J:COMという最低最悪のプロバイダを解約したい

前の記事↓

J:COMは最低最悪のプロバイダ ウルトラ160Mコースとかベストエフォートとか
17歳の頃、ワンルームマンションで一人暮らしをしていたのだが、ネット回線はマンションの規定でJ:COMしかひけなかった。 その際にJ:CO...

一人暮らし時代に、最低最悪のプロバイダJ:COMには散々苦しめられた。
実家に戻っても、親がとりあえずJ:COMなら安心だと言って契約しているので変わらない。

今回、こんな糞プロバイダに払う金がもったいないと思い、料金プランを確認し変更した。

月々9,400円ほど払っていた

とりあえず、テレビ電話インターネットすべてJ:COMというひどい状態なので、月々9,400円ほど払っている感じだった。

インターネットは、3年前に俺が一人暮らしから実家に帰ってきたときに、配信するからと言う理由で、一番速度が速い160Mにしていた。

だが、一つ下の40Mコースで十分だと言うことにいまさら気づき、月々600円ほど安くするために、それに変更した。
最初から40Mのままにしていればよかったので俺もアホすぎる。

できれば12Mにしてもっと安くしたいが、テレビ電話インターネットの複数契約のお得プランというのに入っているので、40Mより下のコースは契約できないらしい。

これでとりあえず600円減らせたので8800円。
電話のオプションサービスであるナンバーディスプレイと非通知ブロックは必要なのでそのまま。

糞みたいな録画機能付きチューナーに月々800円

ひどいのは、5年前に地デジを契約したときに、録画機能付きチューナーというのを契約してしまった件。
らたかが100GB程度のHDDと、糞みたいなインターフェースのレコーダーを毎月800円払ってレンタルしていた。

同時にSONYのスゴ録も買っていたのに一切使わず、完全に無駄と損の塗り重ね状態。
親曰く、もうJ:COMのレコーダーのほうになれたということでレンタルし続けるらしい。

J:COMという企業のひどさ

J:COMという企業は、老人などの情弱に営業をかけて、口車に乗せて、顧客を獲得してるんだろうな。
そして、もはや恒例だが、サポートの窓口はいつかけても待たされる。

しかも、窓口の女は毎回必ず一つは間違ったことを言う。

サポートでは、オプションのナンバーディスプレイ機能は、電話本体にその機能があれば必要ないやら言っていた。
家で使っている電話機はPanasonicなので、Panasonicに問い合わせると、実際は電話会社に契約しないと表示されないという。

J:COMのサポートは本当にプロなんだろうか。
全く信用できない。

追記 大晦日にタブレットが見れない

いつだったか忘れたが大晦日に、紅白歌合戦を見ようとしていたときのこと。
隣の部屋のテレビは父親が占領しているので、俺はJ:COMから無料で貸し出してもらっていた、テレビが見れるタブレットというので見ようとした。

だが、何をどう設定しても通信エラーだかでタブレットでテレビが見れない
ブチギレてサポートに電話し、言われるとおりに動かしたが結局見ることは出来なかった

紅白歌合戦を見れなかったのは別にいいが、J:COMのクソ対応、クソタブレットのせいでひどく気分を害した大晦日だった。

まとめ

俺としては、J:COMにこれからも8800円払い続けるくらいなら、テレビ電話インターネットすべて別の会社で契約して、もっと安く、無駄なくしたい。
だが親はもうJ:COMに慣れてしまってるし、工事料金もかかるんで一生J:COMを使うことになりそうで泣き叫びたい。

これからはもっと俺が契約を確認しないと、いくらでも搾取され続けそうで怖い。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: