわざ解説しないのも、歌手が自分の発声法について言及しないのも、無粋だからだろう。
絵描きも自分の絵の描き方や、落書きと清書の基準とか、投稿やまとめ方に言及することってない。

まとめ

このスピード時代、集客とファインダビリティは必須だと思う。
見やすくするための管理は、自分自身でやっても誰かにやってもらってもいいけど、いずれにせよやるにこしたことはない。

上手い下手おいといてほとんどの絵描きは、
「気が向いたから落書きして投稿しました」
「溜まったからまとめました」
程度の意識なんだろうが、ブログを書いている俺からしたら、集客とファインダビリティを重視したい。

俺も昔は落書きまとめ形式で投稿してましたが、今後は1枚ずつ投稿していきます。

次の記事

髭林ダイナマイトファクトリー計画 絵における集客とファインダビリティ
前の記事↓ 最近、ブログを書き捲くり記事数も1,000件を超えたことでブログでの集客と絵における集客のアイデアが繋がった。 ...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする