年下(特に10代 思春期)と関わらないほうがいい理由 人格の不安定さと心変わりの激しさ

2015年5月24日 キチガイを演じたがる10代

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/CRAZY_1543215400.jpg
近頃、Twitterで暴言を吐かなくなったと言ったが、吐いてた頃の自分を思い出すと、頭がおかしかったとしか言いようがない。

その頃の呟きは非公開にしてあるものの、同時期に書いていたpixivのキャプションはすべて残っている。

このブログでは現在進行形で、暴言も含め憎しみ塗れの記事を書いているが、今は少しはましになったと自分では思っている。
あの頃のTwitterでの暴れ様というのは、精神病に近かった。

昔、配信で知り合ったガイキチくんというのがいた。
そいつは最初は普通だったものの、Twitterを始めたとたん、ラップがどうとかわけのわからないことを言い出し、次から次へと暴言ツイートがとまらなくなっていった。

それは昔の俺も同じで、暴言ツイートをすればするほどテンションがあがっていく感じがあった。

その後いろいろあって絶縁したが、あれをずっと見ていたら間違いなく悪い影響を受ける。

ガイキチくんに限らず、今の10代のガキの中には、Twitterでいかにキチガイになるか、キチガイを演じるかを競っているようなのがいる。
10代の思春期で多感で不安定な時期に、身元を明かさず情報を発信できるツールを与えると、高確率で、めちゃくちゃをやってしまうんだろう。

それは俺もだったので、今Twitterで暴れている10代のガキを見てると死んでほしくてたまらない。
過去の自分を他人に投影して憎いというパターンだ。

頭がおかしい奴の定義

俺が思う頭のおかしい奴の定義は、
・何かしらの精神病や人格障害
・周りが全く見えていない
・自分で自分をコントロールできない
・考えが偏りすぎている(世間と価値観が乖離しすぎている)
の4つ。

俺はこれに1つでも当てはまる人間とは付き合う価値は無いと思っている。

ましてや、『自分が頭がおかしいと思われることに誇りを感じている奴』なんかは恐ろしい。

そういう人間の身近にいると、個人差はあると思うが、間違いなくこちらは悪い影響を受け、冷静さを失い、まともな判断ができなくなったりする。
これは嫌というほど経験してきたので間違いない法則である。

だから今はそういうものを感じる人間のツイートは見ないようにしている。

俺も上記の人格障害や、考えが偏っている、周りが見えていない、などに当てはまるんで、当たり障りのない日常生活のツイートをしてても、にじみ出てるのかもしれない。

俺から離れていった人間は、無意識に俺からそういうものを感じて、悪い影響を受けたくなくて離れていったとも考えられる。

2016年4月14日 年下(特に10代 思春期)と関わらないほうがいい理由

17歳のときから約5年間、配信やお絵描きなどのネットでの活動を行ってきて、色んな人間とつるみ、モメてきた。
散々憎しみや苛立ちに苛まれてきて、最近思うのは、年下(特に10代)とは関わらないほうが良いということである。

おそらく俺がネットでモメてきた人間の8割以上は年下、しかも10代である。

前にも『10代の奴の心変わりの激しさ』という記事を書いたが、まさにそういう部分に耐えられない。

人格が不安定

10代の奴は、思春期特有の不安感、反抗期、進学などによる環境変化の激しさ、それに伴う、考え方や身の振り方の大きな変化などで、あまりにも人格が不安定で、1年前と今で別人のようになっていたりする。
それは10代の頃の自分を思い返してもそう思う。
何歳になっても人間は変わるだろうが、10代はあまりにもその頻度と振れ幅が激しすぎる。

俺のような未熟な人間は、その変化に振り回される。

そもそも思春期というのは、脳の成長段階的にも未成熟な状態で、人格も定まっていない。

それに加え、13歳で中学、16歳で高校、19歳で大学、と環境の変化が激しく、その度に人に揉まれ、周囲と自分を比較したりして、様々な刺激を受ける。
そんな中でなんとか精神を保つため、変に怒り狂ったり、逆に達観しようとしてみたりする。

一言で言うとその”青さ”を、20代ではあるものの頭の中が子供のまま止まっている俺は、あたたかく見守れない。
不愉快で見ていられないと感じてしまう。

俺が配信で、理解者、共感者を求め、人生論のような雑談をしていると、10代の人間が興味深そうに食いついてきて、
「参考になります!」
などと言ってくる。

俺も数年前はそういうことを言われて良い気分になっていたが、今はそうではない。

この10代の人間も、今は俺のズレた考えにある種の感銘を受けているかもしれないが、そいつが俺と同い年になった頃には、
「昔ネットので配信で講釈垂れてたおなもみとかいう奴ほんまにアホやったな」
と思われ、見下されることがわかりきっている。

そんなことを考え始めると、話すことさえ恥ずかしくなる。

表面的には敬われているが心の底では見下されている

10代に限らず、年下の人間というのはそういうものなのかもしれない。
そういう意味では、俺の頭が子供である限り、何歳になっても年下の人間と楽しく話すことはできないのかもしれない。
自分に自信があれば、あとで馬鹿にされようが気にせず年下とも話せるのだろうか。

俺は今年23歳だが、20歳の人間と話していても居心地が悪い。

こちらのほうが年齢は上だが、頭や、社会的な立場や年相応ではない、それでも相手は俺を、年上という理由だけで表面的には敬う。
だが、心の底ではしっかりと見下されている。
表面的には敬われているのというのが、心の底での軽蔑を強調する。

それなら、年上の人に、表面的にも実質的にも見下されているほうが楽だ。
そして、自分より長生きしているだけに何か有意義な情報を得られる可能性も高い。

だが逆に俺がその年上の人を、数年経ってアホやったなと思うかもしれない。
そのリスクがありながら、年上の人が俺みたいな人間を相手にしてくれていると思うと、少なくとも、悪い感情は出てきづらい。

ちなみに俺が主催しているスカイプのグループチャット(メンバー約10人)は、一人を除き、すべて俺より年上である。
そのおかげか、何年も続けているがモメたことはない。

年上の人間が、俺みたいなアホにかまってくれることは少ないだろうが、無理してでも年上と付き合ったほうが有意義だと最近は思う。

今までネットで年上とモメたこともあるが、その理由は大体、俺が構ってもらえなくて怒ったパターンである。

ツイキャスのようなガキだらけの配信サイトで、年下相手に講釈を垂れるのはやめたほうがいい。
そもそも同年代とつるめるのが一番いいはずだ。

2017年2月3日 釣り場で40代男性が10代男性にブチ切れて取っ組み合いが発生

一昨年の10月に釣りを始めた。
とりあえず平和にやっていたが、11月の暮れごろに、いつも行っている釣り場で取っ組み合いが起こった。

40代の底辺然とした男が、10代後半の男に馬鹿にされたと言って掴み掛かった。

結局、その10代男の父親(60代)が40代男に凄んで話は終わったが、お互い取っ組み合って海に突き落とそうとしていたので、殺人事件になっていてもおかしくなかった。

実際に取っ組み合いが起こっているときは、
「殺人が起こる!」
と思い、近くで見ていて本当に怖かった。

だが、後になって冷静に考えると、40代男があまりに哀れでいたたまれなくなった。

10代男のやくざ風の父親に
「海に突き落としたろか!」
と凄まれて、
「だ、だって!こいつが!おちょくるから!」
とビビッて弁明していたのも、情けなさ過ぎて笑えない。

その10代男が40代男をどういう風に小ばかにし、おちょくったのかは知らないが、どうであれ、10代に本気でブチ切れる40代というのを見ていて、なんともいえない気持ちになった。

ラーキルアという10代の男に小ばかにされ、本気でブチ切れる自分自身を重ねてしまった。

年下に執着する人間にろくなやつはいない

その40代男も俺も、間違いなく年下(特に10代)に執着している人間だと思う。

40代男は、
「コンビニの前にたまってるヤンキー見たらしばきたくなるんや」
とか言っていた。

ほっといたらええやんと思ったが、よく考えると俺も10代男であるラーキルアと揉めたり、ドラクエ10のチーム等で、ある程度10代と関わっているあたり、同類な感じがした。

俺はとにかく自分自身の10代の記憶が色濃すぎて、戻りたいと思うにしても、後悔するにしても、生涯引きずってしまいそうなのは間違いない。
おそらくそういう人間は、自分自身の10代への執着を他人に投影し、10代の人間にやたらと怒ったり、逆にすりよったりして、関わっていこうとするんじゃないかと思う。

俺がちょっと前Twitterで、
「同年代の人とうまく付き合えないのは、劣等感の象徴です」
と、加藤諦三Bot風に呟いてみたが、これはある程度正しいんじゃないかと。

やたらと年下とばかり付き合ったり、逆に年上とばかり付き合ったりして、同年代とはうまくやれない、という人間がいるが、そういう人間は、同年代の他人に対して何らかの恐怖や苦手意識があるんだろう。

「年上というだけで無条件に慕ってくれる年下」
や、
「年下というだけで無条件にかわいがってくれる年上」
などが相手じゃないと、うまく人間関係を保てないというのは問題なんじゃないだろうか。

クラスになじめない10代が
「周りが馬鹿に見える」
とよく言うが、そういう人を見てるとやはり年下や年上ばかりと付き合っていることが多いようだ。

同年代とは優劣がはっきりつく

同年代との付き合いは基本的に対等であり、優劣がはっきりとつく。
年齢という位置が同じなだけに、ほかの位置の違い(仕事、収入、学歴、人間関係)が浮き彫りになりやすい。

年下に対してなら、
「まだその程度か」
とか
「青いな」
等と思えたりするだろうし、年上に対してなら、
「俺があの歳になる頃には少しはまし」
等と思えたりする。

実際は、そんな風に年下や年上と自分の距離をはかっている人間は、年下が自分と同じ歳になる頃には自分を追い抜いているだろうし、自分が年上と同じ歳になってもその人の位置にたどりつけていないことが多いんじゃないかと思う。

結局は正面から同年代と付き合って、多少しんどかろうが頑張ったほうがいいんじゃないだろうか。

色んな記事で何度も書いているが、とりあえず俺は年下(特に10代)と関わるのはやめたい。
年上も微妙だが、どちらかというと年下よりはましに感じる。

しかし、その年上が何らかの理由で『年下とばかり絡む人間』だとしたら、こちらも注意しなければいけない。

同年代と付き合うのが一番だが、相手にされないことが多いように感じる。

しかし結局は、同年代、年下、年上、どれと一番付き合いやすいというのをなくし、どの世代ともうまくやるのがいいに決まっている。

その中でも特に同年代に比重を置くのが健康的なんじゃないか、と思ったというわけなんです。

2017年5月26日 年下が相手でも君付けで呼ばない

俺は年下が相手でも、君付けで呼ぶことはない。
必ずさん付けか、親しくなったら呼び捨てだ。

人を君付けで呼ぶのは明らかに見下している感じがする。

自分自身が君付けで呼ばれることも、最近は不愉快になってきた。
君付けで呼ばれるたびに、
「俺のほうが偉い」
「絶対に優越してくるなよ」
とマウンティングされているように感じてしまう。

なんというか、そう言い聞かせられているような感覚に陥る。

知り合いに、年下だとわかった途端にやたらと君付けで呼びまくるやつがいるが、好かん。
友達自慢野郎もそうだが、人を君付けで呼ぶのが好きなやつは、相手にマウンティングしながらも、距離感を縮めたい人なんじゃないだろうか。

マウンティングはし続けたいのに距離感は縮めたいという欲張りなところが気持ち悪い。

君付けやマウンティング意識は、俺の嫌いな、学校や部活動などの縦社会を彷彿とさせる。
思い出したくもないような場所である。

俺は基本的に、体育会系の人間にろくな人間は居ないと思っている。

思い返してみても、俺はこれまでの人生で本当に誰が相手でも君付けで呼んだことがない。
徹底している。

今後も君付けで呼ばないことを続ける。

2017年7月30日 劣等感が強いルサンチマン10代が理解者や同志を求めて俺に絡んできてうんざりする

ツイッターで、
「自分と似た状況の方と会話できたら嬉しいです。」
などとプロフィールに書いている10代の男がフォローしてきた。
また俺のブログの露悪記事を読んでシンパシーを覚えて関わってこようとしたのではないかと思い尋ねたらフォローを解除された。

それに限らず、劣等感が強いルサンチマン10代が理解者や同志を求めて俺に絡んできてうんざりする事が本当に多い。

ドラクエ10のFtM然とした女

去年10月に初めて属したドラテンのルームは、今年2月に嫌な奴を追い出すか自分が抜けるかで迷った後どちらも抜けた。
その後すぐ俺がリーダーになってルームを立て、女人禁制のルームにしていた。

だが実は一人だけ、性同一性障害かと思うほど、男のような人格の女が参加していた。
そいつは、その人格のせいか学校で浮かび上がって、劣等感がまろまろと肥大化していたようで、次第にゲーム内で
「学校の奴らは人間じゃない」
とか劣等感が強い学生特有の他人のあら捜しやら愚痴を供述しだした。

俺はできるだけ触れないようにしていたのだが、しつこいので、
「結局それは自分の劣等感が原因」
と軽く言及した。

すると
「じゃあ俺のどこが劣等感なのか教えてくれよ!」
と自己探求の手伝いをさせようとしてきて、いよいよこれはラーキルアの二の舞になる、と思って突き放した。

何かしらの理由で劣等感が肥大化して、学校という場所が苦痛になり、楽しんでいる生徒を憎んでいるようなルサンチマン10代が理解者や同志を求めるのはわかる。
だが未だに俺がそういう奴らにシンパシーを覚えられるのは心外だ

そのドラクエ10の女に
「劣等感強くて世の中が憎くてそんな自分が嫌でなんとかしたいんだったら、臨床心理士にカウンセリング受けるか100万円貯めて目標達成法受けろや!」
「なんとかする方法論だったらそこら中に転がってるからあとは自分で調べるなりしてくれ!」
などと言ったら、そいつは無言でログアウトして、ルームには沈黙が流れた。

ドラクエ10の女は俺が抑圧の話をしたら、
「じゃあ俺のどこに抑圧があるのか指摘してくれよ」
と言い出した。

カウンセラーでもない人間が人の抑圧なんか気づかせられないし、もし気づかせられたら敵意抱かれるのがわかっているので、できる訳がない。
いよいよとんでもない事を言い出したなと思って縁を切った。

理解者

そいつにしてもそうだが 今まで暴力野郎をはじめとして 人と長く話してる内に
「おなもみほど話のわかってくれる奴には出会ったことがない」
というような事をほざいてくる輩が数人いたが大体揉めた。

そういう奴は、劣等感塗れの愚痴をきいてくれる聞き上手な俺を理解者であると勝手に理想化している。

いい加減耐えきれなくなった俺が少しでも反論すると
「わかってくれてたはずやのに!」
とこき下ろしてくる。

「おなもみは話をわかってくれる」
「おなもみと俺は似ている」
などの言葉を一言でも言ってくる人間がいたら距離を取るか縁を切ることにした。
そういう奴はまさに依存してくる。

未だに
『劣等感が強くて依存体質な人間』
を引き寄せてしまう自分自身がきもい。

2017年8月4日 自分と同じかそれ以下の境遇の人間を引き寄せ傷の舐め合いをしようとするルサンチマン10代

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E4%B8%8D%E5%AE%89_1543173094.jpg

自分と同じかそれ以下の境遇の人間を引き寄せ傷の舐め合いをしようとするルサンチマン10代には本当に辟易する。

「傷の舐め合いなんか意味ないぞ!」
と言ってやりたいが、
「傷の舐め合いをして奈落の底まで落ちて、人生終了させるという目標に向かって頑張ってるんですね応援してます!」
と言ったほうが相手に自問自答ををさせやすくていいのかもしれない。

まぁ言う必要も関わる必要もないが。

自分より下の人間を欲する人間

早くそういう人間を切る癖をつけていれば、ラーキルアやガイキチなど、人格の質が悪い人間に引っかからずに爆速で楽しい日々送れたのになと思う。
まぁいい経験になったと自分に言い聞かせている。

「仕事どうしたらいいんだ」
「生きていかれへん」
とかわけのわからのとを供述してた時の俺に引き寄せられ、救おうとしてきた人間。

そいつらのほとんどは俺を自分より下でクズであり続けてほしいと願ってたと思う。
講釈を垂れるのにいい相手だし自分より下だから安心するしという理由で。

最近も相変わらず、留年しそうとかいうルサンチマン10代などが俺に引き寄せられてきてるようだ。

そいつらは、
「自分と同じような人を探してます」
とか言ってることが多いが、バカかと思う。

自分と同じかそれ以下のクズ探して傷の舐め合いをすることで余計に現状に縛られるし、そいつは自分が上に上がると間違いなく面白いと思わない。
こちらが上に行くと面白く思わない。

昔の俺がまさにそうだった。
だからラーキルアなどに引っかかった。

傷の舐め合いをやめて問題を解決しろ

今思うと、つらいからこそ自分と同じ境遇かそれ以下の人間なんか放っておいて、さっさと問題解決して理想と思える日々に向かうための方法論見つけた方がよっぽどいい。
自分と同じかそれ以下の人間と関わって足を引っ張られる時間がもったいない。

自分と同じかそれ以下の奴は、だいたい相手のことを自分と同じ境遇だから好き、自分以下だから好き、なので、こちらの足を引っ張ってくる。
最近フォローしてきたルサンチマン10代も、このような俺のつぶやきを見てリムってきた。
追い払うことに成功したと思いたい。
俺は10代の教祖ではない。

まぁそういうルサンチマン10代は、
『自分と同じかそれ以下の境遇のやつを引き寄せて足を引っ張り合い、奈落の底まで落ちていく』
という大きな目標に向かって頑張っているので邪魔をしてはいけない。

関連記事

ラーキルアという10代の男に「人生酒だけ」と言われ小ばかにされた 体が浮かび上がりそうになる。
他の記事で少しだけ書いたが、今年の3月に、久々に、長く付き合っていた人物と揉めてしまった。 その人物は、俺がTwitterで散々呟いて...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: