一人暮らしや引っ越しに関するまとめ 兵庫県神戸市→愛知県名古屋市 ゆうパックと佐川急便の料金 等

2014年11月7日 17歳の頃の一人暮らし時代の思い出

17歳くらいの時に、色々あって、ワンルームマンションで一人暮らしを始めた。
とにかく徹底的に節約するんだと意気込んで、粉モノや、適当な具材を入れた焼きそばを毎日食べていた。

中でも、もやしのソース焼きそばは安くて結構うまかったので、頻繁に作っていた。
ある日、食べ切れなかったので、スーパーの袋に捨て、真夏日なのにクーラーもつけない部屋に放置した。
クーラーをつけないのも節約の一環だった。

3日後、そろそろ何とかするかと思って袋をのぞいたら、鼻の粘膜が裂けるほどの強烈な刺激臭がした。
酢か何かを塗りつけた鉛筆を鼻に突っ込まれるような感じ。

他にも、同じく真夏日に、閉め切ったユニットバスにザーメン入りオナホを3日間放置してしまったこともある。
もやし焼きそばには及ばないが、とんでもない”爆臭”がした。

あとで考えると、クーラーをつけても、電気代は6,000円いくかいかないかのところだったと思う。
なのに、意味もなく我慢大会をやってる感じだった。

今となっては懐かしいし、また一人暮らしがしたい。
でも、週3日の労働じゃ家賃も払えない。
どうしたもんか。

2017年8月26日 はじめて愛知県名古屋市に行ってきた 感想や写真

17歳以来7年ぶりに一人暮らしをする予定なので、高速バスではじめて愛知県名古屋市に行ってきました。


自分は神戸生まれ神戸育ちだが、やはり名古屋は三大都市だけあって神戸よりも賑わっていた。
特に名古屋駅周辺の人の多さはすごかった。
新幹線があり、高速バスの停留所もそこなので、中心という感じ。


ナナちゃん人形にワロタ。


栄という場所にも行ってみたが、地下以外あまり賑わってない感じで、肝心の地下も服屋と飯屋ばっかりで面白い店が少なかった。
梅田地下のほうが個人的には好き。
梅田地下には昭和のAVショップみたいなのもあって面白かった。

名古屋駅で名古屋名物のおみやげを買おうと思ったがどこも混んでいた。


ランチは豚の軟骨を煮込んだやつ?を食べたのだがとんでもなくうまかった。

しかしそもそも自分は味噌が好きじゃないし(味噌カツがかなり嫌い)、きしめんも対して好きじゃないので、名古屋のメシはあまり興味が無いかもしれない。

ういろうは大好きなので、結局バナナういろうを買って帰った。

神戸から名古屋までは高速バスで往復5,400円で3時間ほどなのだが、高速道路なので景色もよく見えないし3時間はなかなかきつかった。
音楽聴いたり寝たりしていた。


PA(伊賀?)は楽しかった。

重い荷物を持っての街ブラも体力消耗した。
やはり観光に行くなら金を惜しまず新幹線で快適に移動し、荷物もホテルなどに置いて身軽に街ブラしたほうがいい。

今回は一人暮らしの物件探しに行ったわけではないので別にかまわないが。

今回の名古屋遠征で、一人暮らしする良い物件も見つかったので満足です。

2017年9月2日 17歳の頃から7年ぶりに一人暮らしをする 愛知県名古屋市に引っ越し

近々愛知県名古屋市に引っ越します。
前回は名古屋に下見と物件探しに行ってきた。

17歳のときに1年間一人暮らしして18歳で実家に戻って6年。
やっとまた一人暮らしできる。

嫌な思い出だらけの兵庫県神戸市から出たかった

俺は生まれも育ちも兵庫県神戸市なのだが、とりあえずこの兵庫県という最悪の県から出たかった。
本当に兵庫県神戸市はろくでもない思い出だらけ。

兵庫県からある程度距離の離れた都道府県ならどこでもよかった。
色々と考えた結果愛知県になった。

アルティーとか某セックスレスの人関係なしに、九州沖縄はなんとなく嫌いで、旅行でさえ行きたくないので除外。
四国もなんとなく好きじゃないので除外。
岡山鳥取山口など兵庫県より西も除外。
石川とか新潟とか寒すぎるのも除外。
北海道や東北などは遠すぎるので除外。
東京は怖いので除外。

東海で絞った結果愛知県になった。
埼玉とかでもよかったんだが遠かった。

いい物件が見つかったのはよかったんだが、現地見に行ってみたらまじで孤独だなとおもった。
広告収入のためのブログ作業するのはいいけど孤独紛らわさんと。
一人暮らし始めたらあまりの寂しさで今の5倍くらい呟き増えそうだ。

それに、せっかく人生うまく行き始めたのに愛知県に引っ越したせいで南海トラフ巨大地震で死んだら嫌だな。
その前に北朝鮮ミサイルで死ぬかもしれんが。

1回目の一人暮らしの思い出

1回目の一人暮らしは17歳の時。
あの時は、俺がバイトをやめたこともあって丸1年で終わってしまった。

17歳の頃、実家の自室で寝てるときに、マンションから落ちて死ぬ夢を見た。
その1ヵ月後に一人暮らしをすることになった。

一人暮らしのマンションで昼寝してる時、ドア開けたら覆面の男にナイフで目を刺されて死ぬ夢見た。
その後1ヵ月後に実家に帰ることになった。

死ぬ夢を見たあとは何かが起こる。

当時は夕方から学校に行きながらやっていたのも俺にはきつかった。

一回目の一人暮らしのときの失敗エピソードは多い。

夏場にクーラー節約しようとして室温42度の中全裸で過ごしたりとか、する必要のない苦労が多かった。
ワンルームマンション4階、東窓だったんだが、真夏日に、モニタ4台つけてクーラーつけずにいたら部屋の温度43度いって熱くて寝てたら脱水症状で死に掛けた。

ユニットバスだったので風呂桶に溜めた垢水でウンコ流してた。

よく昼寝をしていたんだがそのときに一週間に3~4回金縛りにあったこととかもある。

インターネットの件でj:COMとも揉めたし、まじであの件に関しては未だに腹が立つので訴訟起こしたい。

引っ越しの歳は母親に車運転してもらって自分で荷物運んだ。
洗濯機の搬入も自分でしたんだが階段でめっちゃ消耗したし失敗だらけ。

17歳のときの1回目の一人暮らしでの反省点を踏まえて、今度こそうまくやりたい。

17歳の時、夜の10時に一人暮らしのマンションに帰る道でいつもエレカシの悪魔のささやきというアルバムをきいていたのを思い出す。
17歳のころ人生が楽しかったから、あの頃と同じようにTwitterで暴言吐き捲くったり一人暮らししてみたらまたあの感じが蘇るかなと思ってるフシもあるが、たぶんそれはないんだろう。

でも、今回また一人暮らしをできるのは本当にうれしい。
17歳の頃の、思春期のエネルギーは蘇らないとしても、あの時にはできなかった事を全力でやっていこうと思う。

おまけ 県外に引っ越す際の物件探しや手続きの順序や段取りがよくわからんかった俺

県外に引っ越す時物件探すのってどうやったらいいんだ。
県内でしかも近所になら引っ越したことあるが、そういうのは普通に近所の不動産屋頼れるし、物件見に行くのもすぐ。
県外となると段取りも何もわからん

引っ越す県の治安が悪いところがどことか、ネットで調べてもわかるけど現地の雰囲気とかわからんしやっぱ何回も行くしかないんだろうか。
あとは現地の知り合いの情報とかか。

県外への引っ越し何度かしたことある人にどうやったかきくか。
現地に知り合い居て物件探すの手伝ってくれたら神なんだが。

県外引っ越しだと市役所に転出届ださないといけないとかめんどくさすぎる。
仕事とか引越し業者の段取りもあるしどれからやればいいんだよ。

引っ越し繰り返してる人とかそこらへんルーチン化してそうだが。

引っ越したら南海トラフもやばいから、もうちょっと考えたほうがいいかも。

2017年9月8日 引っ越しに伴って不用品を処分したり譲ったりしました

これで長年捨てようか迷ってとりあえず置いておいたものなど処分できた。

絵画とウクレレは譲りました。

釣り道具は20,000円分くらいだが、すべてゴミ箱に捨てたり中古屋に売却。
全部売って750円でした。




プリンターや防音室に使った板など、その他ガラクタもすべて捨てた。

引っ越したら弾けないけどエレキとアコギも梱包して持っていかないといけなくてめんどくさい。
今2本あって梱包終わったけど、去年の暮れに4本くらい売却しといてよかった。

あとはKindle Paperwhiteを処分すればここ数日やってきた不用品処分作業がやっと終わることになる。

2017年10月3日 ゆうパックと佐川急便での引っ越し 宅急便と飛脚ラージ便の料金(送料)

最近引っ越しをしたのだが、引越し業者は利用せず、日本郵便のゆうパックと、佐川急便の飛脚ラージ便を利用した。
俺は所持品が多い方ではないので、引越し業者に何万も払うのはもったいないと感じたので。

一応、引越し見積もりサイトも利用したのだが、迷惑電話がなりやまなくなったので、利用する気が失せた。

結果から言うと、ゆうパックと佐川急便での引っ越しは成功でした。

ゆうパック ダンボール5つで8,190円

150~170サイズのダンボールを5個送って合計8,190円(税込)。
家具は机と椅子とムアツ布団しかなく、タンスや棚は持っていないので、すべてダンボールに詰め込むことができた。

午前に集荷に来てもらい、翌日(引っ越し当日)の14~16時の間に届き、スムーズに生活の準備が出来た。

俺の部屋はマンションの3階ですが、日本郵便のおじさん二人が俺の部屋まで5つのダンボールをあげてくれて本当に助かった。
業務なのでやるのが当たり前かもしれないが、引越し業者並みの重労働なので、大変だなと思う。

ゆうパックで送った5つのダンボールの中身は、本、調理器具、パソコン、モニター、掛け布団、カーテン、服、など。
所持品が少ないので5つで済んだ。

ムアツ布団とパイプ椅子は佐川急便の飛脚ラージ便で3,210円


俺は長い間、西川ムアツ布団という分厚いマットレスを使っていて、それは畳んでも170cmを超えるので、ゆうパックでは送れない。

なので、佐川急便の飛脚ラージ便という、200cm超えのものでも送れる宅急便を利用した。
パイプ椅子も梱包が面倒だったので、ムアツ布団に挟み込み、一緒に送った。

ムアツ布団の梱包は、アルミマットをガムテープで固定して行った。

料金は3,210円と高めだったが、引越し業者に比べると格安だし、新しく現地でムアツ布団を買うともっと高くつくので、これでよかったと思y

今回の引っ越しは、ゆうパックと佐川急便を合わせて合計11,400円。

飛脚ラージ便に関しては、日本郵便と違って届くのが遅かったが、なんとか当日には届いた。
当日中に届かないと床で寝る羽目になっていた。

机は現地で買いました


机は、幅170cm奥行き70cmの巨大なものを使っていた。
購入した当初はモニターも多かったし幅140cmの意味はあったが、最近はどう考えても無駄に広すぎると感じる。

それを飛脚ラージ便で送ると8,000円は超える計算になるので、思い切って処分した。
1万7千円くらいしたが、3年半使ったのでまあいいかと。

さすがに高いので、ニトリで小さな折りたたみデスクを買い、現地に送った。

新しく買ったデスクは、ニトリのフレッタという折りたたみ式のデスク。
幅70cm奥行き51cmだが問題ないと思う。
折りたたみできるというのもすっきりしてていい。
折りたたんでも三辺の合計が170cmに満たないので、引っ越し時にはゆうパックで運べる。

当日の手荷物には注意

しかし一つ大失敗があった。
引っ越し当日、高速バスで移動したのだが、手荷物が多すぎた。

貴重品が入ったリュックサック、当日まで使うヘアアイロンやドライヤー、当日に出た洗濯物、微妙にダンボールに入らなかった荷物、アコギなどがあり、けっこうな量になった。
ボストンバッグに全部入れたのだが、かなり重たく、それを手で運んだせいで引っ越し早々筋肉痛になり、熱まで出る始末。

ゆうパック引っ越しに限らず、当日の手荷物は少ないに越したことはない。

さすがにお金をケチりすぎてはいけないと思った。
体調を崩してしまっては何の意味もない。
引っ越しとはいえ移動は基本的に身軽に行うべきだと実感した。

上にも書いたが、俺の今回の引っ越し料金は、ゆうパック8,190円と佐川急便3,210円の合計11,400円でした。

結論としては、ゆうパックと佐川急便での引っ越しはかなりおすすめ。
俺の場合はちょっとケチりすぎて失敗もあったものの、ちゃんと荷物も取りに来てくれたし、玄関先や家の中で配達してくれた。

所持品が少ない人は、ゆうパックと佐川急便で引っ越しをしましょう。

2017年10月5日 疲労や筋肉痛が原因で発熱と倦怠感 新型栄養失調も 引っ越しの際は体調管理に気をつけよう

引越し当日、手荷物があまりにも多く、重い荷物を持って結構な距離を歩き続けることになった。

そのせいで極度の疲労筋肉痛になり、新居ですぐに発熱倦怠感に見舞われた。

引っ越し前後は、3日で合計10時間くらいしか寝ていない状態だった。
その状態で重い荷物運んだり引っ越し作業をして、体酷使したあと、殆ど寝てない状態で酒まで飲んで深夜に寝た。

翌日9時にガスの人に起こされて作業をしていたら、昼ごはんを食べたあとで、
「体が動かない」
という状態になった。

その日は寝て、翌日目覚めると、数日分の筋肉痛が肩メインで全身にきた。
筋肉痛か、と思う程度のものだったのだが、正午には、倦怠感、吐き気、悪寒がはじまった。

嘔吐しそうになって、これはやばいと思い、歯を磨いて寝たらだいぶよくなった。
3日分の疲れが遅れて全部きたという感じ。

全身筋肉痛と悪寒と吐き気と節々の痛みで、風邪かインフルかと思いましたが、風邪の症状はないので違うようだ。
全身が熱を持ってる感じだったが、熱はなかったはず。
身体の疲労だけでここまでひどい状態になるとは思わなかった。

おそらく、引っ越しや新しい土地に興奮して、交感神経優位になっていたのだと思う。
交感神経優位で、ドーパミンが出てる間は、体の疲労や痛みに気づかないらしい。
体を酷使した夜ほど眠れないというのは、前にもあった。

興奮するのは仕方がないが、自分の気持ちをコントロールしないといけない。
一気に重労働をして追い込んで、あとで体を壊したら意味がない。

栄養失調も併発しかけた

さらに、引っ越してきて数日、冷蔵庫がなかったせいで、肉や豆腐や野菜が食べれず、栄養失調にもなりかけていた。
雨が続いていて、傘もなく、買い物にもいけなかった。

タンパク質が欠乏する、新型栄養失調だった可能性がある。
炭水化物とかは何も考えなくても、ご飯麺類パンお菓子などで摂取できる。
だが、タンパク質は肉とか大豆製品を意識して食べないといけないので、知らず知らずのうちになってしまうようだ。

栄養不足のせいで上述の各症状の治りも遅くなり、足がフラフラして危険だった。

重労働と睡眠不足、栄養不足が同時に来て、下手をすると命を落としていたかもしれない。
やはり一人暮らしでは健康に十分気をつけるべきだ。

今回はまだましだったものの、ひどい風邪やインフル、食中毒だと一歩も動けずに救急車を呼ぶことになりそうだ。
今回のことで体調管理の重要さがわかったので、力仕事のしすぎや、自炊の調理法や栄養管理などに注意して暮らしていきたい。

しかも体調不良はまだ続いた。

マンションの水道水を飲んで水あたり→水下痢

その後、それらの症状が治りかけた頃に、今度は腹痛水下痢に見舞われた。
おそらく、マンションの水道水をそのままがぶ飲みしたのが原因だ。

水下痢の原因は、上述の疲労や筋肉痛の症状の一つかもしれない。
だが自分としては、マンションの水道水を飲んだことが原因だと考えている。

引越し祝いにサーモンを食べたりしましたが、それが原因ということはなさそう。
病院に行っておらず、薬も飲んでいないのではっきりとした原因は不明。

1日に7~10回ほどトイレに行き、水のような下痢がとまらなかった。

とりあえず、引っ越したばかりのマンションの水道水には注意したほうがいい。
関西の実家に住んでいた時は、水道水をそのまま飲んでも何の問題もなかった。

新しく引っ越した東海のマンションは、どうやら水道水が不衛生なようだ。
戸建ては安全なことが多いそうだが、集合住宅は貯水槽が不衛生になっていることが多いとか。
現に、水道水をそのまま飲むと少し変な味や匂いがした。

結局、キリンのアルカリイオンの水を買って飲むようにした。
今は、水道水を煮沸して、冷まして飲むようにしているが、それなら問題は起こらなかった。

水道水とミネラルウォーターどっちが安全かという話は、結局明確な答えが出ていないようだ。
水道水のほうがミネラルウォーターより安全チェック項目多いそうだが、今回のようにそのまま飲むとひどい腹痛や水下痢になることもある。

私としては、マンションの水道水は煮沸してから飲むか、ミネラルウォーターを飲んだほうが良いと思う。

水下痢は薬などを飲まず、全部出し切ったほうが良いと出てきたので、その通りにした。
すると、汚い話だが2日ほどで、水下痢は徐々に凝固していき、よくなった。

マンションの水道水をそのまま飲むのはやめたほうがいい。
事前に管理会社に連絡するか、煮沸して飲むか、ミネラルウォーターを買うことをおすすめする。

新しい環境ではわからないことやストレスになることが多く、体調を崩す可能性が高いので、注意しましょう。

2017年10月7日 兵庫県神戸市から愛知県名古屋市に引っ越しました 17歳以来二回目の一人暮らし

9月頃からブログやツイッターにも書いているように、今月10月から愛知県名古屋市に引っ越して一人暮らしをはじめました。
自分は兵庫県神戸市生まれで、20年以上住んできましたが、いろいろあって好きな街ではなかったし、出たかった。

この記事では今回の引っ越しの大まかなまとめをします。

何回も書いているように、17歳の時(定時制高校在学中)に一度一人暮らしをしていたが、バイトをやめたので1年で終わってしまった。
県内どころか市内での一人暮らしで、実家も近く、頻繁に実家で飯も食っていたので、完全な一人暮らしという感じはしなかった。

結局その一人暮らしをやめてから今年24歳になるまでずっと一人暮らしをしたくてしたくてたまらなかった。
だが、金がなくてできなかった。

今年やっと広告収入事業で人並みに稼げるようになったので、ついに二回目の一人暮らしを始められた。
念願がかなったという感じ。

不安と寂しさがある

念願の一人暮らしだが、いざ叶ってみると
「よっしゃあああああああ!」
という感じではなく、不安や寂しさが半分くらいある。

広告収入事業は自宅でできるから、外に出るのは買い物や散歩くらいだ。
友達とかも作るのは難しい。
相変わらずネットの人間関係はあるが、リアルの人間関係も必要だ。

まぁそれも考えて落ち着いたらバイトをしようかと思っている。

新しく住む町は平和で、とても良い感じだ。
前の街に居たような、友達自慢野郎やヤーイヤイのようなキチガイもいない。
いたとしても面識がないので関係ない。
ただやはり、前の街に比べると寂しいっちゃ寂しい。

俺が前住んでいた神戸市の実家がある町は大都会で超便利だったが、新しい住まいは閑静な住宅街だ。
前のところは超賑やかで徒歩でどこでも行けて便利だったが、新しいところはスーパーも近くなく、近くにはコンビニくらいしかない。
遊び場なんかは電車に乗らないとない感じだ。

まぁ、繁華街や住宅街を街ぶらするのは好きだが、具体的に店で遊ぶというのは得意じゃないので、まぁいい気もする。

ちなみに、コンビニ店員に関西弁が通じなかった。
街を歩いていると標準語が聞こえてくるのも新鮮。

新居(賃貸マンション)も良い感じ


暮らしに重要なのは住む家だが、それも良い感じだ。
賃貸マンションだが、家賃が安いのにかなり綺麗で、水道使い放題。

ベランダ出たら空広くて月見れるのもいい。
到着してベランダ見たらセミ死んでてワロタけど。

ただし実家と違い水道水はそのまま飲むと腹を壊すようだ。
アマゾンでミネラルウォーターを買うことになった。
名古屋は水がいいというが、一軒家とマンションでも変わってくるんだろう。

エアコンも修理無料で、照明も最初からついてあって素晴らしい。
キッチンの電熱も、17歳の時に住んでいた賃貸マンションのは使い物にならなかったが、今回のはかなり使える。

右隣には人が住んでいないので実質角部屋のようなものだし、すごく気楽。
左隣には人が住んでいるが、まだ挨拶に行っていないのでどんな人かはわからない。
いずれ左隣と下の階の人に挨拶しに行くつもりだ。

スーパーの寿司はあまり美味しくなかった

俺はとにかく寿司が大好きで、回転寿司や回らない寿司はもちろん、スーパーのパック寿司も大好きだ。
だからパック寿司の味と値段にはうるさいのだが、今住んでいる町のスーパーのパック寿司は微妙だった。

値段の割にサーモンもコクがないし、中トロも入っていない。
たまごというどうでもいいネタも入っている。
寿司においては前の街のスーパーは優秀だったと思う。

ちなみに俺は味噌が苦手なので名古屋名物の料理はほとんど合わないと思う。
味噌カツとか田楽とか全然食べたくない。
味噌煮込みうどん、ういろう、ひつまぶしは食べたいと思う。

名古屋が好き

今回の一人暮らしは別にどの都道府県を選んでも良かったのだが、俺はとりあえず関東や東海が好きなので名古屋にした。
東京はあまり住みたいと思えなかったし、神戸と東京の中間にある名古屋がちょうどよかった。

名古屋に住んでまた10日も経たないし、外にも殆ど出ていないせいで名古屋の人がどういう感じかわからんが、俺はとりあえず名古屋が好きだ。
だが名古屋といえばつまらないとか住んでるやつが糞だとか、かなり叩かれているようだ。
そんなに叩かれているとは知らなかったのだが、まぁ別に気にしないでおこうと思う。

名古屋は神戸より南海トラフの被害が深刻らしいが、
「引っ越したらいきなり南海トラフ巨大地震か東海地震で死亡」
というのは避けたい。

ちなみに俺は名古屋の次の候補は埼玉だった。
千葉と神奈川は治安が悪そうなので、埼玉。

名古屋に3~5年くらい住んだら次は埼玉に引っ越そうかなと思っている。
それまで、名古屋で仕事や遊びを楽しみ、満喫したい。

まとめ

10月1日は引っ越し当日で生活の準備とか色々やってくたくたになった。

マンションの水道水を飲んでしまったのもあって、腹壊したり体調を崩した。
引越し作業で興奮して交感神経優位になりすぎて眠れなくなったりもした。

まぁあまり無理せず、名古屋で新しい生活を楽しんでいこうと思います。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: