労働 アルバイト 職場等に関する記事まとめ

目次

5年間続けた百貨店の品出しのバイト

2014年8月20日 職場の尿臭い女

バイト先で、たまに一緒に仕事をする無口な女がいるのだが、体臭がびっくりするくらい尿臭い。
夏場なんかは特に。

尿と汗がブレンドされたような激臭がして、4mくらい離れていても臭ってくるし、1mくらいの至近距離に寄ると、臭すぎて呼吸が出来なくなるくらいだ。
ひどい時は、他の従業員もみんな離れて仕事をしていた。

優しい人ばかりなのでいじめなどは起こらないが、誰も指摘は出来ずにいる。

2014年9月1日 日本に来てだいぶ経つのにいつまでもカタコトで喋る外国人

今の職場で働き始めて間もない頃に、外国人が居た。
そいつは日本に来て何年も経つはずなのに、かなりカタコトで喋っていた。

そうすることで、日本慣れしていないことをアピールして、怒られないよう、安全を確保しているんじゃないかと思ってしまう。
プライベートでは流暢に喋ってそうな感じがする。

2014年9月20日 職場に新しく入ってきた還暦過ぎのフリーターのおっさん

ちょっと前に職場で俺と同じ業種だった、一つ下の浪人生の男がやめたので、少しの間、俺一人でやっていた。

「近々新しく人が入ってくる」
ときいて喜んでいたのだが、入ってきたのはおどおどした還暦過ぎのおっさんだった。
話を聞いてみると、還暦過ぎでフリーターとのこと。

その人はしゃべる時も常にどもっているし、同じ事を3、4回教えてもまだ、一緒についてきて教えてくれというので俺は困っていた。

結局3日くらい一緒に働いた後、やめたのかやめさせられたのか、いなくなっていた。
30代後半の店長に教えられている時も、とても還暦過ぎとは思えない、子供のような怯えっぷりで驚いた。

フリーターが歳をとったらどうなるのか知らなかったが、ああいうケースもあるんだなと思った。

2014年11月3日 バイトで俺より働いている大学生

最近、かなり久しぶりに、逃げ出したくなるような事象に遭遇した。
今年の4月に、俺のバイトの同じ業種の人がやめ、一人でやっていたのだが、最近新しく、俺と同い年の大学生の女が入ってきた。

俺と同じ業種なので
「、この人も週3日労働か」
と親近感を覚えていたら、どうやらその人は、俺は11時で上がるのに対し、15時まで働いているらしい。

まあ些細なことなんだが、
「同い年なのに大学に行きながら俺より働いている」
と思って情けなくて結構ショックを受けた。

さすがに逃げ出して布団で昏々と眠りたくなるほどではないが。

これから先も、中学の時のように嫌なことから逃げ出そうが、結局、良くも悪くも同じような未来しか待っていない気がするのだ。

「お前は両親が生きてて、実家暮らしだから安心していられるんだろうが」
という意見が飛び出すが、仮に死んでも、普通になんとかなるとしか思えない。

そもそも、人を攻撃したり犯罪を犯すのに比べたら、嫌なことから逃げて寝るくらい、些細なことだと思う。

まぁ40代になって、20代に頑張っていれば、と後悔する可能性もなくはないが、今できる限り、いろいろと考えてやっているということを強く頭に刻んでおけば、未来の俺も許してくれるだろうと思う。
もしそれでも後悔するとしたら、強烈な後悔すぎて、防衛機制が働いて、即座に自分が苦しまない方向に転化し始める気もする。

2014年11月7日 生ゴミ処理業者の生ゴミ野郎に生ゴミ水をつけられて

昨日、バイトに出勤してすぐの朝8時ごろ、いつものように職場の3人で、トラックから荷物を積んだ台車を運び出していた時のこと。

生ゴミの入ったゴミ袋を、ゴミ置き場からパッカー車に積み込んでいる生ゴミ処理業者がいた。
俺が重い台車を運んでいる時にそいつとすれ違い、破れかけのゴミ袋が俺の服に擦れ、黄色い油のような汚い汚い生ゴミ水が俺の白シャツに付いた。

謝ってこない

気づいていないのか、謝ってこないので、
「これついたんやけど」
と言いに行くと、アルティーを茶髪にしたみたいな、とてつもなく醜悪な顔面の30後半の生ゴミ処理業者のおっさんは、謝るどころか
(゚Д゚)ハァ?
とほざき散らかした。

腹が立ったが、その日は台車がいつもの倍あって急いでいたし、そもそも話が通じるほど知性があると感じなかったので、スルーして仕事に戻った。

生ゴミ水がついた服で品出しをするわけにもいかないので、洗面所で石鹸で洗ったら何とか落ちたが、服がびちょびちょ。

あとで謝りに来るらしい

その後、バイトを終わらせて家に帰って、トラックに書いてあった会社名に電話して、細かく伝えた。
すると、確認が取れ、来週の火曜日に、本人と責任者で謝りに来るということらしい。

正直、あの、知性や品性を微塵も感じない醜悪な面を見たくないが、とりあえず謝ってもらわないと困る。

それにしても、責任者は割りとまともな人間でよかった。
ああいう業種はフロント企業などが多そうで、俺みたいなビビリはこういった電話をするのも怖い。

菓子箱とクリーニング代を持って誤ってきた

今日のバイト終わりに、その業者の責任者と当人が待ち合わせ場所に来て謝ってきた。
そして、菓子箱とクリーニング代を渡してきた。
当人は人が変わったように謝っていた。

なんかここまでしてもらうと俺が悪いような気がしたが、やはり、生ゴミ水をつけられなおかつ
「ハァ?」
はひどすぎたし妥当かと。

色々と神経を使ったし、そもそもこういうことが起こらないように気をつけたい。

生ゴミ処理業者の憎しみ

生ゴミ水をぶつけてきた男は、俺と会うのが気まずいのか、別の勤務地に異動になったようだ。
それで今は新しい男が働いているが、前の男以上に、とてつもない攻撃性を放っている。

「なんで俺がこんな臭くて汚い仕事をせなあかんねん」
「社会が憎い」
という気持ちが全身から滲み出ている。

少しでも刺激すると刺してきそうな雰囲気さえある。

俺も今は、時給1000円で、けっこうな力仕事ではあるが、いい人ばかりの職場で働けているが、いよいよとなると、ああいったいわゆる底辺職をやらないといけなくなる可能性があるので他人事ではない。
しかしあれだけの攻撃性を放ち捲くりながら働くのはさすがに異様過ぎる。
情けない自分への憎しみが、社会に向けられている感じを見ると、自分に似てると思う部分もあって、なおさら恐ろしいし嫌悪感を覚える。

まとめ

今回の件で思ったが、一歩町に出るとどうしても、人間同士の些細ないさかいが起こる。

レジに並んでる並んでないやら、駐車場にどちらが先に入れるやら、エレベータの扉を閉めるか待つかやら、こういった些細なことで、ひどい場合は殺人事件にまで発展している。

俺も今回、些細なことかもしれんが、ころしたいほど腹が立った。
でも実際、あんな失うものが何もないような、人間の皮を被ったそれこそ生ゴミのような奴と、俺が喧嘩して、ぶん殴られて身体に障害が残ったりしてもバカらしい。
逆に、相手に大怪我させたり殺害してしまったら刑務所行きだし、どう転んでもこちらに得がない。

『安確』と言われればそれまでだが、その場は我慢して、あとでちゃんと上の人間に言うのがいいんだなと思う。

2014年12月1日 職場で店長と喧嘩してやめた男 丁寧な口調の良い人だった

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/quarrel_1543295513.png
俺は今の職場でかれこれ2年働いている。
去年の4月に、俺の上司的な立ち位置の女が転勤し、新しく男が入ってきたのだが、その人は今年の5月に店長と大喧嘩して退職した。

京都の人らしく丁寧な振る舞いで、俺みたいな10歳も下の人間に対しても敬語だった。
何か注意する時も、本当に申し訳なさそうに言葉を選んで言ってくれた。

それらの行動はどうやら、
「どうせみんな働きたくもないのに働いてるんだし、せめて同じ職場の人ら同士では波風を立てたりせず、まったりとやろうや」
という考えから来るものらしかった。

これは後から知ったが、俺が7時入りなのに7時10分とかにタイムカードを押していても、いつも黙って7時に修正してくれていたらしい。

でも勤務態度は悪かったらしく、それを上司に咎められ、大喧嘩になりその日にやめてしまった。
10年間も正社員やってて、喧嘩が原因でその日にやめることがあるんだなと。

その日俺はいなかったので、挨拶も出来ずに別れてしまって寂しい。

やめた男は俺と考え方が似ていただけに親近感が沸く。
どこかで幸せに暮らしていることを祈ります。

2014年12月19日 エレベーターで出遭った女

今日のバイト中、ダンボールを捨てに行くために台車に乗せて、ゴミ捨て場まで運んでいた。

エレベータがちょうど来てるのが見えたので、
「乗るのであけておいてください」
と、すでに乗っている女に言い、急いで乗ろうとしたのだが、エレベータの前の扉に台車をぶつけてダンボールをぶちまけてしまった。

俺は、
「すみませんもういいです」
と言い、先に行ってもらったが、その時の、エレベータの中の女の、人を徹底的に蔑んだ氷のような眼差しが忘れられない。

俺が逆の立場なら、急いでなかったらの話だが、エレベータから降りて、ダンボールを台車に積みなおすのを手伝う。
俺は世の中は憎いが、そういう行きずりの親切はガンガンやりたいと思っている。

2015年1月29日 今やっているバイトについて

一昨年の11月ごろに、今のバイトを始めた。

時給1000円で、仕事内容は俺にぴったりで、忙しさもちょうどいい。
なにより、良い人ばかりで、働きやすい。
おそらく今より良い職場は今後ないだろうと思うほど、俺に合っている。

正直ずっとこのバイトをやっていたい。

一人暮らし時代にやっていた、老人ホームの厨房のバイトは、自給800円だったし、通勤が自転車で朝5時だったので結構きつかった。
基本的には良い人が多かったが裏では陰口がひどかった。

去年の11月には、ガソスタ夜勤をやるために危険物乙4を受験したが、勉強してなかったので落ちた。

もう受けるつもりもないので、なにかバイトの掛け持ちをするなら、スーパーのレジとかになるだろうと思う。
まぁ今の給料で満足してるので掛け持ちは当分しないと思う。

俺みたいなボケクソがこんな良い職場にめぐり合えたのは、ホントに奇跡だ。

2015年2月8日 バイト中に沸いてくる雑念とアイデア

バイト中に単純作業してると、次から次へと雑念が沸いてくる。

アルティーの劣化コピーとかを思い出して、思い出し笑いしそうになるが、気持ち悪がられるのでこらえている。

ブログの記事に出来そうなアイデアも沸いてきて、頭では覚えきれないほどのときもあるので、すぐにボールペンで腕とかにメモってる。
忘れたら二度と思い出さない可能性もあるので。
そして帰ってきたらEvernoteで記事の下書きをする。

まぁ、忘れるアイデアは、忘れる程度の価値しかないアイデアだという考え方もある。

今日も5つ以上浮かんだ。
ブログの記事が増えて、サイトが充実していくのが楽しい。

2016年10月20日 職場の40代女の香水が臭い 臭すぎる 指摘することもできない

職場でたまにシフトが重なる、40代女が、あまりにも香水臭すぎる。

1ヵ月半くらい前からつけ始めたようなのだが、便所の芳香剤の濃度をさらに濃くしたような匂いで、どこに行ったらあんな香水が売っているのか、逆に気になるくらいの悪臭だ。
半径3m以内に近寄るだけで、マスクをしていても関係なしに強烈に匂い。

肺に入ると思うだけで気持ち悪いので、できるだけその女のそばによらないように作業している。
どうしても避けられない場合は息を止めている。

それくらいヤバイ匂いなのである。

本人に言いづらい

食品を扱う接客業だけに、これは俺だけの問題ではない。
客やほかの従業員にも迷惑がかかるので、
「本人に直接言わなければ」
と思ったのだが、俺は踏ん切りがつかなかった。

どんな言葉を選ぼうとも、
「あなたのつけている香水、臭すぎます、迷惑です」
という内容には変わりないし、そんなことを言われたら、たとえ事実でも、言ってきた相手に腹が立つだろうと思ったからだ。

ワキガなどと違い、よかれとおもって故意につけているものだけに、余計に難しい。
それで俺にヘイトが向き、いろいろあって俺がやめさせられることになったら嫌なので、勇気を出して、本人じゃなく上司に言ってみた。

すると返答は、
「人それぞれ、家の匂いとかあるから、そういうことはあんまりね… 言わないほうが…」
と、俺と同じく事なかれ主義的なものであった。

俺は、
「だめだったか」
「耐えるしかないのか」
と思い業務を続けていた。

「そもそも俺が気にしすぎなのか?」
「俺より遥かにその女と長い時間働き、狭い事務所内で作業したりすることもある他の人が、なにも言わないということは、俺の嗅覚が異常に敏感すぎるのか?」
と思い、自分自身を疑って本当に悶々としていた。

香水をつけてくるのをやめた

しかし2週間ほど前に、ついにその女が悪臭香水をつけてくることをやめた。
厳密には、まだ僅かに匂うのだが、ほとんどわからないレベルまで薄くなっていた。
それで俺は胸をなでおろした。

俺以外の誰かも、あの便所のような悪臭に耐えられなくなり、上司に報告するなり本人に直接言うなりしたんだ、と。

「これでもう悪臭に悩まされない」
「俺の嗅覚は間違ってなかった」
「俺だけ異質なわけではなかった」
と安心した。

あの女がもう二度とあんな香水をつけてこないことを祈る。

そもそもその女が嫌い

今回のことで重要なのは、俺が様々な理由でその悪臭香水女のことが大嫌いだということである。

そいつがそこそこ普通の見た目で、愛想のいい人なら、仮に香水が悪臭だろうが、俺はなんとか耐えられたかもしれない。
もしくは、本人に直接言っても波が立たずに済ませられたかもしれない。

しかしそいつはとんでもないブスで、なんというか、自分がブスであることにすら気づいてないというか、女なのに化粧の仕方もわからないようで、おてもやんみたいになっている。

冬場にマスクをするときも、普通はみんな使い捨ての白い三次元マスクを使っているのに、何度も洗って使うタイプの、灰色の汚れた布マスクを使っていて、見た目も不衛生極まりない。
見た目に気を使っていないのかと思いきや、髪は浮浪者並に痛み捲くったボサボサの茶髪にするし、もはや根本的にズレているとしか思えない。

もちろん結婚もしていないだろうし彼氏もいないだろう。

女として欠陥していることは誰の目にも明らかだが、それに対して病んだり後ろめたさを感じている様子がまったくない。

今回の香水も
「ちょっと香水をつけてみようかしら」
と思ってつけたものの、センスが絶望的にズレているせいで、逆に探すのが難しいくらいの悪臭香水をチョイスしてしまったんだろう。

無神経な発言

ほとんど悪口になってしまったが、ここまでなら俺は別に腹立つことはない。
その女がズレていようが女として欠陥していようが、悪臭香水によるスメハラを除いては、俺が迷惑をこうむることはない。

本当に俺がその女に腹が立ったのは今年の送別会のときだ。
(十数人集まったのだが、若い男は俺一人だった。)

宴もたけなわで、話題は俺の労働時間の話になった。

みんなそれぞれ
「派遣とかしてみたら?」
「ネット販売とかは?」
などと案を出してくれている中、その女が
「なんで君はもっと労働時間を増やさないの?w 人が怖いの?w」
などと言ってきた。

俺は様々な思いを巡らせた後に
「いや、別にそういうわけではないですけどw」
と言って濁した。

その場は数年間働いてきた人を送り出す場なので、誰か一人がブチ切れて最悪の門出になることは誰も望んでいない。
だから俺は、今までメガ安やヤーイヤイにブチ切れられなかったのと同じように、言葉を飲み込んだ。

別にその選択に後悔はしていない。

仮にブチ切れていても話が通じなかっただろうなと思うからだ。

人の気持ちも自分の気持ちもわかっていない

上にも書いたように、その女は根本的にズレている。
人の気持ちがわからないし、そもそも自分の気持ちもわからないのだろう。
だから人が言われて腹が立つだろうなという言葉を平気でいってしまう。

俺はその前から徹底的にその女を見下しているが、見下している対象に見下されることほど腹立たしいことはない。

しかし今回はラーキルアの件とは違い、
『俺を小ばかにして優越感を得た』
わけではないように感じる。

その女は、小ばかにするとか関係なしに、本当に何もわからず、意味もわからず口から言葉を出してしまっただけに過ぎないように見えた。
そう考えると、本当にかわいそうとしか言いようがない人物だと思わざるを得ない。

ブチ切れてやる価値もないということである。

まとめ

ただ、これからまた悪臭香水をつけてくる可能性もあるし、本当にあの『芳香剤ゴリラ』にはさっさとやめていってほしい。
なんか完全に悪口記事になってしまいました。

2017年3月22日 職場で異常な行動をとって周りの人の気を引こうとする女

今の職場で働き始めた時からいるBBA。
俺のことを明らかに見下していて、さらに見下すために、いろいろなことを詳しく聞き出そうとしてきて本当に気分が悪い。
香水が臭すぎる女とは別人。

仕事中に私物の謎の巾着袋みたいなのを毎回わざと自分の近くに落としたままにして、人に
「これ、なんですか?」
と聞かれるのを待つという異常行動をとったりする。

自分にかまってくれそうな人をあぶりだそうという魂胆が透けている。
もしそれ以外の目的があるとしたら気になるので訊いてしまいたいが、訊いたら相手の思う壺だから困る。

今までのどの職場でもブチギレたくなるということ自体がなかったんだが、今の職場の異常行動の女と、東南アジア系のBBAには本気で怒鳴り散らかしたろうかというくらいムカついている。
そんなことしたら即首だろうけど。

2017年5月24日 職場の鬱陶しいババアをぶちのめせないビビリな自分が気持ち悪すぎる

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/fist_1543174833.jpg
職場の東南アジア産トリガラババーがうざすぎてマジでキレそうになる。
ボケとかカスとかブスと叫んだろかと思う。

だが実際は
「あっ、それ俺やっときますよ」

今はひたすらそんな自分自身に死ねと言い聞かせることしかできない。
自分自身に頼むから死んでくれと言い聞かせている。

東南アジアのトリガラババーは、近くを通ると聞こえるか聞こえないかくらいの声でうわ言を言い出す。
誰に対してもタメ口。

職場の東南アジア系鶏ガラババアがタメ口利いてうわ言漏らすたびに、俺は本当に脳味噌の血管が1億5000万本弾け飛んでいる。

怒鳴りつけたいがそんなことできるはずもない自分自身がキモすぎて、自分自身に頼むから早く死んでくれと言い聞かせている。

発達障害の人の真似をしながら仕事をする異常行動ババー。
悪臭を放ちながら仕事をする芳香剤ゴリラババー。

そんな連中にまで雄として欠陥した存在として優越感を得る対象にされる。
ああいうババーどもをぶちのめせない自分自身があまりにもきしょすぎて、自分自身に死んでくれ頼むから死んでくれと言い聞かせている。

職場で台車を運ぶ時トリガラが無言で俺に台車を多く押し付けてきてワロタ。
台車が奇数で人間が二人だったから男の俺が押し付けられるのは仕方ないが、それに対して
「一言いえボケ」
と言えない自分の臆病さと細かい事を気にするところがキモすぎて、自分自身に対してキモイから生きるなと言い聞かせている。

トリガラは何年も日本にいるはずのに
「おはようございます」
もまともに言えないのか、
「ふにゃふにゃふにゃ」
としか聞こえない発音で挨拶してきたので無視した。

そんなことを気にする小さい自分自身にキモイからこれ以上生きるなと言い聞かせている。

職場の東南アジア産トリガラババーが……

2017年5月31日 職場近くの男性清掃員が女性清掃員にセクハラをしていた

半年か一年前、俺がバイトをしている店の建物の通路を歩いていたら、若い女性の清掃員が作業をしていた。
女性清掃員はおばさんばかりという印象があったが、若い女性もいるんだなと思い、そのままバイトに向かった。

数週間後、バイトが終わって建物の階段を降り、清掃員が使う掃除用具入れの前を通る時のこと。
男性清掃員2~3人が、その女性清掃員にとんでもないセクハラをしていた。

セクハラと言っても、言葉によるものだけではなく、身体的なものだった。
俺は歩きながら数秒ちらっと見ただけなので、見間違いの可能性もあるが、目を疑うような内容だった。

掃除用具入れの扉を開け、掃除用具を取り出そうとしている女性清掃員のに、デブで、白髪が肩までかかるほどの長髪で、メガネを掛けた、薄汚い、アルティーのような男性清掃員が、後ろから、デッキブラシのブラシのついた方を引っ掛けていたのである。

ちょうど、男子小学生が下校中に傘の柄を友達の股に引っ掛けるような感じだった。

周りにいた他の男性清掃員も笑っていたように見えた。

そのような幼稚で身体的なセクハラは始めて目撃したので、本当に驚いてしまった。

なぜ女性清掃員はあれほどのセクハラをされて黙っていたのだろうか。
女性清掃員は、見た感じ20代で、かなり美人な方だった。

なぜ声をあげないのか、怒らないのか。
弱みを握られているのか。
それとも、知的障害か何かがあるのだろうか。

不愉快だったがスルーしてしまった

一瞬見ただけなので、俺の見間違いという可能性も大いにあるのだが、その光景を見た時本当に不愉快だった。
デブ白髪長髪眼鏡の男性清掃員の顔は、別の日にちゃんと見たのだが、一人でニヤニヤと笑っていて気持ちが悪かった。

そんな気持ち悪い男が、若い女性の股にデッキブラシを引っ掛けるというような、とんでもない身体的セクハラを働き、周りの男も笑っているという光景は、異常そのものだ。
そう思いながら、俺はスルーして立ち去ってしまったのだが。

今になって、事の真相が気になっている。
もしかしたら見間違いかもしれないのに、部外者の俺が入っていって、
「あれはなんだったんですか?」
などと尋ねて探求するのはさすがに気が引ける。

それに、俺の職場にチクられたりすると困る。

数年前に俺に生ゴミ水をつけてきた生ゴミ処理業者にしてもそうだが、やはりゴミ処理業者や清掃業者は、どこか問題がある人間が多いように思う。
セクハラを受けていた若い女性清掃員も、バイトをやるにしても、何か問題があるから、普通にスーパーの店員などをやることができず、仕方なく男に混じって清掃員をやっているのだろう。

セクハラの件についてどうしても気になったら、勇気を出してその清掃員の誰かか、もしくは上の人間にきいてみようと思う。
できれば俺の見間違いであってほしい。

2017年6月11日 職場の飲み会を断る 楽しくない 時間がもったいない

職場の飲み会に、
「当然来るよな」
と誘われて、焦って、
「え、いや、釣り行くんで……」
と、まったく行けない理由になっていない嘘をついたら、
「釣りよりこっちだろ!」
といわれた。

嘘をついて誘いを断るということに慣れてないのでうまいこと嘘がつけない。

芳香剤ゴリラとかの雌として欠陥したババアどもの世迷い言をききながら酒を飲むなんて、時間がもったいないことこの上ないので行きたくない。
だが、うまい嘘もつけず、かといって包み隠さず本心を言うこともできない自分自身がキモすぎる。

職場の飲み会を断る嘘が何も思い浮かばない。
行きたくないんでの一言で納得してくれたらいいんだが。

おそらく、
「なんで?」
ときいてきくる。

「つまらないので」
「不愉快なので」
と答えたら怒り出すだろうしめんどくさい。

逆に
「なんで行かないといけないんですか」
とたずねて、
「お前がいないと小馬鹿にして優越感を得る対象がなくなるじゃん」
と答えてくれたら楽なんだが。

職場の飲み会で社会不安念慮が出て黙りこくってるとき、いきなりテーブルひっくり返したらどうなるだろうと考える。

耐えられない空間

自分を中心としたコミュニティではないコミュニティでは俺は、萎縮と目立ちたさの葛藤で押しつぶされて社会不安年慮が出てしまう。
ほとんどそれが原因でドラクエ10もチームなどに入れずにやめてしまった。

他人を中心としたコミュニティに入って馴染むにはこちらからそのコミュニティで使われている『内輪ネタ』を勉強してノリにあわせていかないといけないので疲れる。

職場の前の忘年会は、小馬鹿にされるわけでもなく特に何も起こらないし飯はうまくなくて糞だった。
夜の繁華街は怖すぎるし、なんかとにかくつまらなかった。

職場や職場の飲み会で微妙に非常識なことをして軽く笑いものにされる。
ただそれを30超えてやってると失笑になるんだろうな。

具体的には、
「食べてないならこっちで食べるね」
と言われて移動された刺身を、わざわざ移動後に遠くから箸伸ばして食べるとか。
やめる人への寄せ書きを秘密にしておかなければならないのにその人の前で書いてバレるとかその程度のことなんだが。

人間の輪の中で浮かび上がっている。

今年こそ職場の忘年会欠席する。
自由参加を謡いながら暗黙の了解で毎回必ず全員出席になってるが。
今年こそ俺は欠席する。

送別会も断る プレゼント代やらの同調圧力が恐ろしい

職場で一番愛想のいい姉さんが9月いっぱいでやめるらしいが、やっぱり今回も送別会にはいかん。
その人のために送別会に行っても、芳香剤ゴリラとか異常行動ババアとかがきもすぎて消耗する。
時間がもったいない。

俺がやめるときも仕方なく送別会を開催しようとされるだろうけど、即座に
「開かないでくれ」
と言うつもりだ。
昔送別会に嫌々行ってた俺と同じように、行きたくもないのに仕方なく来るようなやつが潜在的に一人でもいるなら絶対避けたい。

プレゼント代徴収とかきちがいみたいなことほんまにやめたらええのに。
同調圧力に屈して嫌々渡している奴がいるというのに。

嫌々渡すのはまだいいけど嫌々渡されるっていうのは最悪だ。

断って家で寿司食った。


やたあああ!
職場の飲み会を断って家で食う寿司は最高だ。

職場の飲み会、金払って不味い酒飲んで社会不安念慮出てBAD入るのはあほらしすぎる。

「あるべきでない場所へオレ潜り込んで追い立てられたカラスよろしくの体たらくYeahさらばオレに帰ろう」
職場の飲み会に行ったら、またそう思うに違いない。

2017年9月28日 5年間勤めたバイトを退職しました 素晴らしい職場でした ビール貰った

例年通りバイトがどんどん忙しくなって肉体労働感すごくなってきた。
11月12月えげつないことなりそうだけど、引っ越しに伴って9月いっぱいでやめたので、大忙しにならずに済んだ。

5年つとめたけど、
「あ、ほんまに今月で終わるだな」
と思ったら涙が出てきそうになった。

最後の出勤では、労災になりそうなほど危ないことになったが、なんとか無事終わった。
バイト最後の日が5年間勤めた中で一番重労働だった。

送別会も楽しみ、ビールも貰い、送り出してもらい、本当に嬉しかったです。
最高の職場でした。

以下に、写真やツイートを引用します。


職場の皆さんに頂きました!

「愛知で仕事頑張れよ」
と言って貰って嬉しくて涙が出そうです。

鶏ガラがゴリラがと訳のわからのとを言ってしまってましたが、あんなものは俺の妄想で実際は良い人ばかりの素晴らしい職場でした。

本当にお世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
明日の送別会楽しみます!

最高の職場

19歳から24歳までの5年間本当に色々あって気分が浮き沈みする中働くことを続けられたのはあの職場だったからだと思う。
大げさでなく他の職場だったら恐らくやめていた。

まじでインドネシアガゴリラガ言ってた過去の自分を殺したいです!
マジで勝手な妄想に囚われてインドネシアガゴリラガ同調圧力ガほざいてた過去の自分に頼むから死んでくれと言い聞かせます!!
俺みたいな雄として欠陥していじめ殺されて自殺しかけた人間を働かせてくれた職場は本当に神でした。
ここだけの話時給も高くて神っていた。

人でも職場でも本当に『良い縁』ってあるんだなとまた感じさせられました。

「お前は雄として欠陥してる」
といじめ殺されて自殺しかけていたあの状態でも良い縁に繋がれたんだから、生きてれば必ず良い縁はあると確信している。
そんな今ならさらに愛知県に行っても良い縁に恵まれると確信しています!!

最後の出勤の日に限って、5年間一度もなかったようなイレギュラーのせいで超重労働で事故りかけて労災認定されるんじゃないかと思うような状態になりかけたけれど乗り越えられて良かったです。
また地元戻った時には店寄って買い物します!

今日のことでやっぱり人との縁や繋がりはほんとうに大事だと思った。
向こう行って広告収入事業とか頑張りつつもバイト等はやったほうが良さそう。

そうしないとほんとに買い物と散歩以外家から一歩も出ずに、せっかく愛知行っても人間関係が何もない状態に陥る。
賃金関係なしに面白いと思えるバイト探そうかと。

そういえば俺からは職場の人に某有名クッキーをあげた。
そこそこ高いしほとんどの人がうまいと言うであろうあのクッキーなので大丈夫だと思う。

まとめ

時間が過去から未来に流れてても未来から過去に流れてもどちらでもいいのだが、過ぎ去った時は二度と戻らないって泣き叫びそうになる。
ついさっきまでヤキトリ屋に居たのにもう自宅のPCの前で。

あまりにも長い間この町と職場にいすぎてお別れっていうのが信じられないんだが。
最後に何して良いかもわからんし。
こういうもんなんだろうけど。

寂しいけど、現実的にずっとこの町と職場にいるわけにもいかんし。
かといって新しい環境にいけるからって100%うれしくて何も悲しくないわけじゃないしな。
この嬉し悲しい感じが別れという感じがする。
この割り切れない感じこそが別れという感じがする。

愛知県でも人生楽しんでいきます!

その他のバイト

2014年8月21日 ハローワークで窓口のおっさんと険悪になった

2年くらいに前に、老人ホームの厨房をバイトをやめて、そろそろ仕事を探さなくてはと思い、ハローワークに行った。

ハローワークでは、パソコンを使って希望の条件の仕事を選び、プリントアウトした後、面接の取り付けてもらうために窓口に行く。
その時に、俺の担当になったおっさんと険悪になった。

俺が、選んだ仕事の紙をいくつか並べて、
「なんかおすすめとかありますかね?w」
と聞くと、
「おすすめとかそういう問題じゃないでしょ…」
と呆れ気味に言われ、俺はムッとした。

すると相手もムッとして、空気が悪くなった。

確かにふざけた発言をした俺が悪いが、腹が立った。

結局ハローワークでは仕事は見つからず、ネット求人を利用して今の仕事を見つけた。
ネット求人なら、かなり細かく調べられるし、候補などの管理もしやすい。
なにより、パソコンやスマホさえあればすぐに調べられるので楽だ。

やはりハロワはだめだ、前時代的だ、と今は思う。

2014年9月4日 松屋でバイトした思い出 ブラックすぎ ピーク忙しすぎ メニュー覚えろと怒鳴られまくり

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/11caadf6e51779a6eff2d37af85d56d6_t.jpeg
2回目の高校(定時制)1年目の夏、初めてのバイトととして、松屋で働いたのだが、本当にひどかった。
徒歩5分のところにある店舗で面接をしたのに、働くのは自転車で15分のところにある店舗になった。

出勤初日から朝5時入りで、何も教えてもらえないまま、朝ピーク(朝食時で客が大量に来る)を経験させられた。

メニューの組み合わせが複雑で、初日で覚えられるわけもないのに、
「覚えろ!」
と怒鳴られた。

客は底辺だらけで、浮浪者のようなおっさんに、
「ちゃんとやれ!」
と怒鳴られた。

10時ごろに出勤してきたシャクレのブスに、
「もういいですから!」
と怒鳴られた。

昼ピークもやらされ、結局帰るのは夕方6時。
それで時給は、研修がどうとかで700円台。

退勤し、その日のうちに店長に辞めたいと電話した。

そしたら、
「頼むから辞めないでくれ」
と言われたが、それでもやめると言うと
「お前はこの先どこに行っても駄目だから」
と捨て台詞を吐かれたが、すっぱり辞めた。

その日の出勤で一緒になった従業員は
「もう二十日連続出勤だよ」
とか言っていた。

牛丼をあれだけ安く売れるのにはいろんな理由があるわけだ。

2014年10月23日 危険物乙4を受けました→落ちました

セルフのガソリンスタンドの夜勤のバイトをやるために、危険物乙4の試験を、10月12日に受けてきました。
これに合格しないと働けないので。

セルフのガソリンスタンドの夜勤のバイトは、時給1000円超えで、基本的には座ってセルフ給油してる人を監視しながら、音楽を聴いたり本を読んでてもいいときいたのでやりたかった。

危険物乙4を受けました
8月に電子申請したのにもかかわらず、試験までの2ヶ月間なにも勉強しなかったので、落ちてると思います。
なんか、勉強するのがめんどくさいし、勉強してリベンジしたところで落ちそうなのでもう受けません。

セルフガソリンスタンド夜勤はもういい。
スーパーの品出しやレジをやろうかな。
まあ奇跡が起こって受かってたら話は変わるが。

危険物乙4落ちました
10月12日に受けた危険物乙4の試験なんですが、11月4日の合格発表を見ると、不合格でした。
何の勉強もしてないし当然なんですが。
あてずっぽうでも奇跡に受かるかも、とか思ってた自分がポンチすぎて泣き叫びそうだ。

まぁ、もう次は受けません。
ガソリンスタンドの夜勤のバイトもやりません。
そして当分、掛け持ちするためのバイトも探しません。
めんどくさい。

まとめ
とりあえず今の週3日のバイトを続けます。

2015年3月3日 老人ホームの厨房のバイト

一回目の私立高校を辞めて、定時制高校に入学し、一人暮らしをはじめたころ(17歳くらい)、週4日ほど、自給800円の老人ホームの厨房でバイトをしていた。

朝の5時に家を出て、誰もいない夜明けの坂道を、音楽聴きながら自転車で駆け上って、朝の10時まで食事の盛り付けや食器洗いや仕込みをやっていた。

今の職場に比べて、悪口や陰口が飛び交う職場だったし、食洗機から出てくるゲキアツの食器をゲキアツの乾燥機の中に入れる作業などは、そこそこきつかった。

終わったら夕方の5時から学校へ行く日々だったが、今考えると結構がんばっていた。
一人暮らしだったし、あの頃はだいぶ楽しかった。

2015年3月3日 バイトの面接をとりつける電話で相手を逆上させた

一人暮らし時代に、バイトをやろうと思って、いろんなところに電話をして、
「ちゃんとした仕事ですか?w」
という意味のわからない質問をして
「ちゃんとしてない仕事がどこにあんねん」
とキレられた。
当たり前やな。

その他

2016年2月29日 社会不安障害の症状 面接などの社会的な場に耐えられない バイトの責任さえ重く感じる 研修で念慮が出て退室 離人症と独我論 23歳職歴なし高校中退フリーター

社会不安障害の症状 3人以上の集団や面接や研修等の社会的な場に耐えられない バイトの責任さえ重い 離人症と独我論 23歳職歴なし
追記(2018年03月22日) 2017年に広告収入事業を始め、10月に名古屋に引っ越して自立することができました。 →髭林おなもみのプ...

2018年6月10日 自営業(個人事業主)でも収入が減ったりやりたい仕事があればバイトをすればいい

最近広告収入事業の調子が悪いしやる気も出ないと書いた。

貯金はまだあるし、家賃が安いところに住んでいるので生活費もあまりかからない。
恋人とは遊ぶたびに全額奢っているが特に問題ない。

ただやはり個人的な贅沢はできない。
収入より支出が上回っている以上、人は貯金がいくらあっても使うのが怖くなる。

あまりにも精神衛生上よくないので、またバイトを始めようかと思っている。

アルバイトのメリット
今年1月にジモティーで知り合ったひとつ下の営業の自営業で月収80万の男にそれを言うと
「えぇ~!?また雇われに戻っちゃうんですか~!?w」
と言われた。

自分でももう広告収入事業で食っていくつもりだったし、その人の言葉も気になって、今年上半期はアルバイトをせずに貯金を切り崩していた。
だがもう、アルバイトをするのは全然ありだと思い始めた。

自分にあった楽しい仕事なら苦痛でもないだろうし、広告収入事業と違って稼げる額は少ないが、安定はしている。
それになにより、人とリアルで接しながら仕事をすることができる。

俺はかなりの寂しがり屋なので、リアルでの人との接点が必要だ。
名古屋に引っ越してきてから友達もおらず、恋人しか居ない状態なので、よくない。
それに、現状を出るという意味でも、バイトには意味がある。

雇われ=悪という固定観念
広告収入事業でもなんでも、自営業や起業家の界隈は
雇われ=悪
サラリーマン=悪
という固定観念やポジショントークがひどすぎる。

雇われやサラリーマンを一括りにしてしまっているのは問題だ。
高待遇サラリーマンもいるし、楽しんで働いている人もたくさんいる。
ただまぁブラック企業だけはNO.

俺もどこか雇われに対する固定観念があったから、アルバイトはできないと思っていたが、してもいいかと思えると楽になった。

まとめ
結論としては、個人事業主でも状況に応じて好きな時にバイトすればいいということです。
最近はスポーツジムも通い始めたし、活動的になってきた。

人との交流に重点をおいて、なにか楽しめるバイトを探そうと思う。

2018年6月17日 バイトでもいいから外で活動してリアルで世の中に役割を果たしたい

去年10月に神戸から名古屋に引っ越してきた。

もう半年以上名古屋で過ごしているが、リアルでの人との交流がほぼまったくない。
恋人と、街の人くらいしかいない。

コミュニティ

コミュニティに所属していない。
広告収入事業で稼いでるから基本家での作業だし、外に出ることが少ない。

今月からスポーツジムに通い始めたが、男が嫌いなので友だちができない。

友達を作る目的もあってジムに行き始めたが、上述の理由もあるし、中年ばかりだしで厳しい。
まぁ男嫌いは治す方向で努力すればいいとは思うが。

とにかく、ネットじゃなくリアルで、外に出て、コミュニティに所属するなりして、世の中に役割を果たす必要がある。

リアルでの役割
家の中に引きこもってパソコンを使ってネットで世の中に役割を果たすのもいいが。
どれだけネットで情報を発信しても生身の体はリアルにある。

リアルで世の中に役割を果たす、ということを長い間していないと本当に人生が滞る。
行動も思考も固着する。

何がやりたいことで何がやりたくないことなのかもわからなくなり、漫然と日々を生きている。
こんなんでは目標達成もできん。

嫌いだった神戸の実家や地元を出れたのはいいが、神戸に居た頃はまだ役割を果たせていた。
家族としての役割、地元の一員としての役割である。

こっちにきてからは、良くも悪くもその役割がなくなった。
ろくでもない役割は別として、とりあえずなにか役割を果たしているというのが重要。
世の中に役割を果たしているかどうか、それが本当の意味で生きて(活きて)いるかどうかの証だと思う。

まとめ
自宅での孤独な広告収入のためのブログ作業で金持ちを目指すのもいいが、そのやる気が出ない理由がわかってきた。
俺は広告収入事業で金持ちを目指す以前に、多少はリアルで世の中に役割を果たしたいんだろう。

そのためにちょうどいいのはバイトだと思うので、本腰入れて探そうと思う。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: