ハイラリやローラリという言葉を使うことの問題点

近代発声訓練法の人たちがよく使う、『ハイラリ』や『ローラリ』という言葉は、色々と問題があると思う。
チェスト、ミドル、ヘッド、ミックスボイスと同様に。

ネガティブなニュアンス

ハイラリ、ローラリという言葉には、ネガティブなニュアンスを感じる。
喉を吊る筋肉(喉頭懸垂機構、外喉頭筋群)は、どこかの方向にネガティブな意味があったりはしない。

SLSはミディアムラリンクス?をよしとする(らしい)時点で、ハイラリ、ローラリはネガティブな意味合いを含みすぎてる。
喉頭位置が高いという言い方ならまだいいが、ハイラリと言うと間違いなく喉絞め的なネガティブな印象を受ける。
ローラリは団子声(クネーデル)を彷彿とさせる。

喉絞めと団子声(クネーデル)

じゃあ喉絞めや団子声(クネーデル)とはなんなのか。

喉絞めとは、まず伸展が十分に発動していない状態だから閉鎖がしきれず、意図せず内筋を巻き込みながら喉頭位置が上がっている状態。

団子声(クネーデル)とは、同じく、伸展が十分に発動していない状態だから閉鎖しきれず、内筋を巻き込み、前者とは違い、喉頭位置が下がっている状態。
どちらも多くの場合、呼気圧迫になっているはず。

決定的な違いは、喉絞めは喉頭位置が高く、団子声(クネーデル)は喉頭位置が低い。
あとどちらも、首の筋肉(胸鎖乳突筋)など、声に関係のない余計な部分に力が入っている印象。

喉頭位置の高い・低いとは?

言い換えれば、
喉頭位置が高い=ハイラリ
喉頭位置が低い=ローラリ
だと思うが、
喉頭位置が高い=喉絞め
喉頭位置が低い=団子声(クネーデル)
ではない。

俺の出すアンザッツ5+仮声帯ノイズが、
「喉頭位置の高いアンザッツ4+仮声帯ノイズに聴こえる」
という指摘をされたことあるが、厳密に言うなら、
「喉頭位置が上がりきっていない」
という状態だと思う。

まとめ

ハイラリ・ローラリという言葉も、ミドル、ヘッド、ミックスと同じく、使わないに越したことはないと思う。

喉頭位置が高い
喉頭位置が低い
喉頭位置を引き上げる
喉頭位置を引き下げる

このブログでは、以上の4つの言い方を使っています。

関連記事

声について人と会話する時は言葉の定義やイメージの食い違いに注意
Youtubeで近代的発声訓練法の指導者などを見ていると、声に関する、自分独自のわけのわからない用語を作り出して使っているのをよく見かける。...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: