おいしいスパゲッティとまずいスパゲッティ マ・マーの早ゆでスパゲッティ便利すぎ

家で飯を作るときは、めんどくさいので、だいたいスパゲッティやチャーハンやマルちゃんカレーうどんを作る。

スパゲッティは150~300円ほどするレトルトのパスタソースを買わないといけなくて、高いし、脂っこくて体に悪そうで、悩んでいた。

パスタソース

だが最近、カゴメのかけるトマトという150gで130円ほどのトマトソースをそのままかけて食ったらうまかった。
これなら安いし、脂っこくないし、温めなくても、茹でたてのスパゲッティの熱さでなんとかなるので良い。

レトルトのパスタソースのトマトソースは、なんかやたら添加されててトマト本来の味が薄れてるのが多いが、これは缶詰のカットトマトとほぼ同じ感じでうまい。

添加物の少ないパスタソースはよく使う。
湯煎が必要なタイプでもいいが、高菜とかバター醤油とかの、和えるだけのが楽でおいしい。
しかも、2人前で100円半ば~200円ちょっとという安さなのでおすすめ。

種類も、いろんなのを買っておけばあきないだろうし、レトルトカレーやカップ麺を食うよりかは、体に悪くなさそうな感じもある。

スパゲッティはまずさとおいしさの差が顕著

食べ物は、おいしいものを食べてると減るのが早く、なくなるのが惜しくなる。
まずいものだと、なかなか減らず、早く食い終わりたいという気持ちになる。

最近気づいたが、スパゲッティはもっともそれが顕著な食べ物じゃないかと。

おいしいスパゲッティは、これで一人前かと思うほどすぐになくなるが、まずいスパゲッティはかなり量が多く感じる。

マ・マーの早ゆでスパゲッティ便利すぎ

普通のスパゲッティだと茹でるのに8分くらいかかって、待つのがだるいのだが、マ・マーの早ゆでスパゲッティなら、3分以内に茹で上がるから楽だ。
マ・マーじゃなくても、他のプライベートブランドとかでも、早ゆでスパゲッティは発売されているのでそれを買ってみてもいいかも。

まとめ

追記(2018年09月13日)

最近はグルテンフリーを実践しているので、3ヶ月くらいパスタとか全く食べてない。
ラーメンやパンはたまに食べたくなるが、パスタはただでも食いたくないと思う。
もともとそんなに好きではなかったのかも知れない。

関連記事

グルテン過敏症+乳糖不耐症の人はパンと牛乳どっちもやめよう グルテンフリーとカゼインフリー
健康を気にしすぎると食べるものが減る。 だが、食べた直後に自分の体に目に見えた変化が出るものは検証し、避けていくべきだと思うんだよな。 ...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする