中性~女声の出し方(練習法) ひたすら伸展を鍛える

男性が女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。
声の低い女性が、もっと女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。

そのために必要な、いわゆる女声の出し方や訓練法を、アンザッツや、喉頭懸垂機構(外喉頭筋群)を用いて、現時点でわかっていることを説明します。

結論から言うと、女声を出すのに必要な、鍛えるべき喉の筋肉は前筋(輪状甲状筋)閉鎖筋(間筋、側筋)です。

追記:この記事の内容だけでは説明不足なので、以下の記事も参照してください。

中性~女声の出し方(練習法) 伸展と閉鎖を外筋と仮声帯でサポートする
前の記事↓ 今まで、男性が中性~女声を出すには、『伸展』と『閉鎖筋閉鎖による閉鎖』を鍛えることが最も重要であり大前提だと書いて...

伸展と閉鎖が重要

伸展、つまり前筋が最も強く働くのは喉頭が引き下がって、輪状咽頭筋が強く発動した時で、アンザッツでいうと6。
あとは純粋な裏声も、伸展を鍛えられる。
純粋な裏声は、裏声系すべて、または声すべての判断基準としても重要。

女性の声というのはとにかく声帯を薄く使っている。
男性が女性の声を出す場合、とにかく前筋を働かせ声帯を伸展し、薄く薄くしていく。

純粋なホイッスルボイスを出し、下降していくとセグメントがあるが、そこでブレイクせずに下げられるとかなり薄くて軽い裏声になるが、それも女性的な声に重要。
つまり、女性の喋り声くらいの高さの裏声でも、静的にホイッスルボイスを発動させ、とにかく薄く軽くしていくということ。

さらにアンザッツ6とホイッスルボイスとそれらが繋がった声を出せば、さらに最大限の伸展が鍛えられる。
そのためには結局ソプラノ歌手のマネしまくってればいいんじゃないかと。

それはつまり、喉頭位置の低いホイッスルボイスとも言えるかもしれない。
吸気でやってから、呼気でやってみることをおすすめします。

閉鎖筋による閉鎖

しっかり伸展させた後は、閉鎖筋でしっかり閉鎖しないといけない。
しっかり伸展させないとちゃんと閉鎖できないが、伸展出来ているから必ず閉鎖できるとは限らない。

ちなみに俺の女声は以下。
今は出せないし、この記事に書いてあることを実践して出したものじゃないので注意。

なんだ!

以下は少し開大してます。

コンバンハ

閉鎖筋が最も働くのは、喉頭を引き上げて、甲状舌骨筋が発動した時で、アンザッツで言うと5番、次に1番。
呼気圧迫を防ぐため、地声系であるアンザッツ1は吸気でやるほうがいい。

あとは、呼気吸気問わずエッジボイスもいい。
あらゆる喉頭位置でやるといいが、基本は高め。
とにかく内筋を抜ききる。

※閉鎖筋による閉鎖と、外筋(エッジボイス)による閉鎖は違いますが、長くなるのでここでは割愛します。
気になる方は、外筋に関する記事を参照してください。
外勤による閉鎖はあくまで補助であり、あくまで閉鎖筋による閉鎖が基本です。

仮声帯発声(抵抗の点)

女声で喋ったり歌うには、声帯が呼気の勢いに負けないようにする必要があるので、仮声帯発声が重要。

伸展と、閉鎖筋による閉鎖に深く関係するのは、アンザッツ5+仮声帯ノイズ。
アンザッツ5+仮声帯ノイズの良いサンプルは、『ボーカリストのための某発声訓練』の付属CDのトラック86 アンザッツ5+仮声帯ノイズ(女性)。
【ダウンロード】ボーカリストのための某発声訓練 付属CD

または、ポケモンのニャース(犬山イヌコさん)の声真似。
男性で、ニャースの声真似がそっくりに、なおかつ楽に出せれば、だいぶ仮声帯が鍛えられていると判断していいと思う。

ただしニャースの声は純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズではなく、そこそこ内筋が入っているので注意。
やりすぎると伸展できなくなってくる。

やはり内筋がほぼ入ってない純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズが一番良いと思う。

前提として、閉鎖筋で閉鎖させる前には、喉頭を引き下げて輪状咽頭筋で最大に伸展できる必要がある。
喉頭を引き下げて思いっきり伸展させるには、上にも書いたようにアンザッツ6や純裏が良い。

結局は中間の声

加えて、低音ではほんのわずかに内筋を入れれば、女性の地声っぽく聴こえるはず。
しっかり伸展し、喉頭を引き上げ、閉鎖筋を発動させられていても、内筋は入れるのが苦手という女性は多い。
女性的にするには、ほんの僅かに入れるのがポイント。

内筋がわずかに混合したアンザッツ5番というのは、定義の上では、初期段階の中間の声(3b)と言える。
男性が自由に自然な女声でしゃべるには、結局3bを出せるようになる必要がある。

それを鍛えるには、上に書いたようにニャースの真似か、タハリールという民謡?がおすすめ。
重音のところじゃなく後半が重要。
うまく出来ない場合は、ベロを出してやってみると、真似しやすいかも。

ほとんどの女性は内筋がほとんど発動していない。
つまり、ドスのきいた低い声が出せない。

逆にほとんどの男性は内筋が発動しまくっている。
女声を出したい男性は、内筋の発動を抑える必要がある。

あと、女性的な抑揚や節回しは、女性を真似したり、自分が思う理想の女性のイメージを練り上げていくしかないと思う。

まとめ

俺の場合、俺の出したい声(女性的な中間の声)から見て、伸展が足りないことが改めてわかった。

俺は男だから(男性のモラルセンスに普通に影響を受けてきたから)内筋は元々そこそこ強いが、女声を出すには内筋の発動を抑える必要がある。

女性的な中間の声(や女声)を出すには、徹底的に伸展させまくるのが大前提。
その後、呼気に頼らずしっかりと閉鎖し、内筋を少しだけ入れる。
何度も書くが、そのためには外筋(呼気吸気、あらゆる喉頭位置のエッジボイスとホイッスルボイス)もかなり重要。

身体のストレッチと同じで、声帯もほっといたら内筋で収縮していき、地声に固着していく一方。
伸展は意図的に鍛えていかないといけないので、女性が男声を出すより、男性が女声出すほうがむずかしいと感じます。

関連記事

中性~女声の出し方(練習法) 伸展と閉鎖を外筋と仮声帯でサポートする
前の記事↓ 今まで、男性が中性~女声を出すには、『伸展』と『閉鎖筋閉鎖による閉鎖』を鍛えることが最も重要であり大前提だと書いて...
声真似や女声の及第点(閾値)とスタンス
最近ニャースの声真似を投稿した。 女声は以前投稿していたが、既存のキャラの声真似を投稿するのは初めて。 ニャース ニャース...
男声の出し方や訓練法 声帯の筋肉で説明
女性が男性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。 声の高い男性が、もっと男性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればい...
髭林おなもみの一発ネタ 女声、楽器、弾き語り、その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてから...
元の声から男声(オッサン声)/イケボ/少年声/成人女性声/萌え声/ロリ声などを出す難易度の傾向
元の声(骨格や声帯の長さという意味じゃなく普段のバランス)から、タイトルに上げたような声を出す難易度を考えてみた。 簡単に言えば『伸展...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: