音楽をやる上でのストレス バンドマンや音楽好きはなぜ攻撃的なのか メンバー募集サイトも糞

中1の時にエレキギターを買ってもらい、中2の時に打ち込みで曲を作るようになった。
18歳くらいの時から配信でギターやベースやボーカルを録音し、楽曲をネットに公開し始めた。

楽しかったことも多いが、音楽をやることでのあまりのトラブルやストレスの多さに、
「俺は音楽をやらないほうがいいんじゃないか」
もしくは、
「やる時期じゃないんじゃないか」
と思い始めた。

今まで音楽をやってきて、周りの人間に嫌な思いをさせることは多かったが、良い思いをさせたことというのは数えるほどしかなかった。

そして金も無駄に使ってきたと今になって思う。

これは別に気が滅入っているからそう思うんじゃなく、実際にいろいろなことを思い出すと、そうとしか言いようがない。

音楽で人に良い思いをさせたことは少ない

一人暮らしの時に、平日の昼間に、ペットボトルに釘を入れたマラカスのようなものを振り回し叩きつけながら、配信をつけて大絶叫で歌い捲くり、近隣住民に迷惑をかけていた。
苦情はこなかったが、おそらくみんな我慢していたんだろう。

退去するときには、部屋の壁に貼った吸音材の両面テープの跡のせいで業者に3万円取られた。
実家に帰ってきてからは、自室での弾き語りがうるさく、家族にも迷惑をかけたし、苦情はこなかったが、近隣住民も迷惑がっていたと思う。

今は実家だが、防音のため、部屋の窓に、5万円かけて、板を貼り付ける工事をした。
挙句の果てには、10万円かけて、自作防音室も作った。

結局それは半年ちょっとで解体し、板だけが残って邪魔だ。

俺は基本的にギターの早弾きやソロを弾くより、コードを弾いて弾き語るのが好きで、今までアコギを4~6本、エレキ(シングルコイルがほとんど)を4~6本買ってきた。
必要以上に買いすぎたと思う。

そんな感じで、合計、音楽に50万~100万は使ってきたと思う。
ただでさえ収入が少ない俺には大きな出費だ。

音楽と人間関係

人間関係においても、バンドメンバー募集サイトでバンドのメンバーの募集をかけると、ことごとくカスみたいな人間しか集まらず、ひたすら気分を害し、挙句の果てには事故って死に掛けた。

楽器を買いに楽器屋に行くと、糞みたいな押し売り店員に気分を害す。

そもそも俺はバンドマンなど、音楽をやってるやつの攻撃性や性格に耐えられない。

人間関係、金銭面、精神衛生、どれにおいても、良いことは少なかった。

中学の頃は、
「自分の曲を作って全部自分で演奏したい」
という憧れがあったが、実際やってみると、上記のようなトラブルばかりが増えた。

当然、楽しいことも多かったし、作った曲は残るし、完全に無駄な感情、無駄な金ではなかったとは思う。

しかし、もともとプロになりたいとも、金を稼ごうとも思っていないのに、防音室を作ったりするのはさすがにやりすぎだった。
これからは、やりたい時はカラオケでやることにする。

いつか、ちゃんと楽しめる時期が来たらまた再開すればいいかなと。

コメント欄

このブログの記事に、ARIAのレスポールをレリック加工したという写真つきの記事がある。
普段全くコメントのつかないこのブログだが、その記事にだけ、
「だっさ」
やら、
「下品な悪戯」
やら、おそらくギタリストであろう人間が辛らつなコメントをしてきている。

Youtubeで音楽を聴いていると、コメント欄で、
「こんなのを聴いてる奴は幼稚だ」
やら、演奏動画とかだと、
「下手糞」
やら云々言われ捲くっている。

楽器をやっている人同士なら、
「あいつのテクニックはたいしたことない」
とか、ひどいときは、持ってるギターの値段で張り合ったりしている。

音楽には張り合いや貶し合いが付きまとう

楽器や歌をやらず、鑑賞だけをする人間でも、
「○○みたいな音楽を聴いてる奴は糞」
やら、
「○○を聞いてれば恥ずかしくない」
やら、
「糞音質で聞いてる奴は馬鹿」
やら、マウンティングを取り合っている。

音楽というものは、マイペースにやってる人もプロ志望の人もリスナーも、まさに張り合いや貶し合いというものがどこまでも付きまとうものなんだと思い知らされる。
たぶん大昔からそうなんだと思う。

攻撃的な連中と同じものが好きだと思うと吐き気がする

こっちはマイペースに音楽をやっていて、人から金を取ろうとも思ってなければ、センスやらテクニックをひけらかして人気者になりたいとも思っていない。
というかひけらかせる技術なんかない。

下手糞やら気持ち悪いやらコメントをされることに対して、そこまでダメージを受けるわけではない。
だが、前に書いた、憎い奴と同じことをしたくないという考えが浮かび上がってくる。

マイペースに楽しんでいる人に対しても、批評やらダメ出しをすることしか頭にない攻撃的な連中と、同じ音楽というものを好きなんだなと思うと、吐き気がしてくる。

バンドメンバー募集サイトは糞

今まで、バンドやってる奴とそこそこ会ってきたが、マジでろくな奴がいなかった。
一言で言うと、とにかく攻撃的な奴が多すぎる。

むかしバンドメンバー募集サイトで募集をかけたら、ドラマーの男やらベーシストの男やらベーシストの女やらソープランドのボーイの男やら、とんでもないアホが集まってきて時間を無駄にし、事故って命まで失いかけ、ひどい目にあった。

他にも、デモを聞かせてくださいと言ってきたギタリストもいて、聞かせると、最初に
「気楽にやりませんか」
と書いているのにも関わらず、やれ
「ギターがダメだボーカルがダメだ」
と、かっこつけた口調でダメ出しだけして去っていった。

2年前、音楽活動の指針が決まってなかった俺は、ネットのバンドメンバー募集サイトで、メンバーを募集してバンドを組もうとしていた。
何人かに会ったのだが、ろくでもない人間しかいなかった。


出典:“ベーシストの男” | 髭林おなもみ [pixiv]

そこで知り合った沖縄出身のベーシストのボケクソ男は、
「近々機材とか見たいんで会いませんか?」と言ったら、
「めんどくさいからやめときます!ヽ(´ー`)ノ」
とか言ってきたダボ。


出典:“(ビートルズ好きの)ベーシストの女” | 髭林おなもみ [pixiv]

ビートルズが好きだということで会ったベーシストの女は糞初心者で、俺が一から教えるはめになり、カラオケで俺がちょっと酒を飲んだくらいで去っていった糞マンコ。


出典:“ギタリストの男” | 髭林おなもみ [pixiv]

音源を聞かせろというV系ギタリストに音源を聴かせたら貶された。

運転中にスマホをイジって事故ったドラマーの男


出典:“ドラマーの男” | 髭林おなもみ [pixiv]

バンドメンバー募集サイトで知り合ったドラマーの男は姫路で運転中に追突事故起こすしろくでもない。

ドラマーの男と一緒に、ライブを見に行くために、電車で往復2000円の場所にあるライブハウスへ行こうとした時の話。

俺は電車で、ドラマーの男は車で行き、駅周辺で待ち合わせた。
駅周辺からライブハウスまでは、ドラマーの男の車で移動していた。

運転中に、ドラマーの男はカッコつけてスマホをイジり始めた。
左折してすぐにスマホを注視するので、信号待ちで止まっている前の車に追突した。

お互いの車が凹んだので、警察を呼ぶことになったのだが、ドラマーの男は自賠責保険の紙を携帯していなかったので、家に帰らざるを得なくなった。
結局、俺は駅までの長い道のりを、重い荷物を持って一人で歩いて帰った。
2000円も、時間も、体力も損した。

一時期、髭林おなもみBANDのメンバーを募集するために、バンドメンバー募集サイトにメンバー募集記事を書いたりしていたのだが、ことごとくろくでもない奴しか来なかった。

ボーカルしかできないソープランドのボーイの男

ソープランドのボーイの男をやっているという男にも会ったが、典型的な、楽器は一切出来ませんがボーカルやりたいですと言うタイプの奴だった。

とりあえず会ってみてカラオケで話をすると、自分がボーカルで、他の奴に楽器を演奏させ、AKBやEXILEの曲をバンド風にアレンジした音楽をやりたいと言い出した。
そんなことをやっても何の価値もないので、即座に帰って連絡を切った。

ソープランドのボーイだからか、見た目もなにやら異様で恐ろしかった。
そもそもあんな男と会った俺もアホすぎた。

バンドメンバー募集サイトは、気ばかり使ってカスしかいないどうしようもない所だ。
出会い目的のクソ男もわんさかいるらしい。

最近は俺の音楽活動の指針も決まり、宅録で一人で楽しくやれているので満足だ。
この方向性が決まるまで本当に時間がかかった。

とりあえず、あのバンドメンバー募集サイトで知り合ったボケは全員○んでほしい。
もう二度とバンドメンバー募集サイトは利用しない。

まとめ

こういうことを思う時点で音楽を楽しむことはできないので、本当に気が向いたときだけやる、ということに徹底することにしている。

とにかく、さっさとそういう連中が苦しみ抜いて死ねばいいなという、いつもどおりの結論です。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: