同性愛と異性愛と両性愛 浮気と複数恋愛 ショタコンやふたなり好き いずれにしても性指向はちゃんと自覚し抑圧を解消すべき

2017年10月7日 ショタカップルの画像が無い

「ショタカップル」
で調べてみてるんだけどなぜか全く出てこない。

ショタカップルとは、ショタ同士のカップルのこと。
男性女性問わずいけるジャンルだと思うのだがマイナーなのか。

おねショタもいいけどショタ同士のカップル良いと思うんですが。
何故出てこないのか。

ツイッター検索してみるとショタカップルに言及している人間はいるがイラストが少なすぎる。

ショタは基本男性向けらしいが、おねショタでなくショタ同士だからBLっぽくもあるので女性向けにもいけそうだし、良いジャンルだと思うのだが。

実は俺、ショタが好きすぎのショタコン糞坊主。

思えば俺はずっと前からショタは好きだったのだが、特に好きになったのは最近からだと思う。

ドラクエ10のエルフ男とか人間子供の影響が大きい。
今回ドラクエ10のVer4のアップデートで人間の大人と子供を変更できるようになるそうなので神。

そういえば昔、
「男の娘とふたなりを一緒にするな、男の娘は糞」
とかも言ってた気がするが、今となっては男の娘も素晴らしいと感じる。

俺自身はショタ好きを自覚し始めたのは最近なので、自分でショタの絵を描いたことがない。
なので、ショタキャラは練習しないと描けない気がする。

いずれ可愛いショタでも描けるようになったら俺がショタカップルの絵でも描こうと思う。

2017年10月30日 体くらいの大きさの巨大なちんぽは男ではなく女(ふたなり)についていないと逆に違和感がある不思議

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/penis_1543122431.jpg
ふたなりエロ絵を色々見てきた人ならわかると思うが、ふたなりちゃんには、短小ちんぽから体くらいの大きさの巨大ちんぽまで全部似合う。
でも男性には体くらいの大きさのチンポついてたらきもい。

男性よりもふたなりちゃんのほうが、色んな男性器が似合う。

この事から、ちんぽは女性器もしくは中性器であることがわかる。

ふたなり娘についてるチンポって自分の体くらいでかいのとかざらにある。

むしろあのくらいのでかさのチンポが普通の男性キャラについているほうが違和感がある。
普通の男に体くらいの大きさのチンポがついてたら絵的にきもすぎる。

でも二次元美少女に体くらいの大きさのちんぽがついていても違和感がないから不思議だ。

なので、
『巨大なちんぽ=男性のものではなくふたなり固有のもの』
という印象になってる。

当然ちんぽはもともと男性についてるものだが、あのくらいのでかさに独自の進化をしてくると、
「ちんぽというのはもともとふたなり娘のものではないか」
という気持ちになってくる。

当然、現実的な大きさのチンポは、男についてても女についててもしっくりくる。
つまりちんぽはユニセックスな性器だ。

しかし、体くらいの大きさになったチンポは、むしろ男ではなく女についていないと違和感があるし、ふたなりちゃんはあらゆる大きさや形のチンポが似合うところからして、ちんぽは中性器と言っていいと思う。

二次絵に男は登場しなくていい

7年以上前、アルティーがエロ絵描いてpixivに投稿してた時(全部二次創作)、竿役の色黒男が出てきて本当に気持ちが悪かった。

アルティー作の『芳佳とアナルSEX』っていう絵で、おもしろランプの置かれたホテルでストライクウィッチーズの宮藤芳佳のアナルにチンポ突っ込んでた竿役の色黒のっぺらぼうマッチョくそ坊主が本当にきもかった。
種付けプレスとか見てると、ほんとなんでオッサンのケツドアップでみないかんねんと思う。

絵の世界にオッサンとかガチムチの竿役はいらない。

ショタとかに種付けプレスをさせればいいのではないか。
重量感とか体のデカさとか迫力ないからだめなのか。

ショタを除く男性性が気持ち悪くて仕方がない。
ショタと、ふたなりちんぽを除く男性性。

俺としては、男性性よりも先にふたなり性(中性)があって、そっからマンコ(子宮卵巣乳房等も)がなくなった欠陥性が男性なんじゃないかと思い始めた。

余談だが、FC2アダルトのお絵描き作業配信見て回ってたら、誰だったか忘れたがとある絵描きの過疎配信で、事情通ぶったリスナーがコメントを打ち捲くってて、
「とりあえずふたなりだけは無いな。まずあれ女の体してねえから」
とか言ってて、やっぱりふたなりちゃん差別されてるな、と思った。

2017年11月4日 バイセクシャルとショタコンとフタセクシャル

最近思うのは、ふたなり好きの男性はほぼ全員バイセクなんじゃないか。

ふたなりをふたなりたらしめるのは男性器だが、男性器に興奮できる男性は、少なくとも何十パーセントかは同性愛者だろ。
そうなってくるともうバイセクじゃないか。

抑圧しているかはともかくとして、ふたなり好きはみんな俺みたいな『異性愛者よりの両性愛者』だろと思う。

全ての人間はバイセク

ところで、『100%異性愛者』も『100%同性愛者』もいないという話は本当だと思うが、そうなると人類はすべてバイセクだということになる。

今は異性愛者である人も、まだ魅力的な同性に出会ったことがないだけだと思う。
もし出会ったら同性の魅力に気づくだろう。

「自分は絶対に同性を好きにならない」
と断言することは誰もできないんじゃないかと思う。

よくわからないのは、例えば明らかな異性愛者の男性が、声も格好も振る舞いも完全に女性に見える人を好きになって、付き合って数ヶ月後に実は身体性別は男だと明かすとする。
その場合はどうなるんだろうか?

「それでもOK、見た目と声がかわいいからチンポついててもありだな」
と思い始めたらバイセクじゃないか。

そこで気になるのは、
「子供が作れないな」
「同性と付き合ってると思われるな」などと世間体のことだけだと思う。
(子供に関しては世間体だけの問題じゃないが)

俺もそうだが、
「女性的な見た目や声が好きで、そうでありさえすれば身体性別は男性でもいい」というのは、『異性愛者よりの両性愛者』ってことでいいんだろうか。
逆に言うと、おっさんみたいな見た目だったら身体性別が女でもいやだ。

そう考えると、身体性別が重視されるのは、子供を作れるかと、法律とか世間体の問題だけじゃないだろうか。
(戸籍上の性別を変更するには性転換手術を受けて性器を変更する必要があるようなので)

ショタコンとフタセクシャル

ところで、思えば俺も20歳くらいまでバイセクシャルを抑圧していた。

御存知の通り俺は無類のふたなり好きだが、むかしは
「ふたなりと男の娘やシーメールを一緒にするな!ふたなり以外は糞」
とか言っていた。

今ではショタも男の娘も最高だと素直に思える。
シーメールは今でもきもく感じるのでいやだが。

思えば中学くらい、自分がショタくらいの時からショタもので抜いていた。
抑圧が解消されてきたせいか最近になってさらにショタがかなり好きになってきた。
無類のショタコンだと思う。

ただし二次元限定なので、現実のショタについては調べたこともない。
(二次元と現実の問題については、考えがまとまったらいずれ記事にしたい。)

俺がとにかく嫌なのはジェンダー的にも身体特徴にも”男性的”なもので、二次元でも現実でもおっさんが本当にいやだ。
それ以外なら、現実の男に恋愛感情は普通にある。
性交渉はしたいと思わないがキスやハグをしたいという欲求はかなりある。

人を愛した時にはさ
人種とか国籍とか
性別とかそんなことは
ハナクソヤキニクぐらいなもの

しかし、男と女どちらと付き合うか選べと言われたらやはり女を選んでしまう。
男と女で優先順位をつけているのはどうなんだろうか。

そこらへんはまだよくわからないので探求を続ける。

女と女っぽい男が好きな人間はバイセクシャルと言えるのか

俺はとにかく女性と女性らしいものが好きと書いた。

見た目や声や装いが女性らしければいいので、身体性別は男でもいい。
つまりちんぽやキンタマがついていてもいい。

最近、こういった場合はバイセクシャルと呼んでいいのか疑問に思えてきた。

ロリや巨乳のお姉さんなど女性的な女性は間違いなく好きだが、ふたなり娘や男の娘やシーメールやショタも好き。
そういう人間は結局、女性らしいものが好き、ということで抽象化できると思う。

女性らしいものが好きで、女性らしければ身体性別は関係ないという人は、もはやヘテロなんじゃないか。
女性らしいものも男性らしいものもどちらも好きでこそバイセクシャルじゃないか。

例えば、ロリや巨乳のお姉さんなど、女性らしい女性が好きで、なおかつマッチョな男性やベアー系おっさんも同じくらい好きという人こそ、バイセクシャルじゃないか。
そういう意味で俺は男性らしいものは大嫌いだからそれには全く当てはまらない。

最近俺みたいな、女性らしいものが好きすぎて身体性別は男でもいいというバイセクシャルが増えていると思う。
そういうのはバイと言われてもピンとこないということでした。

キャラメイクができるゲームでは異性の髪型 声 体格 顔つきも選べるようにすべき

キャラエディットできるゲームで、性別男を選んだら男の髪型、顔つき、体格、声しか選べない、逆も然りというのをなくしてほしいと最近思い始めた。
性別男を選んでも見た目(声含む)完全に女というのが作れても面白いと思うし、逆も然り。
欲を言うならふたなりも。
きもすぎた

ドラクエ10で言うとまぁ体格や顔つきまでは仕方がないとして、せめて異性の髪型にはできるようにしてほしい。
できるようにして何の問題があるのか。
あと武器を持つ利き手も変更できるようにしてほしい。

身体性別男を選んだからといって装いまでも一般的に男らしいと呼ばれるものしか選択できないのはつまらない。

2017年11月4日 浮気(不倫)と複数恋愛

浮気でも、複数恋愛でも、同性愛者でも異性愛者でも、それが問題になるのは
「相手が納得してないから」
だろう。

例えば異性愛者でも同性愛者でも、相手がその気じゃないのに無理やり感情を押し付けたら相手は嫌がる。
そしてそれが世間に広められると叩かれる。

浮気に関しては、こちらも相手も複数恋愛という概念を知らず、
「複数の人を愛するのはタブーだから、隠れてやる」
と言う間違った常識に囚われ、内緒にして複数恋愛をすることで、相手は、
「浮気された、裏切られた、もう愛されていない」
と思って傷つく。

俗に浮気性と呼ばれている人も、呼んでいる人は、そもそも複数恋愛という概念について知ってさえいないんじゃないだろうか。
まず概念を知り、自覚し、周りを納得させる上手い身の振り方を考えるべきだと思う。

浮気や不倫という語彙だけで自分を定義してしまうと、ただの不埒者になってしまうが、複数恋愛という語彙を使うと認識も違ってくる。
相手に自分の性質を理解してもらい、双方納得の上で複数の人を愛していける感じがある。

ゲイやバイはよく知られているが、複数恋愛という言葉はほとんど知られていないのも問題だ。
現に俺も20歳を過ぎてからその存在を知った。

不倫(浮気)はめちゃくちゃに叩かれる。
だが、複数恋愛という概念を知っていれば見方も変わるし、当人たちの行動も変わるはず。
ゲイやバイと違って認知度が低いが。

複数恋愛の素質が先天性か後天性かはわからんが、自分がそうであることを自覚し、複数恋愛をしていくという生き方もある、という風に概念を知って身を振っていかないと自分も周りも苦しむ。

抑圧しているうちは自分も周りも苦しむ

俺のリアルの知り合いのメガヤスというばかも、自分がバイであることを抑圧していた。
絶対に認めたくない様子。

抑圧の結果、
「男も女も(つまり人間)なんだかきもちわるい」
という風に表出し、人間といると疲れ、対人恐怖症のようになり、人生がどんどんめちゃくちゃになっていっているようだ。

抑圧を解消して受け入れていくのにはたいてい長い時間がかかるが、解消しないと一生苦しむことになる。
受け入れていく過程は、抑圧を維持しているだけの状態より辛い場合もあるが、受け入れた先には必ずオープンで幸せな日々があると思う。
一度きりの人生、いつまでも自分を騙し続け、じわじわした苦しみに一生とらわれるのはほんとに悲しいものだと思う。

俺もむかし、
「ふたなりと、男の娘とシーメールを一緒にすな、ふたなり以外には興味が無い」
とブチギレていたことがあったけれど。

シーメールは今でも苦手だけど、男の娘とショタは最高ということがわかったし、俺もメガヤスと同じでバイセクを抑圧していたのだろう。

セクシャルカテゴライズや概念にとらわれない

ところで、男や女やゲイやバイなどのセクシャルカテゴライズはあくまで言葉の問題であって、既存の言葉で『ぼくを定義』することにやっきになっても限界があるので、ほどほどにしといたほうがいいと思う。

性同一性障害に苦しむ人も最終的に
『性別:自分』
と言い出すがその通りだと思う。

『THE 男性』『THE 女性』という存在が居ないように、性別なんて『イデア(観念)』上の問題なので、一個人である自分を尊重した方がいいように思う。

色々書きましたがとにかく言いたいのは、LGBTでもなんでも、自分が苦しかったり他人を苦しめてしまってるなら、まず概念を知り、自覚し、抑圧を解消して身の振り方を考え、最終的には概念にさえ囚われないようになったらいいんじゃないかということです。

まぁ抑圧に気づかないような『自分自身に対して不誠実な人間』は一生苦しむことになるので、メガヤスとかにはせいぜい頑張ってくださいと思う。

そして俺自身は、上述の性の悩みを完全に解決し、性にオープンで抑圧のない日々をおくりたいと思っている。
家族と仕事と金の問題を解決した今、徹底的にフォーカスして解決すべきは性の問題だけだ。

2017年11月26日 恋愛対象は異性愛か同性愛の二者択一になっている 両性愛はあまり認知されてない

バイって全然認知されてないのか。

2017年11月19日 同性愛はネタになるので主張しやすいが異性愛はネタにならないので叩かれる

性的少数者同性愛者など)は弾圧される、差別されると言う。
だが俺は、異性への欲求や愛情を表明するのも大概、弾圧を受ける気がしている。

例えば、男が必死で女にラインでアタックしているチャットログを女が、
「きもい、マジウケる」
と言って晒し上げているのをよく見る。

これは見ての通り異性愛者の行動。
異性愛者は同性愛者と違って多数派だが、十分叩かれている。

女→男の場合も同じで、男に猛アタックする女は、周りの女から叩かれまくる。
だから百合営業なんかもあるんだろう。

同性愛者は叩かれるというが、異性愛者も十分叩かれる。

俺が、同性である人の名前を呼んで、
「好きだ!エッチしたい!」
とか呟いても、
「ホモだw」
となってネタ扱いされるだけで、叩かれない。
アルティーに関するいじりも全く同じ構造である。

異性の名前を叫んでいたら、間違いなく気持ち悪がられ叩かれる。

いつごろからホモがネタとして笑われるようになったのかは知らないが、淫夢がかなりそれに貢献していることは間違いないと思う。
まぁ淫夢以前の大昔から、ホモは面白い・バカにしやすいという風潮はあったと思う。

ジェンダーとしての女は可動範囲が狭い レズやオナベはネタにもならない

ホモは面白い・バカにしやすいという風潮があるが、レズやオナベはネタにすらしづらいのでかわいそうだ。

前にも書いたが、女はジェンダー的に振れ幅(可動範囲)が狭く設定されているように思う。

『女はこうあるべき』
という範囲は
『男はこうあるべき』
という範囲よりかなり狭いように思える。

男は短髪でも長髪でも世間的に違和感なく、女性的に振る舞ってもオカマやオネエとしてカテゴライズされ、世間的に許容されている。

だが、女は短髪にしただけで
「えっ」
となる。

だからオネエタレントは市民権を得られても、オナベタレントは市民権を得られないのだと俺は漠然と考えている。

女の名前を叫んだり欲求を表出できない理由

俺がツイッターで叫ぶ名前が、アルティーなど同性ではなく、異性だったら大変な反感を買うだろう。

俺が女性の名前(実在する人でも非実在の人でも)をツイッターで叫んで、
「えっちしたい!処女奪いたい!」
とか言ったらまず顰蹙を買うだろうし叩かれる。

男→女の場合はレイプの危険もあるんじゃないかと思われ、通報されたりもするかもしれない。

だから俺は異性に対してはツイッターで欲望を叫んだり、絵に描いたりなんかはできない。
異性愛者は多数派であり、多くの人間がその恋愛感情や関係の構造を知っているだけに、共感を生んでしまい、叩かれやすいんだと思う。

そう考えると、同性に関しては
「犯したい」
と叫んでもネタにされるから、表出はしやすい。

それ故に、異性愛者が同性愛者のふりをしてバカにしたり、同性愛者を勘違いさせて生まれるトラブルもあると思う。

俺は前まで、
「男だけど男が好き」
という人や、
「女だけど女が好き」
という人をみると、真の欲求は異性にあるが、それを表出したら叩かれるので代償行動として同性が好きと言っている、と思ってたが、そもそもバイ因子がない人間はそんな代償行動をしないだろうし、やっぱりどっちも好きなのは事実なんだろなと。

二次元美少女には転生したい

とりあえず、俺の身体性別が男で、ジェンダーとしても男である限り
「●●(女の名前)とえっちしたい!」
などと主張することは許されない。

そんな主張をしたければ、俺は女になるしかない。
性同一性障害(MtF)で、恋愛対象は女で、性転換して女とレズプレイがしたい、と思っている人は、この記事に書いたような要素も少しはあるんじゃないだろうか。

俺は性同一性障害じゃないし性転換願望もないので、身体性別もジェンダーも男のまま、バイセクとして生きることになるが。
性転換したところでパス度をあげられる感じもしないし気持ち悪い人間が出来上がると思う。

性転換するなら完全な美少女になりたいので、二次元美少女に転生したいという荒唐無稽な欲求が常にある。
まぁそれはいいか。

このことは、
「アルティー!」
と叫んでいた頃からずっと主張したかったことなので書けてよかった。

そんな感じで、
同性愛はネタになるので欲求を主張しやすい
異性愛はネタにならないので欲求を主張すると叩かれる
ということでした。

とりあえず俺は異性と結婚したいし、好みの同性とも仲良くしたい(セックスはしたいと思わない)。
そういう欲求を大勢の前で主張するかは置いといて、成就はさせたい。

2018年7月20日 心(人格)と身体(見た目)とジェンダー観の影響

普通は人格が身体に影響を受けることがほとんど。
身体性別が男で生まれても顔が女顔でかわいかった場合は、幼少期に周りが
「女の子みたいで可愛い」
と言ってくるのとかが影響するのか、人格も女性的になる傾向があるんじゃないかと。
当然声も。

逆も然りで、俺が今まで見てきた限り男顔系不美人の女性はほぼ声低かったし男性的な人格の人が多かった。
身体や顔は物理的なもので枠組みが狭いけど、その分臨場感は下品なほど強い。
なのでどうしても人格が身体に引っ張られるんじゃないかと。
その仕組みを知らない幼少期は特に。

だから性同一性障害の人は、それが先天的なものなのか後天的なものなのか自分でわからなくなって混合して苦しんでいる人が多い印象。

とりあえず俺が好きなのは、
女性的(または中性的)な人格(できれば声や見た目も)の男性
と、
男性的な人格だけど見た目は超女性的な女性。

あと、心と体がある程度不一致な状態に惹かれる傾向があるんじゃないかと最近気づいた。

まぁ女性的人格にも男性的人格にもそれぞれ好きな部分と嫌いな部分があるんでそこはまちまち。
ただ男性的見た目は全部好かん。
結局は女性的なものが好き。

俺は、男は○○、女は○○という性別二元論を言ってるんじゃなくて、イデアのことを言っている。
むしろ性別二元論は大嫌いなくらいだ。
男も女も、個人を見てみれば色々いることくらい当たり前すぎる。

よく知らんけどジェンダーフリー思想っていうのは、男らしさや女らしささえも無い、幻想、というような考えらしいがそれには全く同意できない。
国や時代ごとにジェンダー観は色々あると思うが、なんであれ、男らしさと女らしさがあってその中間に無限のグラデーションがあるから面白いんじゃないかと。

髭林ちほというオリキャラ

ちほのような自己愛強すぎ、別化性能強すぎのある意味男性的な人格が面白いと感じる。
でも見た目は女性ジェンダー観に則ってるし声は伸展強くて裏声強い。

多分現実でここまで自我強い女性居たら高い確率でショートカットの男根願望型フェミニストになるイメージ。
そんで声は、怒鳴りまくりの毒母親、糞女教師にありがちなハスキーな地声固着。

女性らしい可愛い顔に生まれてるのに、人格は自我や別化性能強くて論理的で、男性以上に男性らしいって、ほとんど二次元キャラでしか見かけない気がする。

心と体が一致していない人に魅力を感じる

俺が、心と体がある程度不一致な人間に魅力を感じるのは、大多数のように心が身体の影響を受けすぎていないという少数者的な部分・逆張りな部分を感じるからかもしれない。

男性的人格で女性的見た目
の女性に魅力を感じるのは、俺は、
心は同質性が高い(男性的同士)ほうが融合しやすい
体は異質性が高い(ちんことまんこ)ほうが融合しやすい

と思っているからという超利己的な理由だ。

「女性が(悪い意味で女性的な)人格を持っていることがとても苦痛です」
と供述していた人も同じ意見なんじゃないだろうか。

心が身体の影響を受けすぎている人間が圧倒的に多い以上、男性的人格の女性を探そうと思ったら男顔系不美人である事が多いし、女性的見た目のかわいい女性の人格は女性的であることが多い。
そういう意味で、おっさんが作った二次元キャラが男にとって理想的で都合がいいのは当然なんだよな。

現実ではいかに上述のジレンマを解消するかになってくる。
そもそも前提が利己的すぎるからジレンマがどうとか言いだすんだが。

二次元オタクが忌み嫌われるのは、結局上述のような(俺のような)、自我の強さというか利己的さが顕れているからだと思う。

現実で、恋愛対象や性的対象としての理想的な人間を探す前に、この利己的さから抜け出さないと結局うまくいかない気がしてきた。
まぁでも俺は、自分のこの考え方や嗜好が好きなので、このままでいきます。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: