昔(2003~2013年頃)のインターネットの思い出 MSNメッセンジャーやコルムオンライン 2014年以降はつまらなくなった 特殊顔文字に腹が立つ

2014年8月19日ここ数年でネットが変わった ネットとリアルの境目がなくなってきている

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/city_1543300870.jpg
大体、ここ3年くらいの間にネットはかなり変わったと思う。

俺がネットを始めて入り浸っていた頃(2004年~)は、前略プロフィールでDQNを見て笑っていたというのに、今ではTwitterなどのSNSで、オタクもDQNもリア充も入り混じっている。
昔はなんとなく、リア充やDQNはネットをやらず、もしやったとしても、利用するサイトは前略プロフィールや、携帯のホムペ、という風潮があった。

今はスマホとSNSが普及して、例えばTwitterのホームを開いただけで、左のカラムに『トレンド』という見たくもない情報がしゃしゃり出てきて鬱陶しい。

ネットが大きく変わったのは、電車男が流行った時と、ニコニコ動画が出来て、ボカロが流行った時と、スマホとSNSが急激に普及した時の3つだと思う。

ネットが変わったということはつまり、リアルも変わったということだ。

わかりやすい例として、俺が小5の頃(2003年)おもしろフラッシュが流行っていて、クラスの女子に、
「モナーやギコって知ってる?」
ときくと、
「知らん。パソコンオタクしか知らんやろそんなもん」
と言われイジられたのに、ネット文化がリアルにも普及し始めた中3の頃(2008年)には、その女子は、
「卒業式ではボカロ歌おう;;」
とほざいていた、という俺の実体験がある。

ネットにもリアルにも逃げ込めない

昔は、糞みたいなリアルの生活に嫌気が差し、ネットの世界に逃げ込んでいるという感じだった。
だが、今は逆に、リア充やらバカガキが大量にいるネットに嫌気が差し、リアルの世界に逃げ込みたくなっている。

だが一歩外に出てみると、誰もが電車の中や喫茶店など町中でスマホをイジり倒し、やれ
「ハゲがいた、変な格好の奴がいた」
と、SNSでチンコロし捲くっている。
盗撮をしてる奴すらいる。

もはやネットとリアルの境目がなくなってきている。
一億総監視員時代にでもなったようで、リアルもネットも窮屈で仕方が無い。

「お前もこのブログの記事で町にこんな奴がいたとチンコロしてるじゃねえか」
という意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。

目の前にいる人間とのコミュニケーションをないがしろにして、スマホをイジり、画面の向こうにいる人間とコミュニケーションをとっている奴らばかり。
そしてリアルであったことを写真でとり、SNSで晒す。

テクノロジーを使いこなして有効活用するならいいが、そんなことを考えるわけがない子供もみんなスマホを持っていて、現にいろんな問題が起こり捲くっている。
それは使いこなすというより、操られてるだけ、振り回されてるだけだと思うんだが。

なんというか、ネットもリアルも居心地が悪くてたまらない。

まぁ、こんな調子でいけば、ろくな未来は待ってないだろうな。
まぁ俺が、そんな奴らにろくな未来が待ってないように祈っているだけなんだが。

2014年12月21日 MSNメッセンジャーの思い出 手書き入力や音声メモ

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/00-top.jpg
俺がアルティーと出会ったのは、MSNメッセンジャーの大窓(多人数チャット)だった。

VIPかどこかで、
「MSNメッセやろうぜ」
みたいなスレが立ち、そこにメアドを晒してる連中が、自分のメンバリストにいる人間を手当たり次第に招待したことで、大窓と呼ばれる多人数チャットが出来上がった。

そして、俺とアルティーが同じ窓に招待され、しかも窓にいる人間を全部メンバ登録していた俺は、当然アルティーも登録し、縁が繋がってしまった。

MSNメッセンジャーには手書き入力というものがあり、ペンタブやマウスで簡単な絵を描いて人に送ることができる。
それを使って、アルティーに何か気持ち悪い絵を送りつけてやろうと思い、生まれてきたのが、キチガイ絵

他にも音声メモという、12秒ほどの音声を、マイクで録音して、相手に送りつけ、その場で再生させることができる機能もあった。
それを使って、アルティーやメンバリストの連中に、何か気持ち悪い声を送りつけてやろうと思い、生まれてきたのが一発ネタ

アップデートされるごとにインターフェースが劣化版MACのような感じになり、衰退していき、今はもうSkypeと合併したらしく、つまらない。
Skypeでも手書き入力や音声メモが送れるようになればいいのだが。

画像ファイルを送りつけるのはゴミが増えて手間なので、ウィンドウでそのまま表示できる手書き入力は便利だった。

つまり、MSNメッセンジャーがなければ俺はアルティーと出会っていなかったし、アルティーと出会っていなかったら、キチガイ絵も一発ネタも生まれていなかった。

生まれていないほうがいいだろ、という意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。

2015年2月17日 2003年頃のインターネットと二次元エロ画像掲示板の思い出

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/Internet_1543266136.jpg

俺は小2で自分の部屋を与えられ、小4でパソコンを与えられた。
インターネットを始めたのもその頃で、当時はMSNサーチでゲームのことをよく調べてた。

当時は、インターネットというものが新鮮で、検索して、情報が出てくるということにとてつもないわくわく感を覚えた。
今はもう慣れ過ぎて何も思わなくなっている。

今でもたまに当時見ていたサイトがまだあるかどうか調べたりするんだが、ポケモンの某同人サイトがまだ現役でやってて嬉しかった。

当時2003年は確かインターネットエクスプローラー6で繋がらない時はなぜかNetscapeを使ってた。

そんで二次元エロ画像掲示板に
「○○(作品名)の○○(キャラ名)のエロ画像ください」
というスレが溢れてた。

当時はpixivとかなかったし絵描きは皆個人サイトに皆投稿してたんだろうな。

ワザップとか爆笑画像掲示板とかがまだ存在しててワロタ。

ピクミン2の攻略サイトとかまだある。
誰がドメインとサーバーの費用払ってんだろう。

男のエロ画像を探していた

その時から色んなアニメキャラとかのエロ画像を検索してるエロガキで、オートコンプリートが有効になっていたせいでモロバレだった。
(当時はインターネットエクスプローラー6でサイドバーのMSN Searchを使っていた。)

それで思い出したんだが
「○○(ワンピースのナミとか) エロ画像」
と検索履歴が並ぶ中
「日向ネジ エロ画像」
というのもあった。

俺は普通に男キャラのエロ画像も検索していた。
自分自身がショタなのにショタのエロ画像を探してた。
そう考えるとやっぱりバイもホモも先天的なものなんじゃないかと思える。

なんでNARUTOの日向ネジだったんだろう。
ショタでもないと思うし。
NARUTOの中性的なキャラだったらハクならまだわかるんだが。

あのピクミン擬人化エロ画像をもう一度見たい

同じく小4のころ、ゲームキューブでピクミンが発売された。

その頃パソコンを買い与えられたので、やたらとMSNの検索でエロ画像を調べ捲くってて、何を思ったか俺は
「ピクミン エロ」で検索していた。

その時に見つけたピクミンの擬人化エロ画像が忘れられない。

その画像があったのは確か、エロ絵描きの個人サイトで赤青黄のピクミンが擬人化されて、ボディペイントした巨乳のねーちゃんになってていた。

紹介文には、
「こんなピクミンが何十匹とついてきたらオリマーはたまらんでしょう!」
みたいなことが書いてあった。

もう一度見たいのだが、Googleの2001年ごろの検索結果を復元するサービスを使っても出ない。
誰か知ってる人いたら教えてくれ。

懐かしい思い出です。

ネットや嫌韓流に影響されてネトウヨになりかけた黒歴史 家族や友達に韓国は糞だと吹聴

ネトウヨは劣等感にまみれていて自分に誇れる部分がないから個人が尊重されることを嫌い「国」という括りにこだわる。「強い国」の国民に憧れる。ずっと黙ってたけど引きこもり時代(5〜6年前)ネトウヨだったのでよ〜〜〜くわかります。花王不買運動!とか言ってました。めちゃくちゃ恥ずかしい。

— my life (@seeyou_mylife_) October 26, 2017

俺も小5のときネットで『かの国(韓国)の真実』だかいうサイトを見て影響を受けて、親とか友達に、
「韓国やべえから!」
と吹聴していた。

中学のときには嫌韓流3巻+ファンブックまで買っていた。
黒歴史すぎる。

ネトウヨ的活動はしてないが、親や友達やMSNメッセンジャーの連中に、韓国は糞だとか吹聴していた。

そういえば最近(2017年10月)ドラクエ10で、とある奴がルームチャットで、
「チョンがー」
言い出してびびった。

万が一プレイヤーの中に韓国人いたらどうするんだろう。
俺以上の世間知らずだなと思った。

でも俺が2006年ごろにやってた『コルムオンライン』というMMORPGでは、
「チョンきめえ」
的な発言が全体チャットで飛び交ってた記憶がある。

今思うと当時のネットやニュース速報VIP板はネトウヨしかいなかった気がする。

2015年2月28日 昔のオンラインゲーム(MMORPG)の思い出

小5から中学にかけて、いろいろとネトゲを探していて、レッドストーンとかメイプルストーリーとかをかじる程度にやっていた。

結局コルムオンラインという韓国産のMMORPGが一番長く続いた。
他に印象に残ったのは、高校入学前の春休みに1ヶ月だけやっていたFF11。

コルムオンラインの思い出

ただのクリックゲーなんだがそこそこ面白かった。
合計2万円くらい課金もした気がする。

狩りとか、深夜帯に町で座って雑談とか、楽しかった。
小6の夏休みは、結構リア充だったのにも関わらず友達の誘いをひたすら断って一日中やり捲くってた。

俺はこのゲームではファイターというジョブをやっていて、装備は門番シリーズという大して強くないものをずっと使っていた。
最終的には装備を知り合いにあげて引退した。

ギルドにも入ったのだが、表立った争いを起こすことはなくても、俺が発言するとチャットの流れが止まることが多いように感じた。
顔文字などを使い捲くって楽しそうに馴れ合ってる人らのようには、うまくコミュニケーションがとれなかった記憶がある。

サービス自体は2013年に終わっているようだ。

FF11で知り合った男

中3~高1にかけての春休み、初代Xbox360でFF11を始めた。

ソロ狩りしている時に知り合った男に、アルティーの時と同じように、
「スカイプしませんか?」
と、いきなり誘ったら、その人も偶然最近始めたらしく、すぐに通話した。

気も合うので、毎日ずっと通話しながらFF11をやったり、バイオ5のCOOPをやっていた。
その人はリーマンショックでリストラされたかなんかで、とにかく廃人のようにプレイし捲くっていた。

春休みも終わりが近づいてきたので、
「高校が始まるので、FF11あんまりしなくなるかもです」
とその人に言うと、
「そうですかわかりました。じゃあブロックしときます。ありがとうございました」
と凄くあっさり縁が切れた。

やめる奴は裏切り者みたいな感じなんだと思う。

最近、FF14の引退を引き止めるギルドメンバーの発言がひどいと話題になってた気がするが、俺がやってた時(2010年くらい)のFF11も大概だったと思う。

コルムオンラインもFF11も、その他のネトゲも、今となってはいい思い出だ。
たまに、あの頃(2006~2012年くらい)のインターネットに戻りたくなる。

ちなみにそのFF11の男は、しゃべり方や声質が怖いくらいにアルティーに似ていた。
この人と縁が切れてからすぐにアルティーとスカイプし始めたんだが、いったいなんだったんだろうか。

2015年4月2日 ネットが気持ち悪くなった ついていけない とにかくつまらなくなった

以前も書いたが、ここ数年でネットはかなり変わった。
主に悪い方向に。

ところでこの記事は、グーグル検索で
『ネット 気持ち悪くなった』
という候補が出るのにも関わらず、そういったことが書かれたページはあまり出ないので、ヒットするようなタイトルにしました。

いろんなコンテンツが拝金主義でつまらなくなった。

TwitterをはじめとするSNSで、リア充の連中が、『○○な人はRT』などのくだらんツイートをリツイートしまくっているのも本当に不快だ。
スマホの普及でいろんなコミュニティがガキだらけになっている。

「つまらなくなったとかいうならお前が面白くしろ、このブログのほうが気持ち悪い」
「キチガイ絵のほうが気持ち悪い」
「人生脱落してるから何でもつまらなく見えるだけじゃないのか」
などの意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。

アルティーの『ネット引退』という決断は大正解

そんなことを考えてると、ふと、アルティーとの3,4年前の出来事を思い出した。

奴が『赤文字の人』という名義で、とあるFPS配信にチャットやマルチプレイで参加し、Twitterなどで、その配信者やリスナーと交流を深めていたころ、
「おなもみ君、僕がお邪魔してる配信にも、『浅い奴』が現れたんですよ。。」
とかスカイプで俺に愚痴りだした。

その『浅い奴』というのは高1くらいのガキで、Twitterのプロフィールに、特に変な性癖でもないのに
「俺変態ですから」
とか書いたり、深くもない知識をやたらと偉そうにひけらかすような、アルティーが一番嫌うタイプの人間だった。

そいつに対する愚痴をひたすら俺に聞かせてきて、
「俺も、最近ほんとそういう奴増えてますから」
と共感し、お互いの考えが同じであることを再認識していた。

そうやって俺はアルティーとタッグを組んだ気になって、ネットで『浅い連中』がいたらお互いに愚痴るようになっていた。

前にも書いたが、今思うと本当にアルティーの『ネット引退』という決断は大正解だった。

今はもうその高1のガキのような連中が大多数だ。
それに、当時は敷居が高かったネットでのライブ配信も、ツイキャスが台頭してきてから誰でも簡単に出来るようになり、見ての通りガキだらけのアホだらけになっている。

おそらくアルティーも、こんな状況には絶対に耐えられないと思う。

あいつは俺へのメールで、
「自分から情報を発信することは今後しないつもりです」
と書いてたが、それがいいと思う。

アルティーがネット引退して2年経つが、奴は別の名義で活動などはせず、ネットは情報を入手するためだけに使い、リアルに重点を置いてるんだろう。
俺はネットでの活動しかできないので、引退とかはしないが、この先もずっと肩身は狭いだろう。

アルティーの力を借りている

今でも俺はアルティーの、浅い連中を嫌悪する姿勢をかっこいいと思っている。

定型文を使う奴は安確だとか書いたが、冒頭の
「それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。」
とかにしても、俺はアルティーの定型文を使い捲くってる。

ネットで浅いクソガキに出くわしたとき、俺は、今は亡きアルティーの定型文を使うことで、アルティーの力を借りられている気がするのだ。

アルティーはネット引退によって、実質、死んだが、俺という人間が遺志を継ぐ限り、アルティーは存在し続ける。
アルティーとともに何かを成し遂げる、そんな目標はもう達成できないが、アルティーのエッセンスとも言える、思想の根幹の部分は俺が受け継いでいる。

それが良いのか悪いのかはわからないが、生きる勇気になっている事だけは確かだ。

ネットが気持ち悪くなった話から脱線しすぎた。

2016年10月6日 特殊顔文字に腹が立つ 人を煽って馬鹿にしている

特殊顔文字という、数年前からTwitterなどで急激に使われ始めた顔文字がある。
機種依存文字特殊文字を使った複雑な顔文字なのだが、それを見ると腹が立って仕方がない。

調子に乗り盛りの若者が、特殊顔文字を使って他人を小ばかにして優越感を得ているのが、顔文字の顔付きに現れているように感じてしまう。

懐古厨と言われるかもしれないが、俺は普通の記号を使った古き良き顔文字が好きだ。

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/20180119_LINEkaomoji_R.jpg

上の画像のもいいが、特に、
モナー( ´∀`)
ギコ( °Д°)
ショボーン(´・ω・`)
などの顔文字を見ると安心感がある。

複雑な特殊文字を使ってごちゃごちゃしている特殊顔文字は見ていると疲れる。

ʕ๑•ω•ฅʔ*おはよっ❤
(ू′o‵ ू)*✲゚
ふぁーん٩(๑´0`๑)۶
٩(●˙▿˙●)۶おはよ♡

など。

そもそもどうやって特殊顔文字を出すのかもわからないし、”きごう”や”すうがく”で変換しても出なくて馴染めない。

特殊顔文字の中でも特に、
( ˘ω˘)スヤァ
☜(◔◞౪◟◔)☞
などの、Twitterでキチガイを装って優越感を得ている若者が好んで使う顔文字は、冗談じゃなく本当に気分が悪い。
見ただけで胸の辺りがどす黒い霧に締め付けられるような気分になる。

( ˘ω˘)スヤァ
に関してはまさに人を小ばかにして優越感を得ている様子そのもの。
よくこんな顔文字が存在しているなと思う。

ただ、特殊顔文字の中でも
(。◠‿◠。✿)
はシンプルな可愛さがあって好きだ。

普通の顔文字の中でも
( ´ ▽ ` )ノ
は、リアルの知り合いの慇懃無礼八方美人天パをはじめとする、慇懃無礼八方美人野郎が使っている印象が強いので嫌いだ。

これから普通の顔文字がどんどん廃れて、特殊顔文字ばかりが溢れ返るのだろうか

俺は懐古厨と言われようが
(´・ω・`)
( ゚д゚)
(・ω・)ノ
(;~_~)
などの、普通の顔文字を使っていく。

特殊顔文字 – 顔文字カフェ

2016年10月18日 インターネットが気持ち悪くなった 見たくもない情報だらけ

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/internet_1543179592.jpg
このブログを開設したころから散々、
「ネットが変わった、つまらなくなった、気持ち悪くなった」
「悪い意味でリアルとの境目がなくなった」
「人生行き止まりだ、時代についていけない」
「このボケクソ時代についていく価値はない」
などと言ってきた。

あれから少し経ち、色々と観察してきたが、これ以上酷くなりようがないんじゃないかというくらいに酷い状態になっているように見える。

もちろんこの感想は、懐古厨かつ人生の脱落者な俺の主観的なものなので、今のネットを楽しめてる人間は山ほどいるだろう。
そしてその人間こそ、このボケクソ時代を構成する大部分なので、俺が憎むべき人間だ。

そもそも、ほとんどの人間がスマホを持ち、街中で弄繰り回し、ハゲや変人がいたら盗撮して数秒でSNSにアップしたり、インターネットで生中継したりすることができる時代になっているので、もはやネットだけを指してつまらないと言うことは難しい。

リアルで起こっていることはネットで共有され、ネットで起こっている流行が、リアル(学校など)で話題になる。
つまりネットがつまらないならリアルもつまらないということである。

境目がなくなってきているというのはこういうことだと思う。

異常者や弱者が『流行』として持ち上げられている


ネットを見ていて不快感を覚えるのは、やはり流行だ。
最近だと具体的には、PPAP、ゲームのカードを落とした男性、性の悦びおじさん、糖質系Youtuberなど。

そういう流行の人たちを、既存の様々なアニメやゲームと組み合わせたMAD動画が作られ捲くっている。
そしてもれなく某ホモビデオ語録を使っている連中がそれらの流行を取り込みにかかり、MAD動画などを作り始める。

そういった見たくもない情報が、インターネットを少しでもやっていると目に飛び込んできて、本当に疲れ果ててしまう。
この流行を持ち上げている奴らに消えてほしいと強く思ってしまう。

上記の流行の共通点は、PPAPを除いてすべて、明らかに一般人よりも劣った存在をおもちゃにしているというところだ。

少し前だと、某大物Youtuber、左足壊死おじさん、たれぞうさんなどがあった。
それらもすべて、自分より下の人間を馬鹿にして優越感を得られるからという理由で流行になったとしか思えない。

流行するものに、異常者や弱者の割合が高すぎる。

昔(2004年~2010年くらい)にネットで流行していたものの中には、今ほど異常者や弱者関連のものは多くなかった気がする。
ネットで自分より下の人間を見て優越感を得て安心して、自分を保たないといけないような、劣等感の強い人間が多くなってきたということなんだろうか。


MAD動画が作られ捲くっている、と書いたが、たとえば自分の好きな映画やアニメや小説などの作品がそういった動画の素材として使われていると、その作品まで嫌いになってしまいそうになる。

MAD動画と言っても、題材にされているのは時の人となっている異常者であり、劣等感の強い連中が自分より劣った存在を、さらに滑稽にデコレーションするために作った動画でしかないので、そんなのと好きな作品がコラボされていても不快感しか覚えない。

その程度の理由で好きな作品まで嫌いになりそうになるのはさすがに神経質すぎるとは思うが、前にも書いたように、嫌いな奴らが好きなものを嫌いになる癖がある俺は、どうしてもそういう気持ちになってしまう。

ネットにもリアルにも逃げ場がない

そして本当に泣き叫びそうになるのは、先ほども書いたように、それらはネットだけで起こっていることではないということだ。

「ネットに見たくもない情報が溢れているなら見なければいい」
と思っても、ネットで流行していることはリアルでも話題になっていたりするのである。

2005~2008年ごろ、ネットをやっている人が今ほど多くなかった時代には、俺はリアルで嫌なことがあったらネットに逃げ込み、MSNのメッセの人たちとチャットをしたりして、
「リアルの連中が知らない楽しみを知っているぜ」
と得意になっていたが、今はもうそんな状況ではない。

リアルで嫌なことがあってネットに逃げ込もうとしても、むしろネットのほうが地獄のような場所に感じる。
逆に、ネットでゴミみたいな流行を見て辟易しても、逃げ込む先のリアルで、ネットと同じような流行の話題が繰り広げられている。

まさに逃げ場がない、居場所がないという状態だ。

ネットとリアルの境目はなくなってきているのに、リアルでは言えない悪口はネットで書いたりして、悪い意味で乖離が大きくなってきたりしていて、まずい状況だとしか言いようがない。
(悪口や憎しみといえばこのブログもそうなので強くは言えないが。)

時間が逆戻りするかのように、またネットとリアルが適度な距離感を持ち始めるということはないと思うので、これから先、さらにひどくなっていくであろうネットとリアルから、なんとか身を守らなければなと思う。

そしてできれば、見たくもない情報や流行に一喜一憂しないくらい安定した、自分の居場所を、ネットとリアル、できれば両方に確保できればと思う。
このブログもその一つである。

憎しみだらけのお前のブログこそ見たくもない情報だという意見が飛び出しますが、それはあなたの勘違いですので気になさらないでください。

2016年10月18日 ブスという言葉を男に対して使っている若者 男にはブサイク 醜男 ブサメン キモメンじゃないのか

Youtubeのコメント欄などでコメントを見ていると、男に対して
ブス
という言葉を使っている若者が多い。
数年前、俺の配信でもそういう使い方をしている奴がいた。

ブスという言葉は本来、女に対して使う言葉だったはずだ。

容姿が悪い男には、ブサイクとか、醜男(ぶおとこ)、ブサメンキモメン、あたりの言葉がしっくりくる。

言葉の使い方は変遷するものなのだろうが、俺の大嫌いな十代のガキが、その変遷の原因だと考えると腹が立つ。

ブスの意味で調べてみると
不細工(容姿が醜い)な人のこと
と出てくる。

ブスとは容姿(顔)が醜い人を意味する。
ブスは主に女性を対象に使用する(男性の場合、ゲスやブ男(ぶおとこ)が使われる)。
出典:ブス(ぶす) – 日本語俗語辞書

“主に”女性を対象に使用する
と書いてあるので、もともと必ずしも女性に対してだけ使う言葉ではなかったということだろうか。

だが常識的に考えると、ブスという言葉は女性に対して使うのが普通だ。

ブスという言葉が当たり前のように男性に対しても使える言葉になってくると、ブスという言葉がタイトルに入る楽曲や本などの意味もよくわからなくなってしまう。

まぁブスという言葉が男のことを指すようになっても俺には何の影響もない。

だが、昨今の、SNSや動画サイトのガキや、街中のスマホいじり人形など、このまったく面白くもないボケクソ時代の大部分を構成している若者どもが、俺が慣れ親しんできた言葉の使い方をよく知りもせずに変えていってるのを見ると、本当に腹が立つ。

“壁ドン”という言葉はそれの最たるものだ。

おまけ↓

2015年6月7日
タイトル:攻撃的で暴力的なブス

本文:
町を歩いていると、男がなんぼのもんじゃ、ボコボコにしたるわいというような雰囲気をかもし出しているブスがいる。

レスラーのような雰囲気で、とにかく攻撃的。
おそらく俺が喧嘩しても即負けるだろうし、口喧嘩でも当然負ける。

怖くて仕方がない。
なので見かけたらすぐにその場を離れる。

関連記事

アルティーとは何者なのか 髭林おなもみとの関係やエピソードに関する記事総まとめ
アルティー とは誰なのか。 何者なのか。 pixivでものすごい数の醜い絵を描かれたり、髭林おなもみBANDの楽曲のテーマになった...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: