地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名

間違ってたり曖昧な情報もあるのでご注意ください。

筋肉名などについてはこちらの記事を先に御覧ください。
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について

地声系アンザッツ

地声とは
・定義は内筋
・良い地声には、重み(内筋)と芯(閉鎖筋群)どちらも必要
・重い
・分厚い
・低音発声に重要
・男性的

・地声感とは、閉鎖筋群(間筋、側筋)の発動によって声門が閉鎖されるが、それだけでは芯があるだけで完全には地声に聴こえないため、内筋の発動させ、声帯を緊張&収縮し分厚く重くし、それによって結果的に閉鎖もサポートされ閉鎖筋群では閉鎖しきれない声門の真中部分を閉鎖)、完全に地声に聴こえる。

アンザッツ1

発動する外喉頭筋群
・前上(甲状舌骨筋)

発動する内喉頭筋群
・閉鎖筋群(側筋、間筋)
・内筋

アンザッツ1の代表的な声:志村けん
アンザッツ1ガムの代表的な声:

・最も内筋の発動が弱く、閉鎖筋群(間筋、側筋)の発動が強い。
・アンザッツ3bを除いて、最も裏声に近い地声。

アンザッツ2

発動する外喉頭筋群
・前下(胸骨舌骨筋)

発動する内喉頭筋群
・閉鎖筋群(側筋、間筋)
・内筋

アンザッツ2の代表的な声:歌のお兄さん、一般的な成人男性
アンザッツ2ガムの代表的な声:

・3aよりも内筋が弱く発動していて、1よりも内筋が強く発動している。
・1よりも閉鎖筋群は弱く発動している(多分)。

・4でしっかり後上を発動させて伸展させることで、2で内筋を発動させすぎずに、閉鎖筋群で閉鎖できる
(閉鎖筋群は前上です。前上をしっかり発動させるには後上で伸展させておくのが重要。)

アンザッツ3a

発動する外喉頭筋群
・前下(胸骨舌骨筋)

発動する内喉頭筋群
・内筋

アンザッツ3aの代表的な声:オッサン、中尾彬
アンザッツ3aガムの代表的な声:ヤクザ

・内筋をフルに発動させた低く重厚な声。
・多くの女性は3aを発動させるのが苦手な場合が多い。
・後下が弱いと3aがちゃんと発動しづらく、前上を巻き込む可能性があるので、後下もしっかり鍛える。

・アンザッツ3がaとbにわかれている理由は、内筋がフルに働くか繊細に働くかの違い。

アンザッツ3b

・中間
・自在性
・軽い~普通~重い
・女性的~中性的~男性的

発動する外喉頭筋群
・全てだが、強いて言うなら前上(胸骨舌骨筋)

発動する内喉頭筋群
・閉鎖筋群(側筋、間筋)
・内筋
・声帯靭帯

アンザッツ3bの代表的な声:美輪明宏、美空ひばり
アンザッツ3bガムの代表的な声:

・音色としての3bと機能としての3bがある。
・音色としての3bは地声と裏声の中間のような声のことだが、どちらかというと地声に聴こえる。
・機能としての3bとは、地声、裏声、3bを包摂し、極端な端から中間までのあらゆるグラデーションを行き来できる自在性のこと。

・初期の3bは、低音(喚声点以下)では音程が上がるごとにアンザッツ1に前筋を発動させ進展させ軽くして5と繋げやすくしていき(そのためには、後下で最大限の伸展(アンザッツ6)を発動させていく)、
高音(喚声点以上)ではアンザッツ5に内筋を少しだけ発動させ多少の重みを増しかつ閉鎖をサポートし地声感を増していく(そのためには、後下(アンザッツ3a)を発動させていく)ことで得やすい。
・後下(輪状咽頭筋)の発動によって前筋が発動して声帯が最大限伸展させ、閉鎖筋群(側筋&間筋)で閉鎖、内筋の発動によって声帯が収縮し声に重みが出て地声感が上がりそれによって結果的に、閉鎖筋群で閉鎖できない声帯の真ん中を閉鎖できる。

・つまり、アンザッツ5を鋭さを保ったまま喚声点以下まで下降する練習が良い。

裏声系アンザッツ

裏声とは
・定義は伸展・開大
・裏声感とは、軽さ(伸展)
・軽い
・薄い
・高音発声に重要
・女性的

アンザッツ4

発動する外喉頭筋群
・前下(胸骨甲状筋)
・後上(口蓋喉頭筋、茎突咽頭筋)

発動する内喉頭筋群
・前筋
・後筋
・声帯靭帯

アンザッツ4の代表的な声:ミッキーマウス

・6よりも伸展と開大が弱く、5よりは伸展と開大が強い。つまり4と6の中間の裏声。
・4を軽く出すには6やフラジオレットを鍛えるといい。

・4でしっかりと後上を発動させて伸展・開大させることで、1と5で前上を発動させてしっかり閉鎖させやすい。
・4でしっかりと後上を発動させて伸展・開大させることで、1と5ガムでガムを鳴らしやすい。

・4ガムがうまく鳴らせない時は、6や6ガムやフラジオレットをやって伸展・開大をもっと鍛える。

アンザッツ5

発動する外喉頭筋群
・前上(甲状舌骨筋)

発動する内喉頭筋群
・前筋
・閉鎖筋群(側筋、間筋)

アンザッツ5の代表的な声:目玉の親父
アンザッツ5ガムの代表的な声:ニャース

・5で鋭さを出そうとして内筋が入りすぎる(1と混合する)場合は、後上でしっかりと伸展・開大できていない必要があるので、4や4ガムをやろう。
・5ガムでしっかりとガムが鳴らない場合も、後上でしっかりと伸展・開大できてない必要があるので、4や4ガムをやろう。
・5ガムでパリパリしたガムにしようとしすぎて4気味になってしまう場合は、舌を思いっきり出して叫ぶと良い。
・ガムは最初のうちは呼気の勢いに頼っても良い。

・最大限の伸展・開大は6なので、6や6ガムをしっかりやることで4や5も良くなっていく。

アンザッツ6

発動する外喉頭筋群
・後下(輪状咽頭筋)
・前下(胸骨甲状筋)

発動する内喉頭筋群
・前筋
・後筋
・声帯靭帯

アンザッツ6の代表的な声:ソプラノ歌手
アンザッツ6ガムの代表的な声:Yma Sumac Vocal Range (B2 – C♯7)2:383:18

シュナル

・外筋による最大限の閉鎖。
・前筋はほぼ完全に弛緩している。
・内筋もほぼ完全に弛緩している。
・つまり、発生時にシュナル(外筋)を巻き込んでいる場合は、内筋の発動が大きくないということ(?)。
・前か後で言えば前(?)

シュナルの代表的な声:呪怨の佐伯俊雄

フラジオレット

・外筋による最大限の閉鎖に、少し隙間が空いた状態。
・前筋による最大限の伸展。
・内筋はほぼ完全に弛緩している(らしい)。

・気流型発声と構音型発声の二種類がある。
・前者は口笛を同じ方法で、「声帯その物は振動していない」「声帯の間を通る息の気流音によって作られる」と言う特徴がある。
・後者は通常の発声と同じ原理で「声帯を極限までストレッチする。」事によって発音します。
・前か後で言えば(よくわからないので保留)。

フラジオレットの代表的な声:やかんで湯が湧いた音

ガム

・仮声帯が内転することでノイズが鳴る。
・ノイズが鳴らない程度に内転させることも出来る。

・ガムを鳴らすにはある程度息の量や勢いが必要。慣れてくると息の量は減らせる。

・仮声帯(抵抗の点)が息を受けとめ(流れ遅くする?)声門にかかる圧をするので、仮声帯が内転するほど、内筋(収縮)の働きが低下する。それによって、多少伸展できたりもする。
・逆に言うと、ものすごく伸展・開大が働いている時は、ノイズは聴こえなくても仮声帯は内転している可能性が高い。
・閉鎖筋群が強く働いているほど、声門が圧を受け、仮声帯に届く息の勢いが弱まるため、ガムを鳴らしづらい、または息の勢いや量が必要になる。
・前か後でいえば後

関連記事
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について
外喉頭筋群(引き上げ、引き下げ、後ろに引く)の感覚や言葉の定義について

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: