ビールと魚介類は合わない キリンフリー(ノンアルコールビール)と炭酸水がうまい

そう感じるのは俺だけではないはず。
刺身や寿司は当然として、白身魚のフライや、たらこスパゲッティなど、魚介類とビールは全く合わない。
ノンアルコールビールも同様。

不快な後味がする

魚介類を食べながらビールを飲むと、鉄のようなゴムのような、どうしようもなく不快な後味がする。

例外は、えびフライやかきフライ。
この二つはさほど変な後味はしなかった。

おそらく一番ひどくあの後味がするのは、刺身、寿司、さんまらへんだと思う。
たまにさんまの塩焼きがビールに合うとか書いてるサイトがあったりするが信じられん。

追記:
最近気づいたが、刺身や寿司の場合はあの変な後味はしないことが多い。
火を通した魚を食べながらビールを飲むと、あの後味がするようだ。

甲殻類は貝類は火を通そうが生だろうが、あの後味がしないことが多い。

キリンフリーというノンアルコールビールがうまい

ところで、最近はもっぱらキリンフリーというノンアルコールビールを飲んでいる。
冬場はビールをおいしいと感じないので、ほろよいをよく飲んでたのですが、このキリンフリーというノンアルコールビールを飲んでみて、あまりのうまさに驚いた。
値段も350ml100円程度と安い。

いろいろとノンアルコールビールも飲んでみたが、糖質カットと称して、代わりに人口甘味料が入ってたり、後味がサツマイモ臭いのが多かった。
だがキリンフリーは人口甘味料も入ってないし、なにより麦芽100%で素晴らしい。

特に、飲んでいる最中は完全にビールの味。
後味だけは少し違うが、妙な味もせず良い。
これなら朝だろうが昼だろうが飲めるし、酔ってだらだらしないし最高。

結局私はビールを飲んで酔いたいのではなく、単にあの味と爽快感が好きだったんだと気づいた。

酒がおいしく感じない

数カ月後、ノンアルコールビールでさえまずいと感じ始めた。

そして久々にチューハイを買って飲んでみたら、ビールと違って魚介類とも合い、おいしい。
だが、やたらと心臓らへんが痛くなったり、頭が痛くなったりして、悪酔いしてしまう。

ノンアルコールじゃなく普通のビールも、合いそうなおかずを食べながら飲んでみたが、夏だというのに、まったくおいしいと感じない。
体調は少し悪いものの、夏の暑い日に、ビールによく合うものと一緒に飲んでるのに、おいしいと感じない。

居酒屋の生中だけは、いつでも安定しておいしいのが救いだ。

白ワインも好きだったが、チューハイと同じように悪酔いするようになっているかもしれない。
日本酒と焼酎はもともとあまり飲まない。

炭酸水がうまい

そんな感じで酒がおいしく感じなく鳴ったが、食事中にお茶だけでは味気なく思って、ファンタやCCレモンを飲んでみたが合わない。
以前から少し飲んでいた、レモン風味の炭酸水を飲んでみたらかなり良い感じだったので、食事中に酒の代わりに飲んでみようと思う。

結局俺は、ビールやチューハイの味を楽しんだり、酔ったりしたいんじゃなく、お茶とは別の何かを味わいたかっただけという可能性もある。
安いし、炭酸水なら糖分も気にしないで飲めるので精神的にも良い。

まとめ

またおいしく感じられるようになれば、たまには酒も飲みたいけど、とりあえず普段はジュースや酒の変わりに炭酸水を飲むことにした。
レモンだけでなくグレープとかほかのフルーツの風味がするのも飲みたい。

関連記事

おいしいスパゲッティとまずいスパゲッティ マ・マーの早ゆでスパゲッティ便利すぎ
家で飯を作るときは、めんどくさいので、だいたいスパゲッティやチャーハンやマルちゃんカレーうどんを作る。 スパゲッティは150~300円...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: