内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について

このブログでよく登場する喉の筋肉名を、内喉頭筋群外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、その名称と働きについて記しました。

内喉頭筋群は、前筋内筋閉鎖筋群(間筋、側筋)などと略すと言いやすいです。
外喉頭筋群は、後下後上前下前上など、四方向で呼ぶと言いやすいです。

実際に声を出して、どの筋肉が発動するとどのような声が出るか結びつくようにしてください。

地声や裏声やアンザッツなどについてはこちらの記事を先に御覧ください。
地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名

内喉頭筋群

喉頭の中にある筋肉です。
実際に息を受け、音が鳴る部分です。

裏声系の筋肉

輪状甲状筋(前筋)

・声帯を伸展させる(薄く引き伸ばす)→反対は収縮(内筋)
・音程調節の要になる。
・高音を出すのに必須であり、どれだけ高い声が地声で出ているように聴こえても、この筋肉がかなり働いている。
・アンザッツ4、アンザッツ5、アンザッツ6

後輪状披裂筋(後筋)

・声帯を開大させる→反対は閉鎖(閉鎖筋群(間筋、側筋)、内筋、外筋)
・前筋をサポートする(前筋と必ず同時に働くなど、諸説あり)
・声をだすときに最も最初に発動する筋肉であり、何かしら声が出ている限り必ず発動している(開大し隙間ができないとそもそも息もできない。)
・アンザッツ4、アンザッツ5、アンザッツ6

地声系の筋肉

閉鎖筋群

・閉鎖筋群による閉鎖によって声に芯ができる。
・内筋とは完全には分離できない(?)。

外側輪状披裂筋(側筋)

・声帯を閉鎖させる。
・アンザッツ1、アンザッツ5、アンザッツ2

披裂間筋(間筋)

・側筋による閉鎖だけでは後方に三角形の隙間ができるので、その隙間を閉鎖させる。
・アンザッツ1、アンザッツ5、アンザッツ2

甲状披裂筋

内甲状披裂筋(内筋=声帯筋)

・声帯の緊張を強める。
・声帯を収縮させる。
・緊張・収縮の副効果として、閉鎖筋群(側筋、間筋)で閉鎖できない声門の真ん中部分を閉鎖する。
・それらによって声帯が分厚くなる、声が重くなる。
・閉鎖筋群(間筋、側筋)とは完全には分離できない(?)
・アンザッツ3a、アンザッツ2、アンザッツ1

外甲状披裂筋(外筋)

・声門閉鎖をサポートする。
・シュナル、フラジオレット

外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)

喉頭を吊っている筋肉です。
後下、後上、前下、前上の四方向に引っ張る筋肉があります。

後下(輪状咽頭筋)

・喉頭を後下に引き下げる。※後下に引く筋肉は他にも胸骨舌骨筋や肩甲舌骨筋がありますが、輪状咽頭筋だけ覚えていれば良いと思われます。

・前筋、後筋が最も強く発動。
・最大限の伸展、開大。

・ガム
・アンザッツ6、6ガム、フラジオレット

・音のイメージ:サラサラ
・代表的な声:ソプラノ歌手、野原しんのすけ

・声を出す際には必ず伸展、開大が働く、つまり後下が働くので、後下がすべての声のベースと言える。
・なので、後下以外のどれかが原因で下後が結果、になることはない。
(『内筋混合してるのが原因で後下の発動が弱いのが結果』というのは根本的な話ではないのでこの場合の原因と結果の話には含まない。)

後上(茎突咽頭筋、口蓋喉頭筋)

・喉頭を後上に引き上げる。※簡略化しましたが問題ないと思います。

・前筋、後筋(伸展、開大)
・伸展、開大

・ガム
・アンザッツ4、4ガム、5ガム

・音のイメージ:キラキラ
・代表的な声:エルモ、ミッキーマウス、ニャース

・後上は後下の次にベースだが、後下が根本のベースなので、『後下が原因で上後が結果、その後上が原因で前上や前下が結果』は、よくある。

前下(胸骨甲状筋)

・喉頭を引き下げる。

・内筋、外筋が最も強く発動

・アンザッツ3a、アンザッツ2、シュナル

・音のイメージ:バリバリ
・代表的な声:オッサン、ヤクザ、中尾彬

前上(甲状舌骨筋)

・喉頭を前上に引き上げる。

・閉鎖筋群(側筋、間筋)が最も強く発動。

・アンザッツ5、アンザッツ1、(あえて言うなら)アンザッツ3b

・音のイメージ:パリパリ、キンキン
・代表的な声:目玉の親父

・後下から最も遠いところである前上は、すべての結果になりがち。
海(後下以外)をきれいにするにはまず山(後下)をきれいにしろということじゃないかと思う。

前後上下の対応関係

・後下を強く発動させたい時、後上が弱いと前下が活発になる。
・後上を強く発動させたい時、後下が弱いと前上が活発になる。
・前下を強く発動させたい時、後下が弱いと前上が活発になる。
・前上を強く発動させたい時、後上が弱いと前下が活発になる。

・後ろの弱さは必ず前に出るが、前の弱さは後ろに出ない。
・すべて∠の形になる。

関連記事

声を聴くときは外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の四方向の引っ張りのバランスを頭でイメージしている
外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の四方向(前後上下)のどれに偏っているか タイプ分け
男性が軽い地声で高音を出すには後上で十分に伸展させてから前上で閉鎖しないと前下(内筋)と混合する

発声訓練時に喉(声帯)の筋肉名とその働きを覚えたり意識する必要性やメリットデメリット
外喉頭筋群(引き上げ、引き下げ、後ろに引く)の感覚や言葉の定義について

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: