DIYでこたつの中に入ってたストーブ(ヒーター、あんか?)を改造

中学の時にニトリで買ったこたつを、昔は麻雀卓に使ったり、中で寝たりして使っていた。
(そのせいで自律神経がイカれた。)

やすかったが、作りが少しクソで、木ネジのようなものが外れてぐらつくようになったので、去年の断捨離の時に捨てた。

中のストーブだけは取り外せば使えそうだったので、去年の冬から普通に使っていた。
しかしそのままだと自立せず、位置が低くて体が寒い。

そこで、高さをあげるためだけに、防音室を作る時に余った板を使って改造した。
消費電力は400W。

加熱部分がむきだしになっているので、間違って触れるとやけどする。
こんなこたつ用のものを使うより、Amazonでちゃんとしたストーブを買ったほうがいいのかもしれないが、出費を抑えたいので買いません。

ファンヒーターでも消費電力400Wのものは多いので、電気代的には特別安くはない。

ただこのヒーターはつまみで細かく温度を変えられるので、ファンヒーターよりも電気代を安くしやすいと思う。
試しにヒーターをワットチェッカーで図ったら、消費ワット数はかなり低かった。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: